一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS スピード・リオン

<<   作成日時 : 2006/09/19 18:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像

先日出かけた折、見知らぬ花屋の店先に見覚えのあるピンクの花のポット苗がケースにたくさん並んでいた。ラベルにはリオンとある。
たしか私が以前育てたのは、「スピード・リオン」の名前だったと思って、よくよく見るとやはり同じものだった。此処のポット苗は、随分しっかりとして葉に艶があり、3株も入っていて枝分かれも良く、花も蕾もたくさん付いている。

以前育てた時は半日陰の場所で寒さにも強く、庭に植えていたら宿根草としてその後何年かは必ず出てきていた。しかし、ある年からばったり出てこなくなって、もう忘れかけていた。恐らく植えた場所が年々の樹木の繁りのためにすっかり日陰になってしまった所為だっだのだろう。
こうして、また見知らぬ花屋で偶然その姿を目にして懐かしく、即求めた。
一緒にいた友達二人も初めて見たと、ものめずらしくて求めた。

画像

この薄ピンクの開いた花は、まるで鳥の嘴か亀の頭か金魚の顔みたいな姿をして、蕾なのか満開なのかよく判らないような咲き方である。
花姿はこれ以上華々しく開かないが、控え目で慎ましやかな咲き方は好感がもてる。
別名がジャコウソウモドキ とあるが、この花や葉にはジャコウソウのようなよい馨はないが、、涼しい場所の日陰で湿気の多い所を好み、花色が薄桃で、筒状の控えめな花の咲き方が何処かその雰囲気を持っていて、ジャコウソウモドキと和名がついたのだろうか?
これは耐寒性があり、北海道でも庭で越冬するそうだ。
ジャコウソウ

画像

リオンとは、ギリシャ語で「亀」の意味で、花姿が亀の頭に似ている事から付いたそうだ。帰りに友人が、開花が楽しみだと話していたが、これが満開の状態だと話したら、ちょっとがっかりしていた。きっと、ぱっーと明るく咲くイメージを花の定義にしていたのかも知れない。花色が明るい薄桃でなかったならば、きっと誰もこの花には目もくれなかっただろう。

帰宅してからポット苗は、地植えにせずに鉢の寄せ植えにした。
その花屋にはあまり珍しいものがなかったが、何気なく覗いた足元にドクダミのポット苗が置いてあり、若しかしてこれは八重種花のドクダミですかと聞いたら、「普通のドクダミだったら売りものにする筈がありません」ときっぱりと言い切ったので、本物の八重種だと内心嬉しく、これも即求めてきた。
友人が何故ドクダミなんか買うのかキョトンとしていた。花が咲いて八重種を見せたらきっとビックリするであろう?近年、斑入り花や斑入り葉、八重種などの園芸種が人気で出回っているようだ。ドクダミは日陰でも何処でも元気にあちこちで育って殖えてくれる。その白い十字の花は昔は見向きもしなかったが、八重花ともなると皆に重宝がられてひっぱりだこのようだ。やはり花も珍しい美形が好まれるようだ。
ドクダミ(斑入り花、斑入り葉、八重花)

「こほろぎのころろ鳴くなべ浅茅生(あさじふ)のどくだみの葉はもみぢしにけり」(長塚節)

画像
<スピード・リオン>
ゴマノハグサ科ケロネ属
学名:Chelone lyonii
英名: pink turtlehead
別名:リオン、チェロネ・リオン
和名:ジャコウソウモドキ (麝香草擬き)
原産地: 北アメリカ
花期:7〜10月
性状:宿根性多年草、繁殖は株分けか挿し木
生育環境:耐寒性あり、半日陰で湿気を好む
※スピードリオンは早生系品種群の名前。

「道ゆけば花屋の店先薄桃のスピード・リオンふと懐かしむ」

「薄桃のスピードリオンの花姿亀の頭か金魚の嘴にか」

「仰ぎたる秋晴れの空銀色の機体音なく吸い込まれゆく」

「ドクダミの八重花種の苗求め来てこころ浮き立ち庭土を掘る」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
強すぎるものは、何かを排除してしまいますね。ドクダミは、この地に移り住んだときに自生していた一つでした。最初は、白い花が楚々として「うれしい」なんて思っていましたが、どんどん増えて、お花の位置も奪い始めるとやっぱり考えてしまいます。「優しいものは、90%をいっても、のこり10%を残してあげるものだよ」と昔父親が言っていたのを思い出します。残り10%が・・・自然は、たくさんのこと教えてくれますね。一花のお父上が言われたように、私の父が残したように。
hanahhana1952
2006/09/19 20:18
まるで鳥の嘴か亀の頭か金魚の顔みたいな姿をして、蕾なのか満開なのかよく判らないような咲き方、面白い花ですね。ギリシャ語の名前で覚える為には、亀の頭の姿と覚えましょう。遅い亀でなく、速い亀ー>スピードリオンですね。
デコウォーカ
2006/09/19 21:23
 一花さん、この頃は唱歌の「うさぎとかめ」のようなのんびりとした時代ではなく、かめさんもスピードが要求される時代なのですかねえ?あややの出ている「ゆうパック」のCMのかめさんもやたらと足が速いでしたが。
 開花が早いから付いた名というのが正しいのですか?なるほどです。ジャコウソウはシソ科で日本の山にも生えますが、モドキになるとゴマノハグサ科なのですね。

 ドクダミもカメレオンなどというクリームや紅の斑入りのものは人気のようですし、八重も園芸店で売られる時代なのですね。まあ、普通のものは、わざわざ売らないでしょうしね。
 うちでも庭の隅に普通のが生えていますが、どくだみ茶やドクダミの芽は飲んだり食べたりしたことがありません。かの十六茶にも入っていたかもしれませんが。
 普通のも、よくよく見るとなかなかいい花で見直しますね。
なおさん
2006/09/19 21:55
スピード・リオン面白い花ですね、蕾なのか開花しているのか良く分からない花ということですが、花ですからやはりこの花に来る虫さんもいて実が付くとすると、この花に来る虫は蟻みたいな動物と言う事に成りますかね、こんな事を考えるとなかなかとうして楽しい花ですね。
OSAMI
2006/09/19 22:36
スピード・リオン 、これで開花しているのですね。なるほど亀さんか鳥の嘴みたい。キンギョソウにも似ていますね。。どくだみの八重咲き求めたのですね。咲く所は知っていますがその時期になかなか行けなくってまだ生の八重崎見たことが無いのです。来年が楽しみですね。
ゆう
2006/09/19 22:56
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます。
>強すぎるものは、何かを排除してしまいますね。
家でも、殖えて欲しくないシラユキゲシ、ハンゲショウ、ヒメヒオウギスイセンなどがどんどん他の植物を犯して蔓延って、採っても増えますよ。一重の花のドクダミは植えた覚えが無いのに、出てきています。
今回求めたものは八重種の花が咲くドクダミなんですが、花が綺麗と蔓延る確率はどうなるでしょうね?其処が見ものなんですよ。
お父様も良い事教えて下さってますが、自然に習う事が多いですね。
hanahhana1952さんへ
2006/09/19 23:02
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。
この花はこれで満開状態で、友人が、え〜これで満開?とがっかりしておりました。これから美しくどんな形に咲くのか楽しみだったのでしょうが。でも薄ピンクで優しい色ですから毎日眺めていれば、慣れて可愛くなってくるものですよね。亀の頭だと思ってゆっくりゆっくり〜と。でもスピード・リオンですから〜困った名前の花ですよね。遅い亀でなく早い亀なんですね。忙しいことでしょうね。
デコウォーカ さんへ
2006/09/19 23:07
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
>あややの出ている「ゆうパック」のCMのかめさんもやたらと足が速い。
私、そんなTVコマーシャル見た事がない、のんびり〜亀さんなんですけどね〜。宿根草の本にはリオンで出ているのですが、ネットで調べたらリオンで無くて、スピード・リオンで出ていました。ネットだからスピードも出て付くのは判りますけどネ。半日陰で、耐寒性があって、水分を欲しがるって、家向きかも知れませんが、以前植えていたのに駄目になりましたので、やっぱり樹木が繁ってきた所為でしょうね。そうそう、サワギキョウは今回は鉢で置いてありますが、下から芽が出ていましたよ。ドクダミ、以前なおさんがアップしてらっしゃいましたかね。八重種の花ブログで見ましたが結構人気なんですね。花は未だ見た事がないのですが、根付いてくれるでしょうかね。楽しみです〜。
なおさんへ
2006/09/19 23:17
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。 この花の満開状態は、ほんとにちょっと口を開けたような金魚の口みたいですよ。
花として見て、メシベ・オシベ状態、しっかり確認しなかったのですが、中にあるようですけど、どうやって虫か何かが入って受粉するのでしょうね?観察の必要がありますね。そして明日また花びらを開いて中の状態を確認してみますね。
OSAMIさんは、何時も植物に付いて、鋭い観察をなさってらっしゃいまして、教えられる事が多いです〜。また色々教えて下さいませ。
OSAMI さんへ
2006/09/19 23:24
ゆうさん、こんばんは。コメント有難うございます。
この花未だご存知なかったですか?ちょっと地味っぽい花ですが、耐寒性があって、半日陰向きですから丈夫なんですが、何故か家では枯らしてしまいました。 本によると未だ背丈があって、切花にも向くと書いてありましたよ。本には「リオン」で出ていて、花が金魚の口とか、あとシーマニアと言うのにも似ていますよ。ドクダミの八重咲き、偶然同じ花屋の足元にポット苗が置いてあって、思わずラッキーでした。今年人気だったようですが未だ実物は見た事が有りません。それより植えたのがきちんと来年花を咲かすか、それが問題です〜。咲くと良いのですが〜。
ゆう さんへ
2006/09/19 23:31
お早うございます。
8月に義夫と義母の法事が有ったのですが、この花を買って飾りました。
金魚草に似ている花で、亡くなった義母が好きだったことを思い出したんですよね。
大きな枝?でお仏壇の花瓶に入りきれなくて、小分けして幾つかの花瓶に挿しました。
そしたらその内の数本から根が出て来て、今は鉢に植え替えてます。
根付くかどうかは判りませんが、今のところ4本は期待できそうです。
1本からは根元から新芽が出てるんですよ〜 .。.:*・゜☆
hina
2006/09/20 08:24
ハナトラノオが萎縮して咲いたのかと?思いました。
お初に耳にする名前でした『スピード・リオン』
皆さんの仰有ってるキンギョソウにも似てますね〜
久しく花屋さんを覗いていません・・・
たまには行ってみたいけれど・・
お持ち帰りするスペースがないのですよ(>_<)(-_-;)
それに吉祥寺の行きつけの八百屋さんが突然閉店(立ち退き)
その隣のお花屋にも足が遠のいてしまいました。
>八重・五色ドクダミ、今のところちゃんと根付いてるようです。
来春が〜〜楽しみ〜ごわんが。
今日は秋晴れの佳いお天気ですね。午後はチョボラです。
nobara
2006/09/20 11:11
hinaさん、こんばんは。お久しぶりです。このスピードリオン、お義母さまのお好きだった花でしたか?お仏壇に供えてあげられて、お義母さまもさぞかしお喜びだったことでしょうね〜。hina さんもお心お優しい方ですね〜。きっとご主人様が何時も感謝なさってらっしゃることでしょうね。
この花はご存知ない方が多いと思ってましたが、本で見ると結構背丈もあり、切花としても出回っているようなことが書いてありましたので、やはり切花で求められたのですね〜。私はまだ切花としては見たことが無いのですよ。何となく金魚草にも似ていますね。求められた枝、大きめだったのですか?簡単に発根するものなんですね。殖やし方は挿し木と書いてありますから、4本きっと根付いてくれることでしょうね〜。亡き人の思い出の花。大事になさってきっとお花も応えてくれることでしょうね〜。この花、地味であまり人気がないかな〜と思っていた矢先、心温まる嬉しいお話有難うございました〜。寒さにも強いですし、来年きっとたくさんのお花を咲かせてくれることでしょうね〜。

hina さんへ
2006/09/20 18:27
nobara、ちゃん、お久〜です。結婚式のあれ以来だったかしら〜ね?それにしても、今日はぬっかったね〜。暑かったり寒かったり、こんごろ、アレルギーが出て〜、すったいテワンよ〜。ダレっぽくて、体調がちっともです〜。同様に庭のお花も元気がいっちゃんなかよ〜。去年咲いたのに今年花の出ないのがごろごろ〜です。それに未だ藪蚊が。
ノバちゃんは相変わらず元気一杯、花一杯だね〜。そうそう、この花はハナトラノオに似ているけど、口がすぼまっちょっよ〜。寒さに強く、半日陰で大丈夫じゃっよ〜だけど花屋が閉まったのではね〜。もうガーデニングも今頃、すったいだれて〜テワンよ。ノバちゃんげは近くの公園がわが庭んごったで、せっせとウォーキングして、楽しめばいいよね〜。
>八重・五色ドクダミ、今のところちゃんと根付いてるようです。
来春が〜〜楽しみ〜ごわんが。
んだもしたん、どっからかゲットしたとね〜。誰かさんから届いた?良かったね〜。うちんた、ドゲン花がさっどかいな〜。あっちこっち株分けして植えたけど〜。根付くかね〜。
今日は休みで、相変わらず午後はチョボラでしたか?
nobaraさんへ
2006/09/20 18:46
一花さん、スピード・リオン、私も初めて見せて頂きましたが、金魚の顔、いい表現ですね。亀の頭はちょっと可哀想ですよ。それにしても花に関していろんな経験をされているとやはり育てたことのある花って懐かしいでしょうね。早速買い求めるあたりも一花さんらしい優しさですね。
彦左
2006/09/22 16:36
彦左さん、おはようございます〜。こちらにもコメント有難うございました。今日はお彼岸の中日ですが、こちらは晴れていますよ。
この花はこれで満開なんですが、初めての方は未だこれから開花するのかと思われるようです。ホント金魚の口みたいですよね。そうそう、このお花は何時も彦左さん宅にお見えのhina さんのお義母様がお好きだったそうで、お仏壇の上げられたそうで、コメント頂いたのですが、お優しい方でいらっしゃいますね。亀の頭では可愛そうと彦左さんも随分と優しいお人柄、皆さんに頼られる訳で、お孫さんのため、娘さんや奥さまの為、そして人や社会の為にご自分の時間を割いて生きていらして素晴らしいお方ですね〜。仏様のお慈悲がやはり身から滲み出てらっしゃいますね。
己より人の為の生き様を見習わなければいけませんよね。いつもこちらまでコメント有難うございます。
彦左 さんへ
2006/09/23 09:16
スピード・リオン 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる