一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ハナトラノオ

<<   作成日時 : 2006/09/04 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

画像

夏になれば、あちこちの公園や空き地で群生が見られるハナトラノオ。
この植物は全国何処に行っても見られるようで、大正時代に日本に入ってきたものの、まるで帰化植物かと思ってしまうほどである。
遠い日の田舎の其処此処の庭には百日草、鶏頭、千日紅など咲いており、その後ろに薄桃の背の高い花穂が何本も長い間咲いていた記憶がある。

画像

ハナトラノオと呼ばれるように、虎の尻尾ほどではないが花穂が少し長く、下から順番に花が咲いて、全部咲き終わるまで数日かかかっているようで、随分と花期が長いような感じがする。
花姿は丸く咲くと思っていたら、どうも四角形に咲くようで、別名がカクトラノオ(角虎の尾)とも言うそうだ。
我が家のものを良く見ると、角にも丸にも見えて所々咲いていないイビツな花穂もあるようだ。
花としてよくよくカメラ目線で捉えると、口を大きくあんぐりと開けた咲き方はどうもシソ科の花みたいで、調べて見るとやはりシソ科のハナトラノオ属だった。
小さい頃から随分とあちこちで見慣れて来た花だったので、あまり花としての観賞価値は考えた事がなかったが、こうしてカメラアップで見ると、結構1輪1輪が綺麗な花である。

画像

この植物は余りにも逞しく、1株花壇の中に植えると次の年には何株にも蔓延ってあちこちから出てくる。種から殖えるのかなと思って邪魔な株を間引きしてみると、どうも地下茎で殖えるようだ。
草丈も我が家のものは50センチあるものや1メートル以上になっているものなどあり、日当たりによるものだろうか?
本来は日当たりを好むものだが、間引きした株を北花壇に植えて見たら一応ひょろひょろした株が出て花が咲いている。
1株の最初出た花穂が咲く頃に、また次の下にある対生した2枚葉の間から夫々2本の花穂が出、またその下の2枚葉の間からも2本と順次花穂が出てくる。たった1株から随分と花穂が出ては咲きを繰り返し、一株でもボリューム感があって逞しく経済的な花である。

画像

同じハナトラノオの株の近くに、全く草丈が似て1メートルぐらいになり、葉がハナトラノオより少し広いのがあったが、ちっとも花を咲かせないのでよくよく調べて見たら、葉が対生していない雑草であった。一見ハナトラノオに良く似た草姿で名前は判らないが、我が家のあちこちからも出てくる困りものの雑草である。

画像
            (左は草、右はハナトラノオ)

OOトラノオと名の付く植物として他に、オカトラノオ、ルリトラノオ、イブキトラノオ、ヌマトラノオ、ヒメトラノオ、等色々あるが、花穂が長くその回りに花がつく植物を指すそうだ。
その中で、花と付くこのハナトラノオは一番華やかなイメージのものなのかも知れない。
花色は他に白があるようだが、未だ見かけたことが無い。
オカトラノオ
ルリトラノオ

虎には「虎の威を借りる狐」、「虎の尾を踏む」、「虎の子渡し」、「虎は死して皮を留め、人は死して名を残す」、「虎は千里を往って千里還る」、「虎を描きて狗に類す」、「虎を野に放つ」、「虎を養いて自ら患いを潰す」などほか実に沢山の慣用句があり、さすがに虎の威力は大きい。
この花虎の尾、これから暫く花壇にあって薄桃の花を咲かせ、蝶や虫を呼ぶささやかな威力を持った役目をする花のようだ。 (右下画像・花壇の外からも出現)
画像                   

<ハナトラノオ>
シソ科 ハナトラノオ属
学名:Physostegia virginiana
英名: Virginia lion's heart
別名:フィソステギア 、カクトラノオ (角虎の尾)
原産地:北アメリカ
花期:7〜10月
性状:耐寒性宿根草 草丈 60〜1メートル前後

「花として共に育む一株の待てど花芽の見せぬ草なり」

「間引けども密かに地下に根を張りて花壇の外の花虎の尾は」

「雑草と見れば忽ち引き抜かん純なる花のみ育む花壇に」

「雑草の如き花あり花虎の尾残暑の中を花芽咲き継ぐ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
先日もOSAMIさん宅でもハナトラノオを見ました。一花さん宅のハナトラノオも鮮やかですね。薄桃の花は良いですね。爽やかな色気を感じます。
デコウォーカ
2006/09/04 21:09
 一花さんちはカクトラノオ(ハナトラノオ)ですね。これはうちでも生垣の外に植えてありますが、植えっぱなしでも丈夫でよく咲きますね。うちのはまだ蕾です。ピンクの花がながなが咲いて、仏壇に供えたりするのにも重宝します。
 昨日、草刈りのボランティアで行きました、武蔵丘陵森林公園でも、コリウスガーデンの近くでかなりの群落で咲いていました。沢山咲くと見事ですね。
なおさん
2006/09/04 22:07
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。
以前OSAMIさん宅でも群生のハナトラノオを8月末にアップされてまして、とても逞しい印象の花でしたよね。他の雑草に負けないくらい元気だと書いてらっしゃいましたが、そんな感じであちこちの空き地でも生えているようです。でもこうやってアップで見るとあくどくもなく爽やかな色気がありますね。
デコウォーカ さんへ
2006/09/04 23:21
なおさんこんばんは。コメント有難うございます。
この花はありきたりであまり見向きもされないもので、とても丈夫で花壇の中に蔓延って困るくらいの花ですね。結構長々と見飽きるくらいに咲いていますね。これって対生する葉の所からまた花穂が出てくるためで、ボリュームが在る花ですね。何科かなと思っていましたら、やはりシソ科で逞しい筈ですね。でも地下茎で殖えるのだそうです。種って出来たのでしょうかね。今度観察してみます。昨日はボランティアさんでしたか?暑かったですよね。結構草が生えて大変だったことでしょうか?
なおさんへ
2006/09/04 23:28
一花さんのところのハナトラノオも咲きましたですね、私が取上げたところも空き地のようなところで勢い良く咲いていましたが、やはり生命力の強い草花で、場合によっては雑草扱いになっているのですね、私の所の街路樹の下にこんど少し植えてやろうかと考えています。
OSAMI
2006/09/05 07:11
わぁ〜丁度我が家もこの子の特集を組みもしたが^^
盆花っち云った気がしたけどお彼岸頃の仏花だったかもしれん。
ほんとに日保ちがして経済的な花ですよね〜
花がトップまで咲ききらないのが佳い姿の様な気がします。

左の雑草は オオアレチノギク か アレチノギク の若芽ですね〜〜
期待してるのにがっかりしもんがーー
そのままにしとくと コンマか花をビッチリつけもんど。
ジャッドン、ソコまで来たら次は凄く蔓延るから
画像くらいの時に 引っこ抜きもんそなぁ〜(*^_^*)ぁはは
nobara
2006/09/05 09:39
一花さんこんばんわ。
ハナトラノオ可愛く撮れていますね。ちょうど日曜日にオカトラオを邪魔になり刈り取ったところです。種がいっぱい出来ていました。これ以上増えると困るのです。ハナトラノオも増えるのですが邪険にしていたら最近小さくなって
咲いています。
一花さん、お料理得意ですね今度教えてください。おねがいします。
ゆう
2006/09/05 18:38
オオアレチノギク は我が家は綿毛になっていました。例年が思いやられる気をつけて引っこ抜かないと・・
ゆう
2006/09/05 18:42
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
以前アップされてましたアナトラノオ、随分と元気で蔓延ってましたね。日本全国何処にでも元気に蔓延っているようで、生命力があり雑草感覚のようですよね。私は種が出来るか気にした事がなかったのですが、種が出来るそうですよね。アップの場所は空き地で群生していたのですか?少し華を添える意味で
、OSAMIさんの所の街路樹の下に植えられて見るのも良いかも知れませんね。
OSAMI さんへ
2006/09/05 20:22
nobaraさん、お久〜でした。あっちこっちで、ノバちゃんの名前に出会いました〜。元気で張り切っておじゃってよかことどわんど〜〜。また今日はまこっちぬっか〜日ごわしたどな〜。ノバちゃんちでもこの子の特集ごわしたか?
そうそう、花屋でこの花が売っちょいもしたど〜。びっくいしかた〜。どひこでん出てくって〜。写真を撮ってみたら、花が全部開かんとよっか、テゲテゲんとがもじょか画像じゃっどな〜。私はブント雑草の名前がワカランとヨ。オオアレチノギクじゃっち。おおきに〜。これを一生懸命3本も育てて、一緒に支柱を立てて育てちょったと。そしたら、待てど暮らせど出ぬ花の〜でごわした。調べて見たら、葉っぱが対生でなく、大きいしざらざらして葉色がちごちょったと。>画像くらいの時に 引っこ抜きもんそなぁ〜(*^_^*)ぁはは
ハイ!!!今日引っこ抜きましたヨ。結構ずぶとい雑草ごわしたど〜。あっちこっちの場所から出てきてテワンどな〜。「オオアレチノギク」しっかい覚えもした〜。サンキュウ〜。
nobaraさんへ
2006/09/05 20:47
一花さん、 ハナトラノオって綺麗な花で色がいいですね。
薄い紫それとも薄いピンク??家のデユランタもこの様な咲き方をするのですが、もう寿命かな?段々少なくなって来ました。
彦左
2006/09/05 21:00
ゆうさん、こんばんは。コメント有難うございます〜。今日も暑いでしたね。
ゆうさんち、オカトラノオが邪魔になるくらい元気ですか?引っこ抜かれたって、そりゃもったいない!!!私は枯らしてしまいました〜。お近くだったら即戴きに上がるところですのに〜。残念!!キンポウゲ科の花で綺麗ですよね〜。ハナトラノオも殖えて困りますよね。ゆうさん宅なんでも育ててらっしゃるのですね。お料理、とんでもございません。ゆうさんこそ、マメに冷やすいまで作られて〜。栄養バランス、彩り、素材、品数、盛り合わせなど家庭料理の域を出ている献立のようですヨね〜。まめなんですね。暑いときなんか揚げ物はしたくないですよね。私は手抜き主婦で何でもテゲテゲ主義です〜。こちらこそ、色々教えて下さいね〜。

やはり、雑草はオオアレチノギクでしたか?どっちかと調べたのですが、大きいほうですよね。今日、早速引っこ抜きました。大事に支柱を立てて育てているアホウです〜。雑草の名前はトント判らないのですよ。
二度もコメント有難うごいました〜。
ゆうさんへ
2006/09/05 21:28
彦左さん、こんばんは。コメント有難うございます。彦左さんがこんなお時間にお出ましとは珍しいことですよね。今日は随分と暑いでしたね。寝苦しい夜になりそうですが、夜は虫の音が聞こえて少し冷えてくれそうですね。
このハナトラノオ、ピンクの色のようで、色気が在る薄桃と仰る方もいらっしゃいますよ〜。ノバラさんちも例の公園よりアップされてまして、あちらの群生は見事でしたね〜。満開に咲くよりちょっと少な目が姿が良いですね。デュランタもこんな咲き方をするのですか?彦左さんのお好きな紫色でしたね。段々花数も少なくなってきましたか?咲いてくれたので良かったですね〜。うちは残念ながら未だ咲かないものもあるのですよ。
彦左さんへ
2006/09/05 22:13
ハナトラノオ 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる