一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ニチニチソウ「京風車」

<<   作成日時 : 2006/08/08 17:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

連日の猛暑続きで熱帯夜の続いた関東地方、明け方にパラパラと聞こえた音は待望の雨だと確認してまた眠りに就いた。起床時間の7時前には激しい雨音で、今にも台風が近づいてきそうな本降りを見せていた。その雨も昼前には止み、薄明るくなったとたん蝉が一斉に鳴き出し、まるで嵐の前の静けさのようでもあった。灰色の空を黒い雲が足早に流れていく。洋上に台風が3個も鬩ぎ合い、そのうちの7号が完全にこちらに進路を向けて急速に列島中部を伺っている。
台風のもたらす雨は、真夏の植物の水遣りには有り難い恵みであるが、暴風雨ともなると大きな鉢物がごろごろと倒れるので、室内に非難させた方が良いか進路次第で移動しなくてはいけない。炎天続きであった列島もこれで少しは潤って有り難いが、農家の農作物への被害や夏休みでこれから旅行に出かけられる方々にとっては交通の麻痺となり、毎年気が休まらず有り難くも迷惑な大きな爆弾である。

画像

さて雨となった関東地方、以前求めたニチニチソウの園芸種「京風車」の花びらが、この涼しい中でひと際鮮やかに目立っている。暑い日には何となく目を背けたくなる花色であったが、今日見ると、白地に赤の縞模様は粋でハイカラと見せてくれる。
普通のニチニチソウは真っ白、ピンク、赤などの単色や真ん中にちょっと色の入る二色咲きが多いが、この園芸種の京風車は白地に赤の刷け目模様が入り、ニチニチソウとは思えないほど垢抜けて色っぽい。そして花びらは普通のものは丸っぽいが、これは細く切れ長でまるで風車の羽根を思わせ、良く見ると右左の花びらの形が違ってプロペラ型で、その銘の「京風車」を納得させてくれる。
もうすぐ襲来する嵐に向かってこの風車の花びらは、其れを受け止めて回すだけの力が備わっているだろうか?お伽の国の花物語は真夏の酔夢のようだ。

画像

ニチニチソウは、昨日のポーチュラカ、マツバボタン同様、日々と呼ばれるくらい初夏から晩秋まで次々に咲く夏花壇の草花の元気な花で、キョウチクトウ科である。花は1日でなく2〜3日は持つようである。この植物も暑さには強いが、多湿には弱く、我が家でも花壇に植えてあった普通のニチニチソウが長雨で立ち枯れてしまった。この京風車は鉢物だったので軒下に移動しており助かった。(多湿に弱い、マツバボタン・ニチニチソウなどは梅雨明け後に花壇に植えた方が良いと本に書いてあった。)
調べてみると、この小さな植物は、抗がん剤の原料となって薬効の優れた立派な薬用植物だったのである。若しかして私もこの小さな植物に以前お世話になっていたのかも知れず、今度は立ち枯らすことなくしっかり育ててあげなくてはいけない。

            <普通のニチニチソウ(左)と京風車(右)>
画像


抗癌薬としてのニチニチソウ

<ニチニチソウ(日々草)>
キョウチクトウ科ニチニチソウ属
学名:Vinca rosea
別名:ビンカ
原産地:マダガスカル
花期:6〜9月
原種は小低木の宿根草だが、多湿と寒さに弱くて1年草扱い。
近縁種にツルニチニチソウ。ヒメツルニチニチソウ。
ツルニチニチソウ

「気象図に渦巻く気圧何時しかに台風となり名前戴く」

「洋上の三個の台風気象図に癌細胞の如く膨らむ」

「せめぎ合う三個の台風夫々に道を求めてゆるゆる進む」

「科学の世なれども誰も風任せ台風進路テレビに憂える」

「京風車 日々草の花びらの赤縞模様の粋なる乙女」

「台風に風車の花びら回るなど真昼の酔夢花物語の」

「長雨に立ち枯れし花日々草一鉢残る京風車のはな」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ニチニチソウは知っていましたが、京風車は知りませんでした。本当に風車の様で、今にも回り出しそうですね。
デコウォーカ
2006/08/08 17:32
なおさんちはサギソウだった。あちらもとってもきれいだったよ。
いつもきれいな花ね、って言うのも聞くのも何だかつまんなくて
ごめんね。私はきれいって思うだけで、育てられないからさ!
つまんないよね。でも、花をアップしてる人もいっぱい居るのね。
みんな詳しい人ばっかり。恥ずかしいわ。
さよちん
2006/08/08 19:28
私の所ではだいたい6時ごろだったと思うのですが、凄い雷の音で目覚めて少しすると雷雨となっていました、北から南の方向に雷雲が動いていったようですね、今日の京風車しいう種類は本当に風車のような花びらで本当に面白いと思うのですが、何で京が付くのでしょうかね、他にも京が付く花が有りますから、消費者の心をくすぐるためにつけたのか、それとも京都で改良されたからでしょうか、又楽しい花を見せてください。
OSAMI
2006/08/08 20:26
 一花さんちは今日はニチニチソウですか。ピンクや白いのはごく普通に見かけますが、この白にピンクの絵の具を刷いたような、こんな趣のは見たことがありませんでした。さすが京都の夏の風情を感じさせる命名ですね。
 綺麗というだけではなく、抗ガン作用もあるとはよいものですね。綺麗ということで持て囃されるだけでなく、しっかりと地に足をつけて役に立つというのも良いですね。

 今日はそう大した降りとはなりませんでしたが、明日も雨のようで、たまには降らないと、埃がたちますし、草木も大変ですよね。
 
なおさん
2006/08/08 20:57
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。普通のニチニチソウは皆さんご存知だと思います。この京風車は何年か前はビンカとして売っていて育てたのですが、今年は「京風車」と言う名前でした。他の花もですが園芸種が色々出回って改良されておりますね。京風車の他にも、真っ黒い花びらのもの、真っ白い風車とか出回っていたようです。花好きで、つい見ればついふらふら〜となります。宝石装飾類が嫌いですので、地味なお楽しみです。
デコウォーカ さんへ
2006/08/08 22:42
さよちんさん、こんばんは。コメント有難うございます。
皆さんお花に惹かれてブログアップなさってらっしゃる方が多いですね。
さよちんさんは、短歌オンリーなのだから深くそれを追求なさって偉いことです。私は花も好きで、慰めとして欠く事の出来ない私にとって必要なものです。育てていく上で知識として知ってから植えて育てて見たいのです。今まで余りにも沢山の植物を枯らして来ましたので、知ってからだと上手く行くかな〜と思って色々調べてブログアップして、序に短歌で一石二鳥と言うわけで、遊び短歌ですから上手くなる筈もありませんよね。身を持って体験しないと知識も増えませんよね。
さよちんさんへ
2006/08/08 22:51
OSAMIさん、こんばんは。何時もコメント有難うございます。今朝起きたらすごい土砂降りでしたね。でも後に収まってきて涼しいでしたが、今のところ静まって台風は何処でどうしているのでしょうね。あと2〜3日したら、こちらに来るのでしょうか?今日の「京風車」の花はデコウォーカ さんにも書きましたが、以前ビンカとして売っていたのですが、今年は京風車なんて粋で洒落た名前に代わってましたよ。なおさんが京都の夏の風情を感じさせる命名とか仰ってますが。きっと何かこの花のイメージに思い出がおありなのでしょうね。ネットで調べたのですが、情報が少なくて、命名の由来までは載ってなかったようです。ビンカより京風車の方がブランド的銘だったのかも知れませんね。
OSAMI さんへ
2006/08/08 22:59
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。この京風車は良く在るニチニチソウの柔らかい花のイメージはなく、シャープで粋でハイカラな感じですよね。そう言えばツルニチニチソウの紫の花の形に似てますね。(同じキョウチクトウ科ですから。)この銘は京都の夏の風情からの命名なんでしょうかね?なおさんは京都がお好きですね。
この平凡な花に隠された薬効があることご存知でしたか?私は今回初めて知りました。キョウチクトウにも何とかかんとかと書いてあるようでしたが・・・其処までは手が回りません。
植物もこのところ毎日ぐったりで、夕方藪蚊と戦いながらホースで水撒きでしたが、これで2〜3日はやれやれです。この頃朝も藪蚊が酷く、写真もなかなか上手くいきません。台風が来ると通勤が大変ですよね。ほどほどでいいですよネ。
なおさんへ
2006/08/08 23:10
台風で風車が回るほど・・なるほどと思うような花びらですね。
小さいとはいえ、台風にはご注意ください。
田舎での台風経験を生かして・・
恵みの雨でよかったー」くらいで済むと良いですね。
薩摩節
2006/08/09 01:12
薩摩節さん、こんにちは。コメント有難うございます〜。お久しぶりです。こちらの台風の様子、思ったほど暴雨風もなく今雨もあがってますヨ。恵みの雨のようです〜。台風は何処にいるのでしょうねって感じです。京風車の花も微風に揺らいでいましたヨ。
さて、北薩摩にお出かけなさったとか。水害の様子、田圃や町に残った泥が暑さで固まってこびりつき其れを退けたり、また車も駄目になったりで結構復興までには時間がかかりそうなんですね。教えて下さって有難うございました。
鰻の話ですが、何時も徳島、静岡産の鰻を食べているのですが、先日鹿児島産の鰻が出てまして、久しぶり美味しかったですヨ。夫も小さい頃、川に鰻のタカズキ?を漬けて何匹獲れたかな〜と夏の楽しみだったとか?食いしん坊はこの頃からです〜。
薩摩節 さんへ
2006/08/09 14:22
ニチニチソウ「京風車」 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる