一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ミニハボタン(葉牡丹)

<<   作成日時 : 2006/12/26 14:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

画像

クリスマスも過ぎ、クリスマスカクタス、シクラメン、そしてポインセチアの花々も出番が終わって、これからの寒い時期に庭で一番活躍し、元気で見栄えがするのはハボタン(葉牡丹)であろうか?

画像

まだ暮れにならない11月頃からハボタンが花屋に出回るが、これを見るとこころ忙しさを感じる植物だ。この頃やけに早く出回っているようだが、こちらも早めに植えておけば株が定着して寒さに対処できるようだ。我が家も11月中旬に求めて鉢植えにして置いたが、また他の場所で違う品種の安いものが出回っていたので、買い足して一緒に植えた。
画像

これは夏場に葉を楽しむコリウスなどと同様、本来は花でなく、牡丹の花の形をした葉であるのは承知なのだが、まるで花と見せて豪華で存在があり、和洋どちらにも合い、庶民的で安く人気が衰えないお正月用の定番だ。

ハボタンは江戸時代にヨーロッパから渡来したキャベツを改良して作られた古典園芸植物で、日本で改良され、当初は「牡丹菜(ぼたんな)」の名前があったそうだ。
戦後に冬の花壇用として品種が増え、現在では世界各地で栽培されるとある。(出典フリー百科事典『ウィキペディア』より) 

画像

物心付いた小さい頃から見慣れてきたものだが、小さい頃はミニサイズのものは余り見かけなかったようだ。やはり向日葵やダリアなどもそうだが、この頃のガーデニングブームの寄せ植え用と、住宅事情に合って品種改良された所為であろうか?
調べて見ると、ミニハボタンは矮化剤を用いて作られた品種のようだ。

画像

葉色を見ると、中心部が赤と白系統があり、外葉は何れも緑色だ。赤系統には赤紫から薄いピンクなどバリエーションに富んでいる。
葉の形を大別すると、切り込みの入った切れ葉系、縮れた名古屋縮緬系、葉が丸みを帯びた東京丸葉系、そして丸葉と縮緬の交配種の薔薇のような華やかな大阪丸葉系があるようだ。
葉の形に東京、名古屋、大阪と名前が入っており、葉牡丹も名前を背負って夫々の美を主張しているようだ。

画像

ハボタンは冬場、雪の中でも元気で育つものだが、以前花壇植えにして楽しんだが、この頃鉢植えにして玄関に置いたり移動可能にしている。
春になるとトウが出て、アブラナ科同様の黄色い花が咲く。

これは1年草扱いだが、花後踊り葉牡丹が出来て来年も楽しめる。
花が咲き終わったら、最初の花がついていたすぐ下で切り戻すとそこからわき芽が3〜5本出て、夏の終わりにはその芽の伸びた先に小さな葉牡丹が出来る。これで踊り葉牡丹が出来るのだが、去年も最初は試みたものの、他の植物に気をとられてどうも上手くいかなかった。
この頃、店先では踊り葉牡丹も売っている。
葉牡丹2005/12/22

「雨、雨、雨、まこと思ひに労(つか)れゐき、よくぞ降り来し あわれ闇を打つ」(若山牧水)

「青乙女なぜなぜ青いぽうぽうと息ふきかけて春菊を食う」(坂井修一)

「目に見ゆるこころの如くナプキンのかたちやさしくたたまれゐたり」(大西民子)

「苦しみて生きつつをれば枇杷の花終わりて冬の後半となる」(佐藤佐太郎)


<ハボタン>
アブラナ科アブラナ属
学名: Brassica oleracea var. acephala
別名:牡丹菜
葉:11〜1月
花:2〜3月

「冬枯れの庭を潤し雨ひと日途切れなく落ち降り注ぐ葉に」

「葉牡丹の薔薇とも見せて小さき苗鉢に植えられ暮れ押し迫る」

「葉の形取り取りありて葉牡丹の所狭しと置かるる店先」

「裸木の枝先先に雨粒の滴るともなく丸く光りて」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちは、今日はミニハボタンですか。この頃は場所をとらずに済む、ミニの系統のものが人気ですよね。
 冬花壇ではよく見るものですが、うちでは育てたことがありません。白と紅紫の対比も良いですし、葉のかたちがそれぞれの系統で違うのも面白いですね。
 春の花も黄色で、それもなかなか良いですよね。
なおさん
2006/12/26 19:57
はじめまして♪以前から素敵なお花たちを見せていただいてました。ミニハボタンの寄せ植えの色合いが素敵ですね。花の少ない時季に彩を添えてくれる植物なので、我が家でも寄せ植えにして楽しんでます。葉の形にそれぞれの地方の名前が入っているんですね!面白いです。
あんみつ
2006/12/26 20:18
最近いろいろの処で小さいハボタンを見ていましたが、これはミニハボタンだったのですね、公園では従来の大きいものが植えられていますけれど、個人の庭ではスペースの問題もありますし、何種類かのミニハボタンが似合っているように思います、ミニハボタンも色が豊富で良いでね。
OSAMI
2006/12/26 20:33
ハボタン・・冬の花の無くなった庭には欲しい植物ですね。
よく見るとやはりキャベツです。家庭の庭や鉢植えにはミニハボタンが丁度良いですね。
ミニミニ放送局
2006/12/26 21:06
なおさん、こんばんは。今日はお早いお帰りで、コメント有難うございます。これは小さい頃から見慣れてきましたので、お正月には欠かすことの出来ない植物です。昔は今のように早々とパンジーなど今頃咲く花が少なかったので、これが花として持て囃されたのでしょうね。今ではミニサイズになって寄せ植えとして、また葉色、形に変化があり、安いので人気ですね。小さい頃は、お正月には今のような切花がなくて、水仙と南天と活花としても使われていましたよ。春に菜の花みたいに咲くのも見方によっては良いですね。きのうNHkのTVでターシャの野性の花壇にアキノキリンソウの黄色とノラニンジンの白が咲いていて、自然の雰囲気がよかったですよ。やはり自然に還すと言ってらしたので、加齢と共に、自然の雰囲気がよくなって来られたのかも?なんて見てました。
なおさんへ
2006/12/26 22:41
あんみつさん、こんばんは。初めまして♪拙いいい加減なブログを見てくださって有難うございます。
お花が好きなんですが、育て方が下手で何時も枯らしておりますので、こうして調べて書いております。何時も買ってくるものが多いのですが、それでもお花を見ると癒されますよね。でも夏場の水遣りを考えると、鉢を減らしたいのですが、見ると欲しくなってしまいます。お花の少ない時期に、寄せ植えとして、この葉牡丹のミニサイズは重宝して彩を添えてくれますね。葉の形に、東京、名古屋、大阪と誰が考えて入れたのか、面白いですよ。大阪丸葉系のものが好きです〜。花談議は飽きが来ませんよね。またお暇な折、どうぞ〜。
あんみつさんへ
2006/12/26 22:49
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
昔は大きな葉牡丹が公園とか家に植えられておりましたが、今でも公園は大きめなんですね。凄い量が植えてある所がありますよね。これは種からも出来るのようですが、あんなに多いと種かな?なんて考えてしましまいます。ミニはこの頃見かけるのですが、安いし、形もお花みたいで楽しくて寄席植えや、都会の庭向きなのでしょうか?金盞花もミニの「冬知らず」みたいなのが出回っていますよね。
葉牡丹は丈夫で和洋向きで、外国でも持て囃されるとかです。
OSAMI さんへ
2006/12/26 22:56
ミニミニ放送局 さん、こんばんは。コメント有難うございます。
昔は、今花屋で賑わっているパンジーとかなかったので、この葉牡丹や水仙が庭に植えられていましたよ。>良く見るとキャベツ、
ホントこれって、「ケール」って結球しないキャベツの仲間で、青汁材料になるものがありますが、あれに似ています。そして紫キャベツもありますが、葉色が似てますよね。花より団子ですが、やはり食べられないのでしょうね?\(◎o◎)/!狭い庭にはミニハボタンが丁度です〜。この頃の部屋の畳も小さい京間サイズですので、なんでもミニで丁度良いかも知れません。お宅もミニでしたか?
ミニミニ放送局 さんへ
2006/12/26 23:05
こんばんは一花さん。はぼたんは、私のところはおいていませんが、あちこちにこの季節みられますね。それだけ花がすくなくなっているということなんでしょうね。こうして一花さんのブログを毎日みているとお花がよくわかりますね。「葉牡丹の薔薇とも見せて小さき苗鉢に植えられ暮れ押し迫る」なんでしょうねえ
hanahhana1952
2006/12/26 23:55
hanahhana1952さん、こんばんは。夕べ遅くにコメント有難うございます。お返事遅くなりました。
葉牡丹は、毎年お正月を迎えるために鉢植えしております。小さい頃そうだったので、自然とそうしなくてはいけないかな〜なんて習慣でしょうか?それにこの時期、一番手間の掛からず見栄えの良いものですよね。ミニで安くなって、寄席植えに良いですよ。昔はお正月の花材に水仙と千両などど一緒に活けられていましたね。
歌も平凡で、変わり映えがせず、勉強不足です〜。暮れで忙しい〜の連続です。明日から台所仕事が多くなります。誰かの手も借りたいのですが・・・。hanahhana1952さんも忙しくなりますね?帰省されないのでしょうか?
hanahhana1952さんへ
2006/12/27 19:42
公園や駅前の花壇等で良く見ます。長い間、楽しめますよね。踊り葉牡丹は初めて存在を知りました。一度、見てみたいですね。
デコウォーカ
2006/12/27 23:44
デコウォーカさん、こんにちは。こちらにもコメント有難うございます。
公園などでは何百個と言うすごい数の葉牡丹ですよね。1個200円としてなんて、つい主婦感覚でお財布を心配してしまいますが。でも市民の花として長く楽しめて良い事ですよね。
踊り葉牡丹はダンスをしているような感じで、段々に花が咲いている感じです。タンゴでなく花のワルツを踊っているのでしょうか?ネットでごらんになれますが。お店でも売ってます。
デコウォーカ さんへ
2006/12/28 14:25
門松に、このハボタンを入れました。
去年のを、庭に植えて、そのまま、また今年も流用。
松も大きくなりすぎましたが、数年前のを庭に植えたものです。枝を利用します。そうすると、山の畑まで切りに行かなくて済むので・・
年々、横着し、簡略貧弱してきます。孟宗の太いのがカラダケになりました。
薩摩節
2006/12/28 18:41
薩摩節さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
そちらの門松は立派なんですね〜。あの画像の葉牡丹は去年のものでした?とてもそう思えませんでしたよ。庭が大きいとあんな大きいのでも良いですよね。なにせ猫の額みたいな狭い庭で、鉢植えにするにはミニサイズで結構なんですよ。松も庭のものですか?私も盆栽で稲沢松を植えていましたら、ぼさぼさで見苦しくなりました。門のものは毎年買って来て神社に捨てていますが・・昔は豪華な門松でしたが、やはり年々簡略化されていくのでしょうね。でもそちらはまだ伝統行事も守られて地域の人たちの連帯感が強いですね。うちの田舎の畑は、誰も管理しないので竹林になってしまいました。竹は伐らないと大変な勢いで出てきます。孟宗もたくさんありますけど、毎年伐るのも大変ですね。
薩摩節さんへ
2006/12/28 23:42
ミニハボタン(葉牡丹) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる