一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS サフラン

<<   作成日時 : 2006/11/22 18:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

画像

サフランは、乾燥した赤い雌しべのものが薬用、香料、染料として売っており、その色と香を使った料理のパエリアやブイヤベース、サフランライスは良く知られている。

画像

普通の春咲きクロッカスは、色が白、黄、紫など豊富な花色だが、秋咲き種のクロッカスは紫一色のみで、それをサフランと呼び、春に咲く紫のクロッカスと違って長くて赤い3本の雌しべがあり香りがあるのが特徴だ。
クロッカス・2006/03/12

スパイスとして売っている市販の乾燥したものは幾分高いので、その赤い雌しべを採って新聞紙の上などで乾燥させて使うとよい。昔から色々使われているが、その黄色の色素成分は「クロシン」と言うもので、きんとんの色付けに使うクチナシの成分と同じものだそうだ。

画像

これは、ギリシア、小アジア原産の球根植物で、クレオパトラの化粧品の中にサフランが入っていたそうで、古代ギリシア時代から栽培されおり、日本にはオランダ経由で江戸時代末期に導入されたと言う。
また薬用としては、鎮静、通経薬として婦人用民間薬としても使われる。

画像

サフランの球根は、春咲き種のクロッカスとは違って、夏の高温下では休眠しており、気温が下がって涼しくなってくると発芽して開花してくる。


似たような名前でイヌサフランと呼ばれるものもあるが、イヌサフランの花と球根は毒であり、花も色も似て非なるものだ。どちらも球根を土に植えずに、器などに入れて転がし明るい室内の日陰に置いておけば、水も肥料も土さえもいらず開花するという。
コルチカム(イヌサフラン) 2006/10/02

画像
              
我が家の花壇には、昔一度あちこちに植えたものが毎年出てきて花を咲かせているが、時期がずれて2種類のサフランが咲いている。
画像で見ると、1種類目は、葉が一緒に出て花が咲いており、3本の赤いサフラン独特の雌しべが長いものだ。雌しべは最初短くて成長するにつれて長くなるかと観察するが、最初から長いものが蕾の中に確認できる。

2種類目は、花が先に出て開花するが、その赤い雌しべは短くて葉は花後に出てくるもので、これがサフランなのかと疑問に思ってしまう。

画像
            <赤い雌しべが短いタイプ>

育て方を見ると、堀りあげて乾燥貯蔵してまた植え替えた方がいいとも書いてあるが、植えっぱなしだと年々花が小さくなっているようだ。
おまけに雨が降ると花が弱くて倒れており、またこの時期、ヒヨドリが見つけて餌としているが、鳥の身体にも効くのであろうか?

サフラン2005/11/20

<サフラン>
アヤメ科サフラン属
学名:Crocus sativus Linne 、ギリシア語のkrokos(糸)に由来、
別名:ヤクヨウサフラン、ハナサフラン、秋咲きクロッカス
原産地:ギリシア、小アジア、ヨーロッパ南部
開花期:10月下旬(地温が20℃前後に下がってきてから)
性状:耐寒性球根多年草


「サフランの紫の花赤き蕊昔も今も憧れ秘むる」

「電飾の煌く街中足早に改札口へと犇く人等」

「改札より人等次々吐き出され留まることなく噴流となり」

「滔滔と言葉巧みに布教する主婦の熱意をまた今日も聞く」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
食べて・活用している・サフラン
なるほど・ためになった・勉強になった・
植物も不思議なもの・・
薩摩節
2006/11/22 19:18
少し前に道の側にサフランが咲いていましたから、雌しべを採ってチョット歯で噛んで見ましたがとても苦くて、その後何回唾をはいてもなかなか黄色が無くならなかった事を思い出しました、染料になることが良く理解出来ましたが二度と実験すね気にはならないですね。
OSAMI
2006/11/22 21:18
こんばんは。
2種類のサフラン、育てられた方だからこそ見つけられた違いですね。
2種類目のものは、珍しい感じがします。
ミントのみん
2006/11/22 21:41
薩摩節さん、こんばんは。コメント有難うございます。植物は観賞だけでなく、薬用、染料、他繊維とかにもなって、人間生活の役にたつものが多かったようですよ。桜だってほら、乾燥して桜茶に使ってあるし〜。
此処に来るとしっかりと〜お勉強になるでしょう〜?
まだ頭を使わないとね?生涯教育で、これは私のボケ防止の為のブログなんですが、しっかりとボケ進んでます〜〜。
薩摩節さんへ
2006/11/22 22:26
 一花さんちは、今日はサフランですか?蕊は貴重品で高価なものですよね。うちでもしばらく前に新聞販売店の球根プレゼントで2球いただいたのが咲きました。蕊が長いタイプのものでした。短いタイプはあまり見たことがないですね。紫も艶やかな高貴な色あいでよいものですね。
なおさん
2006/11/22 22:33
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
このサフランの赤い雌しべを齧られたのですか?私は噛んだことは無いのですが、苦かったですか?それはそれは〜お気の毒さま〜。それでは、パエリアとかサフランライスは、もううんざりでいらっしゃるでしょうね?
ウコンの根茎を乾燥したもので、ターメリックと言うのがありますが、カレー粉に使われますね。植物の根は染料となるものが多いですが、雌しべで染料になるって、他にあるでしょうか?
明日サフランの雌しべを、真似して試してみます・・・。
OSAMI さんへ
2006/11/22 22:35
ミントのみんさん、こんばんは。お久しぶりです〜。コメント有難うございます。この時期咲く秋咲きクロッカスはサフランと呼ばれて、雌しべが長いのですが、下の画像のものは、何故か短いのですよね。
春に咲くクロッカスと比べて見ると、花も違うし、こんな種類のサフランもあるのかな?なんて不思議なんですよ。そして、これから雌しべが大きくなるのかなと思って観察するのですが、そうでもないし、葉も出てくるのが遅いのですよ。
ミントのみん さんへ
2006/11/22 22:42
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。乾燥したサフランの雌しべは、食材として結構高くで売ってますよね。去年も採って乾燥させたのですが、本場では安いそうですね。なおさんの所の新聞屋さんは相変わらず、色々な球根を下さるのですね?サフランってこの頃球根を見ませんけど。若しかして、クロッカスで売っているかも知れませんよね。下の画像の雌しべは何故短いのでしょうね?サフランにもこんな種類があったのでしょうか?出来損ないで、サフランモドキなのか不思議です。
なおさんへ
2006/11/22 22:48
「改札より人等次々吐き出され留まることなく噴流となり」なんとなく、身がつまされますね。こんばんは一花さん。いつも同じ時間いつも同じ電車いつも同じ人が乗る通勤電車。もっと自由な感じが欲しいなと思います。スーパーフレックスも無くなり、画一的な日本だなあなんて思います
hanahhana1952
2006/11/22 23:46
乾燥した赤い雌しべは薬用、香料、染料と随分役に立つんですね。一つの花から取れる量はたいした事がなさそうですから、売る為には大きな畑に一杯咲かせないと、と思います。そんな畑に一面に花が咲いた時は見事でしょうね。
デコウォーカ
2006/11/23 01:45
hanahhana1952さん、こんばんは。夕べ遅くコメント有難うございます。お返事遅くなりました〜。
毎日お仕事で遅く、朝も早くて大変ですね。21日出かけた新宿駅、そこで待ち合わせをしていたのですが、夕方のラッシュ時はすごいですよね。改札から出てくる人、また入っていく人、狭い改札を出ると水の流れのように噴流となって自由に散っていく、そんな感じでした。日本の企業は大変ですよね。外国育ちの人には日本と日本人の考えが理解できないと、食事をしながら零していました。絶対住みたくないのだそうです・・。でも、私はやはり日本食も日本人も日本も好きですが・・。
hanahhana1952さんへ
2006/11/23 17:30
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。
以前は、サフランの乾燥雌しべが4個ぐらい入って一瓶700円くらいで売っていましたが、今では自宅のものを乾燥させてますが。(1gで500〜1000円程度)。これでご商売するとなったら、畑一杯栽培しなくてはいけないですよね。開花したお花は見事でしょうね。日本では大分県の竹田地方では、明治36年から栽培されて、国内生産量の8割以上だそうです。サフラン(地中海気候が好み)は雨に弱く、竹田市では室内で花を咲かせて、花後に畑に植える世界的に珍しい収穫方法が行われているそうです。
そして、調べるとサフランは記憶学習障害の回復に効果があることが分かり、学習障害を改善するものの正体を探ったら、『クロシン』というサフランの黄色の色素であった。そうです〜。ああ〜、サフランをたくさん求めて植えて(植えなくても)、せっせと食べようと思います。とても良い事が書いてありました〜。さっそく忘れないようにメモしました。
デコウォーカ さんへ
2006/11/23 17:46
一花さん、サフランの花は最近ブログで知るようにまりました。
私の仕事(昔)が薬関係でしたので、サフランはよく聞いていますし、サフランの薬にしたものも知っていましたが・・・花は知りませんでした。
彦左
2006/11/24 19:36
彦左さん、こんばんは。コメント有難うございます。
彦左さんのお仕事(昔)は、薬関係だったのですか?サフランは薬効が色々あって、婦人病にも効くし、またこの頃記憶学習障害の回復に効果があるとかネットに書いてありましたよ。随分お値段的に高いものですね。
でもお花をご存知なかったって、それはそれは面白いですね?近くで栽培されていなかったからでしょうね?今は、ガーデニング流行ですから何でも手に入りますね。
彦左さんへ
2006/11/24 21:34
サフランのさくじきをおしえてください
ゆあんちゃ
2008/06/26 09:19
サフラン 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる