一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS カノコユリ(鹿の子百合)

<<   作成日時 : 2006/08/01 15:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

梅雨明けが過ぎた関東地方。八月・葉月のスタートは気温25℃と涼しい朝を迎えた。庭に降り立つと我が家の何種類かあるユリのうち、開花が一番最後となったカノコユリ(鹿の子百合)が今朝1輪開いていた。

画像

6年前に田舎の母から送って貰った5球。毎年律儀に株は出てくるものの、紅葉樹の下陰になって、今年出てきた2株は小さな蕾を付けたまま枯れてしまった。あとの3株も、明るい方へ明るい方へとフェンスを乗り越え、隣家の方に顔を出してひとつずつ付いた小さな蕾を確かに膨らましていた。そのうちの1株が早々と思いがけずに開花したものだ。

画像
          <咲き始めの花びらとその後>

この花の特徴は、薄桃の花びらに赤い鹿の子模様の斑点がはっきりと浮き立ち、咲き始めの花弁は真っ直ぐだが次第に強く反り返えり下向きに咲いている。残念ながらヤマユリのような強い芳香がない。
『日本にはユリが15種自生しており、その半数が日本の特産種だそうだが、このカノコユリは中国、台湾、日本の九州四国にかけて分布して、花期が7月中旬から8月の中旬までで、ひとつの茎に10輪近くも花をつけ、草丈が50〜150センチと結構高く、日当たりを好み丈夫で育てやすいものである』と記載してある。
学名はLilium speciosumでユリ科ユリ属で別名がドヨウユリ、タナバタユリとある。

画像

日本のユリの中で花びらに目立つ斑点を持つ花として、白地のヤマユリ、オレンジのオニユリ系、ピンク地のカノコユリがある。ヤマユリを百合の女王と呼ぶなら、カノコユリは明るく華やかなプリンセスのイメージを持つ。

画像
             <日本の抒情カレンダー8月より>
富士見高原ユリ

さて、日本の抒情と書いてあるカレンダーをめくったら、長野の「富士見高原」の華やかな写真絵が現れた。白樺の木の根元に赤、黄、白、ピンク、オレンジと色取り取りの百合の大群が咲き乱れ、華やかで涼しげな高原風景を見せてくれている。
これからのひと月、この風景に夢を乗せ暫し高原の風となって遊んでも見よう。


カノコユリ
カサブランカ(H17、7、22、丁度1年前)
オリエンタルリリー・ソルボンヌ
テッポウユリ
イエローウイン
スカシユリ(ソレイユ)
トライアンファーター

「どんよりと梅雨空思わす八月の庭隅に咲く鹿の子百合の花」

「捲りたるカレンダー葉月高原に群れ咲く花色数多の百合は」

「1輪の鹿の子百合咲き浮き立ちて暦を捲る葉月の序章」

「南国の熱暑如何にか古里の母にも告げん我が花便りを」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今までは花にはあまり目もくれていなかったので、初めて見る花が多いのですが、この鹿の子百合も初めて見ます。ヤマユリに負けず劣らず綺麗ですね。
デコウォーカ
2006/08/01 19:30
 葉月ということで、一花さんちもブログ模様替えですね。和の趣が良いですね。
 さて、今日は一花さんちは鹿の子ユリということで、育て主に似て、こちらも「なんちゅあならん むぞかぁ〜!」という雰囲気で良いものですね。小鹿のバンビちゃんの斑模様になぞらえた名ですが、ピンクのぼかしも斑点も面白いものですよね。
 香りがないのが残念ですので、この系統に香りを持たせようというオリエンタル・ハイブリッド系のものもいろいろあるようですね。

 富士見高原のユリはスカシユリ系のようですね。埼玉の狭山ユネスコ村のあたりでも、今年からユリ園が開園したようで、此処もかなりの群生でみごとなユリの花園のようですね。
なおさん
2006/08/01 20:40
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。
カノコユリは初めてご覧になられましたか?お散歩に出かけられます香貫山の自然の草花を色々と観察されてらっしゃるのですね。
このカノコユリは昔から人気の花のようで、よく見かけるようですが、何時も山でヤマユリをご覧になってらっしゃれば、こちらはちょっと派手で元気ですので見劣りがするかも知れません。でも結構若々しいイメージで綺麗なものですね。
デコウォーカ さんへ
2006/08/01 21:57
なおさん、こんばんは。お帰りがお早いでしたね〜。早いもので今日から8月ですね。植物も去年咲いたものがまた細々と庭に咲いており、去年の繰り返しですが、やおらブログを立ち上げてなんとか続いています〜。カノコユリはこうして写真に撮ってみると、元気で可愛いですよね。なおさんの鹿児島弁のお得意はノバちゃんが良く使う「なんちゅあならん むぞかぁ〜!」これだけですね〜。ほんのこてむじょか〜〜花ですよ。薫りが無いのが残念で、ヤマユリには逆立ちしても勝てませんね。
富士見高原のユリは、やはり植えっぱなしでも元気なスカシが多いようですね。うちの庭に咲いた8(ヤマユリを入れて)種で一番元気なのはスカシでしたから、この種が選ばれて当然かな〜なんて考えてます。あちこちのユリ園のニュース聞きますね。
なおさんへ
2006/08/01 22:07
お庭のある方は羨ましいです、ユリは半日陰くらいのところが良いと聞いていましたが、カノコユリは太陽が好きなんでしょうかね、私も公園で写したカノコユリをアップしますが白一色でした、鹿の子模様の斑点が無くなることが有るのかなと不思議に思ったりしています。
OSAMI
2006/08/01 22:45
OSAMI さん、こんばんは。コメント有難うございます。庭と言っても東京の庭は猫の額ほどで、土があって地植えが出来るかな〜と言うぐらいでマンションベランダを広くしたみたいなものですよ。ガーデニングが楽しめるのも春と秋で、あとは藪蚊との戦いと水遣りで大変な思いをしております。植物が好きで、お日様を浴びて身体の為にやっており、ブログを書くことで植物の勉強にもなって新しい発見がありますよ。ユリにも日向、ちょっと半日陰が好きなものと別れているみたいですよ。葉を見てみますと、艶々として緑で厚ぼったいものは、大体一日中お日様が好きのようです。カノコユリ、スカシユリ、テッポウユリ、オニユリなどはこちらですね。緑も葉も薄く細いものにヤマユリ、カサブランカなどがありますが午後の強い日差しを避ける方がいいとか書いてあるようです。公園に真っ白いユリが咲いているのでしょうか?鹿の子ユリは斑点があるので鹿の子なんですが、若しかしたら他にも真っ白い種類のユリがありますので、そちらの種類でしょうかね〜。
OSAMIさんへ
2006/08/01 23:22
この花は、私の先祖の島「甑島」が原産で、今頃島はピンクに彩られている頃です。もちろん、今いるこの地でも、鹿児島どこでも雑草のように生えているのもあります。昔はこの花だけ求めて甑島に撮影に出かけたこともありましたが・・
薩摩節
2006/08/03 10:18
薩摩節さん、こんばんは。コメント有難うございます。こちらも今日は32度もあり暑いでしたよ。このカノコユリは甑島が原産地だったとか市内に住んでいる母が物産展で買って昔送ってくれた球根だったのですよ〜。薩摩節さんのご先祖さまは甑島出身でらっしゃったのですね〜。島はピンク一色ですか?想像するに素敵でしょうね。頴娃の辺りも雑草のように生えてますか?小さい頃初めて見たのは、お隣の庭でその華やかで可愛い花に憧れたものですよ。何故か私が良く行く園芸店では球根を見た事がないのです。あちこちと探せばあるのでしょうが。。甑島にも撮影にお出かけさなったのですね〜。写真で撮っても、実物でもすごく可愛くチャーミングな花で微かに香ってますよ。。今日花壇の中にあと2輪咲いてくれていましたので、最初の1輪は切花にして朝夕見ています。くるりと花びらが反り返ってキュートですよ。
薩摩節さんへ
2006/08/03 21:01
カノコユリ(鹿の子百合) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる