一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 郊外散策1

<<   作成日時 : 2007/01/16 18:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

画像

画像

朝夕の寒さは厳しい冷え込みともなっていたが、日中は風がなければ比較的暖かかった先日の日曜日。今年は暖冬のようで、もう梅も桜も咲いたと言うブログ便りを知ったが、出かけた郊外の野はまだまだ蕾が固かった。遥か彼方の先の山に隠れて、少し雪を被った富士が天辺をちょっと覗かせて淡く見えていた。
裸木となって、天を射抜くような形のメタセコイヤが2本見えている。

此処のミツマタにはたくさんの蕾が付いているが、どんな花色なのか想像が膨らむ。落葉低木のジンチョウゲ科で、樹皮の繊維は製紙原料になるが、今では花を楽しむ為に庭植えされている。枝が必ず3つに分かれて律儀な咲き方で、蕾はしっかりと白い毛に覆われてこの寒さに対処している。我が家には無いが、育てて見たい植物だ。
画像
         <ミツマタ(ジンチョウゲ科ミツマタ属)>

ジンチョウゲも蕾が赤く膨らんで、やはり今年の早い春を待っているようだ。我が庭の赤は枯れてしまったが、挿し木で育てた白も小さいながら固い蕾が出来ている。
画像
            <ジンチョウゲ>
ヤブツバキも、今年は例年になく早いようで、もうあちこちで見た。
案の状、此処の公園の大木も花がたくさん付いている。小さい頃田舎で見た花は2〜3月と思っていたが、これも暖冬の所為であろうか?常緑の葉から一途に真っ赤な花が咲いて、そしてまた落ちた花も、まだまだ息をしているかのようで妙になまめかしい。サザンカと違って花びらを一枚一枚散らさず、首がポトンと落ちているようだ。白い花色のシロヤブツバキもあるようだが見たことがない。
画像
        <ヤブツバキ>

ツバキの園芸種としてヤブツバキ系、ユキツバキ系、ワビスケ系があるが、オトメツバキ(乙女椿)はユキツバキ系だ。3〜4月に開花するが12月も咲くとある。名前のように八重の薄桃色が可愛い花だ。我が家にはこの赤いオトメツバキがあるが、今蕾が少し赤い。
画像
          <オトメツバキ(乙女椿)>

去年咲いたあとのウバユリの花殻。中にたくさんの種を守っていて、チュリップの形となっており、割れた中から種が風で運ばれて飛んでいく。この花殻も思わずも綺麗な意匠だ。
画像
         <ウバユリ花殻>

山陰になって朝陽の届かない池は凍り、幼児と一緒に父親が氷で遊んでいる。
真ん中の氷の無い所に、緋鯉がいるようで其処が暖かいのだろうか?
画像

木陰から太陽が少し洩れて、この湿地に木の陰と日を反している。もう水草や、菖蒲などの小さな葉が青く育って見えている。
画像

昔来た時は水車小屋も壊れていたが、また新しくなったようで、ぎいぎいと音を立てながら歯車が止まることなく回っている。春には、この近くに水芭蕉も咲いていた。此処は武蔵野の台地の谷戸となっており、落葉樹の間から朝陽がこぼれ陽となって射し込み、凍った湿地が少しずつ溶けて地面が水浸しだ。
画像

画像


カワセミを見たいと思って此処に来たのだが、午前中は暖かい川の方にいるようで、やっと午後になってから現れた。ホバリングしたり自在に池を飛び回っている。飛ぶたびにその翡翠色が鮮やかで、まさに飛ぶ宝石のようだ。長いことじっと枝で観ていると思ったとたん、目にも留まらぬ速さで水に潜って何か餌を咥えている。そんな早い動きは、このカメラではとても撮れない。も少し近づいて大写しで撮って見たいが、人の気配でどんどん遠のいていく。この池に棲んでいるのか、以前も見た事があった。
画像


「白雲のあはひにひときは間白きは新雪かづく富士にありけり」(大塚布見子)

「冥界の如とも覗く池水に沈みておぼろ緋鯉の朱(あけ)は」(々)」

「吹き荒ぶ風に高らを飛びゆける木の葉いづくまで定めあるべし」(々)

「未練ある如く縋(すが)るも二三日残り枯葉の遂に散り果つ」(々)

「野を行きて古き道あるやさしさはおのずからなるうねりを持つ故」(々)

「ぬぐはれしこの明るさに空指せる冬木の梢みな光もつ」(々)

画像


「池の面に切っ先ふりあげ伐る如く翡翠飛びゆき餌を掴みたり」

「気を殺し長くも枝に翡翠のとまる姿の青光りする」

「絶えまなき水の流れに音立てて水車は回る回れよ一生」

「遠景に雪を戴く富士山の隠れて僅かに見ゆる坂道」

「赤々と花色留む落ち椿息する如く枯れ草の上に」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
一花さん、郊外散策でいろんなものを見つけれましたね。
ミツマタって沢山の蕾を付けてますね。そして椿も美しく咲いています。
今日は南国和歌山でも日中最高気温が10度をきりました。よく冷えました。自転車で歯医者さんへ行きまして、途中近所で鳥や花を撮ってきましたので後日アップします。
彦左
2007/01/16 19:00
 一花さん、たまにはお庭ばかりでなく、お出かけしないと気分転換も出来ませんね。この時期はなかなかめぼしいものもないですが、それでもいろいろ注意深く見るといろいろ見つかるものですね。
 ミツマタの蕾も面白い形で、万葉ではさきくさと呼ばれていたものですね。普通のは黄色ですが、オレンジがかったのもあるようですね。黄色のは以前うちにもありましたが、花盛りになると、ジンチョウゲほどではないのですが、ほんのりと甘い香りがあたりに漂いました。

 ウバユリの実殻も面白い形で、茎がつんつん伸びていて、冬枯れの雑木林では目立ちますね。

 それから水車小屋、この水車小屋、見覚えがあります。多摩の片倉城跡公園のような気がするのですが、如何でしょうか。
 入り口の池にカワセミが来るというので、超望遠レンズのついたカメラで待ち構えている人もよくいますよね。
 一花さんもカワセミが撮れて良かったですね。僕も武蔵丘陵森林公園で何度か見ましたが、動きが素早く、すぐ逃げてしまうので撮影できたことはありません。
なおさん
2007/01/16 20:26
お散歩いかれたのですねえ。どこかなあ?フォト見ただけで、ここじゃないかとなおさんがかかれていますね。すごいな。散策はいいものですね。首のりはびりがてら、もう少したったらウォーキングしたいな(笑)「野を行きて古き道あるやさしさはおのずからなるうねりを持つ故」(々)は意味がいいですね。「絶えまなき水の流れに音立てて水車は回る回れよ一生」は、音がきこえそう
hanahhana
2007/01/16 20:41
彦左さん、こんばんは。今日は何件もコメント有難うございます。
今年は暖冬で、この時期もう早々と何か植物が咲いているかと思い、それと翡翠を見たくて出かけました。ヤブツバキやオトメツバキが咲き、他にも野で色々なものが見られました。日中比較的このところ暖かかったですので、気分転換して来ました。野原は少し薄萌えしていましたよ。今日明日は冷えるようですね。もう雨が九州は降っているとか?雪にならなければ良いですが、今年はこの寒に雪を見ませんよね。まだ歯医者通いなさってらっしゃるのですか?楽しみを探しながらお出かけなさるのもまた気分が変りますよね。
彦左さんへ
2007/01/16 21:56
なおさん、こんばんは。なおさんはお出かけがお好きなお方で、土日も殆どご自宅にいらっしゃる事はないのではありませんか?就寝も12時過ぎとか5時起床でご家族皆さんお元気なんですね?
私はのんびり〜で、疲れるので出かけるのが余り好きではないのですけど、この日は比較的暖かかったので、気分転換に出かけました。翡翠もこの池に棲んでいて、以前も見ていました。水車小屋は新しくなっていましたよ。ここには今の時期ハナワラビが見れました。春にはカタクリが咲いて有名なところです。他にバイモ、イチリンソウ、リュウキンカ、コウホネ、水芭蕉など見られますよ。山を登って上の台地の方まで出かけました。武蔵野の雑木林の残る台地ですよね。翡翠は私のカメラでは無理でボケています。交換レンズが欲しいかな?なんて思っていますが、カメラ扱いをを知らない者には猫に小判と馬鹿にされて相手にされません。お花を撮るだけで充分かも知れませんね。側の川には超望遠カメラ持参の方がたくさんいらっしゃいましたよ。
なおさんへ
2007/01/16 22:08
hanahhanaさん、こんばんは。コメント有難うございます。此処は郊外で、春にカタクリが咲く所なんですよ。結構山野草があって、それに翡翠が此処の池に棲んでいるので、カメラで撮ってみたかったのですけど、まるで駄目ですね。カメラが良くないみたい。(腕もそうですが)見れただけでも有り難いです〜。カワセミはよく見ますが、「ヤマセミ(カワセミ科)(山翡翠)」と言う鳥も可愛いのですよ。(東京辺りでは見ないですヨ)そしてアカショウビン(カワセミ科・赤翡翠)は昔、田舎の裏庭の土手に巣を作って子育てをしていましたよ。家の庭の表にも裏にも池があったので、餌があったのでしょうね?裏山にはオナガも来て、鳥は馴染があって好きなんですが。セキセインコやカナリアも小さい頃、面倒を見てあげていました。春になって暖かくなったら、あちこちウォーキングなさって下さいね。「野を行きて古き道あるやさしさはおのずからなるうねりを持つ故」何か古い田舎道みたいですよね。真っ直ぐでなく、曲がりくねった小さな野の道が浮かんできますよね。水車の歌、すみませんまだいい加減です〜。
hanahhanaさんへ
2007/01/16 22:24
風もなく暖かい冬日の中の散策はなかなか楽しいですね。ミツマタやジンチョウゲもそろそろ開花するのですかね。鳥を撮影するのは難しいですね。でもカワセミが良く撮れています。翡翠の宝石をゲットした散策で良かったですね。こういう時は何とも言えぬ満足感を感じますね。
デコウォーカ
2007/01/16 22:40
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。
日曜日は比較的穏やかで暖かかったですよ。でも明日から雲って、寒くなるとかです。ミツマタやジンチョウゲは蕾が膨らんでいましたよ。そちらは早々と桜、梅、そして今日はツツジの開花でしたね?温暖化の暖冬でしょうか?あちこちで梅の開花が見られていますよ。うちはマダマダなんでも駄目の晩生です。カワセミは、プロの方なんか大きな写真で、思わずうっとり〜ですよ。カメラのお値段桁が1〜2桁ぐらい違うようですけど・・。しっかりと宝石を目で見れましたので満足です。デコウォーカさんの山には鳥がいませんか?そうそうメジロを上手に撮ってらっしゃいましたね。まだ私はメジロは撮ったことがないのですヨ。可愛いですよね。
デコウォーカさんへ
2007/01/16 23:14
やりましたね。翡翠ゲットおめでとうございます。
居る所がわかればいつでも撮れますよ。
私のデジカメは10倍ズーム確か一花さんのは
12倍ズームと・どこかで見たような?
なら、モットいい条件です。翡翠でも
それより小さな鳥でも大丈夫・・
頑張ってまた見せてください。
ゆう
2007/01/17 08:55
昔なつかしい里山を歩いていくのは楽しいですね。谷戸の水辺でカワセミを見事にキャッチされましたね。連続撮影できるデジカメだといいのですが、すばやい移動体だけに撮影は至難かなー。
目黒のおじいちゃん
2007/01/17 10:13
一花さんな、おこないがよかっせー
穏やかな日和じゃったみたいね。
おふじさんも綺麗にみえて、
なにより カワセミ(♂)どんに出逢えて
よしゅーごわしたなぁーーー
綺麗に撮れチョイガァーー
私の化石亀では、いっちょん撮れんがよ(-_-;)
これだけ撮れればよかが^^ウン。ヨカヨカーー
なにやらお話うかがってたらスプリングエフェメラルも
ありそうだし、素敵なとこ じゃっどな。
たまに、外歩きも気分転換でよしゅ〜ごわんそ。
今年はドンドン、出やんせ+でやんせ〜〜(*^_^*)
乙女椿が一花さんのごたぁーね。むじょかーーーよ。
nobara
2007/01/17 12:32
水車も池に張った氷も何だか懐かしい感じです、都心部では例年ビルの日陰で氷がはる小さな池も今年は未だ氷ったことがありませんから、暖冬の影響を気にしています。
カワセミに逢えてよかったですね。
OSAMI
2007/01/17 14:29
葉のない三角のメタセコイア、東京・関東で眺めたことが・・
今日は、ツバキと残り柿で、ハナシがいっぱい。それにツグミ・ムクドリ・ヒヨドリ、これらは大きすぎて、画面に入らないほど・で、スコープ止めてデジ一眼にしました。普通の人って、自分の影が写りこむのは気にならないのですね。翡翠見事です。私も初めは這って隠れてそうっと近づいて、コンデジだけの八倍ズームでした。今は、20メートルほど最低離れます。
薩摩節
2007/01/17 17:02
ゆうさん、こんばんは。朝のお忙しい時にコメント有難うございます。
皆さんみたいに鳥が上手く撮れなくて〜〜。薩摩節さんの所で毎日のように翡翠を見せて戴いているので、自分でも是非翡翠は見て撮ってみたくなったのに、こんな小さなボケ写真だけ〜。カメラズームは12倍ですが、腕が悪いのでしょうか?カメラが悪いような気もするのですが。ゆうさんは10倍でも凄い腕!!素敵なアドバイザーさんがいらっしゃるから〜〜羨ましい〜。腕がめきめき上達ですね。やはり飛ぶものは難しいです。お花は簡単で、お花専門が良いかもなんて思ってます〜。
また大きくボケない写真に挑戦しますね。褒めて下って有難う〜。一歩上を目指します〜〜ネ。
ゆう さんへ
2007/01/17 21:14
目黒のおじいちゃん こんばんは。コメント有難うございます。
此処は、春にカタクリが咲く所で有名です。谷戸になっていて、水や池があり翡翠も棲んでいるようで、カメラを構えた人が多くいらっしゃいましたよ。台地の上は雑木林で市街化調整区域で広々としています。里山として地域の方が山野草を植え、守ってらっしゃいますよ。カメラがイマイチで、こんな画像です〜。翡翠は人気で見ていても飽きませんよね。
目黒のおじいちゃん へ
2007/01/17 21:19
nobaraさん、今日はお休みごわしたか〜?久々雨が降ってきていましたね。今日は出かけていましたので、すったいだれもしたが〜。
この日曜日はお天気に恵まれて、やっぱい日頃の行いがよかとごわんそかいな〜。うちのハズさんからは、怠け者〜なんていわれておいもんどん。
綺麗にとれちょっどかいな?あんね、プロの薩摩節さんげを、ちょっと覗いてみやんせ〜〜。びっくいするほど惚れ惚れヨ。ヤマセミ君がまたもじょかと〜〜。こんどん日曜のNHk夜7時半からTV見てよね。翡翠より可愛いよ〜〜。外歩きね〜、プレコがおっで〜世話がぬさんと。今♀発情中で、喧嘩ばっかいヨ。この前もガブリっち齧られて。雄がビビッテ〜。乙女椿はもじょかね〜〜。ホンにノバちゃんにもにちょっごたっよ〜。アイタタ〜〜こら幸せね〜〜???此処は春にカタクリが咲くんだよ。今度アップするね。
nobaraさんへ
2007/01/17 22:01
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。温暖化ですが、此処は東京でも盆地地形なのか、寒く暖かい所なので池が凍っていてびっくりでした。都心よりも4度くらい低いかも知れませんね。昔田舎の裏池も凍っていて、悪戯して池にボッチャンでした。この日も親子で遊んでいて、懐かしく見ました。OSAMI さんは鳥の撮影も上手でいらしゃって、何時も感心して見ております。昨日の鳥はなんだったのでしょうね?先日うちの近くでもみたような感じですが、似たようなのがたくさんいますね。これもオスだって知りませんでした。動物では雄が綺麗ですよね。 やはり都心では翡翠が見られないのでしょうね。
OSAMI さんへ
2007/01/17 22:09
薩摩節 さん、こんばんは。コメント有難うございます。このチャチナカメラでも翡翠が撮れて満足でしたが、プロの方はさすがですよね。普通のデジカメでもあんなに上手に撮ってらっしゃって、腕前なんですね。翡翠の実物を見てきて満足でした。撮ろうとする撮意が相手に殺意になって逃げられるのですね。自分の気を殺す剣者のこころが無ければ駄目なんですね。氷の張った池に陰が出来ていて、ヤバイと思ったのですが、他の画像よりましで、やはりプロさんには見破られるのですね。
今日は、ツバキと残り柿で、ハナシがいっぱいでした?柿にもハナシがくるのですか?何時も画像が素敵で上手なお宅さんにはハナシ好きさんが群れてきますよね〜〜。うちは比べてみるとおハナシにもならんのです〜〜。\(◎o◎)/!また鳥に挑戦しますが、動くものは難しいですね。花と違って、上手い画像が出来たら達成感充分で満足ですね。
薩摩節 さんへ
2007/01/17 22:20
郊外散策1 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる