一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS カサブランカ

<<   作成日時 : 2006/07/22 13:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

画像

やっと今年1輪咲いたカサブランカ。去年のブログアップは奇しくもちょうど今日、7月22日。
その時は、以前から植えてあった15本のカサブランカは殆ど元気で咲いてくれていて、去年の画像には1株より花が6輪も咲いてくれていたようだ。
今年出てきたカサブランカは7株。蕾も1つか2つしか付けてなくて、あと残り3株がまだ蕾状態だが、蕾のまま花を咲かさずに黄変して枯れてしまったのもある。

画像

『カサブランカは、カノコユリとヤマユリを交配し、これにカノコユリを交配したジャンボリー種にオリエンタルハイブリッドを交配して育成され、1975年に発表された。この純白巨大花は花持ちが良くて、強健な性質で、これを期にオリエンタル系に目が注がれるようになった』と園芸の本に書いてある。
本に依ると、強健な性質とのことで、2〜3年は植えっぱなしで良いと書いてある。我が家のもの、もう2年過ぎたので株が細ってきたのであろうか?

このカサブランカの人気の秘密は何と言っても、大輪純白で芳香が良い事であろうか?
花の咲き方も横向きで切花としても人気があり、花期も7月に入ってからと暑苦しい時に涼しさを与えてくれるようである。カサブランカとはスペイン語で「白い家」の意で、昔の映画のタイトルにもあった。純白な花に惹かれる女性は多いようで、大輪で芳香のあるこのカサブランカ人気、まだまだ衰えることがないようである。

画像

さて、今まで庭に咲いたイエローウイン 、スカシユリ、トライアンファーターは植えっぱなしでも花は以前と変わりなく咲いてくれていたようだが、テッポウユリ、オリエンタル系・ソルボンヌ、そしてカサブランカ、これから咲くカノコユリもどうもこの庭に馴染まないのか年々細っている。せっかく出てきたヤマユリも蕾も付けず、もう枯れてしまった。

何系統もあるユリ、夫々の特性を考慮して自分の庭にあった種を選んで植えなければいけないようである。半日陰を好むこのオリエンタル系はウィルスに弱いのかも知れない。
このオリエンタル系の親となっているヤマユリ。今あちこちで見頃となっているが、こちらは環境の良い山の斜面では自生して蔓延っているようだ。公園でもボランティアの方々が種から2年で苗つくり、そして開花に5年をかけて現在1万株に殖やしたということをTVで放映していた。
野に咲ける百合の花。美人の歩く姿そのままの美しい自然の形を野の中で見てみたいものである。
画像


カサブランカ(H17、7、22、丁度1年前)
http://annabelle.at.webry.info/200507/article_16.html

オリエンタルリリー・ソルボンヌ
http://annabelle.at.webry.info/200607/article_16.html

テッポウユリ
http://annabelle.at.webry.info/200606/article_22.html

イエローウイン
http://annabelle.at.webry.info/200606/article_5.html

スカシユリ(ソレイユ)
http://annabelle.at.webry.info/200606/article_17.html

トライアンファーター
http://annabelle.at.webry.info/200606/article_29.html



「梅雨闇の庭に1輪のみ咲きてカサブランカの花の静けさ」

「直向なる生き様をしてカサブランカ花の好きなる歌友のありぬ」

「わが庭に細りゆきたるカサブランカ人の心も日毎移りて」

「夕暮れに匂いを放つ白き花夫々の香に憂いを忘る」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちは、今日は清楚でありつつも華麗なカサブランカですか。15本もあったとは、それこそカサバランカ?という雰囲気で場所もとったことでしょうが、7本になったとは半減で淋しいことですね。
 ヤマユリの血を引いて芳香があるというのは良いですし、ヤマユリ特有の斑点が消えたのが人気の秘密でしょうか。ヤマユリの変種のタメトモユリが交配親になったとも聞きました。
 今日は神代植物公園に行きまして、いろいろネタ集めをしてきましたが、ヤマユリが野草園で何本か咲いていました。
 明日は武蔵丘陵森林公園のヤマユリを見に行く予定ですが、TVの効果で人出が沢山ありそうですね。
なおさん
2006/07/22 15:58
なおさん、こんにちは。もうお出かけさなってお帰りでしたか?何でもなさることが早く、そしてお元気なんですね?今日は雨が止んで、涼しくて植物の世話をするにはもってこいのお天気でした〜。1年草でお店で求めたもの、このお天気で根から駄目になってしまっています。元気が良いのは藤とモッコウバラで、毎日これとの戦いです〜。カシワバアジサイもやっと剪定しました。以前15本のカサバランカがあったのに、もう7本しかなくて、1つか2つの蕾だけしか付いてません。その蕾も何だか黄色くなって怪しくなってます〜^。きっと来年はゼロかも知れません、がネットで見ると皆さんこんな状態の方多いようですヨ。タモトユリは鹿児島県トカラ列島の口之島に自生していたが、野生では絶滅したんですって。断崖に生育していて、球根を採取するとき袂に入れて持ち帰ったことから名づけられたって書いてあります〜。ヤマユリは斑点が多いですけど、タモトユリの方がすっきりと綺麗ですネ。明日はまた早くからボランティアさんですか。頑張って下さい〜。
なおさんへ
2006/07/22 18:00
 一花さん、たびたびオソレいります。今日はガーデニング日和でしたね。薮蚊の吸血鬼さえいなければ、快適なのですが。雨が多いと水遣りは楽ですが、弱いものは根ぐされになったり、蒸れたり病気になったりで困りますね。
 さて、紛らわしい書き方をして申し訳ありませんでしたが、タメトモユリ(為朝百合)はサクユリの別名でして、伊豆半島、伊豆諸島にのみ生えるものだそうですね。タモトユリとは別種になるものということですね。
なおさん
2006/07/22 18:50
おっ!出ました!大御所のカサバランカ・・・じゃなかった、
「カサブランカ」何だか箔が違うね。やっぱり人んちのじゃ
こうは行かないわ。なおさんも今日は早々のコメント。
もしかして休み?私は明日と明後日が休み。うれちぃ。。。
明日は歌会。そう言えば、この前の洋服、会社には着て行かないよ。
勿体ねぇ〜。(●`ε´●)ぷっぷくぷ〜
さよちん
2006/07/22 18:51
 さよちんさんもおでましですね。今日は休みでした。

 さて、3たびもオソレいりますが、早まりまして、調べましたらこのタモトユリも海外に持ち出されたものがオリエンタル・ハイブリッド系の交配親としていろいろにつかわれたのだそうですね。タモトユリは白い花で受け咲きの花なのですね。
なおさん
2006/07/22 19:10
こちらは畑でも崖でもお墓でも土手でも沢山のユリが咲き乱れています。今はコオニユリの橙色が終わり、鹿の子ユリがあちこちで・・甑島の元祖大元も島をピンクに彩り始めているようです。
明日は、北部の湧水町「旧吉松・栗野町」の高原の『ユウスゲを観る会』でしたが、大雨洪水でさっき中止の電話がありました。残念
薩摩節
2006/07/22 21:03
なおさん、あれから2度もお世話さまでした〜。ああ〜、私が最初のなおさんのタメトモユリをすっかり勘違いしてタモトユリと「メ」抜きでそして、モとトを逆にして例のボケナスで間違ってしまいました〜〜。ほんと何時もメ〜〜ですね。こちらこそゴメンなさい〜〜〜。本を読んでいたら、1箇所タメトモユリがヨーロッパに1870年頃に渡ったって書いてありました。あとタモトユリの白い花の写真が載ってました。。オリエンタルハイブリッドの交配種には、ササユリ、タモト、ヤマユリ等の交配種が。。。と書いてありました〜〜。こっちこそ何時もそそっかしくてゴメンなさいネ。おめめしっかりと開けないとだめですね〜。やっぱり、嫌いなメハジキ庭に植えなきゃいけませんネ。ウケユリもタモトユリも鹿児島の島の方に自生で芳香があるのですね〜。タモト、上を向いて受け咲きの花です〜。なおさんもお疲れだったですね。なんども有難うございました〜。
なおさんへ
2006/07/22 22:16
さよちん、お掃除終わってほっとしたでしょうね〜。帰宅後頑張っているのね。カサブランカ、さよちんのとこすごく立派なのが貼ってあったね。うちんとこ、今年すっかり寂しいカサヤブレンカのような状態です〜〜。たった1輪だとカサブランカは淋しく見えるね。たくさん豪華に咲いていれば、イメージがカサバランカで素敵だよね〜〜。
アノ例の白いカサバランカの洋服、明日着ていくの?歌会の時、みんなお洒落して来られるよね〜〜。可笑しいけど。。歌人って身なりから心に入るのかも?? 叙情詩だから。。。しっかりお洒落してお勉強してきてネ。夜皆でお食事会で遅いのでしょう〜〜〜。白、汚れやすいから気をつけて〜〜。
さよちんさんへ
2006/07/22 22:26
こんばんは、こちらに初めまして。布袋竹さんと仰るのですね?鹿児島南薩摩よりと、日本の四季「撮影地鹿児島」のHPちょっと拝見させて戴き懐かしい景色で嬉しいでした。またゆっくり拝見させて戴きますネ。現在は文京区の方にお住まいではないのですね。 猫ちゃんも何匹もいて、それはそれはナマリブシが沢山入用ですね。私メ、こちらに長く住んでますが、東京弁とカライモ語のナマリブシの日々ですよ〜〜。そちらでは土手でコオニユリ、鹿の子ユリが咲いていて素敵な田園風景ですね。今日は「ユウスゲを見る会」、大雨で中止で残念でしたね。豪雨のニュース、出水、北薩のことTVで放映してましたね。若し今度是非自然に咲いているお花の状態を、鳥と一緒に何処かにちょっとだけ貼って戴くことは出来ませんか?是非是非自然のお花見せて戴けたら有り難いのですが〜〜。鳥専門でらしたけど、ちょっとだけ少し駄目でしょうね〜〜??褄紅蝶も綺麗ですね。屋久島の知り合いから戴いたハイビスカス、サクララン、夫が育てていますヨ。ツルランは枯れてしまいました。また、お邪魔させて下さいね。
薩摩節さんへ
2006/07/22 23:02
カサブランカ 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる