一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 残の花(ブルーエルフィン・パキスタキス)

<<   作成日時 : 2006/02/05 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

画像画像
















2階の日当たりのよい室内に置いている、熱帯植物のブルーエルフィンとパキスタキス。
先日より、去年咲いた最後の残の蕾の花か、今年最初の花なのか、夫々健気に1輪ずつ開いている。

ブルーエルフィンは、青いまるで蝶が止っているような花で、カリガネソウによく似ている。
その花の形に憧れ、やっと見つけてもらって今年初めて我家に仲間入りした花である。
http://annabelle.at.webry.info/200510/article_16.html

パキスタキスは夏に咲く花で、黄色いのは苞と呼ばれ、白い角みたいなものが花である。
http://annabelle.at.webry.info/200507/article_6.html

「今宵また眠れず闇のカンバスに膨らむ思い塗りつぶしゆく」

「いま1時もう2時はやも3時打つ闇を駆けゆく時の鐘の音」

「終電の消えゆく音を聞く耳にやがて帰宅の子の足音す」

「暖房の温き部屋にてまた開く花色薄き熱帯のはな」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さん、今頃でも咲くものなのですね。名残の花というのか、温度があればいつでも咲くものなのか、熱帯のものはそういうのが多いようですね。
 夜は寝つきが悪い方なのですか?それは大変ですね。僕などは、お気楽?なのか、申し訳ないくらい、寝つきは良い方で、眠れずに困ったというのは、年に何回もないです。
なおさん
2006/02/06 05:14
おはようございまーす。私、忙しそうにしてるけど実は週休二日で今日もお休みです(^^♪ こちらは珍しく時折粉雪が舞っています、ベランダに出るとさぶ〜〜!  ブルーエルフィンとパキスタキス、面白い形の花ですね、昨年の写真も見せていただきました、ブルーエルフィンの深いブルーに数年前見た乗鞍の中腹に有る牛溜池の幻想的な湖面の色を思い出しました。熱帯植物とのことですが、今の時期に咲かすのは大変なのでは?アナベルさんの植物への思いが伝わってきます。
アナベルさん、夜寝付けないことがあるんですか?私も時々あります、疲れすぎると特に寝付かれなくなります。そんな時私は夫が晩酌で飲んでいる焼酎を内緒で拝借して、お湯割で飲みます、後はあまり面白くない本などを寝床で読んでいるといつの間にか眠ってしまいます。でもなかなか規則正しい生活は難しいですね。
waka
2006/02/06 11:31
この2つの花「ブルーエルフィン」と「パキスタキス」も知りませんでした。
流石、一花さんっちへ来ると花の勉強が出来ます。先ずはダウンロードして
彦左
2006/02/06 12:42
こんにちは
小生 理屈はわかりません
が、今日のおうた 心にズンときます

自然とよみやすく 自然と すっと
頭に情景が浮かびます
小生は そんなのが好きです
ひねくるより 普通にが 好きです

よんだとき 無理がない事だと 思ってます

本来 うたとは そう云うもんだと
勝手に自分で決めこんで おります

とても 心情が伝わりました

云い放題で ごめんなさい
yotti
2006/02/06 13:16
なおさん、この熱帯の植物、温度があれば年中咲くのかも知れませんね。熱帯植物園には、年中咲いているものもありますね。冬場室内に取り込むとき、ブルーエルフィンは剪定せずに蕾が残ったままで、それが開花していますし、パキスタキスは一枝剪定し残ったものから花が咲いています。フクシアも剪定せずに同じ場所に置いておりますが、今蕾がたくさんついていますよ。
なおさんは、昼間外に出ていらっしゃいますので、体が睡眠を要求するのだと思います。夫も、布団に入ったらそれはもうぐっすりの高いびきで、土日休みの日も体内時計は狂わず、早起きする元気ものです。私も外に出たり、ガーデニングして汗を流したら、ぐっすりですが、疲れすぎてもまた眠れないものですよ。
一花よりなおさんへ
2006/02/06 14:59
wakaさん、こんにちは。こっちも午前中寒いの何のって。午後からちょっと陽射しが出てますが、夜から雪の予報ですよ。週休2日でお休みでいいですね。でも休みの日、何かと忙しいことでしょう。ブルーエルフィンの深い青、はっとする色なんですけど、室内で咲いたものは、色が薄いんですよ。蝶がとまっている感じなんです。ブルーモルフォという、美しい蝶もありますけど、あちらは、ちょっと光る空色見たいですよね。でも、お花を見て色々と感じられるって、感性が鋭いからですね。さすが和歌さんですよ。S子さんのところで拝見しましたよ。お歌2首、お風呂場で即出来てお上手ですね。初心者とは思えませんよ。きっと何処か歌会でお勉強なさっていらっしゃるのでしょうね。私なんかしても駄目なんです。やっと、ブログで今年から毎日詠もうと決め、下手でもアップしています。昼間、歌集を読んでいると、いつの間にか寝込んでいるのですよ。夜、夫と晩酌よくしますが、それでも駄目なんです。夜、本を読むと夫に悪いので、我慢して、イヤホンでラジオを聴いても、聴き入ってますます眠れないですね。また、たくさん詠んで下さいネ。
一花よりwakaさんへ
2006/02/06 15:30
この時期に、淡い色のお花って素敵ですね。
なかなか、青とかクリーム色って見ないのですが、
ここで見させて頂いて嬉しかったです。
chiemi
2006/02/06 16:08
彦左さん、腰痛のところ、ご無理なさってのパソコン、有難うございます。
wakaさんという方も和歌山にお住まいですが、今日はそちらは珍しく時折粉雪が舞っているとのことですね。立春とは言え、毎日寒いですので、お体に気をつけて、ご無理なさいませんよう。また腰痛が出ませんようにご自愛くださいませ。
一花より彦左さんへ
2006/02/06 16:15
yottiさん、お忙しいのにコメント書いて下さって有難う。お料理教えていただいて、画像拝見するだけでありがた〜いことですのに、ご無理なさいませんよう。。
歌は、何せ私は言葉も知らないですし、根が単純で、思ったことしか歌に出来ない幼稚な、説明なんですよ。怠け者で勉強不足なもんですから、このブログをお借りして、毎日詠まなくてはと今年思っているのですが。他の方のお目に留まれば、推敲なしでと怒られますが、そこは優しい先生達、アドバイスしてくだはって、ありがたや〜なんです。yottiさんも詠まれますが、男の方、珍しいですね。(歌人ではたくさん輩出していますが、教室ではあまり見かけませんよ。)
和歌って素直で語りかけるような言葉が多いですよね。
中学校で最初習って記憶に残った短歌は「向日葵は金の油を身にあびてゆらりと高し日のちいささよ」(前田夕暮)だったんです。見たままだったのですね。金の油を身に浴びる。日が小さい。絵画の世界でしたね。
てなことで、見たままを詠いたいのですが、それがなんと難しいことかです。。
一花よりyotti さんへ
2006/02/06 16:42
めずらしい綺麗なお花。ブルーエルフィンとパキスタキス。
なんだか始めて聞く名前ですが、ブルーの妖精?そんな気がしました。
パキスタキスは、XXタキスってお花ありませんでした??

<今宵また眠れず闇のカンバスに膨らむ思い塗りつぶしゆく>
<いま1時もう2時はやも3時過ぎ闇を駆けゆく時の鐘の音>
<終電の消えゆく音を聞く耳にやがて帰宅の子の足音す>
夜のカンバスを塗りつぶす・・・そうなんですね。
歌われてみると納得するのですが〜〜素敵な措辞です。
時の鐘の音は、実際の時でもあるし過ぎ去った時間でも
あるのでしょうか。耳を澄ましてお子様の帰りを待って
いるお母さん。小さな足音も聞き漏らすことのない研ぎ
すまされた聴覚。
S子
2006/02/06 16:43
chiemiさん、寒いですね。昨日庭を見たら、霜柱でサクラソウの苗がごっそり浮いておりましたよ。今までで一番寒かったのではないでしょうか?あちこちで少しずつ春の芽吹きをと植物も準備した矢先、縮こまって仕舞いますね。こちらの熱帯の花、温度があれば咲くようですよ。フクシアも花芽がたくさんついています。この時期、三寒四温行きつ戻りつなんですね。
一花よりchiemiさんへ
2006/02/06 16:50
S子さん、昨日今日と寒いですね。このブルーエルフィン、S子さんもご覧になったら、飛びつかれますよ。お花としては3センチ前後ですが、青い蝶がとまっているようなんですよ。本来は大きくなるみたいですが、剪定で小さくできるようですよ。お値段も小さいものなのでお手ごろでした。歌、「闇のカンバスを塗りつぶす」。寝ている頭の中、真っ暗で、まるで夜の闇、不安や様々な思いが次々と膨らみ思い描かれ、いやそんな筈はないとまた、さっきの思いの上を塗りつぶしていく思考過程を詠いたかったのですが、まだまだ咀嚼されていないでうまく伝わりませんね。
「時の鐘の音」。うちに柱時計があるのですが、それが、ボン1時、ボンボン2時と打つのです。おっしゃって下さって有難うございます。「はやも3時過ぎ」を「3時打つ」に変えますね。「闇を駆け行く」。無理があるかもしれませんよね。時があっという間に1時から3時に疾走するさまなんですが。最初は「早送りさるかの時の鐘」か「疾く進み行く真夜の時の音」にしたのですが、ちょっと変えてみようと思ったものです。何時も丁寧に詠んでアドバイスしてくださって有難うございます。
一花よりS子さんへ
2006/02/06 17:43
yottiさんの「今日のおうた 心にズンときます」と言うコメント
読んで、すぐ、何よりも早く歌を読んだよ。本とだ!すご〜い。
特に、「終電の消えゆく音を聞く耳にやがて帰宅の子の足音す」
この歌だけで何も言わなくてもアナベルちゃんの心の中が見えるよう。
無理に、UPした歌に拘らず、どんどん詠いたいものを詠わないと
駄目だよ。yottiさん、さすがだな!yottiさんも凄い!
さよちん
2006/02/06 19:39
おっと!忘れてた!ご主人によろしく伝えてね。
まさか、ご主人も私のブログ読んでくれてるって
知らなかった。これから心して取り掛からねば!
よろしくしくしく(≡^∇^≡)ニャハハ\) )))) ハズカシイ
さよちん
2006/02/06 19:44
さよちん、やっぱり、さよちんが来たら元気でるね〜。さよちんにとっては、たまにはブログ忘れて遊ぶのもいいことだったでしょう。
さよちんは、タイプも早いし、何より驚いたのは、あの携帯で文章作成すること。夫が、さよちんって30才ぐらいだと思っていて、ばらしたら、またまたビックリんこよ。エエー、あんな携帯でよくもマー、長文打てるもんダーなんて。毎日ブログ読める暇はなくて、たまにですよ。この頃短歌に目覚めて私の下手な短歌をけなし、どれ、俺に歌わせてみろっていって、携帯からメールでたまーに送ってくるんですよ。S子さんの歌もたまに見ているみたい。お前は絵が出来ないから、短歌が下手なんだだそうです。絵を書く時ポイントをおさえて書くから、芸術の鑑賞の下手なものは、駄目なんだそうな〜。そう言えば、図画はまるで駄目で、音楽はずば抜けだったけど。。歌、どんどん詠いたいものね〜。ブログのために作っているような歌、駄目ですね。反省。。寒いから、無理しないでよね。
一花よりさよちんさんへ
2006/02/06 21:29
うれしいな!私が元気の素なんて。またUPしたんだよ。
バリバリやっちゃう。それにしてもご主人面白い。
30歳にしといてくれればいいのにィ〜もう!
気が利かないんだから、なあ〜んちゃって!
ヾ(@゜▽゜@)ノあははおっかしい。また来てね。
私のブログ見に・・・。バイ♪〜( ̄。 ̄) ←トボケガオ
さよちん
2006/02/06 22:05
今日二度目(^^♪うるさくてすみません<m(__)m>
お風呂入ってて出来たなんてえらそうな事書いてしまって、恥ずかしいです。S子さんに見てもらおうと思って必死で・・私、ほんとに初心者なんです、だから皆さんみたいに批評したりできなくて、ただ自分の感性で感じたままを書いているだけなんです。これから勉強です (*^_^*)
waka
2006/02/06 22:52
さよちんの元気のもと、他にもあったのね〜。ブログ見たよ。精力的だねー。
でもね、心は若くても、身体はやっぱりガタがきているから、ほどほどにおしよ。早く寝てよ。明日雪の凍結で滑らないようにね。
一花よりさよちんさんへ
2006/02/07 00:11
wakaさん、何度もお越し、楽しいですが、お忙しくありませんか?
ほんとうに初心者だったら、いつも人生をしっかりと自分の目で見て批判し、対象をしっかり見る目を養ってらっしゃるのでしょうね。感受性もおありだし、今日のさよちんの歌評、うまいですよね。素養おありなんですよね。お楽しみですね。また、たくさん作って下さいネ。
一花よりwakaさんへ
2006/02/07 00:18
作者、不眠気味なのでしょうか。一首目は視覚で、
二、三首目は聴覚で詠っているのですね。
末尾。皮膚感覚と視覚(薄色)で、早春の感じ。
花写真。昨日、おとといと、花、花、花!
いいですね。花は、無条件でいいです。
ゆう
2006/02/07 08:00
ゆうさん、以前は真夜中に起床か就寝のご様子でしたが、この頃普通の時間帯にお出ましとアップで良い事ですね。
ブログは花ばっかりで、もう歌も限界なんです。S子さんみたいに詠えませんし、頭抱え込んでいます。それに未だ寒いので、お花も家の中で待機。暖かくなれば外で管理するのですが、部屋の中の管理、風通しがない分ハダニ等結構大変で、これ以上の鉢物増やさないようにと花屋の前で我慢我慢なんです。でも、もう少ししたら蕾のものもいくつか咲きますよ。花は、無条件にいいですか?ゆうさんて、お花お好きでしたっけ?
一花よりゆうさんへ
2006/02/07 18:31
残の花(ブルーエルフィン・パキスタキス) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる