一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)

<<   作成日時 : 2006/11/17 17:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
            <ヒメツルソバ>

車庫前のコンクリートの間から逞しく這って出ていたり、花壇のグランドカバーとして半日陰にも植えられて、垂れ下がって咲いているのを見かけるヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)。
結構花期が長いと書いてあるが、暑い夏が終わり涼しくなった頃からあちこちで咲いて、秋に満開となっているのを見る。
画像


薄桃の花は、直径1cm位で小さな花が集まって金平糖の形をしており、カメラで撮って見ると可愛い花だ。小さい花が集まって咲くこの感じは、ミゾソバや、ママコノシリヌグイにそっくりで、調べて見るとどちらも同じタデ科イヌタデ属である。
実は、この花弁と見える部分は萼であり、花弁はなく、タデ科植物の特徴の1つだそうだ。

タデ科と言うと、イヌタデ(犬蓼・アカマンマ)が植えた覚えが無いのに雑草として庭に出てきている。
雑草ながら、イヌタデの花をカメラ目線で見ると、嫌味がなくてあっさりとした花で可愛い。他にタデ科イヌタデ属と言えば、オオケタデ、シロバナサクラタデなどある。今まで目にも留めなかったこれ等の花も、ミゾソバ同様カメラ目線で見ると美しい花だと改めてデジカメの良さを納得する。デジカメのお蔭で、見向きもされなかった雑草のような花も日の目を見ているようだ。
画像
                    <ヒメツルソバ>


家のものは、夏場に1株の小さな苗を戴いて育てたものだが、あれから横に結構広がって根付いたようで、今可愛い花が何個も咲いている。これを下さったお宅では、グランドカバーとしてコンクリートの上まで這って見事に開花している。
何故ヒメツルソバ ( 姫蔓蕎麦 )と蕎麦の名前が付いているのであろうか?
蕎麦と比べて見ると、花の蕾の状態は似て、葉と開いた花は似ていないようだが、昔食料して食べられたのだろうか?どちらも痩せ地に生えて逞しい同じタデ科ではある。
画像
                 <ヒメツルソバ>

この傍にイヌタデも出て咲いているが、比べて見ると、ヒメツルソバは横広がりに蔓延って葉が雑草らしくない。
葉には独特のV模様があるが、庭に出ているギンミズヒキの葉も何故か同じV字の斑入り模様だ。
ギンミズヒキも属は違うが、同じタデ科なので何処かしら似ているのかも知れない。

左:イヌタデ(アカマンマ:タデ科イヌタデ属)&右:ギンミズヒキ葉(タデ科ミヅヒキ属)
画像画像













原産地は環境的に厳しく、また涼しいヒマラヤで、真夏には花も休むようだ。これはヒメツルソバの名前でなく、タデ属の別名ポリゴナムとして初夏の頃売られているのを花屋で見かけた。
花が咲いていない時期に見かけた苗は、花屋では目立たず買う気がしなかったものだ。
ポリゴナムと聞くと、ポリゴナム・アフィネと言う高山性のタデ科の植物を滝野すずらん丘陵公園で見たが、それも丈夫で横広がりでグランドカバーとしても育ててあった。

左:ポリゴナム・アフィネ(タデ科タデ属) &右:オオケタデ(タデ科イヌタデ属)
画像画像









ヒメツルソバは、耐寒・耐暑があり本来は常緑多年生の草本だが、 暖かい場所では多年草化していて−5℃までは耐えられると書いてあったが、 霜や寒さにはやや弱いらしく、育てている所を見ていると、冬場には上部が枯れている。本には秋に葉の草紅葉が見られるとあり、傍に1本あるイヌタデ(アカマンマ)はもう草紅葉しており、これを戴いたお宅でも、葉が赤く紅葉して美しかった。我が家のものはまだ青々として、これから葉紅葉を迎える。

花後枯れて種が出来るかと見るが、花は枯れないで何時までも綺麗だ。花弁がそのままの色で種子を包んでおり、そのままの状態で落下していると書いてあり、常に新しい花の状態で咲いているように見られる花だ。これもタデ科独特のものなのであろうか?枯れ花が見られないので常に美しく、随分得をしている花だ。
零れ種でも殖えるようだが、ミゾソバなどと違って多湿に弱く、また蕎麦のように多肥には弱いようだ。

                   <参照ミゾソバ(タデ科イヌタデ属)>
画像
              

<ヒメツルソバ>
タデ科イヌタデ(ポリゴナム)属
学名: Polygonum capitatum
原産地:インド北部(ヒマラヤ)
別名: ポリゴナム・カピタツム
花期:7月〜11月
性状:本来は常緑多年草 草丈:5〜10cm(匍匐性) 、日当たり、日陰でも可。多肥多湿に弱い。
花色:ピンク
耐寒温度: -5 ℃(霜には弱く、上部が枯れる)
グランドカバー、ロックガーデンとして。

「雑草と呼ばるる花のそれぞれもカメラ目線に可愛く美し」

「薄桃の金平糖の形して姫蔓蕎麦の花咲き盛る」

「カワラヒワ十羽次々飛び来たる裸木となる桜一樹に」

「挨拶をするたび『今日は寒いですね』の会話増えたり冬の近づく」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちは、今日は育て主に似て、なんちゅあならんむぞかぁ!というヒメツルソバですね。武蔵丘陵森林公園のボーダー花壇でも見事に咲いているのを見ましたし、あちこちのうちで植えてあるものもありますね。湯島天神の近くで、前に冬のさなかでも枯れずに石垣に延びて咲いているのを見たことがあります。なかなか丈夫なもので、さすがヒマラヤ方面の厳しい環境で育つものは芯が強いようですね。

 花はピンクの金平糖のようで、可憐なものですよね。デジカメのおかげで、いろいろなものの美しさを再認識できるようになった、というのもいいですよね。
 でも、それも感じ方次第ですので、そう感じられるひとはいいですよね。
なおさん
2006/11/17 22:05
可愛いヒメツルヒバですね、街を歩いているとこの花は下草だったり、種が散らばったのかコンクリートの割れ目のような所から咲いていたりと、いろいろのところで目にします、思いがけないところで咲いているのもいいですが、やはり一面に広がって咲いているところが綺麗だなどと思っています。
OSAMI
2006/11/17 22:07
金平糖にもみえますね。金平糖といえば、昔は、金平糖がおいしくておいしくて思ったものです。今では、金平糖を食べる子供なんてみかけないですね。鼻の集合体の花は、意外に多いなあと今年は気づいた年でもあります。「挨拶をするたび『今日は寒いですね』の会話増えたり冬の近づく」自然な感じがいいですね。
hanahhana1952
2006/11/17 22:08
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
ほんに、このヒメツルソバをアップで見ると、なんちゅあならんむぞかぁ!花でビックリ〜です。(今日は寒いでしたので、夕食に熱燗2本飲まれましたか?)なおさんちの、ミゾソバもサクラタデも地味な育て主に似てか似ずにか、なんちゅあならんむぞかぁ!同じタデ科イヌタデ属でしたね〜。これって、蓼食う虫も好き好きなんですね。
湯島天神では葉が枯れずに石垣で延びてましたか?都心はやはり温暖化で暖かいのですね。エンジェルちゃんも軒下で越冬と仰ってましたから〜。うち辺りは、やはり寒いのでしょうか?戴いたお宅では、冬場葉が枯れると仰ってまして、蔓だけ残っているようです。石垣の間から出ていたり、タデ属特有の芯が強い花ですよね。花は金平糖のようで、デジカメのお蔭で随分可愛くアップで写っていますので、ミゾソバなどファンが増えていますね。イヌタデ同様、葉も草紅葉するんですって。
なおさんへ
2006/11/17 22:53
OSAMIさん、こんばんは。このヒメツルソバは、あちこちで、グランドカバーとして、一面に広がってピンクの花が絨毯のように見えているもの目にしますよね。コンクリートの間からも出ているのも見ますが、逞しい花ですね。
うちも絨毯みたいに広がれば良いですが、夏に1株戴いて今年初めて花をよくよく見てみました。今度苗が売っていたら、また植えてみようかとも思います。デジカメのお蔭で、綺麗な花だと再認識しますよね。
OSAMI さん宅では見て居ないようですが(忘れているかもしれませんが)、以前アップされてらっしゃったかもしれませんね。
OSAMI さんへ
2006/11/17 23:04
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます。
この花はデジカメで撮って見ると、可愛い金平糖のようで、再発見ですよね。
コンペイトウやドロップを食べる子って、見かけませんし、駄菓子屋がないから売ってないのでしょうか?探せばあるのでしょうけど。
小さな花が寄り集まって咲く花って、タデ科には多いですよね。
菊もちょっとそんな感じですが・・
歌いい加減で出来たてのもの、何時も読んで下さって有難うございます。
今日もホント寒いでしたものね。お花も室内に入れて、冬支度しないと可愛そうですよね。人間にも、そろそろ炬燵が欲しくなります〜。
hanahhana1952さんへ
2006/11/17 23:13
一花さん\(^▽^)/コンバンハ!
ヒメツルソバは今では何処にでも咲いていますね。
強い植物だからでしょうね。コンペイトに似て可愛い花ですよね。
ドロップは、蛍の墓を思い出してしまいます。

撮影は昼間になさるのですか?ゆうは時間が無くって
何時もあたふたしています。
ゆう
2006/11/17 23:50
ヒメツルソバの小さな花はママゴノシリヌグイの小さな花と色と言い、形と言いそっくりですね。ママゴノシリヌグイを見た事があるので、このヒメツルソバは初めてですが前に見た様な錯覚に陥りました。この花弁と見える部分は萼だったんですね。また種が出来てもこの中に入っているので長い間花が咲いている様に見えるんですね。
デコウォーカ
2006/11/18 01:55
ゆうさん、\(^▽^)/こんにちは。
ヒメツルソバは何処にでも見かけるのに、あまり好ましくないようで、求めて植えてなかったです〜。でも他所で可愛く咲いているのを見て、花談義をしていて1株戴いたものです。こんなに可愛ければ、求めて植えておけばよかった〜と思うことでした。零れダネで殖えるかしら?
私、暇人ですから〜、昼間写真撮ってます。腕がイマイチです。カメラも上等でないし。薩摩節さんも、たまにはお花をアップしてお手本見せて下さったら良いのにね〜?追かっけ鳥だけですもんネ。
ドロップは缶の音が楽しいでしたね?
ゆう さんへ
2006/11/18 12:47
デコウォーカさん、こんにちは。コメント有難うございます。
きっと、やはりでママコノシリヌグイをご覧になってらっしゃるって、似ていると感じられましたか?カメラアップで見たら、タデ科イヌタデ属って小花が集まって咲く様が似ていますよね。
枯れた花が見られないと思ったら、この中で種が出来て花びらごと一緒に落ちるのだそうです。花も汚く枯れ色をしていないみたいです。
そして花びらと思っていたのは萼だったのですネ。ミズヒキソウのちいさな花にも似てますね。植物には親類縁者が多いですね。観賞花と雑草の分かれ目はただ見栄えで美しい花、それだけでしょうか?
デコウォーカ さんへ
2006/11/18 12:55
今まで何気なく見ていたのですが、ブログに載せるようになってから花の名前を調べるようになりました。この花はその辺にいっぱい生えているのでなんて言うのかわかって気分すっきりです。ポリゴラムより姫蔓蕎麦の方が好きです。
PEACH
2006/11/30 17:11
PEACHさん、こんばんは。ブログでこれを載せてらっしゃったのですか?名前が判ってよかったですね?私も分からないものが多く、本も何冊も買ってます。ネットも調べると色々書いてありますね。うちにはこれは無かったのですが、頂いたもので、結構可愛いですね?その辺りに生えてますか?ソバ並に元気なんですね?何故蕎麦などと名前が入っているのか?です・・。蕎麦も同じ科だからでしょうか?
PEACHさんへ
2006/12/01 00:21
[http://blogs.yahoo.co.jp/qwgwn069/22215668.html 姫蔓蕎麦]がちょっとだけ載っています。このコメントから読めそうだったら見に来て下さい。
PEACH
2006/12/02 00:58
PEACHさん、こんばんは。わざわざまたコメント有難うございます。
アドレスを入力するのですが、何故かIDパスワードが必要とか出て入れませんので、悪しからず。すみませんね。若しかしてやり方が不味いのかも知れませんが。アドレスでなく、ブログ名だったら、検索できるかも知れませんが・・。
PEACHさんへ
2006/12/03 00:08
ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる