一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ハナトリカブト

<<   作成日時 : 2005/11/12 17:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
トリカブトと聞くとあの猛毒?と嫌なイメージがある。
これは園芸店で求めた観賞用に品種改良されたハナトリカブト。

寒さに向かって花の少なくなった花壇、独特の花の形をもつ、鮮やかな青紫の綺麗な花が目を引く。
蕾の状態の時は空豆のようで、開花するとユニークな形である。
花の名前の由来は、兜状のガクの内側に小鳥に似た形の花弁があり、それで鳥の兜の花名になったという説と、烏帽子に似ているのでトリカブトの名がついたという説がある。

キンポウゲ科トリカブト属
日本には約30種ほどが自生しているそうで、普通低山で見かけるのはヤマトリカブトが多いようだ。
トリカブトの中には毒のないものもあるらしいが、多くの種に毒性のアルカロイドが含まれている。、ハナトリカブトにもやはり毒はあるが、ヤマトリカブトに較べて毒性は低く、たいてい毒の多い根は切り取られて売られているようである。
このアルカロイドはフグ毒に次ぐ、植物界最強の猛毒といわれ、激しい神経麻痺作用をもっていて昔から毒矢などに利用されていたそうだ。

毒も使い方によっては薬で、この植物も昔から生薬として利用され薬用植物の役を果たしている。
漢方ではもっとも毒の強い塊根部分を熱湯や石灰で処理して毒性を減らし、附子(ブシ)・烏頭(ウズ)などと呼ぶ。
鎮痛・強心・利尿・保温・賦活など多くの薬効があり、リウマチ・神経痛などの疼痛性疾患、四肢の冷え、更年期不定愁訴などの治療に用いられているらしい。

春の若葉はヨモギ、ニリンソウ、ゲンノショウコなど食べられる山野草とよく似ているから、山菜採りが間違ってこれを食べ、中毒事件を起こすようだ。
我家も、知人にニリンソウですかと春聞かれたことがある。

彼岸花・ダチュラ等毒性の強い植物を薬効として共存してきた先人達の知恵は素晴らしいものだ。
美しい花は、自らを守るために毒を持つのであろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
一花一葉さん、今晩は・・・
改めての訪問です。RSSにこのブログを登録しましたので、これからちょくちょく寄せていただきますが宜しいでしょうか?ハナトリカブトって初めて見せて頂きました。紫好きの彦左です。
彦左
2005/11/12 19:05
 一花一葉さん、ハナトリカブトも艶麗な花でいいですね。深みのある青紫の花です。うちでもトリカブトの種子をいただいて、播いて育てているのですが、あまり構ってやれませんので、なかなか花が咲く大きさにまで育ちません。
 猛毒の草ですが、何故か虫に良く葉を齧られるもので、虫食いの葉になることが多いです。
 狂言では有名な附子(ぶす)という曲がありますね。
なおさん
2005/11/12 23:27
こんにちは。トリカブトについて色々と教えていただき有難うございました。毒にも薬にもなるということもよくわかりました。逆に毒にも薬にもならないという言葉もありますので世の中いろいろですね。都下町田市で高校生の悲惨な事件が起きました。加害者は日頃まじめな子だったそうで人間関係が未成熟なために起きたものでしょうが友人関係の大切さや家族内でのコミュニケーションについても深く考えさせられる出来事です。
最近は短絡的行動が多いのでこわい世の中です。こうした時代だからこそ心の悩みを聞いてもらえる人がいるかどうか、またもやもやを発散して思いを転換し何か熱中できるものに向えるようアドバイスできる人がいるかどうか、まわりみんなでわかりあい助け合える社会がほしいですね。
目黒のおじいちゃん
2005/11/13 09:08
彦左さん。こんにちは。お久しぶりです。紫色のお花、私も好きです。トリカブトは危険な花ですが、園芸愛好家の方にもお好きな方がいらっしゃるようです。山野草の本にも育て方など詳しく載っております。
HP拝見させて頂きました。とても意欲的でパワフルなお方でいらっしゃいますね。また、たくさんのパソコン関係の資格を取得されて、見習うことが多いです。双子のお孫さんの写真可愛いですね。お幸せ、こちらにも伝わってきてこころ和ませて頂きます。こちらこそよろしくお願いします。
一花
2005/11/13 15:12
なおさん、こんにちは。いつもこちらまでコメント有難うございます。
トリカブトを育てていると何となく気が引けますが、お花の少ないこの時期、とても深みのある青紫が鮮やかで綺麗です。山野草の本には開花時期が8〜10月となっておりまして自生のヤマトリカブトの開花時期はこの時期ですよね。家ののは、何故か今頃で遅いです。3箇所に苗を買って植えたのですが、1箇所ののは虫に食べられて花芽も出ませんでした。虫には毒が効かないのでしょうね。狂言のこと存じませんので、また折がありましたら調べてみようかと思います。有難うございました。
一花
2005/11/13 15:22
目黒のじいちゃん、こんにちは。
ハナトリカブトを育てて花を愛でているだけなんですが、人の思いは色々なのでしょうね。
町田市の高校生の悲惨な事件といい、この頃ほんとに若者の短絡的な事件が多いようですね。
我家の近くにも、夜の暴走族がたくさんいて何かにぶっつけたい衝動に駆られるのかバイクの爆音で発散しているようです。迷惑かけないようにと親が言っても、言うこと聞かないとか聞きました。
発散出来ないで、うちに籠る内向的なタイプの子供達は、なかなか家族や友達に話さないし、夫婦共稼ぎで核家族が多いですのでますます聞いてもらえる人がいないようですね。読書等で救われればいいですが。
フランスの若者の暴動といい、話し合いへの道で解決に繋がればいいのですが。。
一花
2005/11/13 16:06
ハナトリカブト?優しい花びらやさしい色、トリカブトのイメージを覆す美しさですね。本当のトリカブトも、このように美しいのかも?だって花ですもの。
S子
2005/11/15 11:17
s子さん、こんにちは。山に自生しているヤマトリカブト等はもう少し小さめのようでした。以前、信州で見たことがありますが、山中で見るこの青紫色は際立っております。毒草ですが、またそれ故山野草愛好家たちも好んで育ててらっしゃるようです。お花は、自身を守る為毒を持つようです。
一花
2005/11/15 16:24
ハナトリカブト 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる