一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ムラサキカタバミ&カタバミ

<<   作成日時 : 2006/08/19 21:38   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

画像

もう随分前から、あちこちの鉢の中よりピンクの可愛い花が出てきて、お日様が当たる頃に開花しているムラサキカタバミ(紫片喰)。早朝と夕方、そして雨の日には花びらが閉じている。
雑草にしては可愛らしい花で葉が心臓形の三つ葉のハート型をしており、植えた覚えがないのに毎年出てくるので抜くには忍びなくて其の儘愛でている。

画像

ムラサキカタバミは、南アメリカ原産の多年草で観賞用に栽培されたものが雑草化して、庭の空き地、畑、道端等で見られる帰化植物で、温かい関東地方以西で野生化していると言う。
花は5弁のピンク色で濃色の筋が入っており、よく見ると可愛い花である。花弁の中央部の色が薄くて外花弁の方が色が濃く、オシベの葯が白で花粉は出来なくて実を結ばない。別名がキキョウ(桔梗)カタバミとも呼ばれている。

画像

よく似た花で度々間違われる花に、イモカタバミ(芋片喰)がある。こちらはムラサキカタバミと違って、花色が濃くて、花弁の中央部が特に色濃く、オシベの葯の色が黄色である。これもムラサキカタバミ同様、庭の空地 道端に生える帰化植物の多年草である。根はムラサキカタバミは普通の根だが、イモカタバミは芋状の塊茎をしているのでイモカタバミの名がある。そして関東地方より北の秋田、宮城でも見られる。
イモカタバミ
この頃、イモカタバミより花色がとても濃いブラジル原産の「ベニカタバミ(ブラジリエンス)」と言うのがあるが、これも空き地や道路端で見られて雑草化しているようだ。
イモカタバミと区別がつき難い。
ベニカタバミ、ブラジリエンス

ムラサキカタバミ、イモカタバミはカタバミ科カタバミ属で学名にオキザリスが付くが、花屋でオキザリスの名で出回っているものがある。それは花の形が多彩な園芸種で、葉も大きく形も色々で、普通オキザリスと言えば園芸店で出回っているこの園芸種のことを指す。

<以下は以前育てた園芸種のオキザリス>
オキザリス白2005,11/21
オキザリス・ヒルタ2005/11/02
オキザリス・パーシーカラー2005/12/03


さて、ムラサキカタバミでもイモカタバミでもなく、葉も花も随分小さい普通の雑草のカタバミがある。
それは花色が5弁の黄色で、まさに雑草としてそこらじゅうにあり、芝生や畑に入ると抜きにくくて嫌われて、実は尖った槍のようであり、触れると種を弾き出すという。そして蔓の様な枝で横に伸びていく。これも葉は3枚のハート型で、ムラサキカタバミより小さい。赤い葉をした赤カタバミもある。この葉は蓚酸を含んでいて昔の女性は、これで鏡を磨き日々の心の研鑽をしたそうで、今でも硬貨などを磨く人もいるようだ。全草は酢漿草(サクショウソウ)という生薬名があり、その絞り汁は虫さされに効果があると言う。

画像

畑や道端で誰も省みないで嫌われもののこの小さな草。夏の暑い中に、葉も花も思い切りエネルギーを貰って咲き継ぎ一途に逞しく蔓延っている。誰のためでもない小さな命を継ぐために一生懸命咲いて短い花期を終え、次第に子孫を確実に殖やしている。
園芸種オキザリスにない地道な逞しさ、根性、一途さが家紋にも使われる所以であろうか?

「蟻のゆく道辺に咲くはかたばみの小花ひとつぶ点々の花」(片山恵美子)

画像


<ムラサキカタバミ(紫片喰)>
カタバミ科カタバミ属
学名:Oxalis corymbosa
別名:キキョウカタバミ(桔梗片喰)、紫酢漿草
科属名:カタバミ科カタバミ属
原産地:南アフリカ、南アメリカ
開花期: 5〜7月 雨、夕方には花が萎む
花色:薄桃色中心部より花の外側が濃い。葯の色が白。
ムラサキカタバミ2005,10/3


< カタバミ(酢漿草) >
カタバミ科カタバミ属
学名:Oxalis corniculata
別名:スイモノグサ
花期:春〜秋
雑草。山地には白花のミヤマカタバミがある。
葉の赤い赤カタバミもある。
 
「鉢中に薄桃の花紫の片喰一群小花覗かす」

「舗装路の端に咲きたる片喰の黄の花蔓延る炎天の下」

「師の家紋剣酢漿草(カタバミ)謂れ聞く93歳現役歌人の」

「荒れ畑のカタバミ抜かれて青々と芋蔓の伸ぶ古里の地に」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は気楽に読めました。ムラサキカタバミもカタバミも知っていました。しかし、イモカタバミ、ベニカタバミ等またまた混乱させる花が出てきましたね。植物も難しいですね。
デコウォーカ
2006/08/19 22:10
ムラサキカタバミは我が家ではある意味厄介者で増える一方です。きれいな可愛い花が咲くのですがほかの花の邪魔をするのがこのカタバミと菊芋・・
 一花さんの書き込みに前に数回頴娃の文字をお見受けしましたので頴娃にお住まいだったのかと思っていました。 鹿児島工業頑張りましたね。元気をいただきましたよ。
ゆう
2006/08/19 22:50
 一花さんちでは、ムラサキカタバミも愛でていらっしゃるのですね。畑作農家には嫌われるこの草も、花自体は可愛らしいものですよね。観賞用にと導入されたものが逃げ出したということですので、花が綺麗なのも道理です。
 片喰とも呼ばれて、葉が夜になると畳まれるさまが面白く、片方の葉が食べられて無くなったのか?と考えられたところからの名だそうで、面白い発想ですよね。
 葉にシュウ酸を含んでいますので、十円玉や銅鏡などを磨くと、汚れが落ちて、ぴかぴかの新品同様になり面白いものですし、ヤマトシジミの可愛いチョウの食草でもありますね。
なおさん
2006/08/19 22:51
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。今日は誰でもご存知で見慣れてらっしゃる花・雑草をアップしました。それにこの頃の暑さで、花も人もバテ気味です。春はイヤと言う程咲いたのですが。去年より鉢数も少なくしましたので雑草でもブログネタにしております。
カタカナ名のあちらの花で、パキスタキス・ハシカンボクなんて、なかなか覚えられませんよね。さすが昨日のミョウガは良い香りがしたのか、あちこちから人が集まってこられてビックリ〜でした。やはり優れた食べ物は人気なんですネ。
デコウォーカ さんへ
2006/08/19 23:57
ゆうさん、こんばんは。コメント有難うございます〜。ムラサキカタバミは殖えて厄介者ですか?鉢の中から出て昔は厄介者でしたが、去年ブログネタにしてから何故かこの時期花が少なくなってきていますので愛でております。カタバミは困りますが、一応参考にアップしてみましたが、家紋にもなるし、薬効もあるようでした。
皆さんも応援の熱を入れられたのでしょうが、野球は残念でしたが夢を与えてくれてよかったですね。
ゆう さんへ
2006/08/20 00:03
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
ムラサキカタバミは観賞用が逃げ出して雑草化したのですよね。それで綺麗なんでしょうね〜。園芸種のオキザリスにも似ていますものね。
カタバミの謂れ、確か何処かで聞いたような気がしましたが、書きませんでした。ヤマトシジミの可愛いチョウの食草でもありましたか?じゃ〜、今プランターに生えて来たもの、抜かないでおかなくちゃいけませんよね。ブッドレアに様々な蝶が来て今楽しませてくれています。そうそう、おととい偶然私の前に蝶がとまって、思わずシャッターチャンス。大きいものが写せましたヨ。でも半分写っていたりで、やっと2枚良いものが出来たのですが、慌てて駄目でした〜。
なおさんへ
2006/08/20 00:10
道端の空き地で綺麗なビンクのカタバミを見かけ可愛いと思いますし、山に登った時は疲れた体がミヤマカタバミで癒されます、家にもオギザリスがあるのですが秋に咲く種のようです、雑草のカタバミはいつの間にか鉢に生えてどこから種が飛んでくるのかと思ったりしています。
OSAMI
2006/08/20 08:19
はじめまして。先日は私のページにおいでいただきありがとうございました。一花さんのページを借りて学力テストをしてみました。topページに載っている20の花をどれほど知っているか。結果は、知っている(名前と顔が一致):5、見たこと有る(名前は知らなかった):4、まったく初めて:11でした。どの花が好きかと問われるとあれとこれと−−−みんなよいですね。今後ともよろしくお願いします。
kmotoha
2006/08/20 11:03
OSAMIさん、こんにちは。コメント有難うございます。
山にあるミヤマカタバミはネットで見ましたが、白い花で雑草のようでなく綺麗ですね。登山なさる時にご覧になってらっさるのですね。
うちのオキザリスも秋から冬場にかけて開きまして、今は鉢が枯れた状態になって休眠中ですよ。秋から咲いてくれるのを楽しみですが、このまま枯れてしまうのもあります。OSAMIさんお所もやはり何処からか鉢に入ってますか?何処から入って来るのでしょうね。可愛い花で抜きたくなくなりますよね。
OSAMI さんへ
2006/08/20 14:44
kmotoha さん、こんにちは。こちらに初めまして。コメント有難うございます。すみません〜。もう1週間も前にお宅にお邪魔した事、すっかり忘れておりました。(ミョウガの記事に熱が入って、その後この暑さでボケ進行中?でした。思い出しました、井の頭公園と水辺の花、鳥と漢詩が印象的なお宅でした〜。)ご訪問なさって早速お花認識テストをなさったのですか?それはそれは手ごわいお方ですね。9:11で認識過不足の方だったのですね。でも美しい花姿に惹かれて、>どの花が好きかと問われるとあれとこれと−−−みんなよいですね。と花のお好きなお方からのコメント、有難うございます。
今日の花は帰化植物の馴染みの雑草ですが、これも可愛い花として愛でております。こちらこそよろしくお願いしますね。
kmotoha さんへ
2006/08/20 15:07
ほとんど知らない花ばかり・・と思っていると、意外に見たことあるなーというのも・・この花もそうですね。草取りと一緒に、むしり取る雑草の中に入っています。見るときれいなのに・・・
薩摩節
2006/08/20 21:22
薩摩節さん、こんばんは。蝶や鳥専門でいらっしゃっるのに、お花を見てくださってコメント大変でしたね。身近な周りを見れば、良く知っている馴染みの花もありますね。この花は昔は雑草と思って抜いていましたが、今では鉢の中で咲いている姿も可愛く思えます。カメラで撮って見ると、雑草でも花の美しさが引き出されて、何故かいとおしくさえ思えますね。
薩摩節さんへ
2006/08/20 23:38
一花さん、大変ご無沙汰お許しください。
暑くて何もする気になりません。加齢とともに弱っているようです。
ゴルフだけは行ってますが、今年の夏は特に暑くてプレー中に救急車を3〜4回呼んだそうです。年齢を聞くと私よりも若い人だと・・・今月も3回あるのですが、倒れると笑われるから1回はキャンセルしました。
ムラサキカタバミがまだ咲いてますか?私の家ではすでに無くなりました。
沢山咲いていたのですが。
彦左
2006/08/21 19:15
彦左さん、こんばんは。今日はあちこちコメント有難うございます。
ここ連日34℃とか暑くて大変ですよね。お家に居ても出かけても汗汗で、暑いの連発です。お元気な彦左さんさえも今年の暑さには、やはり閉口してらっしゃいますか?ゴルフ中も倒れる方がいらして大変ですね。それも彦左さんよりお若い方が倒れられて、やはり水水分不足やら寝不足なのでしょうね。彦左さんもくれぐれもご自愛下さいませね。
紫カタバミは去年は他の鉢でも沢山咲いていたのですよ。今年は少ないでしたね。もう彦左さん宅は花も終わったのですね。
彦左さんへ
2006/08/21 23:42
こんにちは。子どもの頃(山口県)庭のいたるところにこのかわいいムラサキカタバミがはびこっていました。抜いても抜いても。当時私はこんな可愛い花をどうして大人は抜くんだろう?と思っておりました。でも現在は関東におりますが、ある一箇所にしか見かけません。これは地方によるのでしょうか?それとも淘汰されてしまったのでしょうか。
未来
2006/08/24 16:25
未来さん、こんばんは。そう言えば庭の畑で、記憶が定かでないですが小さい頃見たとこがあったようです。去年からブログをすよるようになって、夏場花のネタが切れて、探したらこの綺麗な花が目についたのですよ。それ以来このブログでまた取り上げている始末です。調べて見れば、多種あって、園芸種のオキザリス、そして雑草のカタバミと仲間でした。
現在、関東のある1箇所しか見かけないとか仰ってますが、ムラサキカタバミは関東地方以西に広く野生化していて、イモカタバミは本州(秋田・宮城県以南)〜四国 九州 に見られると書いてありますよ。ある1箇所と言うのが?です。他の地方のこと、淘汰されているのか、ごめんなさいね私も専門家で無いので分らないのですよ。難しい質問ですよね。お答え出来なくてすみませんね。
未来さんへ
2006/08/24 22:37
ムラサキカタバミ&カタバミ 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる