一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS シクラメン

<<   作成日時 : 2006/12/23 19:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

毎年クリスマス前から出回っているシクラメン。小さなガーデンシクラメンの方は、寒さが来る前にしっかりと地植えしなくてはいけないので、早めに出回っていて求めて植えた。しかし普通の室内に飾るシクラメンは、まだクリスマス前の11月頃には大鉢のものが多く出回っていて、見ると結構良いお値段だった。これは一般家庭用より、お歳暮や贈答用、会社、個人経営の店先に置かれる為のものであったろうか?
ガーデンシクラメン: 2006/12/11

画像

12月に入り、愈々クリスマスが近づくとやや鉢も一回り小さく、お手ごろなお値段のものが花屋の店先に並び、毎年この時期になると我が家も何故か求めている。
花色を見ると毎年品種改良がされて、やはり珍しい品種のものは花色や形が珍しく、お値段もよい。
黄色は以前珍しがられたが、今年はフリンジ咲きや半開咲き、葉の前面が銀色など目新しいものなどが出回っているようで、花色も青と黒を除いて花色が総て揃っている。
画像

シクラメンと言うと昔は赤と決めていた。しかし年々花色がカラフルに出回って、一昨年は夫が選んで白を求めたが、これは残念ながら早々と枯れてしまった。
去年は赤い地に白の覆輪のパピヨンと言うのを求めたが、幸いな事に今年夏越しして、クリスマスには間に会わないが、今蕾が一生懸命生育中で立ち上がっている。
但し、葉がだらしなく伸びきって虫に食べられ、業者が育てた去年と同じようには上手に咲かせることが出来ない。本によると、プロの農家でも株の夏越しは容易ではなさそうだ。しっかりとした株が欲しい時は、やはり毎年買うしかないようだ。

             <去年のシクラメン2005/12/5撮影>
画像
  
シクラメン(パピヨン)2005/12/17
 
買うときは、葉の数が多く元気なもので、蕾がたくさん付いているものを選ぶが、育てて見るとやはり日差しのない部屋や暖房の傍、そして一日の温度差がある場所では早く駄目になってしまうようだ。

画像

これはサクラソウ科シクラメン属の球根植物だが、サクラソウ科の花は春に咲き上向きで綺麗なものが多い中、これは何故か下向きに俯いて恥ずかしげな咲き方である。
昭和48年に大流行した歌に「シクラメンのかおり」と言う歌があったが、シクラメンには香がないが、「かおり」には、つややかな美しさの意味があり、恐らく作詞作曲した小椋桂さんは、そちらの意味で使われたのであろうか?だが、原種系には香りがあるようで、まだ嗅いだことがない。この「シクラメンのかおり」の歌のお蔭で、かおりシクラメンが望まれて、2001年(平成13年)に原種と掛け合わせた品種が出来たそうだ。まだこちらもお目にかかっていないが・・どんな「かおり」なのであろうか?
葉はハート型で独特の模様をなして観賞価値があり、枚数も多くて豪華な花を引きたてる役目をしているようだ。

地中海沿岸部が原産なので、日本とは気候的に逆になり、冬は暖かい場所そして夏は乾燥を好むが、品種改良されて年々丈夫になっているそうだ。、

今年はまた一昨年と同じ色の白を私が求めたが、やはり寒いこの時期になると、クリスマスに似合う真っ赤が良かったかなとも思うものの、クリスマスカクタスの真っ赤が今盛りと咲いておりお互いを引きたて合っている。
画像

去年も書いたが、育て方としては暖房の影響を受けない日当たりの良い窓際で、昼間15℃〜18℃、夜間7〜8℃(最低5℃)を保つ。水は葉や花が萎れた時にたっぷりと与え、入手してからひと月後から施肥し、花柄を摘んで種をつけさせないようにしないといけないそうだ。

明日は愈々クリスマスイブだが、キリスト教でないのに何故かこの行事だけは日本に定着し、近年派手で華やかともなるものの、子供たちにとってはこころ浮き浮きと楽しい行事だ。

「1、真綿色したシクラメンほど清しいものはない・・・・・・・・・2、うす紅色のシクラメンほどまぶしいものはない・・・・・・3、うす紫のシクラメンほど淋しいものはない・・・・・」(小椋桂)


「求め来たるシクラメン白の部屋にあり去年の鉢より蕾も出でぬ」

「赤白桃とりどり並ぶシクラメン今年は迷わず白を求め来」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは一花さん。小椋桂の名前を懐かしく思い出しました。ギターを弾いて、よく学生時代に歌いました。今日は、私もシクラメンのアップでした。一花さんとは初めてお揃いですね(笑)「求め来たるシクラメン白の部屋にあり去年の鉢より蕾も出でぬ」確かに、シクラメンを何度も咲かすのは難しいですね。今度挑戦してみたいものです
hanahhana1952
2006/12/23 19:56
 今日は一花さんのような清楚で気品のある、真綿色したシクラメンですね。紅いのはカガリビバナという別名もぴったりですが、白いのもまたよいですよね。ブタノマンジュウというと、イメージぶちこわしですが。

 種苗会社のカタログを見ていますと、香りシクラメンというのも開発されて商品になっているようですが、ずいぶん高いようですね。
 原種シクラメンのヘデリフォリウムは、ほんのりとした香りもあるようで、個人的には大きいシクラメンより、小ぶりのガーデンシクラメン、ミニシクラメンの方が好みです。

 クリスマスも子供のときはともかく、今となってはなにもしないですねえ。今日はうちにいて、身のまわりのことをいろいろしていました。
なおさん
2006/12/23 21:52
hanahhana1952さん、こんばんは。早々にコメント有難うございます。今日はお宅もシクラメンでしたね。とても優しい桃色でしたね。
去年は赤っぽいものを買いましたので、今年は真綿色した真っ白を買いました。小椋桂は私も好きでした。銀行マンの素人でしたが、良い詩と曲を作ってらっしゃいますよね。今薩摩枇杷もなさってらっしゃるとか?でしたよ。
鉢花としては白でも色々な白がありますね。この時期になると何故かこの花を求めなくては、と焦り部屋に飾って眺めて楽しんでおります。でも毎年枯らしてしまうのですよ。おと年までで1度だけ夏越しできましたが、また駄目になってしまいました。去年のものは今夏越し出来てますが、やはり見栄えが悪いですよ。せっかく頑張っているのに、お花として可愛そうですよ。
hanahhana1952さんへ
2006/12/23 22:43
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。今日は一日ご自宅で、ゆっくりされて日頃のお疲れを取ることが出来て良かったですね。もう、一杯戴かれましたか?(薩摩の焼酎の牛乳割りを今度作って飲んで見られたら?身体に良いですよ〜。)主婦はこれからが大変です。明日はクリスマスイブですので、色々と忙しいです。
シクラメンはこの時期、部屋を飾るのに、やはり何故か出回ると求めて眺めておりますよ。歌の所為でしょうか?香りは無かったですが、もう開発されているのですか?どんな「かおり」でしょうね?
原種系は匂いがあるようですね?うちのガーデンシクラメンは匂わないですよ。原種系を探すのですが、見かけませんね。あちらでは豚のパンで豚が球根を食べるのですが、日本語訳で饅頭だそうですね。白も篝火花でしょうかしらね?
なおさんへ
2006/12/23 22:54
清々しい真綿色のシクラメンというところですね、マンション住まいになってから、どうもシクラメンの置き場所が無くなり育てていません、日の当たるところは室温が高くなりシクラメンの環境に合わないようだなどと思っています。
OSAMI
2006/12/24 11:11
ガーデンシクラメンの記事も合わせて読みました。シクラメンにも色々の種類が有るんですね。またシクラメンには青と黒を除いて色が有るとは知りませんでした。シクラメンも進化しているんですね。「シクラメンのかおり」の歌も4番以降の歌詞が出来ないと(進化しないと)いけませんね。(笑)
デコウォーカ
2006/12/24 16:41
OSAMI さん、こんばんは。コメント有難うございます。
シクラメンがこの時期になると安くで出回ってきますので、やはり部屋に飾る為に求めております。(一応まだ20歳過ぎの大きい子供がいますので〜。)去年は派手な赤っぽい色を求めましたので、今年はまた真綿色になりました。この時期求める鉢花は神経質で、しかもこの頃の高気密の部屋では温度管理がうまくいかずに枯らすことが多いようです。我が家も他の植物の中でシクラメンは息を潜めております。寒さにもっと強ければ良いのですが。窓辺は真夜中は温度が下がるようですね。
OSAMIさんへ
2006/12/24 17:01
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。お帰りなさい〜。お久しぶりです。早々とウォーキングもされ、ブログもアップなさって、とてもお元気でらっしゃいますね。もう時差ぼけは大丈夫なのでしょうか?
12月前、こちらのシクラメンは大鉢で3000円ぐらいしておりますた。(ラッピングもありました。)今では中鉢が出回って安くなっており、今日明日が勝負でしょうか?色も様々なのが出回っているようです。色のことなんですが、本に記載してありましたが、そんな色々なものはこちらでは見た事がないですけど・・。
シクラメンの4番から作るとしたらどうなるか?ほんと其処まで頭が回りませんでした?時差ぼけはすっかり良くなってらっしゃいますね〜。(笑)
デコウォーカ さんへ
2006/12/24 17:12
シクラメン 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる