一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS アスター

<<   作成日時 : 2006/08/12 18:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像

毎年お盆の頃になると、花屋でよく見かけるアスター。名前は西洋風だが、何故か花は小菊の和のイメージがあり、盆花の供花用として使われることが多いようだ。
花色も紫、赤、白と黄色等とカラフルで1株に実にたくさんの花がつき、この暑い中、庭植えでも結構花持ちが良い。
今まで何度か花壇に植えて見たが、日当たりと水はけの良い所を好み、長雨の時植えたら過湿に弱く枯れたこともあった。最初宿根草だと思っていたが、このタイプは1年草で、別に宿根アスターと呼ばれるタイプの植物があることを知った。因みに宿根アスターとして、孔雀アスター、ユウゼンギク、シオン、コンギクなどが知られている。

画像

アスターとはギリシア語で星のことを指すそうで、この花の別名はエゾギク(蝦夷菊)と呼ばれているので日本原産かと思ったら、江戸時代に中国から渡来したそうだ。
和洋のイメージを持ち合わせた賑やかなイメージのアスター。
お盆時期を迎え、きっと仏花として仏様に飾ってあるお宅があるに違いない。

日本各地で丁度この時期に咲いて、盆花と呼ばれるものには色々あるようだ。時期的に花期が長くて見栄えがし、丈夫で長持ちしなくてはいけない。そんな条件を満たす花として、北海道ではこの時期に咲く華やかなオイランソウだとか。鹿児島では暑いので長持ちするウコン。関東地方ではアスター、小菊、オミナエシ、キキョウ、などであろうか。以前ブログアップした野に咲くミソハギも、地方によって使われていることだろうか?

切花としての出荷が一番多い春秋の彼岸とこの盆。死者に花を手向ける事は、生きている者のささやかな感謝と現世の平穏無事の願いであり、また死者への安らかな魂の眠りへの心の証であろうか。我が家もこのアスターを切花にして、今一度死者への平穏な気持ちを捧げたい。

画像

そしてお盆過ぎに飛んでくるトンボの秋茜。
死者の生まれ変わりとして、田舎では秋茜のことを精霊トンボと呼んで捕らなかったようだ。

「流れゆく盆のもの追ひ川蜻蛉」 (鈴木青園)

「身近飛ぶ精霊蜻蛉誰も捕らず」 (唐沢富貴子)

「精霊とんぼさきだって木の橋わたる」 (橋本経一郎)

「精霊とんぼ盆経て高くなりにけり」 (今村俊三)


ミソハギ2006,7/19
画像
<アスター>
キク科カリトテフス属(エゾギク属)
学 名: Callistephus chinensis
原産地:中国
別名:エゾギク(蝦夷菊)
花 期: 6〜9月
アスターとはギリシア語で星を意味する言葉.。
花色:紫、白、赤、ピンクなど

「淡黄の花の数多の咲き満ちるアスター手折りて仏間の供花とす」

「止まりたるクロアゲハの蝶誘われて近づき見れば忽ち飛び去ぬ」

「見上げたる天辺に咲く紫の朝顔大きく曇るま昼に」

「夕暮れの公園早も静もりて町内ざわめく夏祭りの曲」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちのアスターは白っぽい黄色ですか。夏花壇ではよく見かけるものですよね。盆花として供えられることもあるようですね。色も白や赤、紫と多彩ですし、切花向きの草丈です。
 ****という記号もアステリスク(星)と呼ばれますので、この花由来のものなのですね。

 トンボもお盆様が乗ってやってくる、という信仰もあり、御霊を運ぶものと考えられていたものなのですね。オオヤマトアキヅシマとも呼ばれますように、日本は古来からトンボの島としても見られていたのですよね。
なおさん
2006/08/12 20:55
盆花の代表はやはり菊のように思いますがこの花は菊に良く似ていますね、色があまり混じらないシンプル花が好まれているからでしょうかね。
アキアカネがもう飛んできましたか、このトンボは暑い時には日光などの高い所で過ごし秋風が吹き少し涼しくなると平地に下りてくると聞いたことがあります、精霊トンボという呼び名は何か良い感じです。
OSAMI
2006/08/12 21:19
秋茜トンボが「死者の生まれ変わりとして、田舎では秋茜のことを精霊トンボと呼んで捕らなかったようだ」は初めて知りました。確かに、赤トンボは人が住んでいる近くで群れを成して飛んでいますね。子孫が元気で暮らしているか、見ているのですかね?
デコウォーカ
2006/08/12 21:27
びっくりでしょう?ホテルに自由に使えるPCがサービスで
置いてあったの。だから今、コメントしてるんだよ。
つい、一週間前に設置したんだって!お客さんの希望で・・・
後、3台くらい増やしたいんだって。ホテルの名前は
伊香保温泉・天坊って言うの。温泉、入ってみたよ。気持ちは
いいけど、やっぱり嫌いかも・・・・
さよちん
2006/08/12 21:31
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
この時期によくアスターを見ますので、調べて見ましたらやはり盆花とされる花でした。和のイメージがあると思ってましたら、キク科で、別名が蝦夷菊です。>*という記号もアステリスク(星)と呼ばれますので、この花由来のものなのですね。
私は、単純にア(a)・スター(star)なんて馬鹿考えていましたヨ。これだと花が1つしか咲きませんで単純ですよね〜。
トンボ(蜻蛉)の別名は秋津(アキツ)またはアキズで秋津島・秋津州・蜻蛉州(あきずしま)は大和国。また広く日本国の異称でしたね。実り豊かな田んぼの上を沢山のトンボ(秋津)が飛んでいるのが大和。即ち日本国と言われてましたよね。万葉で習ったようです。
田舎の田圃の上にトンボが飛んで居ると、実り豊かな年で、秋茜は死者の魂を運んでくるものだと年寄りの方が仰ってましたよ。何故かこのトンボは大人しいでしたヨ。
なおさんへ
2006/08/12 23:18
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。供花の代表は菊と思ってしまいますが、この花も調べて見ましたら、盆花とされるそうですよ。紫とか、赤などもお寺さんでは生けてあるのを見ますね。ボリュームがありますので見栄えがするのでしょうか。この画像のトンボはアキアカネと思いましたがどうでしょうね?画像のものは今日撮ったのでなく8月3日撮影のものですけど。今のように炎暑でなく、未だ涼しかった頃のものだと思いますよ。
>『赤トンボというと秋のイメージだが、実は梅雨の時期にはすでに発生していて、その姿を観察することが出来る。羽化直後は体が写真のように黄色くやわらかいため、飛び立ってもすぐにとまりたがる。真夏に30度を越すような気温になると、暑さのため死んでしまう。このためアキアカネは、真夏でも気温が30度以下の山の上へ移動し夏を過ごす。真夏にアキアカネの姿が見えなくなる。』調べてみましたら、30℃以上の真夏には生きていけないのですね。そう言えばこの頃庭で見かけませんよ。色々教えて下さって有難うございます。
こちらでは、精霊トンボと呼ばれないのですね。地方によって様々ですね。
OSAMIさんへ
2006/08/12 23:34
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。田舎では、田圃の上をたくさんアキアカネが飛んでいたのを見ました。其れを捕るとお年寄りの方が諌めておられました。やはり死者の霊を運んで、上から子孫を見守って下さるのだと教えて戴いたようです。それと稲作の国の豊穣のしるしとしてトンボがたくさん飛んで居る国が秋津島、大和として日本国のイメージだったのでしょうね。
デコウォーカ さんへ
2006/08/12 23:40
さよちんさん、こんばんは。無事着いて良かったね。今は何処でもPC設置してあるのヨ。わざわざホテルからPCしなくても、こちらの事を総て忘れて温泉でゆっくり楽しんでくださいな。ご馳走食べて、お湯につかり、のんびりと俳句ならん短歌でもひねって〜〜。ネ。
さよちんさんへ
2006/08/13 12:20
アナベルさん。こんばんは。お休みはいかがお過ごし??
さよちんさんも帰ってきたことですし、私は明日からお出かけしますねー。では久々に来たのに明日も早いのでよい子はおやすみーです。
環ちゃん
2006/08/13 21:02
環ちゃん、こんばんは。ハズにとっては夏休みですが、専業主婦には普段が休みなので残念ながら今が一番忙しい時です。今日、青梅の方に出かけようかとハズが言いましたが、暑くてしかも渋滞がひどくて出かけずに正解。家でペットと遊んでいましたヨ。ハズが朝から休みも早く起きるので、寝不足で頭痛がひどく何だ具合が悪くて胃が痛く夏バテかも知れません。やっとブログ書きました。明日からお出かけでっか?気をつけてネ良い子ちゃん。
環ちゃんへ
2006/08/13 23:50
へへ。今良い子ちゃんは那須高原でくつろいでます。
ステーキ食べ放題に夢中になりついうい・・・。
明日は宇都宮餃子に佐野アウトレットと家族思いのお父さんでした・・。
環ちゃん
2006/08/14 20:13
環ちゃん、那須から現れたのね。ゴメンネ。主がいないとばっかり思って後であちらにカキコと思ったら・・遅れてしまいました〜。
那須牛美味しいでしょう〜。もう!こっちは、お盆で精進料理ヨ。
へへへ〜、環ちゃんは家族思いの良いパパなんだ!!。ハズは今日も出かけずに、うちで読書なさってますわヨ。まだまだお疲れみたい。こっちは午後、お湿りがあって少し涼しいですが、今また2階は30℃ヨ。
夏休み、しっかり楽しんでまたお土産話を期待してます〜。
環ちゃんへ
2006/08/14 21:20
こんばんは。やっと帰ってきました〜。環観光も予定通りのスケジュールをこなし、無事家路へ。那須牛はおいしかったですよー。
そういえばさよちんさんはPCトラブルでブログもお休みとか・・。トリオの危機は我々で救わなければ・・。留守中も頑張るぞー!ではまた。
環ちゃん
2006/08/15 20:14
環ちゃん、こんばんは。お帰り〜。環観光も予定通りで、しかも渋滞なしって最高ネ。那須牛も美味しかったようで、これから益々張り切り環ちゃんだね。良かったね。素敵な夏休みで。うちのお殿様は、出たからず、読書と高校野球三昧ですよ。明日までで、あさってから私の夏休み〜・・・
そうそう、さよちんのPC良くなったって。あれって、私も経験あるんだけど、メモリー不足か、急に画像が消えてしまったのよ。何時間か置いたら良くなったけど・今日PCノートに外付けHD250GBを取り付けました。画像が多くなったので、対策を取ってみました。この頃ブログ画像が多く、使用量も殖えてきています。ブログでログインして画像のところのページが多くてなかなか開きません。
環ちゃんへ
2006/08/15 22:54
Hi Obachan,
お久しぶりにお邪魔しています。実は、今年の初め、カラーを買っているとき、お母さんが、アスターも買ってみたら、といいましたが、買うお金がなかったので、結局は買いませんでした。Mumの花に似ていますね(キクのことです)。我が家にも、毎年トンボがラベンダーガーデンのあたらりで飛んでいます。こちらのは、ブルーの色をしたトンボです。いつも私のそばまで来て飛びます。
おばちゃんのブログ変わりましたね。素敵です。それではまたおじゃましますね。
Canada
2006/08/21 14:36
Hi Canadaさん。こちらにお久しぶり〜。1年ぶりでしょうか?
カラーもアスターもそちらでは売っているのですね。これも日本的な花で、そちらは日本人が多いのできっと店屋では人気なんでしょうね。カラーを買ってお金がなかったのですか?そちらでは、やはり個人主義なのか、お母さんはお金を出してくれないのですね。うちでは私がすぐお金を出してあげているので、次男の銭感覚が無いのでしょうね。今更言ってももう遅いでしょうが、今は私も本人の為に我慢していますよ。ママの花壇は写真で見ましたが、草ボーボーで野菜中心でしたね。Canadaさんの花壇も写真でみましたが、ラベンダーガーデンで綺麗でしたよね。カラーは白と黄色で綺麗でしょう。きっとママの花壇のお手伝いはしないのでしょう。そうそう、リスも出てくるとかでしたね。トンボは青いですか?日本にも居るようですよ。そろそろ芝生も刈らなくてはいけませんがパパの仕事でしょうね。
1年前に比べて日本語が上手になりましたね。これだと日本語の翻訳仕事も大丈夫かも知れませんね。メールの件、また書きますね。
Canadaさんへ
2006/08/22 00:29
アスター 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる