一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS フキノトウ

<<   作成日時 : 2006/02/15 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像画像
















日中は18℃と4月並みの暖かい日であった。
室内で春をじーっと待っていた君子蘭の蕾も色付き、今日1輪開花した。
暖かくなってくると、店で求めた鉢花類は陽射しにすぐい萎えてしまい、水を欲しがる。

庭にはクリスマスローズの花芽も出て、梅の蕾も椿も弾けんばかりの大きな蕾になってきた。
紫陽花、牡丹などの枯れ枝から、新芽が少しずつ顔を出し春を窺がっている。

ふと庭隅を見ると、フキノトウが落ち葉の間からぽっこりと膨らみ、顔を覗かせていた。
柔らかく暖かい春の陽差しには、硬く閉ざしたもののを解きほぐす大きな力がある。

<フキノトウ(蕗の薹)>
キク科フキ属
花の咲く柔らかいものは春の山菜として売っている。ほろ苦いく天ぷら、和え物に。
葉の茎の葉柄部分がいわゆる 「フキ」として食用に。
フキノトウは花なので、もっと伸びてしまうと「薹が立つ」ことになる。

「庭隅に弾けんばかりのフキノトウ春陽を浴びて上着脱ぎたり」

「裸木の梢に揺るる空っぽの鳥の巣しかと形の見ゆる」

「公園にはしゃぐ子供ら上着脱ぎ駆けずり回る4月の陽気を」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
「蕗のとう」って天ぷらにおいしいって言うけど
私は食べられない不幸者。ホントに好き嫌いが
無いようであるんだから。しかし、何でもあるのには
またまたびっくり!一体、どんなに広い庭なんだろう
って想像してるところ。
さよちん
2006/02/15 22:35
 一花さんちでは、フキノトウがこんにちはと顔を出したのですね。フキは植えておくとかなり拡がりますね。まあ、葉や茎も食べられますので、野菜代わりにもなりますが、フキノトウにはフキノトキシンという発ガン性と関連があるのでは?といわれる物質が含まれるそうですね。
 まあ、毎日沢山食べるのでなければ平気では?という気もしますが、たまにちょっと味見程度に食べるのであれば問題ないかもしれません。
 見る分には何の問題もなく、早春の風情を感じられるものでいいですよね。
 うちでも前に植えてありましたが、年々ジリ貧になり、絶えてしまいました。
なおさん
2006/02/15 23:04
ほんとに暖かい一日でした。
このまま暖かくなってくれればと思うのですが、
また寒い日がありそうですね。
でも、植物たちは、季節を違えずちゃんと芽を出し
花を咲かせてくれるから不思議。もう、蕗の薹ですね。
さよちん駄目らしいけれど、このほろ苦さが私は好き!
天婦羅、ゴマみそ和え、食卓に乗ると春が来たって実感
します。
弾けんばかりの・・蕗の薹の生命力が、よく歌われてい
ますね。その命を戴く人間は、悪い奴ですね。
S子
2006/02/15 23:40
さよちん、好き嫌いあるのね。私何でもok。特にお酒のツマミになるものは、ちょっと苦いのが美味しいのよ。
うちのフキノトウ、食べるものではなく、春を呼ぶ為に庭隅に何本か植えてあります。植物は何でも欲しいけど庭が広くないのでね。ただ鉢物が多いだけです。娘さんも、土日出勤して大変だね。お二人無理なさらないようにね。
一花よりさよちんさんへ
2006/02/16 00:15
名に似合わず、相変わらずの粗忽。
第一首。おっ、アナさんもいよいよ半袖か、
春はええわぃ・・・などと。
明るい風景の三首。気持ちも gettin' merry!
私は朝から烏の鳴き声を、いえ、Maria Callas の
Casta Diva などという曲を、聴いてます。
ゆう
2006/02/16 07:08
花の多いすてきなお庭のようですが庭先にフキノトウが出るんですか?羨ましい限りですね。今年は雪が深いので新潟や信州の山菜とりも晩春になりそうです。以前採ってきて作り置いたフキ味噌を時々出しては楽しんで食べてます。一花さん暖かい陽気に心までウキウキとしてきて、<上着ぬぎたり>とくれば気分も一挙に明るくなったようにお見受けしました。こんな風に多作できるのはやはり感性が豊かでいらっしゃるからですね。私は和歌はたしなみませんが自由な作風に惹かれます。これからも寄らせていただきますね。
目黒のおじいちゃん 
2006/02/16 08:11
結局私が休む羽目に。。。。
今おうちに居ます。雨だし、これ以上
長引かれても困るし・・・切実。
昨日より熱下がってます、が、元気が
今一無いかな?って感じ。お薬飲ませて
食事作ってやって、すっかりおさんどん。
今日一日、様子を見てみるわ!
さよちん
2006/02/16 12:46
何とか本調子に戻りました。
心配頂き、本当にありがとうございました。
「ふきのとう」
蕾(で、良いのでしょうか?)の状態を見れて嬉しかったです。
勉強になりました。(^・^)
chiemi
2006/02/16 16:22
なおさん、フキノトウも発ガン物質が入っておりましたか?以前蕨もでしたが。癌細胞は一度叩き出しましたが、またガンガン食べると芽が出ますかね。程々にしておきます。このフキノトウ、夫が1株植えたものですが、もう今年は3株に増えておりましたよ。春の風情があっていいですが、庭中フキだらけになったら大変ですね。昔、田舎では土手にたくさん生えていて、それこそ蔓延って、蛇が居そうで怖いでした。フキは買って居ますが、佃煮にすると美味しいです。そのうちうちも、年々ジリ貧になるかも知れませんね。
一花よりなおさんへ
2006/02/16 17:31
S子さん、夜遅くまで起きていらしたのですね。余り無理なさらないようになさって下さいね。フキノトウなんて田舎にたくさんあって、目にも止めた事がなかったのに、この狭い庭に夫が植えて懐かしんでいるようです。天ぷらおいしいですね。もうすぐタラの芽も。あのほろ苦さが美味しいですよね。
食べ物の話になったら、もう歌どころでなくなりますのでこのへんで。。
歌、春の暖かい陽射しに1枚1枚葉っぱが開いていく様を詠いたかったのですが、気持ちを思うように言葉に表すってなかなか難しいです。

一花よりS子さんへ
2006/02/16 17:43
ゆうさん、庭には春がそこまで来ておりましたよ。ほんと春はいいです
。でも春って結構荒れるて「春の嵐」もやってきますしね。
歌に恋にと朝からカラスさんですか?お幸せですね。
寝ぼけた頭には、ワーグナーさんかハチャトリアンさんに急かしてもらっておりますよ。
一花よりゆうさんへ
2006/02/16 18:10
目黒のおじいちゃん、こちらにもコメント有難うございます。フキ味噌ご自分でお作りでしたか?
確か以前ブログで拝見したのですが、お料理も時々なさるような事が書いてありましたね。
暖かい陽射しを浴びると太陽のエネルギーを貰って、憂鬱も吹っ飛んでしまいますね。ガーデニング療法というのもありまして、お花を育てることで心身体も元気をもらい、この頃あちこちの施設などで見受けられますね。優しい美しいものを見て子供達にも真っ直ぐに育って欲しいものです。
一花より目黒のおじいちゃんへ
2006/02/16 18:19
chiemiさん、少しは快方に向われて良かったですね。
本調子っていっても今回の風邪、結構しつこいようですよ。
熱が下がっても、2〜3日は余りご無理なさいませんようにね。
私はフキノトウなど、今まで気にもかけなかったのですが、右側の画像の小さなものが集まったひとつひとつの蕾が次第に開花するのだと思いますよ。よく土手で見過ごしております。「薹が立つ」、ここからだったと納得です。
一花よりchiemiさんへ
2006/02/16 18:35
さよちん、今日はお休みでさよちゃんの看病でしたか?熱が出たり引っ込んだり、気が気でないね。今一番辛い時期だから、さよちゃんのために頑張って看病してあげてね。小さいながら、我慢したりして親に迷惑かけないようにと気も遣っているのかも。でも身体は正直。まだまだ自分でコントロールできないから張り切って熱も出るのかも。春もそこまでだからね。
一花よりさよちんさんへ
2006/02/16 18:43
こんにちは。
蕗の薹が・・・早いですね〜
当地では、まだ一ヶ月位後でしょうか?
もう、春が来ている感じですね♪〜♪。。
めざまし時計
2006/02/18 14:04
こんにちは。初めまして。コメント有難うございます。
先日は四月の陽気で、今日はまた冬に逆戻りと三寒四温、少しずつ春に近づいているようですね。
先日の陽気に誘われて庭の隅々を見たら、ぽっこりこんにちは、だったのですよ〜。
そちらは、まだ一ヶ月位後ですか?
お先に春を楽しませて戴き有り難いですが、夏の猛暑もしっかり耐えねばならずプラスマイナスに出来ているのでしょうね。
一花より目覚まし時計さんへ
2006/02/18 18:13
フキノトウ 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる