一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS グラジオラス(バイカラー)&蝶

<<   作成日時 : 2006/07/31 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

以前、真っ赤なグラジオラスをアップしたが、桃色の地の中に赤が入った違うものが咲いてきた。桃色1色の優しい花色に加えて中に強烈な赤が入ると、随分華麗な感じの花に見えてくる。
昔は単色の花が多かったようだが、二色咲きのバイカラーと呼ばれるもの、花びらにフリルのあるもの、三角形の花びらなども近年見かける。

画像

グラジオラスは、もともと南アフリカ産で原種が180種あり、園芸種・交配種合わせて1万株以上と言う非常に種類が多い植物である。
アヤメ科グラジオラス属で、葉はどれも先が尖ったアヤメの葉そっくりである。グラジオラス(Gladius)はラテン語の剣を意味し、剣状葉であることで名付けられたそうだ。
そして、別名がトウショウブ(唐菖蒲)、オランダショウブ(阿蘭陀菖蒲)とも呼ばれて、ショウブ、アヤメの仲間と言う事になるが、花はアヤメ似でなくグラジオラス属独特のエレガントなイメージを持つ。

画像

日本では切花として盆の供花用によく使われているが、ヨーロッパではガーデンプランツとして使われているようだ。そして花もエディプルフラワー(食用花)として利用されるが、派手で美しすぎるのでなかなかその気になれない。 
写真は以前、雨後に撮ったものである。

グラジオラス(赤)

画像

          <ブッドレア(バタフライブッシュ)とアカタテハ>
画像

ブッドレア

さてこの頃、紋白蝶・紋黄蝶・シジミ蝶・キアゲハ・クロアゲハ・ アカタテハなどの蝶が日と時間帯によって、バタフライブッシュと呼ばれるブッドレアの花や庭に足しげく飛び回ってくる。

画像
         <スジグロシロチョウ>

画像

動く被写体をカメラに収めようとしても、なかなか上手くいかないものだ。今朝、葉に舞い降りた蝶は撮ってくれといわんばかりに何故か大人しくじっとしていた。若しかしたら産卵のためか、もう飛ぶ力の少なくなった余命幾ばくもない蝶だったのかも知れない。蝶の成虫の寿命は1〜2週間だと言う。蝉は土中に5年間、羽化してから交尾が終わるまで7日ぐらいと聞く。(実際はもっと長く生きるらしいが。。)
何れにしても、花も蝶も盛りの時が短かく儚い命である。



「雨粒の滴る花の憂いもち盛りの今を誰に見せんと」

「華麗なる二色の花色グラジオラス梅雨明けの庭緑葉繁る」

「バタフライブッシュの花に飛び来たるアカタテハの蝶真夏の昼を」

「花と蝶今を盛りと華やかなり目くるめく時の悲しいまでに」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
グラジオラスは本当にエレガントですね。雨滴がついて更にワンランクアップした感じです。
蝶をこんなに大きく取れる事は滅多に無いでしょう。幸運でしたね。
デコウォーカ
2006/07/31 20:23
 一花さんちは今日はバイカラーのグラジオラスですか。いろいろなものがあるのですね。うちでも新聞やさんにいただいた球根があり、なんとか花が咲きました。うちのはごく普通のものですが。
 昨日のサルスベリに引き続き、ピンクのフリルが美しいものですよね。

 それからチョウもブッドレアその他に遊びに来て、楽しそうなお庭ですね。花だけでも十分綺麗で楽しいものですが、チョウがくると花を引き立ててくれますので、より良いものですよね。
なおさん
2006/07/31 21:05
蝶のやってくるお庭はよいものですよね、
鹿児島に戻ってきた頃は、母が色んな花を植えていて
蝶の写真をたくさん撮ったものです。
写真はモンシロチョウより、スジグロシロチョウ?の方が近いかな
薩摩節
2006/07/31 22:04
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。
グラジオラスに雨の滴がかかって憂いを持っているようで、また花の美しさが加味されているやもしれません。2色のバイカラーはまた一段とエレガントを見せてくれて、写真で撮って見てまたその華やかさに再発見です。(今日見せて戴いたカラスウリの花はまた自然の編み出す美しさで、こちらとは比べ物になりませんが。)
蝶も今迄何度も撮ってきましたが、今日の蝶は大人しくてラッキーでした。。我ながらこんな写真が撮れてびっくりしました。
デコウォーカ さんへ
2006/07/31 22:59
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
以前新聞屋さんから、ユリの球根戴いたとか仰ってましたが、グラジオラスもでしたか? それはそれは洗剤より有り難いことですね。
昨日のサルスベリも今日のグラジオラスも何故かピンクのフリル付きで華やかで美しい〜ですヨ。画像も雨滴が付いて仕上がりが綺麗でした〜。
蝶も、何故か大人しく撮ってくれと言わんばかりのアップの映像が撮れました。なおさんのキチョウには負けますけど。。キチョウでなく「スジグロシロチョウ」ですって。花も蝶も賑わってくれる狭い庭ですが、吸血鬼に追っかけられてたまりません。
なおさんへ
2006/07/31 23:10
薩摩節さん、こんばんは。ブログのアップなさってらっしゃらないのに、またお忙しい中、コメント下さって有難うございます〜。
そちらの庭で、お母さまが色々な花を育てていらして、蝶や花も愛でられて写真に色々撮られていらっしゃったのですね。指宿の方に行きますと、南国的な花が多いですよね。昔、ランタナ、ダチュラ、(エンジェルストランペット)アブチロン、などあちらで初めて見ましたが、ここ10年位で東京でも鉢が出回り、あっと言うまに広がって地植えしてあるところも見ますね。温暖化が進んでいるのでしょうね。そうそう、ハシカンボク(波志干木)と言うのが鹿児島にあるようですが、去年鉢で求めたものに小さな蕾が出てますよ。あちらで見かけたことはなかったのですが。また花が咲いたらアップしますので見て下さいネ。蝶は薩摩節さんがお詳しいのできっと教えてくださるかな〜?と思ってましたが、スジグロシロチョウ、ネットで確認しましたらOKでしたよ。。プロの方には及びもつきませんが、ちょっと自分では上手くいったかな〜と思っています。何時も色々教えて下さって再発見ばかりで有難いことです。
薩摩節さんへ
2006/07/31 23:30
こんばんわ!今日も出かけちゃった!ちょっとの間・・・
と、言っても4時間余り。お茶して、夕飯ご馳走になって
お土産まで買ってもらって。≧(´▽`)≦アハハハうれちぃ。
蝶がとっても神秘的!写りがいいねぇ。羨ましいな!
私には無理だ!どうも良く分ってないし・・・
さよちん
2006/07/31 23:49
さよちんさん、こんばんは。昨日1日遊んでまた今日も外出、とてもあんな年とは思えませんね〜。独り身で御気楽だからだね〜。爺様がお帰りだったとか?やっと自分の本来の生活に戻れてゆっくりね〜。
蝶、素敵でしょう〜。カメラ腕は悪いけどあちらが大人しくしてくれていたのよ。
さよちんさんへ
2006/08/01 00:11
グラジオラス(バイカラー)&蝶 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる