一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS アマゾンリリー(ユーチャリス)

<<   作成日時 : 2006/07/21 18:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

今年の2月中旬、室内で咲いたアマゾンリリー。
温かくなった4月、鉢を外に出して置いたらまた今頃咲いてきた。

我が家では何時もだと、外では10月頃と室内の2月頃に2回開花していたものだが、今年は何故かまた今頃咲いてきた。この花は日本各地の植物園の温室で見られるものだが、数年前から球根も出回っていて家庭で育てる人も多いようだ。

画像

開花時期を調べて見ると、通年とか冬場に開花が見られ、夏場に一度開花したことがあったと言う記事を見た。本来の現地のアンデス山脈での開花は何時頃なのだろうか?また調べてみると6〜7月の開花時期が1件あった。自然のアンデス地方では若しかしたらちょうど今頃に咲くものかも知れない。
要は熱帯のものなので温度がないと成長しないし、株も充実しないと花が咲かない。

画像

このアマゾンリリーは球根で求めてもう5年以上もなり、鉢植えにしたまま3年間は葉っぱのみの成長で、なかなか花を見せてくれなかった。別名がギボウシスイセン(擬宝珠水仙)と呼ばれて、葉がギボウシにそっくりで、一体どんな花が咲くのか楽しみだった。
ラベルには水仙のような白い花のイメージが載っているだけで想像がつかなかった。その頃ネットで調べても情報が1件だけあって、そこにはギボウシのタマノカンザシのような花が載っていたので、そんなイメージを持っていた。だが3年ぐらい前からやっとネットや本で情報が見られ、どうも白い花は俯いて咲く水仙のようであった。

画像

そうこうするうちに我が家のものも初花を咲かせてくれた。その日は奇しくも10月の私の誕生日。随分と気を持たせた花だったが、その白い清々しい薫りは部屋中に充満して、今までの最高の誕生プレゼントとなったものだった。忘れがたいあの薫り。実はこの花はハワイなどでは花嫁のブーケとして使われる花だった。日本でもある有名な歌手がこの花をブーケとして使って以来、今でも花嫁のブーケ、コサージュとして人気の花だそうだ。

この球根植物を育てて見ると、花は水仙のようでリリーの名前を持つがヒガンバナ科で直径10センチはある。
原産地はコロンビア・アンデス山地と言うことで冷涼な気候を好むのか、日当たりに置くと葉が焼けたようになってきて風通しの良い半日陰を好むようだ。花は下向きに咲き、日持ちは結構良くて花自体にも匂いがある。そして夕方から夜になると不思議と清々しい薫りを自然に放って、この何とも言えない強烈な酔いしれるような匂いに誰しもが虜になるようだ。

画像

この時期、またアンデスの奥地で真っ白い花をひっそりと咲かせて、清々しい匂いをそこかしこに撒いているかも知れない。そして乙女達もこの花に憧れ、何時しか花嫁になる日を夢見ているだろうか?
ガーデニングで色々育てみると、月下美人もさることながらこの花もまた感激をくれるひとつである。
画像
<アマゾンリリー(ユーチャリス)>
ヒガンバナ科ユーチャリス属
学名:Eucharis grandiflora
英名 : Amazon lily, Eucharist lily
別名:ギボウシズイセン(擬宝珠水仙)、ベツレヘム・リリー、ユーチャリス、 アマゾンユリ
原産地:コロンビア・アンデス山地 (この種は自然雑種。)
開花期:通年、春、秋、6〜7月
性状:多年草(球根)
生育環境:土の表面が乾けば与える(湿った場所を好むので、水切れは厳禁)
     夏は通風の良い日陰。冬は最低10℃以上(暖かい室内の窓辺)繁殖は分球。
     花芽分化は27℃以上。 良い香りがして花嫁のブーケに利用。

アマゾンリリー(ユーチャリス)
http://annabelle.at.webry.info/200602/article_22.html



「薫香を放ちまたもや咲く花よアマゾンリリー純白にして」

「梅雨晴れぬ薄暗がりに白々とアマゾンリリー花咲き見する」

「誰が為に咲き見せたるやユーチャリスその白色の眩しきまでに」

「月下美人・アマゾンリリー・夕顔にダチュラ何れも白花薫る」




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
アマゾンリリーって言うのですか。きれいー!初めて見ましたよ。
>10月の私の誕生日
10月だったのですか?おめでとうございました。
環ちゃん
2006/07/21 21:13
 一花さんちでは、またアマゾンリリーが咲いたのですか。育て主に倣って、清楚で気品のある白い花で、良いですね。しかも夕暮れより素晴らしい芳香があたりにただようとは、言うことなしの良い花ですね。
 葉の様子も面白いものですね。
なおさん
2006/07/21 22:42
環ちゃん、こんばんは。この花お初でしたか?綺麗でしょう〜。私のお気に入りさんです〜。大事にして育てて、もうすぐで6年目です。気まぐれ屋さんで開花が10月とか2月とか、一体何時が本来の開花時期なんでしょうね。それにしても、今頃咲いてどうしたのでしょうか?地球温暖化の所為ではないよね?誕生日、本当はひと月遅れの予定だったのですが、何故か慌ててこの世に生まれてきました。それ以来あわてん坊で、ホが抜けてます〜〜。
環ちゃんへ
2006/07/21 23:13
なおさん、こんばんは。お疲れのところコメント有難うございます。
今年2月、咲いた咲いたと喜んでアップしましたが、あれからもう5ヶ月経ったのですね?早いです〜。この花好きで、また咲いてくれて嬉しいですが、一体今頃どうしたのでしょうね。でも葉っぱが青々として株が充実してきましたよ。アンデスの山中ではどんな状態で咲いているのでしょうか、一度見てみたいです。薫りの良い花として月下美人、エンジェルストランペット、夕顔、好きですが、何れも白で虫が好む色なのでしょうか?なおさんちの富貴蘭の東出都も真っ白でしたよね。なおさんちのもの甘い薫りでしょうね。こちらは、清々しいすっきりとした吸い込まれるような匂いですよ。
なおさんへ
2006/07/21 23:22
今さっき帰って来ました。新宿と違ってこの町にある会社だから
10時頃の電車に乗っても10時5,6分に着いちゃう。
何とも言えずうれしい。。。カラオケ行っちゃった!
昨夜は長い長いコメントありがとうね。うれしかったよ。
申し訳無いほど時間を裂かせちゃってごめんね。
今日はまた、白い花のアップでステキです。
環ちゃんが10月の誕生日、おめでとうございました、だって!
今年の誕生日がもうすぐ来るよ、って言ってやんなよ。
(〃^∇^)o_彡☆あははははっご他聞に洩れずまた歳を取るのね。
頑張って早く私に近づいておいでよ!
さよちん
2006/07/21 23:24
さよちん、今日はお帰りが遅いから、またどこかでカラオケでも行ってきたんでしょうと思ってた〜〜。例のカラバランカの白?赤どっちかの服着てルンルンバンバン踊ってたんでしょう〜〜。すっかり年も忘れて〜〜。良い事です。年は忘れても歌はしっかりと忘れないからすごいよね!!!「二兎を追うものは一兎をも得ず」でなく、さよちんは短歌も演歌もどっちもすごいよネ。エネルギーどっからくるのだろうね。
例の短歌のお爺さまの件、失礼しました〜〜。空気的存在で、気にもならないのだね。誕生日、未だ3ヶ月先です。さよちんには絶対近づいてはきまへん。。ボケは近くなって、いやもうずっと先を走って追い越してます〜〜。よろしくネ。
さよちんさんへ
2006/07/21 23:50
アマゾンリリー(ユーチャリス) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる