一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS アマゾンリリー。他

<<   作成日時 : 2006/09/14 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像

今年の2月、そして7月にも開花したアマゾンリリー。また4本の花芽が立って開花してきた。
球根を求めて鉢で育てること6年目。なかなか花芽を見せなかったが、3年目にしてやっと初花を見た。別名はギボウシズイセン(擬宝珠水仙)の名のように葉が大きく、まるでギボウシを思わせ、日当たりに置くと葉はぐったりとしてくるので、半日陰と水分、風通しを好む植物である。アマゾンと名が付くので、やはり冬の寒さには弱く室内で管理しなくてはいけなくて、高温多湿を好むようだ。葉は艶々しているので室内に取り込んでも観葉植物としても充分観賞価値がある。

画像

アマゾンリリーとリリーの名前が付き、花はユリのようでなく水仙を思わせて、別名にギボウシズイセンがあるもののヒガンバナ科である。温室栽培されているのを見かけて、室内で温度さえ与えてやれば冬の室内でも花が咲く。我が家の鉢は未だ一度も植え替えた事はないが、株が年々充実してきて可也大きな葉が込み合い、また次々と新しい葉が出ている。今回、4本の花芽が出て花が咲いているが、花の直径も10センチと大きい。

画像

マツリカや月下美人など白い花には芳香を出すものが多いが、この花も夜になると素晴らしい馨りを出し、純白で清楚で形が良く、月下美人とはまた違った清々しい乙女の香りなので、結婚式のブライダルブーケとなるのも頷ける。
画像
<アマゾンリリー(ユーチャリス)>
ヒガンバナ科ユーチャリス属
学名:Eucharis grandiflora
英名 : Amazon lily, Eucharist lily
別名:ギボウシズイセン(擬宝珠水仙)、ベツレヘム・リリー、ユーチャリス、 アマゾンユリ
原産地:コロンビア・アンデス山地 (この種は自然雑種。)
開花期:通年、春、秋、6〜7月
性状:多年草(球根)
生育環境:土の表面が乾けば与える(湿った場所を好むので、水切れは厳禁)
     夏は通風の良い日陰。冬は最低10℃以上(暖かい室内の窓辺)繁殖は分球。
     花芽分化は27℃以上。 良い香りがして花嫁のブーケに利用。
アマゾンリリー(ユーチャリス)2006/07/21

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今まで自然の野草には興味がなく名前も殆ど知らなかったが、この頃やっと少しずつブログのお蔭で見知って覚えてきた道端に咲く花々。カメラで撮って見ると結構綺麗で可愛い花姿である。今日出合った花はヨウシュヤマゴボウ。アザミ(タイアザミか?) メドハギであった。

画像
               (ヨウシュヤマゴボウ)

画像
              アザミ(タイアザミか?) 

画像
               (メドハギ)


「道の辺に咲く雑草に覚えあり花の名の知らずに口に出でくる」                              

「4本の花芽つきたるユーチャリス真白き花の香薄暮に漂う」

「短歌誌の活字に見たる友の名を七首確かに巧みなる歌」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さん、アマゾンリリーも花盛りということで、育て主に似てか、清楚でもあり、華麗でもある花が見事なものですね。植え替えしていない、ということですが、そろそろした方が良いのかもしれませんね。

 さて、それからヨウシュウヤマゴボウ、ブドウのようでいかにも美味しそうですが、有毒で食べると大変なことになります。見る分にはきれいで、紅葉も実に見事な色になりますね。
 メドハギは、可愛らしいハギで、昔はこの茎で、占いの筮竹の替わりにしたそうでですね。目処をつける、というのもこのメドとかかわりがあるらしいですが、面白いですよね。
 マキエハギよりも花が沢山咲きますので、賑やかで良いですよね。
なおさん
2006/09/14 22:34
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
アマゾンリリー、何故か今年3回目の開花です。どうしたのでしょうね?(なおさんには、もうこの花は3回目のお付き合いですよね。)初花が私の誕生日に咲いてくれて、私の大事なお気に入りの花なんですよ。今回が4本も花芽が出て、一番賑わっています。株も充実していますが、今日見たら、葉にダニが白く付いていました。混み合っているのか、雨ばかりで風通しが悪いようです。6年も植え替えをしてないので、植え替えした方がいいでのでしょうね。藪蚊が居なくなった頃か春か?ですよね。熱帯物は特に注意しないと花付が悪くなりますね。
今日出かけたのですが、ヨウシュウヤマゴボウの黒い実がたくさん付いていましたよ。>有毒で食べると大変なことになります。大丈夫ですヨ。食いしん坊ですが、其処までいやしん坊ではないですから〜。小さい子には要注意ですね。花屋で萩の鉢を見ましたが、可憐なマキエは無かったです。メド萩って、そこらにあったのですね。良く見たら綺麗でした。
なおさんへ
2006/09/14 23:55
山野草に興味もたれましたか。良いものですよ。気が付かなかったようなところに素敵な花が見つけられますから。・アザミは、日本だけでも60種類もあるといわれています。。ではヤマゴボウとして売られているものは??ヨウシュウヤマゴボウは有毒ですので・・実はアザミの根がヤマゴボウとして売られているのです。
ゆう
2006/09/15 00:01
清楚で綺麗なアマゾンリリー初めて見せていただきました、この花も夜に香を出すという事ですが、一つの花で数日香を出すのでしょうか?、昼間も咲いているようですが花は何日くらいさいているのでしょうか。
OSAMI
2006/09/15 07:03
一花さんは珍しい花々を本当に根気よく育てられてそして完成させていますね。いつも感心して珍しい花を見せて頂いています。もちろんアマゾンリリーも初めてです。昔、ニュージーランドのマウントクックで何とかマウントクックリリーを見ようとグループの方々と探して見つけて喜んだ記憶が蘇りました。
彦左
2006/09/15 09:11
アマゾンリリー、初めて拝見しました。大きな花なのですね。水仙の仲間なのに華やかですね。
未来
2006/09/15 09:30
アマゾンリリーも初めてです。でも私だけでないようなので安心しました。月下美人並の芳香がして、日持ちが良くて、更に年に3回も咲くなんて最高の花ですね。
一花さんが山野草に興味を持った途端に、先を越されました。メドハギは明後日綴ろうと思っていましたので・・・。メドハギも良く見ると可愛いでしょう?写真に撮りにくい花ですが綺麗に撮れていますね。
デコウォーカ
2006/09/15 18:05
ゆうさん、こんばんは。夕べ遅くコメント有難うございました。ゆうさんも宵っ張りでらっしゃいますね。私はこの頃アレルギーが出て、体調がイマイチで気だるく、薬を服用してます。風邪かなと思ったら、鼻水トロトロ、クシャンクシャンです。ブタクサアレルギーでしょうか?今年の春は思った程余り大したことはなかったのですが・・
山野草は元から好きだったのですが、道端や自然の野山で見かける極普通の山野草(雑草?怒られますね〜雑草と言う名前はないのでしたネ)の名前はちっとも知りません。この頃あちこちでブログアップしてらっしゃるのを見ながら勉強させて頂いて有り難いです〜。
ゆうさんは、山野草にとてもお詳しくていらっしゃいますよね。
>アザミは、日本だけでも60種類。アザミの根がヤマゴボウとして売られているのです。
すごい〜。先生に習ったとか仰ってましたね〜。これからは先生として宜しく〜。覚えが悪い生徒ですけど・・
ゆうさんへ
2006/09/15 20:53
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
このアマゾンリリー自体も芳香があるのですが、以前2月に室内に置いて居た時、夜更け(11時頃)になると月下美人みたいに花から強烈な清々しい香を放ってきました。1輪が開花した時だったのでしょうか?狂いめくような良い香でしたよ。今は外に出しておりますので匂いが分散されるのでしょうか?
花は気候や外気温によってまちまちで、4日咲いていてくれたり、室温が高いと3日だったり、4〜5日は咲いているようです。水仙に似てギボウシみたいでヒガンバナ科です。
OSAMI さんへ
2006/09/15 21:03
彦左さん、こんばんは。何時もコメント有難うございます。
彦左さんは世界中をあちこち旅してらっしゃって素晴らしいことですね。あちこちの珍しいものを見聞なさって、何でもお詳しいですよね。今でも活発にあちこちにお出かけなさって、お孫さんのお世話なさりながらも史跡巡り、PCなどとてもお元気で活躍なさってらして羨ましい限りです。少しお元気を分けて欲しい位です〜。
>ニュージーランドのマウントクックでマウントクックリリー。
ネットでマウントクックリリーを見ましたが、白く珍しい花なんですね。一度は見てみたいですね。
マウントクックも色々な花が咲いて、良い所ですね。またゆっくりと彦左さんのニュージーランドの旅のHP見せて戴きますね。
彦左 さんへ
2006/09/15 21:15
未来さん、 こんばんは。コメント有難うございます。
これは、水仙の仲間と言うか水仙もヒガンバナ科ですが。花は水仙に似ていますが、葉はギボウシ似で、ユーチャリス属です。ユーチャリスとはギリシア語で「たいへん目を引く」という意味だそうです。芳香があって、以前松田聖子が結婚式のブーケに使って皆憧れたようですね。
未来 さん、
2006/09/15 21:27
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。
皆さん余りご存知無いみたいですよね。球根で求めたのですが、鉢で3年かかって開花しましたので、しかも開花した日は私の誕生日でした。株が充実して室温があれば冬の部屋でも開花しますよ。温室でよく見かけられるようです。何故か今年は3回も咲いて、今度の3回目が三度目の正直で4本も花芽が付いて、豪華に咲いております〜。葉も観賞用になります。
山野草、デコウォーカ さんやOSAMI さんのお蔭で、この頃野山の植物の名前もボチボチ覚えてきました。お世話さまです〜。道端で見かけた時、即名前が出て来て嬉しいですよ。ヨウシュヤマゴボウの花はカメラで撮ったら綺麗でビックリでした〜。メドハギの写真、コレだけ1枚綺麗でラッキーでしたヨ。また、デコウォーカ さんの萩ショー、期待しています〜。ホウチャクソウ、5月8日分見つけましたよ。春の山の花も色々咲いてまた見せて頂きました。(ホウチャクソウは奥多摩の玉堂美術館の近くの山で自生を見ました。)お豆腐うかい亭美味しいですし、ままごと屋も奥多摩にありますよね。
デコウォーカ さんへ
2006/09/15 21:39
おはようございます。またお邪魔しました。もっとも、いつも見させていただいてはおりますが。この花が、10cmもある花とかかれているのにびっくり、花姿は、写真よりもっと大柄なんでしょうね。小さい花は小さく、おきな花は大きく映るカメラがあればなあなんて思ってみました(笑)いつも素敵な文章とお唄ですね。こんな風なブログを書いてみたいなあと思います
hanahhana1952
2006/09/16 04:39
hanahhana1952さん、こんにちは。早朝からコメント有難うございます。
拙い文章と未推敲の歌を何時も見て下さって有難うございます。そそっかしい性格なので、文章もいい加減でミスが多くて申し訳なく思っております。
このアマゾンリリーの花は直径10センチもあったのですよ。本には7〜8センチとも書いてあるのもありましたが、今回はやけに大きいなーと思って計って、びっくりでした。大きさが判るといいですのにね。小さい花もアップで見ると大きくて、また綺麗なのがわかるのですが・・。
hanahhana1952さんもブログを書いて是非拝見させて下さいネ。たくさん文章を書いたりすると勉強にはなりますが、時間も取られますけど・・
hanahhana1952さんへ
2006/09/16 11:50
私のブログにいけないですね。ごめんなさい。つたないブログですがよろしければ、お越しください。http://blog.goo.ne.jp/hanahhana1952/
hanahhana1952
2006/09/16 18:04
hanahhana1952さん、こんばんは。
何度もお手数おかけいたしますね。そしてわざわざアドレス教えて下さって有難うございます〜。コメントだけ戴き、お返し出来なくて心苦しく思っておりました。ご自身のブログを開いてらっしゃったのですね〜。是非伺わせて下さいね。
hanahhana1952さんへ
2006/09/16 22:52
アマゾンリリー。他 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる