一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS アオキ

<<   作成日時 : 2006/01/24 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

画像画像











日本の暖地の林に何処にでも自生しているアオキ。一年中青々として艶やかな葉っぱである。
黄の斑入り、黄の覆輪の葉っぱのものなどは観賞用として日陰の庭に植えてあり、この頃よく目にする。
常緑広葉樹で高さが1〜2メートルまでしかならないので、この頃鉢植えとして海外でも観葉植物扱いされているようである。
雌雄異株で、実は雌株につき美しいものである。
小さな黄色の斑入り葉を5年前貰ったが、日陰の隅っこに植えていたら、少しずつ大きくなってきた。
鉢の寄せ植えとして使うコニファーはすぐ大きくなるので、緑葉のアオキを使ってみた。(右の画像)
下のアオキの花は「植物園へようこそ」さんのものをお借りしました。雄株の花だそうです3〜5ミリの花。画像

<アオキ(青木)>
ミズキ科
別名:アオキバ
原産地:日本全土
花期:春
学名:「アウクバ・ヤポニカ」で「日本の青木葉」の意味。
江戸時代にヨーロッパに渡り、冬の植物の少ないヨーロッパにおいて、たいへん珍重されたそうである。


「緑葉の枯るることなきアオキの葉日本の苗字に馴染の多し」

「人の世に盛者必衰あるものよ庭のアオキバ遅々と伸びゆく」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
アオキ・・・この木も見る。良く見る。何でもあるね。
凄いな!アナベルちゃん、ホントに植物のお世話、大変
だけど、楽しそう。S子さんも出現したし、一安心。
私、今日は仕事ばっかりしてたよ。だからUPはムリ
かも・・・。何にも書けない。
さよちん
2006/01/24 18:13
アオキ、かつて我が家の庭にも有って、でもついぞ、観察したことが無かったです。
白っぽい花が咲いたような気がするが、こんなに綺麗とは思いませんでした。
どんな実を付けるのか、またひとつ興味がわいてきました。
水仙、ティータテート?拝見しました。良く似てますが、アナベルさんのほうが小さいかも知れませんね。葉も細くて丈も短く可愛い感じです。これから昨日へそして一昨日へと遡って拝見します。
S子
2006/01/24 19:45
さよちん、今日は何度も歌のアドバイス有難う。ご自分のブログアップする暇がなくてごめんね。S子さん、お元気でよかったね。ご無理なさってお疲れでなければいいけどね。
植物の世話は楽だよ。人間様の方が疲れる〜〜。文句言うしさ。アアーお互い様だけどさ。(何が何でも感謝感謝しなくちゃね。)
一花よりさよちんさんへ
2006/01/24 20:07
S子さん、お久しぶりです。お元気で何よりでしたね。パソコン疲れやすいですので余りご無理なさらないで下さいネ。
私も、アオキって、日陰のじめじめしたところに生えますので余り気に止めなかった植物です。この苗は、母が荷物の中に一緒に小さな苗を入れていましたので、隅っこに植えておいたのですが、冬枯れの中で元気に艶やかな葉っぱで、一体いつ花は咲いたのだろうかなんて気になって調べてみました。名前にも青木ってありますし。実も楽しみです。水仙ご覧になって下さったのですね。有難うございます。こちらは小さいし丈も短いし、花色がオレンジっぽいようですね。まだまだ寒い日が続きますので、風邪などひかれませんようになさって下さいね。
一花よりS子さんへ
2006/01/24 20:21
こんばんわ、S子さんお元気で本当に良かったですね。
昨日のお返事にwakaという名前だから短歌は読みなれてるかもって有りましたけど、私高知出身ですが和歌山在住なもんでwakaなんです。
なんか短絡的なニックネームのつけかたでしょ?短歌を詠もうと思い始めたのは今年になってからなんです。今はとにかくできるだけ多くの皆様の短歌を読ませてもらうこと、へたでもできるだけ多くの短歌を詠んで31文字の定型になれることを心がけています。
「人の世に盛者必衰あるものよ」の歌のように、ぼちぼちあせらず勉強しますのでこれからもよろしく <m(__)m>
waka
2006/01/24 22:01
 一花さん、ヤツデやアオキは昔は雪隠の目隠しなどに植えられていて、あまりにもありふれていますので、評価も低かったようですが、欧米に渡ってシェード・ガーデンなどに植える木として人気が出ると、再認識されたものだと聞いたことがあります。
 雄木と雌木がないと実が出来ないのですよね。
うちにもまだちいさな苗があるのですが、常緑で冬ならではの目立ちようです。
なおさん
2006/01/24 22:50
wakaさん、何時もお忙しいのにこちらまでコメント有難うございます。和歌山の和歌さんでしたか。でも字のごとく和歌なんですから、今お歌とご縁がおありなのかも知れませんね。短歌を詠もうと思われたのは今年になってからですか。でも歌の素養、おありですよね。好きこそ、でお勉強熱心でいらっしゃいますよね。私の歌なんか稚拙で言いたいことの焦点がボケたり、何より説明になっています。説明から先の詩にするには、難しいです。借りものの言葉だと浮いてしまいますし、自分の言葉で表現するには技量が伴わないし、難しいですね。発想も陳腐ですし。皆さんのお歌、私も勉強させて戴いております。こちらこそ、よろしくね。
一花よりwakaさんへ
2006/01/24 23:44
なおさん、何時もコメント有難うございます。ヤツデ、アオキなんて余りにもありふれていますよね。山に行けばあちこちにごろごろでうちの夫も、この斑入り葉を植えるのを嫌がりました。家の住宅の周りでは北側に結構植えてあるのを見ますよ。
日本で、ベンジャミン、ホンコンカポックなどが持て囃されるのと同じで、青々として枯れないし、日影でも育ちますし、実もなりますし、斑入り葉は綺麗ですので外人さんにも受けたのでしょうね。テレビで外人さんの庭に植えてあるのを見た事がありましたよ。うちの実は見た事がないですが、綺麗みたいですね。
一花よりなおさんへ
2006/01/25 00:03
どうせ今日のUPはまだまだだろうからまた、来ちゃった!
今日もそこそこ忙しいんだ!私もUPするなら夜かな?
でも、分かんない。私って気まぐれだから・・・。
気まぐれで有名人。ははははは。。。。
さよちん
2006/01/25 13:01
一花さん、アオキってよく見かける木ですが、一年中青い葉っぱを保っていていいですよね。
彦左
2006/01/25 15:28
さよちん、未だ今日のアップ、歌が出来ておりません。もう、花を見ても陳腐な歌ばっかり。困ったー。もう歌は無理かなー。
さよちん、まだ、今日の分アップしていないね。お仕事忙しいんだね。
息子さんも帰ってきてらっしゃっることだし、大事な時間、団欒に使ってよね。無理しないでね。
一花よりさよちんさんへ
2006/01/25 20:37
彦左さん、アオキって、ほんと何処にでもある、変わり栄えしない木ですよね。外国ではシュートガーデンに使っているそうなんですってよ。
今の時期、コニファーと並んで青々として目立ちますね。ありきたりなので、お花は見たこともないですよ。
一花より彦左さんへ
2006/01/25 20:41
息子は木曜日から居なくなっちゃうんだって。
そこからまた、来週の火曜日に中国へ発つらしい。
今度は2週間。だから、団欒も何もありゃしない。
お食事会も出来ないわ!(/TДT)/あうぅ・・・・
さよちん
2006/01/25 20:57
げッ!未だUPしてない!私はしたわよお〜
何もたもたやってるの?歌なんて、その場で作るからだよお。
誰だって、即詠なんて出来ないよお〜。
しかし、それをやっちゃうんだからゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゜Д゜) ス、スゲー!!  ハハハハ  顔文字良く出来てるでしょ!ほめてよね。
さよちん
2006/01/25 21:41
ああー、やったー、意味不明の歌出したーヨ〜。
息子さん、明日から居なくなるの。奥さんも、ゆうかちゃんもそりゃ淋しいわね〜。でも今度は2週間なんだから少しの我慢だね。
何〜だ、団欒より顔文字してもらってさ。息子さんに感謝ね。
もう、アップしたって訳ね。流石すること早ーい。
今日は歌会の提出締め切り日なんです。
一花
2006/01/25 22:13
アオキ 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる