一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本水仙

<<   作成日時 : 2006/01/19 17:30   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 22

画像

去年の暮れから、我家の庭でちらほら咲いている日本水仙。
いつもなら、この時期殆どの株が開花してくれるのだが、今年はなかなか蕾のままで開花が遅い。
先日暖かかった日が何日か続いたので、庭の株が飛び飛びで開花している。
この球根、昔5球ほどの戴きものだが、毎年梅雨前に掘って乾燥させていたら、殖えて200球以上にもなっていた。
公園に植えたりあちこちあげたり、それでもたくさんあって、庭の縁沿いにずっと植えている。
このところ植えっぱなしで、掘り上げないので花の咲かない株もけっこうある。
プランターに植えっぱなしのものは、何故か花のつきが悪い。
水仙の球根は深植えしないとよくないらしい。
あと、球根を肥らせるために葉っぱが枯れるまで残しておかなければいけない。
我家の庭には、様々な種類の水仙を植えているが、園芸種の良いものはなかなか殖えてくれない。
関東地方、今日から寒波がやってきており、また水仙の蕾は硬く閉じてしまったようだ。

<日本スイセン>
学名:Narcissus spp.(ナルシッサス)
ヒガンバナ科スイセン属
原産地:欧州南部、地中海沿岸 
別名:雪中花
開花期:12〜翌4月 早咲き種から遅咲き種まである。
大群落の有名なところに福井県の越前海岸、房総半島がある。
八重咲き、房咲き種もあり花色は白、黄色がある
日本水仙はわが国のあちこちで自生しているが、古来中国から伝わったと言われている。
名前の由来は、漢名の「水仙」を音読みして「すいせん」になった。
「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」という中国の古典からで、花の美しさ、匂い、姿が仙人のようで、水にある仙人、即ち水仙ということだそうである。
白と黄色で楚々とした美しさがあり、匂いがよく、繁殖力があって群生しやすい。

<ミニ水仙ティタティタ>
http://annabelle.at.webry.info/200601/article_11.html

「太陽と北風の話思いつつ冬空仰ぎ花咲くを待つ」

「お互いに似ぬと言い張る親子なり鏡の姿に自己愛をして」

「枯れ庭にすっくりと立ち冴え冴えと寒中に咲く水仙の花」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
水仙の写真
「水仙の写真」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み... ...続きを見る
ブログで情報収集!Blog-Headli...
2006/01/23 08:37
ラッパ水仙
このところまた寒い日が続いている中、黄色いラッパ水仙1輪だけが早々と花壇に開いた。 他の同じ仲間の水仙は、芽が出たばかりなのにどうしたのだろうか? この系統は、本来は4月に入ってから開花するものだがこの1本だけが何故か目覚めたらしい。 去年の暮れから咲いている、ごく普通の白い日本水仙は今盛りである。 ...続きを見る
一花一葉
2006/03/03 23:38

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
いよいよ今夜から多分徹夜。アナベルちゃん、UP見れて良かった。
これから、多分PC開けない。でも、私のブログには来ててね。
もしかしたら見れるかも知れないから。
さよちん
2006/01/19 19:26
今晩は〜〜もう水仙咲いてるの・・
早いですね〜こちらはまだ全然ですよ!
春一番に会える花ですよね〜香りも楽しめて
小さな春を感じますね〜♪
み(#^0^#)ぃ
2006/01/19 20:21
こんばんは。この水仙家に咲いてたのとそっくり。日本水仙っていうんですね。勉強になります。はじめのページのお花も変わって気分も変わりますね。
華やかです。
emi
2006/01/19 20:30
さよちん、今日はでなくて、今日から徹夜だって?何日も続くことはないでしょうね。無理したら駄目よね。パソコン開かないで集中してよね。長い人生なんだからさー、もっと身体を労わってよね。今日のさよちんのブログに書いてあったでしょう!もう! 今日からとても冷えて、土曜日雪らしいから身体を温めて風邪引かないようによね。若くないのだからネ。
一花よりさよちんさんへ
2006/01/19 21:54
ミィさん、こんばんは。暮れから咲いていたのですが、寒波で次の花がなかなか咲いてくれなかったのですが、先日暖かかったので、また少し蕾が開花しました。でもまた今日から寒くて、また当分蕾も開かないかもしれません。
ミィさんのところにはオオイヌノフグリが咲いてくれていましたね。こちらではまだ見ませんので、所によってお花もまちまちですね。水仙早く咲いてくれるといいですね。楚々として香りがいいですよ。
一花よりみ(#^0^#)ぃさんへ
2006/01/19 22:01
 昨日はブログのメンテナンスでコメントできませんでした。水仙は香りも良く、日本にすっかり馴染んでいますが、もとは外国のものですね。
 綺麗な花には毒がある、というように水仙もリコリンの毒がありますね。フサザキスイセンでは、肌の敏感なひとはかぶれて、皮膚炎を起こすひともいるそうですね。
 うちの庭のはあまり花着きが良くなく、あまり咲きません。植えっぱなしがいけないのでしょうね。
なおさん
2006/01/19 22:08
えみさん、こんばんは。お久しぶりです。この水仙、日本中の殆どのお宅に植えてあり、小さい頃、目にされていたと思いますよ。何せ、日本という名前がつきますから。でもネ、中国から渡ってきたんですってよ。トップページ、パンジーに変えましたヨ。今日水仙の記事にしたものですから、あちらの豪華な咲きっぷり(去年のものでした)に目移りするといけないと思って。。。春が来たようでしたが、また今日からうんと寒いですね。土曜日雪らしいです。風邪引かれませんようにネ。
一花よりemiさんへ
2006/01/19 22:09
なおさん、コメント有難うございます。うちは最初の頃は、すごく花つきが良かったのですが、この頃あんまりよくないようです。葉っぱを早めに切ったり、掘りあげなかったりだからでしょうね。水仙もヒガンバナ同様、毒があって皮膚炎もですか?楚々として切花にも使われますのにね。毒のことあんまり知られていないようですね。
一花よりなおさんへ
2006/01/19 22:16
春の香りがしますね! ^^
うちはまだ葉が10cm位に伸びたところです。
takumama
2006/01/19 23:18
アリャァー!ビックリシタヨ!
突然の土佐弁につい・・おじゃまします(@_@;)
アナベルさんの部屋も時々覗いてはいたのですが、あまりの植物の華やかさについ気後れがして・・・
稼ぐに追いつく〜の私としてはベランダに僅かに初雪蔓の鉢が残っている惨状で…!(^^)!
数日来、「霜枯れの野に咲く水仙」から一歩も前に進めぬ初心者の私としては、「枯れに庭にすっくりと立ち〜〜」の歌勉強になりました (*^_^*)
waka
2006/01/19 23:53
<太陽と北風の話思いつつ冬空仰ぎ花咲くを待つ>
そんな話を聞かされたことありましたね。
あるいは、教科書にあったのかしら?
忘れるほど遠いお話。
<お互いに似ぬと言い張る親子なり鏡の姿に自己愛をして>
ギリシャ神話の、ナルシスが下敷きになっていますね。
想像を広げさせてくれます。
水仙の潔い姿に、学びたいですね。
すっくと立って元気良く頑張りたいです。
S子
2006/01/20 00:09
この時間、随分進みました。第二歌集までが大体終わった。
後は明日の夜にしようかな?ふふふすぐ、怠け癖が出るんだ!わたし・・・
だって、疲れちゃった、何だか。明日起きれなかったらどうしよう。
怒られるだろうな。遅刻したら・・・。こらあ〜って!
さよちん
2006/01/20 02:22
一花さん、水仙って非常に強いですね。
正月に活けた花もまだピンピンしています。
早速裏の庭を見に行ったらここでも盛んに
咲き誇っていました。
彦左
2006/01/20 09:24
takumamaさん、葉っぱが10センチ位伸びたところですか。結構そちらは寒いですね。暖冬と言いながら今年の寒いこと。東京も明日は雪ですって。センター試験の日は毎年雪みたいですね。東京に雪が降ると、(台風が来ても)NHKのトップニュースになるのですよねぇーー。
一花よりtakumamaさんへ
2006/01/20 14:19
wakaさん、お忙しいのにこちらまで足を運んでくださって有難うね。
土佐弁歯切れが良くて好きですよ。それにハチキンさんとイゴッソー、からっとしていて、勝気で、さっぱりとして、情に厚く、前向きな考え方、ほんま好きです。友人も、私が大病をしたあと度々電話をしてくれて、気にかけてくれていました。自分も息子さんの仕送りで大変だったですのに。竜馬とおりょうさんを足したような感じの方ですよ。短歌はまるで下手で申し訳ないので、目立つお花を載せています。ガーデニングして心身リフレッシュして有り難いことです。
最初の頃はブログ短歌の方は淋しい感じでしたが、この頃S子さんや、さよちんさん達のところが賑わって、楽しく勉強になりますね。
ガシラのてんぷら、土佐ボンタン美味しいでしたよ。庭に土佐ボンタンの苗を買ってきて植えてありますが、結構大きくなってきているのに、花も実も音沙汰なしです。短歌は何時も説明の歌でそれから先がまるで駄目ですが、またお暇な時にお花でも覗いて下さいね。S子さん達のところでまたお会いしますね。これからもよろしく。
一花よりwakaさんへ
2006/01/20 14:43
S子さん、鑑賞に堪えない歌を読んで下さって有難うございます。
S子さんのおっしゃっていらした、発想の転換、視点を変えてみる、思い切り遊んで見る方法で真似の段階ですが、言いたい事の焦点がぼやけ、結句が説明になったり、言葉が浮いたりしております。一日も早く、昨日のS子さんのスイトピーみたいな素敵な歌い方が出来るよう努力しなくてはと思います。こつこつと歌うしかないようです。
一花よりS子さんへ
2006/01/20 14:54
さよちんさん、もう、真夜中の2時過ぎているではあーりませんか?今日はご出勤だったのでしょう。ふーらふーらだったでしょうね。おまけに寒いーし。
ちったー寝てちょーよ。もう身体のことも考えんなさー。ブログは終わるまでもうお休みよ。寝不足じゃー、頭も働かない筈よ。
一花よりさよちんさんへ
2006/01/20 14:59
彦左さん宅にも水仙が綺麗に咲いていましたね。
何時もはお正月前にたくさん咲くのですが、今年は3本だけお正月前に咲いていて、またおととい、ちらほら咲き出しましたよ。明日は雪とかですが、また暫く蕾が開かないかも知れません。そちらは、暖かいのですね。部屋に飾った水仙、花持ちが良くて、いい匂いがしますよね。
一花より彦左さんへ
2006/01/20 15:02
おっしゃる通り!ふ〜らふ〜ら・・・仕事にもなんないよ〜
たしゅけてえ〜(ToT)/~~~
さよちん
2006/01/20 15:56
久しぶりに立ち寄りました。いつも拝見させてもらっております。冴え冴えと咲く表現には感じいりました。中国の古事というか水の仙人というのも面白いお話です。あちらではサクラよりスイセンを尊びます。日本人は勝手にニホンスイセンという名前をつけていますが、もともとは中国経由の外来種なのでしょうか?
またいろいろ教えてください。
目黒のおじいちゃん 
2006/01/20 18:36
仕事にもならないと言いながら、ブログはさっさと出来るんだからネ。もうー。
チョー寒いから、早く寝て、また起きてやればいいよ〜。風邪引かないように。
一花よりさよちんさんへ
2006/01/20 19:25
目黒のおじいちゃん、こんばんは。日本とつくので水仙は日本古来種かと思っておりましたが、中国渡来のもののようですよ。日本の風土にあっているのか、あちこちで群生を見ますね。
中国では、桜より水仙を尊ぶのですか?存じませんでしたよ。寒の中咲く、凛とした姿が好まれるのでしょうね。
一花より目黒のおじいちゃんへ
2006/01/20 19:31
日本水仙 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる