一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ナンテン(南天)

<<   作成日時 : 2006/11/29 19:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像

毎年6月中旬に開花するナンテンの花付はいつも良く、秋の実の豊作を期待するが、何故か花の割には実の付が半分ぐらいになってしまっている。

画像
             <ナンテンの花2006/06/27撮影>
画像
     

地窓の軒下に植えてあるナンテンは年々株が殖えていき、もう丈も2メートルを越えている。
この場所は雨があまりかからないので、花も実も落ちない筈だが、毎年実が乏しいのは何故だろうか?
何時もこの付近を鳥が行き来しているので、若しかして鳥の餌にでもなっているのだろうか?一緒に植えていた斑入り葉の万両の実も既に無くなっていたが、万両の実付きは下向きなのに鳥もわざわざ探して食べるらしい。
上向きの千両の実も傍に植えてあるが、こちらはしっかりと残っていて正月用はこれで間に合うようだ。
ナンテンを鳥が食べて落とした糞からか、庭に実生苗が出来ていたことがあり、鉢の寄せ植えに使っている。他にも庭には、万両、クロガネモチの実生苗を見かけるが、千両のそれは見かけないので鳥にも好き嫌いがあるようだ。

画像

ナンテンはメギ科に属する一属一種の常緑低木の中国原産の植物だ。そして乾燥した果実を南天実(なんてんじつ)と呼び、民間で鎮咳薬として用いられているという。
ナンテンの字から、難を転ずると言うことで裏鬼門(南西)の所に植えられ、また庭木としても利用される。半日陰でも日向でも育ち、不浄のものを清める殺菌作用があるからか、小さい頃田舎では、ご不浄の所に植えられていた。そして何処のお宅でも、たわわに実ったナンテンの赤実が重たそうに垂れていたような記憶がある。
田舎の秋は柿や山の木の実などたくさんあり、鳥たちにとってのご馳走が豊富だからであろうか。

今でも我が家では、ナンテンを赤飯、刺身料理の飾りとして庭から葉を採って習慣として使っている。科学的理由は聞いたことはないが、防腐、殺菌作用があるからだ。また我が家では南天の箸も使っているが、これには殺菌効果と長寿祈願もあるようだ。

画像

去年殖えた枝を剪定して捨てていたもので、夫が持ち前の手先の器用さから、肥後守を使ってせっせと寒い中ひと削りしつつ何かを作っていた。出来上がったものは箸であったが、買えば安いのに何故こんなつまらないものをと思っていた。それは病気で入院していた姑へのものだった。ひとり暮らしで89才で健康だったが、転んで脳梗塞になって2ヶ月間入院してリハビリの日々だった。夫がひと削りづつ思いを籠めた長寿への願いも空しく、入院後2ヶ月で去年逝ってしまわれた。


昔は日本家屋が多かったのでナンテンが植えられているのを見かけたが、この頃限られた敷地の新しい洋風な家には、ナンテンよりヒイラギナンテン(柊南天)の方が好んで植えられているようだ。ヒイラギナンテンは節分の時の厄除けになるヒイラギ(柊)の葉に似ている。葉には棘があり、また実の色は青だが、ナンテンと同じメギ科でナンテンの実にも似てヒイラギナンテンの名前が付き、難を除けるこの2つの名前を持つので、より好んでこちらが植えられるようだ。草丈もナンテンのように大きくならず、玄関脇の花壇の中に植えられているのを見かけ、花も黄色で目立ち実も出来て葉も赤く紅葉するようだ。また最近は、乾燥に強いことから緑地帯などの緑化樹として利用されていると言う。
ナンテンは生け花の花材や刺身の防腐作用としては不用で、もう狭いマイホーム住宅では好まれないのかも知れない。
ヒイラギナンテン(植物園さまHPより)

画像






<ナンテン(南天)> 
メギ科ナン テン属
学名:Nandina domestica  (Berberidaceae)
原産地:中国原産
花期:6〜7月
ナンテン・2005/11/17

「満開の白き花穂の南天を見てより思いしたわわなる実を」

「変わりゆく人のこころと秋の空しかと見てます南天の実は」

「大株となりたる南天仰ぎ見る今年の朱美も疎らなるまま」

「南天の箸への願い空しくも届かず逝きし姑を偲ぶ」

「ひと削りひと削りしつつ仕上げたる夫の箸への思いの空し」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ナンテンの実はやはり鳥さんでしょうね、食べ物が多い事が影響かと書いてありますように、私の田舎でも至る所にナンテンがあって多量の赤い実をつけていますが、確か年内くらいはほとんど変化が無くて、二月ごろ雪が積もったりすると、その後いつの間にか実がなくなっているように感じていました、この事も鳥の影響と思っています。
OSAMI
2006/11/29 20:16
 一花さんちは、今日はナンテンですか。難を転ずるということで、昔から縁起を担いだり、おめでたい縁起物として栽培されることが多いですね。
 園芸的には古典植物の中に入る錦糸南天とか、紅葉の綺麗なオカメ南天などいろいろありますね。
 うちにも2株ナンテンがあるのですが、実はほとんどつきません。雨にあたるのが良くないのでしょうね。
 京都の上賀茂のあたり、藤木社では、クスノキのご神木のそばにナンテンがあり、見事に実がついていました。さすが古都ならではの風情でした。

 うちにはホソバヒイラギナンテンがあり、これは秋に黄色い花を咲かせるのですが、スズメバチが好むようで、よく来ていますので、うかつにそばに寄れません。

 
なおさん
2006/11/29 20:55
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
ナンテンの花は毎年見事に咲くし、軒下で、花も実も落ちない筈と思ってましたが、都会では緑が少ないし餌がないので、食べにくるようですね。それにしても、千両は食べられなくて下向きの万両が食べられて不思議です。
やはりナンテンは薬効がありますので、以前アップしましたクコの実と同様、鳥も身体に良いものを選んで食べるのでしょうね?
田舎ではナンテンの実が葡萄みたいに付いていましたね。雪が積もると、雪兎を作って、目にナンテンの実を入れ葉を挿して耳にしてましたよね。田舎の雪の頃には餌も無くなって、鳥が食べにくるのでしょうね。
OSAMI さんへ
2006/11/29 22:28
なおさん こんばんは。コメント有難うございます。この頃はお帰りが早くなり良かったですね。ナンテンも種類として色々あるのですか?あまりにも身近に見て育ってましたので、これに薬効があるとは思ってもいませんでした。ナンテンは、言葉の語呂合わせから難を転ずるではないのですね?葉には防腐作用、殺菌もあると言うことですが、科学的に何処がどうなのでしょうね。植物は殆ど人間の為に役立つ薬効のものばかりのようですね。
なおさんちは、実が付かないのですか?雨の所為でしょうか?鳥さんは?
ヒイラギナンテンは花が綺麗で欲しいのですが、棘が嫌いと植えさせてもらえません。節分の時の厄除けにも良いし、またナンテンの名も入り、より好まれるのかも知れませんね〜。スズメバチさんまで好むとは・・
なおさん へ
2006/11/29 22:40
子供の頃の記憶に、ナンテンは何処の家も便所の所に植えてありましたね。今日のブログでその理由が解りました。赤飯の上にのせたナンテンの葉は飾りと思っていましたが、防腐の為もあるとは、昔の人の知恵に感心しました。
デコウォーカ
2006/11/30 00:13
難を転ずるといわれるナンテンの木を削ってお母様の箸を作ったというご主人のやさしい心情には泣かされてしまいました。皆さん裏鬼門(南西)の方角に植えている事が多いようですね。難を転じて福としたいということでしょう。鬼門(北東)の場合は北風が吹くと汚臭が家の中に臭ってくるというので古来汲み取り便所の時代は便所などの設置は建築的には忌みきらわれました。これは理に適っていますね。ナンテンに防腐の効用があるとは知りませんでした。
目黒のおじいちゃん
2006/11/30 06:49
我が家は小鳥さんの贈り物で 北東の駐車場入り口に
丈、2b×10本ほどが逞しく育っています。
ご近所のチビちゃん達の夏の緑陰になってるそうでね。
迂闊に切る事が出来ないので丈だけ2bに剪定しています。
切っても切っても丈夫で感心します。
目黒さんの仰有る鬼門に中るからそれはそれで佳かったの?ですね。
お正月のお重の彩りに使っておいもんが〜
ご主人の泣かせるお話。お優しい方なんですね〜〜
ほんじゃ〜行ってきもんでな〜ε=ε=┏( ・_・)┛bunbun
nobara
2006/11/30 08:41
「ひと削りひと削りしつつ仕上げたる夫の箸への思いの空し」 は、なんか心情あふれますね。親孝行、したいと思えば親はなしですね。我が家も田舎に母親一人住み、心が揺れます。親、子お互いにしてあげられることは、おもい位になってしまうのかな?南天は、一花さんの言うように、田舎のそれと比べ、身が少ないですね。ひょとして、温度かな?
hanahhana1952
2006/11/30 19:31
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。
デコウォーカさんもナンテンを見て育ってらっしゃるのですね?植物がお好きなのは、やはり小さい頃の環境なのでしょうか?うちもご不浄の所に植えてありましたので、ブログを書いて去年初めて知ったのですよ。赤飯の上や、刺身の飾りにするのも、防腐作用や殺菌作用があるかららしいですね?昔の人はだてに植物を植えていなかったようで、ブログを書きながら今頃に納得する事が多いですヨ。他にも植物の葉でお菓子を蒸したりと利用して、植物と人間生活の係わり合いが多く、昔の人は科学も知らず何故そんな知恵があったのか?と不思議〜です。
デコウォーカ さんへ
2006/11/30 20:49
目黒のおじちゃん、こんばんは。コメント有難うございます。ナンテンは鬼門(北東)でなく、裏鬼門で(南西)の方角に植えてある事が多いのでしたか?
ご指摘有難うございます。去年も間違って鬼門の文章でブログを書いておりました。うちのものは、南西ですので、やはり理に叶っておりますね。鬼門の北東の場合は北風が吹くと汚臭が家の中に臭ってきて古来汲み取り便所の時代は便所などの設置は建築的には忌みきらわれたのですか。色々教えて下さって有難うございます。うちの設計をしたのは夫ですので、その辺りの所は守ってあるようです。でも台所の内部は夫と揉めて大変でしたが、一番使い勝手のよい私の意見が勝ちましたが、なかなか思うようにいかず、住んで見ると色々不都合もありますね。田舎みたいに広い敷地だと良いのですが。庭があるだけでも有り難いですよね。わざわざ教えて下さって有難うございました。
目黒のおじいちゃんへ
2006/11/30 21:10
nobaraさん、11月もきゅまでじゃした〜。またきてくいやって、おじゃしたもんせ〜。コメント有難うさんです〜。ナンテンは植えんでも鳥のお運びで、生えてきたち〜、そら天の恵みごわんどな〜?うちんた、買ってきたと。ジャッドン、万両は食べられて、また天の恵みよ。人生と似たようなもんごわんどな?プラ・マイ・ゼロってとこかな?目黒のお爺ちゃんから、鬼門でなく裏鬼門ち教えてもらいました〜。去年もそう書いていたので、ひっまごった〜。またテワン〜。うちんた南西にちゃんと植えてアッタヨ。
お正月のお重の飾りな〜、刺身にもよく使っておいもんどん、今後いきのよいぶ〜がなかなかなかね?けちな夫と思っていたら、姑さんへのお土産ごわした〜。母親には息子は優しいよね。うちん息子はんたちはブントヨ。母親がブントやっせんで〜。
今日も元気で、ブンブン飛ばしてお仕事頑張って、えらいね〜。身体を労わってチョンマゲネ。
nobaraさんへ
2006/11/30 21:23
hanahhana1952さん、コメント有難うございます。夕べお泊り仕事で大変でしたね?御身体大丈夫でしょうか?お大事になさって下さいね。
お宅もお母さまがお一人でお住まいですか?夫の所も、一人で頑張ってましたよ。他人と一緒より自由で気軽のようでしたよ。近くに妹夫婦もいましたが、ひとりが良かったようで、それに本人の体の為にはそれが良かったようです。でも病気したとき、夫は気遣ってましたね。今では誰も住まない家、山、畑、田圃などの管理色々と頭が痛いですよ。考えないようにしてますが・・。お母さまもお元気だと安心ですね。でも電話が毎日ありましたよ。ナンテンの実は温度かしらね?暖かいと生るのかもね?
hanahhana1952さんへ
2006/11/30 21:30
一花さん、こうして花と実を入れていただくといいですね。
私など前の写真を探すのが一苦労です。何故でしょうね。
どんな整理をするといいのか分からないのです。以前に仰る6月頃の写真を探せば花の写真も見付かるかも知れませんね。
彦左
2006/12/02 20:15
彦左さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
花と実ですが、花を以前ブログでアップしていますので、過去記録から見れて、わざわざ画像で探さなくても取り出す事は容易可能ですよ。
以前はリンクだけしていましたが、花も一緒に貼り付けると見る手間が省けて良いかななんて思ってます。写真整理は私も下手で月ごとでしていますが、彦左さんの場合は量が多いので、探すのに大変かとも思いますよ。
彦左さんへ
2006/12/02 23:55
ていねいなコメント有難うございました。ご主人様が設計したマイホームとはすごい。奥様のアイデアもふんだんにとりいれてのことでしょう。普通は中々希望通りにはいかないものですからマー80%以上よければ妥協が必要です。
ライフスタイルの変化に合わせてリフォームも必要ですしね。設計の基本には
無駄なものを考えることです。むだや遊びがないと長く楽しめませんから。
目黒のおじいちゃん
2006/12/03 06:59
目黒のおじいちゃん、こんばんは。またこちらにコメント有難うございます。こちらこそ、何時も色々教えて戴いて有り難く思っております。
姑の新しい家も、昔主人が設計したのですがなかなか思うようにいかなかったようで、いまは住人も亡くなって住むものが居なくて空き家になっており、管理が大変です。今住んでいるここの家もそうですが、やはり場所とか、住んでいる年代他時代の流れ、生活スタイルなど色々な要素を加味しながら設計しないと、一律で設計されると住み難いですね。80%以上良しで妥協ですね。台所だけは広くてよかったです。しかしまた、後から出来たお隣近所との換気扇とうちの窓との問題など住んでから色々出てきたり、住居は妥協でしょうか?あとはリフォームですね?そして無駄と遊びですね?住んでいるうちに空間に色々荷物が増えて、広ければ広いだけ余計なものを買って、捨てずに結局空間を自分で狭めて住み難くなっていっているようです。貴重なご専門家の方のご意見アドバイス、有難うございました。
目黒のおじいちゃんへ
2006/12/03 22:09
ナンテン(南天) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる