一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道旅行P・2ー11(ビール園、北大植物園1)

<<   作成日時 : 2006/11/01 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

画像
           <北大植物園入り口・2006/10/17撮影>

10月16日午後5時過ぎ、滝野すずらん丘陵公園を出て札幌市内に近づくと、歩道にある街路樹近くの花壇では背の低いカーペット状の白い花が至る所で見られた。良く見ると、本来の花期は春のスイートアリッサムの花であった。
夕方のラッシュの時間帯にもなって、結構車が多いが全く動かないと言う程でもない。


画像
    <サッポロビール園・ジンギスカンホール内>

駅近くのホテルに到着してチェックインしたのち、近くのレンタカー置き場に車を返して、予約してあったビール園に急いだ。外はもう薄暗くなっていて、このビール園内にあるレンガ造りの建物の電飾が灯り、異国情緒たっぷりの華やいだ気分にさせる。外壁のレンガに這っているツタは少し紅葉しており秋の風情を添えていた。入って手前の場所には、北海道遺産に選定されている日本で唯一のビールに関する博物館があったが、時間がなくては入れなかった。せっかく写した外建物の電飾画像は、暗くボケて殆ど駄目であった。

画像
       <ジンギスカンホール・ビール仕込み釜>

ビール園を代表する大スケールのジンギスカンホールの中に入ると、独特のジンギスカンの焼肉の匂いが漂ってくる。今春来た時に別のビール園で初めて食べたが、北海道のジンギスカン(生ラム肉)は臭みもなく、柔らかくて美味しく病み付きになる。北海道で焼肉と言うと、このジンギスカンだそうだ。食べ飲み放題コースだと、ジンギスカン焼肉セットと生ビール、黒生ビール、ハーフ&ハーフ、ほか指定の飲み物が何でも飲めて食いしん坊にはたまらない。
月曜日の平日だと言うのに、旅行客やビジネスマンなど客の入りが多い。

席の後ろに巨大な蒸留釜みたいなものがあったが、大正元年に製造された物で、ケッセル(ビールの仕込み釜)と言うそうだ。此処は昔のビール工場館の後を物語るようで、見上げる天井は工場風に吹き抜けており、壁はレンガ張りで酒場風のイメージであった。満席に近く、ジンギスカンとビールがウェイトレスによって次々とあちこちのテーブルに運ばれていく。
私達二人も負けずに、イヤと言うほど食べて飲んで楽しいひと時を終え、暫し外の電飾夜景を楽んでホテルに戻った。

画像
           <ビール園内天井>




翌日夫は仕事なので、私一人ホテル近くの北大植物園に出かけた。此処は春にも訪れたが、その植物が秋にはどうなっているか楽しみであった。昨日は雲一つ無い快晴だったのに今朝は雨で、出かける頃には土砂降りであった。開園前に着いて雨宿りしていると、若い女性が一人待っていた。ツアーの単独行動で、急ぎ此処に展示してある南極で活躍した樺太犬タローの剥製を見てすぐ帰るのだ、と話して居られた。植物園入り口にはブルーサルビアやジニアの白、黄色、マリーゴールドなどが植えられて、客を出迎えてくれ華やかな雰囲気だった。その方とお互いに自前のカメラで記念写真を撮りっこして、入園後夫々の場所に急いだ。

北大植物園は、東京大学小石川植物園に次いで日本で2番目に古く、明治19年に開園したものだ。
北大植物園HP

画像
   <植物園入り口・スイートアリッサム・マリーゴールド↑・ジニア白、黄↓>
画像


園入り口の右側の管理棟に並んですぐ2階には、北方民族資料室(アイヌ・ニブヒ・ウィルタ民族)があり、『北海道、サハリン、千島に居住するアイヌ民族の狩猟用具、祭壇、千島アイヌの鳥皮衣など、明治・大正・昭和初期に収集された貴重な資料で生活・文化を紹介しています。』と北大植物園のHPに書いてある。
北方の先住民族が植物材料から作った生活用具の一部も展示してあり、収集量も多い。またこの先住民族が利用した植物約200種を集めて栽培標本園として見る事が出来る。
早朝の雨の館内には、私一人しかおらずひっそりとしていた。ここの資料は北海道開拓期、及び昭和初期に収集されたと書いてあり、保存の為のナフタリンか樟脳のような匂いが木造の建物内に漂うかのようだった。

画像
          <北方民族衣類>
画像

画像
         <(アイヌの家)の模型>


次の建物は、明治19年開園されたこの植物園の初代園長の宮部金吾の記念館であった。

『宮部金吾(1860〜1951)は札幌農学校二期生として入学、卒業後さらに帝国大学(現在の東京大学)、ハーバード大学で研鑽を積んだ。その後、札幌農学校の植物学教室主任の教授となって、藻類を中心に研究を行ない、また北海道・サハリン・クリル諸島といった北方地域などで植物標本を採集して『千島植物誌』などを著した。さらに一貫して北大植物園の設置・整備に深く関わり、長く植物園長を務めた。牧野富太郎に並び日本を代表する植物学者で、植物園のマークに使われているクロビイタヤ(Acer miyabei)のように宮部の名のつく植物や宮部の命名した植物がたくさんある。』と北大HPに書いてあった。

館内の1階には、顕微鏡や写真など関係資料が色々公開してあり、特に目を惹いたのは、ガラスケースの中に見た英語で書かれた自筆ノートであった。端正な文字はまるで印刷したかのような綺麗な英文字だ。札幌農学校時代かハーバード時代のものか何れかであろうか、説明をよく見なかった。
宮部金吾(札幌市役所HPより

画像
             <宮部金吾自筆ノート>
画像



館内を出ると、以前見た紫の花のライラックの木の葉がまだ青く繁り、園内の植物たちは、この雨に濡れてしっとりと緑の色を深めていた。雨の中の植物園は、生き生きとまるで植物が息を吹き返すかのようで、森の息吹を感じさせる。建物横には、春には見なかった背の高いウバユリの花後の種が何本も枯れ立ち、時の流れを感じさせたが、この種がまた付近に散って殖えていくのであろうか。

画像
           <ウバユリの花後の種>

薄暗い雨の森の中の木の下に、何本も紫のクロッカスが群れ咲き明るんでいる。わざわざ此処に纏めて植えられたのであろうか?何故かあちこちの木の根元に纏まって群れ咲いている。この時期咲くのは秋咲きクロッカスのサフランのようだが、今日写真を良く見たら、サフラン独特の長い雌しべが無く、ただのクロッカスのようだ。
後で聞いたら、20年前に植えたものがかってに殖えて蔓延り、木を移動するたびに一緒に球根が運ばれて、そこでまた殖えて群生しているものだと聞いた。

画像
                <クロッカス>
画像


「食べて飲むジンギスカンと生ビールホール煙らすラム肉の焦げ」

「電飾のレンガの建物壁を這う蔦の葉艶めくビールの園に」

「土砂降りの雨の中訪う植物園入り口に見るスイートアリッサム」

「再び訪う植物園内雨の中木々の葉濡れて息する如し」

「木造の資料館内樟脳の匂い立ち込めひとり巡り来」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さん、今日は札幌のビール園ですか?良いですねえ。食いしん坊にはタマリマセンね。ジンギスカンもビールも本場ですと美味しそうです。

 北大植物園もまた違う季節に見ると、装いも異なってまたいろいろ見どころも多いのでしょうね。
なおさん
2006/11/01 22:50
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
サッポロビール園は博物館もあり、レンガの建物も美しく、北海道遺産にもなっているそうです。こちらで焼肉と言えばラム肉で臭くなく、牛肉の方が臭くて食べられないと地元の人が言ってました。
植物園は、季節も違って、前見た植物がどうなっているか楽しみだったのです。実のものが多いでしたけど・・。
なおさんへ
2006/11/01 23:36
「再び訪う植物園内雨の中木々の葉濡れて息する如し」同じ本も、年月を過ぎて読むと違う感じ。植物園もはるのそれと秋のそれは違った印象なんでしょうね。花の表情は、時、空間・・・できっと違ったかんじでしょうね。またそれがたのしいですね
hanahhana1952
2006/11/02 00:07
お晩で御座います<こんばんは>

鼻先が成吉思汗の匂いでくすぐられているようです
北海道を離れてからは いつも送って頂いてますが
不思議と成吉思汗は焼肉のタレでは合わなくて
成吉思汗のタレも一緒に送ってもらいます

一杯飲んだ後よく薄野で 生ラムの成吉思汗を食べて
最後に付けタレに番茶を入れて飲んだものです
酔い覚ましの効果と合わせて 口の中の脂もすっきりとしました

成吉思汗には もやしが絶対不可欠ですね
あぁー たまらなく食べたくなってきましたぁ
こちらではラム肉は売ってますが 生は流石にありません
お値段もとても高いです

ハーフ&ハーフが飲みたいなぁ



yotti
2006/11/02 00:23
一花さんのブログで始めて飲み食いの記事を見たと思います。自称“食いしん坊さん”は大分、飲み食いしたようですね。秋の札幌ですから食欲も旺盛だったのでしょう。
デコウォーカ
2006/11/02 07:11
ビールは産地で出来たてのものを飲むと本当に美味しいですよね、植物園の方は天気が悪く少し残念な結果だったようですが、クロッカスが木の間で一面に咲いているところなどは、天気の良い時に見たい風景です。
OSAMI
2006/11/02 07:44
土砂降りの雨でも、建物内の見学は濡れなくて良かったですね。
太郎の剥製は、ここにあるのですね。
南極物語や忠犬ハチ公には、いつでも涙します。
薩摩節
2006/11/02 07:53
ブルーサルビアが満開だったのですね。(北大植物園)
ううゥーージンギスカンの記述が胃の腑に滲みまするぅぅう(T_T)
前にも話したかも知れませんが。
山梨勝沼のサッポロワイナリーの敷地にあるジンギスカンに
何度もいって堪能しましたぁ〜〜(思い出しちゃった!)
一緒にいただくお野菜が美味しいのよね〜
丁寧な北海道のレポート楽しませて戴いていますよ〜〜♪
nobara
2006/11/02 11:09
hanahhana1952さん、こんばんは。夕べ遅くコメント有難うございます。お返事何時も遅くてすみません〜。この頃本も見る暇もなく積読だけです。ガーデニング日和で、ウォーキング、家事、ペット、買い物、ブログなど時間が足りません。春と言っても6月1日で、こちらでは晩春か初夏でしたが、北海道では春本番でしたが、夏も春のような天気ですものね。前回と違って、木の葉が鈍い緑で赤い実のものが見られ、赤く紅葉したり黄葉になって木もありましたよ。植物が全然違ってましたね。明るい紫のライラックがなかったですし。時を重ねて越えると、植物も人の心も変わっていくものですね。
hanahhana1952さんへ
2006/11/02 18:59
yotti さん、お晩で御座います<こんばんは>。夕べ遅くにコメント有難うございました。お返事遅くてすみません。
前回は、違う所で飲んで食べてきましたが、今回は本場で食べてきました。建物も綺麗でしたし、良い所でお客さんがわんさか大繁盛でしたよ。前回空港で冷凍を買って帰りましたが、感激が無かったです。タレ付きでしたよ。タレって独特の味ですね。本場の焼肉には、モヤシ、カボチャ、オニオン、が付いていました。生ビールと一緒だから、なお一層美味しかったのかも?知れませんね。
>最後に付けタレに番茶を入れて飲んだものです。
酔い覚ましにもなるのですか?  ラム生って、今日見たらニュージーランド産が出てましたが、やはり北海道産は見ませんね。そうそう、ずっと前、タレ付が店屋にあり見ましたが、何処産だったでしょうね。これって、こちらで食べても、本場で食べないとその美味しさが分りませんよね。ハーフ&ハーフも美味しかったです〜。また食べに行きたいですけど・・
yotti さんへ
2006/11/02 19:11
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。
自称食いしん坊ですので、お料理記事は何度か書いたことがありましたよ。そして外で食べ飲んだ記事は、前回の旅行時にも書いていますが(K・ビール園)、デコウォーカーさんには初めてかも知れませんね。何時も花花で、多花多葉の日々で代わり映えしません。こちらのビール園が本場で大きく、博物館もありましたよ。飲み食いって、そんなに人間の胃って食べれないものですね。生ビールが美味しく、ジンギスカンの食欲を促進してくれました。そちらでもウォーキングのあとは、毎日生ビールで美味しいことですね。
デコウォーカ さんへ
2006/11/02 19:22
OSAMIさん、こんばんは。 コメント有難うございます。
本場の生のビールはとても美味しいでした。その上、生ラムが食欲をそそり、いくらでも飲みたくなりますね。でも胃袋もそんなにたくさんは入りませんし、ビールでお腹が一杯になるものですね。この日は朝土砂降りでしたが、次第に小雨、そして10時頃には雨も上がって、午後は良いお天気でした。天気がころころ変わりやすく、秋の天気でした。クロッカスは他の場所で写した一面ピンクに生えている画像がありました。この時のアップの花は、一番しどけない格好で、いい画像アップがなくてすみませんね。
OSAMI さんへ
2006/11/02 19:30
薩摩節さん、こんばんは。コメント有難うございます。
前日は快晴で、この日の朝は土砂降り、でも10時頃にはあがって、良かったです。(日頃の行いが効いたのかも?)でも水滴がついて花の表情が生き生きと見えました。特に雨後のバラの表情は最高でしたけど、腕とカメラがイマイチですが?そのうちアップしますね。
タロー君は此処に眠っていたって前回初めて知りましたよ。しっかり写してきました。薩摩節さんは、猫、犬、鳥など生き物好きですね。犬は忠実でいいですよね。お宅のヤッセンボ君もお元気でしょうか?
薩摩節さんへ
2006/11/02 19:37
nobaraさん、こんばんは。朝夕寒くなって、日の入りがまこっち早かよね。あん時(10月16日)はブルーサルビアもアリッサムも咲いておったどん、もう最低最高気温が10℃前後で、花もやっせんごっつなってしもたかもな〜。さむか所は、まこっちテワンどな〜。こっちも、チンチンボッボ寒〜なっせ〜。そろそろ熱帯ものをまたエッチラ・コッチラ運ばんないかんごんなってきもんど〜。足腰を丈夫にしとかんなテワンどな〜。
山梨のワイナリーで、そげんどっさい何度もジンギスカン食べたって、良かったな〜。あの味忘れられんよね。ノバちゃんはゲコじゃっで、ぐらしか〜。のんベ〜には地ビールもたまらんち。小さい頃父が、女性は飲めないと酒肴が上手く作れないし、付き合い上困るし、旦那さんのお客接待にも困るとのことで、20歳を過ぎたら父はお酒を飲ましてました。母が飲めなかったし、酒肴も下手でしたので・・それで今のんベ^〜。\(◎o◎)/!酒肴はバッチリヨ。
nobaraさんへ
2006/11/02 19:48
上のコメントの修正版です。
思い出しました。過去に、飲み食いの記事が有りましたね。山中湖半のホテルランチ、お彼岸のお萩、茄子レシピ。昨晩は半分寝ていたか、認知症の進行か、いやいや両方かも知れません。お詫び申し上げます。
こちらでウォーキングの後は、アサヒスーパードライを飲んでいます。ヨーロッパで生産されていますので日本より安いです。慣れたビールの方が口に合いますので。
デコウォーカ
2006/11/03 01:36
昔札幌には半年住み、しかも北大とはゆかりがあったのですが、当時は植物には興味がなくて、せっかくの植物園に行きませんでした。今思えばもったいないことでした。
クロッカスのお話はおもしろいですね。
未来
2006/11/03 11:43
デコウォーカさん、こんばんは。お忙しいのに、わざわざ律儀に修正版有難うございます〜。よろしかったですのに〜。私なんか年中ボケて、常識疑われるようなことまで認知症で、書いてからアレレ〜だった〜しまった〜です。ボケ防止のブログの筈がボケ促進になっておりますヨ。こちらこそ何時もすみません。
毎日しっかりとウォーキングなさってらっしゃるので、お疲れで眠くていらっしゃることでしょうか?アサヒスーパードライは美味しいですよね。日本より安くて良いですが、飲み過ぎてビール腹になるのも困りますよね。しっかりとまたウォーキングなさって下さい。
キンロバイ、ギンロバイのお花で、金銀花火ショー、また思い出すと可笑しくって〜〜チカチカです。わざわざ何度もコメント有難うございました。
デコウォーカ さんへ
2006/11/03 21:27
未来さん、こんばんは。北大植物園は小石川植物園に次いで2番目に古かったのですよね。こちらに二度出かけて色々な資料がまた再発見でき、小石川植物園より面白い感じでしたよ。新婚の頃は植物なんてちっとも興味が沸きませんですよね。これから子育てですから〜。ガーデニングはやはり子育てが終わって暇人になった後、植物育てでしょうか?土いじりって若い人は手が汚れて日焼けするので好みませんよね。(もう若くないってことでしょうかね〜(T_T)/~~~)
今、せっせと庭を掘ったり、菜園を作ったりでお互いにその変貌振り何なんでしょうね?また機会がありましたら、お出かけされたら良いですよ。11月3日から休園で、温室のみ公開とか書いてありましたよ。もう花も見られないのででしょうか?早いですね〜。
未来 さんへ
2006/11/03 21:37
一花さん、すごく良いところですね。私はまだ行ったことがありませんが、是非行きたい処です。北海道大学植物園。
この日は雨が降ってたのですか?クロッカスに水滴がついてより綺麗です。
彦左
2006/11/05 11:27
ほんと〜〜〜にご無沙汰環ちゃんです。
しばらくさぼっといましたら北海道旅行記が論文に様に。とりあえずビールネタに飛びつきました。
ビール園、行ってみたくなりました。ジンギスカンとビール。これまたいいですね。
でも「せっかく写した外建物の電飾画像」。これは残念でしたね。みたーい!
環ちゃん
2006/11/05 21:33
彦左さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
北海道植物園は駅から近くて便利な場所にありましたよ。但し、もう11月4日から4月28日まで、温室のみの公開で外側はお休みだそうですよ。小石川植物園にも行きましたが、珍しいものが小石川には多いですが、私にはこちらの方も、良かったような気がします。好き好きですけど。この日の10時までは雨が降って、あと止んでくれてラッキーでした。クロッカスは種で殖えたようで、すごく蔓延っていましたよ。
彦左さんへ
2006/11/05 23:05
環ちゃん、お久〜です。お元気でした?連休疲れしてません?あらら〜、論文調〜、チョー長くて皆さんも呆れ?でしょうね。何せ、たくさんの画像を切ってさんと貼ってさんで〜、夜リラックスしたい時、読めば頭がくら〜くら〜でしょうネ。自分でもクラクラだもんネ。画像だけ貼っつけても自分としては面白くないし、これ自分流スタイルかな?とか、でも面倒で手がかかって、どうしょうかな〜なんて考えるし〜。環ちゃんの上毛カルタもそんな感じがあったから、きっと環ちゃんもそういう風に感じるでしょう〜。
でも流石、食べ物にはたくさんコメント来るね?ビールとジンギスカン美味しかったヨ。飲んで飲んで、食べて食べて、是非北海道では此処の札幌ビール園お奨めだからね。前回はキリンビール園だったよ。キリンは蟹食べ放題コースがあるけど、こちらのジンギスカンでは蟹食べ放題無かったよ。電飾画像、何でぼけたのかしら?酔いが回って目も回って居た訳かな?
環ちゃんへ
2006/11/05 23:15
北海道旅行P・2ー11(ビール園、北大植物園1) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる