一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁子)

<<   作成日時 : 2006/10/13 19:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

数年前、「アキチョウジ」と言う名前で求めて庭で育てている植物。
チョウジソウを求める予定だったが、生憎なくて「アキチョウジならありますよ」と山野草店で言われて求めて育てているものだ。
チョウジソウでも秋に咲くものがあるのかな?と当時思っていたが、このアキチョウジはシソ科ヤマハッカ属で、キョウチクトウ科のチョウジソウとは似ても似つかぬ花が咲いた。

画像

シソ科なので生育旺盛で、シソ科特有の唇形花の顔をした青紫色の小花がたくさん咲いた。
去年もアキチョウジと思ってブログアップしていたが、今年もまた同じ頃花が咲き、写真を撮ってよく調べてみたら、どうも花屋で聞いたアキチョウジでなくセキヤノアキチョウジのようだ。
アキチョウジ→セキヤノアキチョウジ2005/10/10

画像

セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁子)はアキチョウジ(秋丁子)の変種で、箱根に多く見られることから関所の番小屋、関屋の秋丁子と呼んだとある。 アキチョウジが岐阜県以西に分布するのに対して、セキヤノアキチョウジは関東と中部地方に分布しているとある。関東にある神代植物園の門外の山野草店で求めたので、若しかしてこれはセキヤノアキチョウジかもしれないと疑問が沸いた。また愛知県にはアキチョウジとセキヤノアキチョウジが混在しているとある。
アキチョウジ&セキヤノアキチョウジ

今回花を良く見たら、花柄が1cm以上あり、.散った後よく見ると蕚が深く裂けて先が尖っていたのでセキヤノアキチョウジらしいと思った。
葉はシソ科で美味しいのか去年同様、殆ど虫に食べられて見るも哀れな格好である。
青紫色の花は、筒状で2センチぐらいあり、その様はまるで鰻か蛇みたいな感じがしないでもない。こんな長い筒状の花の受粉には口の長いトラマルハナバチだけが受粉に関わっているらしい。
半日陰の場所に植えてあるが、蕾がたくさん付いて環境的に此処は良いらしいが、花もちはちょっと短いようだ。草丈が50〜60センチはあり、細い枝は支柱で支えてやらなければいけない程なよなよとしている。この時期の薄暗がりの中に、目立つ青紫の小花が咲いて賑やかである。
これは山地の木陰でよく見かけるらしいが、未だ本物を見た事がない。生き物も花も生育環境によって少しずつ個体が変わってくるようだが、この頃ネット検索で情報がたくさん得られて容易に判断出来、何冊もの図鑑で調べる必要がないので、電脳の世界も有り難いことである。

画像

この独特の筒状の花に大変良く似た花で、「プレクトランサス」と言う薄桃や青い鉢花を花屋で見かけるが、プレクトランサス属はヤマハッカ属と同じで、同じシソ科で仲間のようだ。アキチョウジにもセキヤノアキチョウジの学名にもプレクトランサスが付いていた。
プレクトランサス
画像
<セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁子)>
シソ科ヤマハッカ属
学 名:Plectranthus effusus
原産地:本州(関東・中部地方)
花期:9〜10月
花色、青紫色、白
生育環境:半日陰、山地の木陰、林
草丈:50〜80cm
※アキチョウジは本種より花柄が短く関西に多い

「去年より庭に咲き継ぐ秋丁子その名関屋の名前あるらし」

「花夫々育つ場所にて違うらし花柄の長く蕚尖りおり」

「咲き姿何処か違うらしき花青紫の関屋の秋丁子」

「秋深む庭隈明るく虫食いの葉に小花見す関屋の秋丁子」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
青紫色が綺麗な花ですね、セキヤノアキチョウジというのですかはじめて拝見しました、花の形は山道などで見かけるミヤマキケマン、エゾエンゴサク等と良くにていますね、花の付き方が違いますけれど何か関係が有りそうな感じがします。
OSAMI
2006/10/13 20:23
 一花さんちでも、セキヤノアキチョウジが咲いているのですね。うちでも鉢植えと庭植えとで育てていますが、青紫の花がいかにも秋草の風情で、大好きな花です。「桐壺」という別名もあると本で読んだことがあるのですが、さもありなん、という雅びな趣ですよね。

 山の半日陰の樹下で見るのは本当に綺麗なものです。

 うちでは、やはり神代植物公園内の売店で買いました、白花のセキヤノアキチョウジもありますが、鉢植えではなかなか良く咲けないようですので、シモバシラともども庭に下ろして育ててみようかと思います。
なおさん
2006/10/13 21:33
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
このセキアノアキチョウジはアキチョウジと同じシソ科ヤマハッカ属です。
ミヤマキケマン、エゾエンゴサクをネットで調べましたら、花がびっくりする程とても良く似てますね。ケシ科キケマン属だそうですね。花付はとても良いですね。(葉が似ていないようで花期も違いますね)
シソ科とケシ科違いでこんなに似た花があるものですね。
これは自然の山林で見られるものだそうで、若しかしてこれから山にお出かけの時は注意してご覧下さいね。
OSAMI さんへ
2006/10/13 23:13
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
桐壺などと雅な別名が何故あるのでしょうね。
鉢植えと地植えで育ててらっしゃるのですか?相変わらず鉢が多くて管理なさる方が大変ですね。地植えだと何故か葉を虫が食べています。
山ではまだ見た事が無いですが、良く見かけるものなんですね。
白もあるようで、去年そう書いてらっしゃいましたね。うちのものは神代植物園の外で求めたものです。
なおさんへ
2006/10/13 23:24
 はじめまして。当方のブログにコメントを頂きありがとうございます。
 私は花の名前も形もまるっきり知識が無くて恥ずかしいのですが、花の写真を見るのは大好きです。何か珍しい形の花ですね。
 しかし、写真よりも驚いたのはその知識。どこで身に付けられたのでしょうか?
 そんなに豊富な知識があれば花を見る目も違ってきますよね。
 今後時々寄らせていただきますのでよろしくお願いいたします。
ゆうくらふと
2006/10/14 00:35
おはようございます。休日の朝、のんびり読ませていただきました。面白い花の形、おさかなみたいですね。子供の頃、釣りしたとき、フナ、鯉、・・・そしてはやかな。はやとかにも見えます。蛇が大きな口をあけたようにも。
hanahhana1952
2006/10/14 06:56
ゆうくらふとさん、こんにちは。こちらに初めまして。コメント有難うございます。私もお花は小さい頃からずっと見て育ってますので大好きです。身の回りにお花があると、何故か癒されており、違った花を見るとまた欲しくなってすぐ求めてしまい、育てられるかどうかも考えなしで枯らして困っております。其処で、ブログで書きながら花の事を皆さんの情報を仕入れたり、ネットで見たり本で見て正しい育て方を自分なりに纏めて書いております。ネットって有り難いですね。色々情報が即座に得られて助かっております。私のブログはボケ防止のつもりですが、ミスばかりで公開後にミス発見で性格丸出しのいい加減なブログですので、そのつもりでお読み下さいませ。 こちらこそよろしくお願いします〜。カメラ、PC情報教えて下さって有難うございます〜。
ゆうくらふと さんへ
2006/10/14 12:16
hanahhana1952さん、こんにちは。コメント有難うございます。
この花の形は面白いですよね。山野草ですがシソ科で虫が葉を食べつくして可愛そうですが、それでも花はちゃんと咲いて健気です。花の形がキュートだったら良いですが、お魚のようですよね?蛇までは可愛そうですけど・・
花が群れ咲いて全体の形として見ると、青紫色の花が柔らかく野の風情があって秋風に靡いてくれる様はそれはそれでまたいいものですよ。ちょっとたおやか過ぎて撓っておりますが・・
hanahhana1952さんへ
2006/10/14 12:23
>一花さんへ
 ブログのお返事が遅れていますが、お許しくださいね。
 もう少しお時間ください。
 セキヤノアキチョウジは、アキチョウジと混同しやすいですね。
 セキヤがつくのは関東地方を中心にして自生、アキチョウジは
 本州中部以西というところでしたね。違いは、花のつき方でしたね。
>やはり野に置け山野草・・・・ヤス
 自然にあるものは自然にあってよし、自然を庭先に持ってきても
 どことなくか細い感じもします。やはり、環境の違いですね。
 作家の田中澄江さんは、山採りされる山野草を歎き悲しんでいます。
ヤス
2006/10/15 07:11
ヤスさん、こんばんは。何時もお世話さまです〜。お忙しそうですね。
お返事はゆっくり〜でいいですヨ。こちらこそ、ご迷惑おかけしております。
自然にある花をゆっくりと自然で見られたら良いのですが、なかなか山にも登れず手軽に自分で見たいと思えば、鉢で求めて自分で栽培して見たくなるもので、植物にとっては災難かも知れませんね。
うちでは、なかなか山野草が育たないので諦めてはおりますが、やはり花屋で出回っているのを見ると、つい手が出てしまいますね。田中澄江さんはお丈夫で、あちこちの山に登れる方だから、若しかして自然の状態の花を山で見られ愛でられてお幸せなのかも知れませんね。素敵な文章ですよね。心無い人が多く、盗掘される山野草は数が減っていくのでしょうね。その心無い人の中に山野草業者が多いのでしょうか?そして其れを愛でる為に求める花好きも、若しかして同罪かも知れませんね。
ヤスさんへ
2006/10/15 18:04
一花さん、セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁子)なんて長い名前でしょう。
鉢植えで育てられてる。色がいいですね。それに花も変わった形をしてますね。数日前パソコンがおかしくなって、RSSのリンクがすべて切れてしまって居たのです。自分のブログは出来るのですが、皆さんの処へお伺い出来ずでした。
彦左
2006/10/19 17:50
彦左さん、こんばんは。お返事遅くなりました。こちらもコメント有難うございます。これは数年前アキチョウジ(秋丁子)として花屋で求めて、去年ブログアップしたものですが、関東地方ではこの関屋の付くアキチョウジが咲くそうで、良く調べましたらこれは、セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁子)でした。お花は育つ環境によって何処か顔立ちが違うようで、名前も変わってきますね。パソコンの調子は、うちも日によってネットの調子が変なことがあります。家で息子が4台のPCを動かすので、繋ぎ方によって私達のPCが変になります。PCが使えないと夫などは銀行、仕事など何も出来ないとブーブー言ってます。夫も2台使ってますし、ネットさまさまの時代ですね。彦左さんは腕が違いますから即修理OKで羨ましいです。
彦左さんへ
2006/10/21 21:15
セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁子) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる