一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 外出先にて(モミジ・他)

<<   作成日時 : 2006/12/14 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

外出の折、見かけたモミジの葉。ここのモミジは元来赤茶けた銅葉色だったので、若しかしてムラサキセイヨウブナと同じように紅葉の時期には緑葉になるのかと興味があったが、時期になって紅葉しているのを見たら、やはり普通の赤い紅葉の色になっていた。この時期あちこちで紅葉する植物の葉を注意して見ると、一口に赤色と言っても多彩な赤があり黄色も然りだ。その日の空模様や太陽光線とも相俟って紅葉の色が微妙に変化し、折々の自然界の作り描く色の巾の多さにびっくりする。

カエデの仲間は似たような葉が多くて本を見ても良く分からず、此処の下の樹は何であったろうか?自然が作る赤、黄、緑の葉の三色は原色でありながらも何故か嫌味がなくて美しい。柔らかい光を吸収しまた光を反射するからであろうか?今年の紅葉は何時に無く綺麗で、未だ紅葉を保っているようだ。
画像

日本の秋は、花にもましてこの紅葉が美しく、空に透かして見る紅葉はまるでモザイク模様だ。また背景の色が変わると一瞬にして輝きが異なり、光の織り成す自然の葉の色は彩が深い。我が家のヤマモミジも、まだまだその日また時々に葉色が変わって、今年の名残の紅葉を充分に楽しんでいる。
画像


此処は武蔵野の面影を残すような雑木林だが、春には柔らかい緑の新芽が眩しかった。この時期になると殆どの木が落葉して樹間が明るくなり、下の落ち葉は、コナラ、ブナ、シイ、カシ類であろうか?林の小道には落ち葉がうず高く積もって温かい感じである。徳富蘆花と国木田独歩は明治時代の作家たちだが、蘆花は世田谷に独歩は渋谷に住んでいて、独歩は武蔵野を「落葉林」と言い、蘆花は「雑木林」と表現してお互い創作を発表しており、共に武蔵野の自然を愛していたそうだ。まだまだ武蔵野の面影を残す雑木林はあちこちに残っている。田舎よりも都会は公園や自然が整備されて緑に触れる機会と場所は結構与えられているようだが、なにせ其処に憩いを求める人たちがやたらと多く、時期になると人人で犇くことになる。

<左:2006/5/19撮影>                <右:2006/12/12撮影>
画像画像













落葉樹の木肌を見ながら歩いていくと、踏みしめる足元の落ち葉が深く柔らかい。頭上では小鳥たちが不意い高鳴き、まるで侵入者を警戒しているようだ。藪の中では、かさかさと音立てながら樹の陰を小さな生き物が動いていったが、何の小鳥であろうか?
画像

落ち葉に混じって、草履のような大きな葉があちこちに落ちている。ホオノキの葉のようだ。モクレン科モクレン属でオオヤマレンゲ、タイサンボクなども似たような白く大きな花を付け、匂いがかなり強いようだ。今まで花時に気が付かなかったので来春是非確認してみたい。ホオは大きな葉に食べ物を包んだことから「包」の木となったそうだ。

「わが背子が捧げて持てるほほがしはあたかも似るか青き蓋(キヌガサ)」(万葉・巻十九・4204)
画像

画像

落葉樹の木肌を見ていたら真っ黒い石炭色をした木があった。黄葉が殆ど落葉していて、本で調べてみたが分からない。木々の肌を注意して見ると、ツルツル・ザラザラ・縦に裂けているものなど、また樹肌の色も多彩で木の世界も十人十色のようだ。
画像

白い金平糖のような花が目につき、タデ科のママコノシリヌグイがまだ咲いていた。茎に棘があるので継子の尻をふく草だそうだが、嫌味な名前にしては此処のものは何故か花色が真っ白で清楚であった。
画像

公園の植え込みなのでよく見かけるアベリア。スイカズラ科でハナゾノツクバネウツギとも呼ばれるが、大気汚染や乾燥にも強く、強剪定に耐えられるので道路沿いに植えられるそうだ。6〜10月と花期が長く、もう随分前に白い花が終わったと思ったら、この時期花殻なのか枯れた花なのかピンクに染まって、また花が咲いているようだった。霜にあたっても益々色が冴えるのであろうか、自然が作るドライフラワーは美しい。
画像

画像


街路樹として、今盛りのカエデ。紅葉が黄色から赤に変わっていくようで、この時期の葉色も様々でこれも見事だ。場所によって、葉が半分落ちた樹もあったが、トウカエデのようだ。
画像

画像



「空の色お日様色に映え変わる紅葉なす葉の彩光と影」

「深々と積もる落ち葉を踏みしめて歩む林の木々の間透ける」

「見上げたる雑木林の末高く残る葉を透け冬空鈍し」

「薄桃の枯れ花と見せアベリアの花の再び霜に色増す」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お散歩いたしたんですね。木々の彩色は、自然がなすから美しいですね。ゆっくりと落ち葉のかさこそ踏みしめてあるくのはまた楽しいものです。足の裏から違った音がしてこれも自然のなせる業ですね。「深々と積もる落ち葉を踏みしめて歩む林の木々の間透ける」はそんな感じがしますね。
hanahhana1952
2006/12/14 20:24
 一花さんちは、今日もお出かけ先の様子ですか。府中から少し足を伸ばすと、いろいろ自然を残した公園もまだまだあり、散策するにはいいですよね。
 独歩の「武蔵野」も蘆花の「自然と人生」も愛読書のひとつですが、雑木林の美の先覚者ですよね。

 この時期、武蔵野の雑木林を散策するのは楽しいですよね。夏と違いへンな虫もいませんし、見通しが良くなって明るいですし。

 ホオの葉は拾って、朴葉味噌のまねごとをしたことがありますが、面白いですね。
 一番下の画像のカエデはトウカエデのような気がしますね。
なおさん
2006/12/14 21:26
紅葉の赤色や黄色、それに緑色の3色が同時に見れると綺麗ですね。空が青空ならば最高ですが。枯葉をサクサクと踏みしめて歩くのは何とも言えない快感に襲われます。爽やかな音、柔らかい踏み心地は都会では味わえません。武蔵野にはまだまだそんな自然が残されているのですね。
デコウォーカ
2006/12/14 22:29
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます。
出かけた折の画像ですが、この時期、モミジがまだ綺麗で残っていましたが、場所によるのでしょうね?そして武蔵野の面影を残す場所は、あちこちで見られますね。落葉樹が多い雑木林で、夏場は影を、冬場は日当たりを、葉が長年の間に肥料となって、また森を育んでいく自然のサイクルなんですね。落ち葉がふかふかとして温かく、踏みしめると音がします。
今日は歌会で出かけてましたが、やはり勉強不足を感じました。観賞はいいのですが、何故か上手く詠えないのですよ。本だけは積んどくなんですが・・。また励みますね。「柳宗民の雑草ノオト」(毎日新聞社)他を本屋で求めてきましたが、良い本でした。園芸種だけでなくまた違った目で花が好きになりそうです〜ヨ。
hanahhana1952さんへ
2006/12/14 22:30
なおさん、こんばんは。コメント有難うごいます。この頃、外の画像がたくさんあって、一度に何枚も貼り付けてアップしていますので、見るもの読むのもお疲れでしょうが〜・・。武蔵野の面影を残す場所があちこちあるのですが、私が行くFの都立病院の裏も未だ残ってますし、S山公園や、あちこち雑木林がありますね。落ち葉を掃かなくてはいけないですが、落葉樹も良いですね。冬場明るくなるし、肥料にもなるしですが、落ち葉が大変で公園に言って樹を伐ってと仰る方もいらっしゃるようです。公園管理も色々大変のようですね。夏にはヘンな虫?そうそう、桜に毛虫いましたよ。ホオバは花を今度確認したいですが、ホオバ味噌もおいしそうですね。最後はトウカエデでしたか?また調べてみますね。有難うございました。
なおさんへ
2006/12/14 22:44
デコウォーカーさん、こんばんは。こんな時間にお珍しいですね?
今日は雨でお散歩中止だったのでしょうか?そちらの画像で見せて戴いたモミジは、三色揃ってなかったようですね。黄葉が多かったようで、モミジもたまにありましたが、やはりナナカマドが多かったですね。この日の空は雲ってました。この頃青空が余り望めないで雨が多いですよ。昨日も午後から雨でまた今、夜から雨です。此処の武蔵野の面影を残す雑木林は落ち葉が積もって柔らかく、なんとも言えないでした。整備管理されていますので、ツル性植物が少ないようです。香貫山もそんな感じで、毎日ウォーキング序にお出かけなさってらっしゃるのですね?そろそろ帰国準備でお忙しいですね?あちこちお出かけなさってらっしゃるので風邪等ひかれませんように。
デコウォーカーさんへ
2006/12/14 22:54
今年は温暖化で紅葉がどうかと心配されていましたが、東京では綺麗な紅葉が長く楽しめたという事になりましたですね。
雑木林は落ち葉の感触がなんとも良いですね、低い山の日溜りハイキングに行きたくなりました。
アベリアはその後あまり注意して見ていなかったですけれど、まだ花が咲いたような感じが残っているようですね、近いうちに前回沢山あった処に行ってみようと思いました。
OSAMI
2006/12/14 23:04
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。今年は紅葉がとても綺麗でしたね。そしてブログの皆様のおかげさまで色々な樹を拝見させていただきましたので、特に今年はしっかりと樹を見るようになり、木の紅葉黄葉に目が行きました。未だ今日もモミジが綺麗なところがありましたよ。
雑木林は、落ち葉が柔らかくて良いですよ。葉も色々落ちて、何の樹だろうかと見上げて見て、自然にまた親しみが湧きますね。低い山も良いですね。此処は公園内です。アベリアは、以前拝見させて戴き、初めて私も花後がこんなに綺麗だと知りました。公園や道路沿いにたくさん植えられています。紫色の浜撫子の種がうちは出来ていますよ。以前アップのところはどうでしょうかね?
OSAMIさんへ
2006/12/14 23:25
外出先にて(モミジ・他) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる