一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 神代植物公園−1(ボタン展・他)

<<   作成日時 : 2007/01/22 16:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

画像

昨日、1月21日に出かけた神代植物園公園では、1月2日から「新春のぼたん展」を開催しており、丁度この日が最終日であった。

此処に展示してあるものは、鉢物としてテント内に飾ってあったので、霜除けの藁苞(わらずと)は、この上の一鉢だけイメージとして添えてあったようだ。  

画像

牡丹も花色が色々あって目移りがするが、そんな中で、やはり一番白が清楚で他の花を引きたてる役をしつつ違和感なく溶け込んでいる。この白は他と違って株が小さかったのか、2輪しか花が咲いていなかった。

画像

此処に展示してあるボタンは寒牡丹でなく、通常は5月に咲くボタンを冷凍保存して正月に咲かせたものだそうだ。
ボタンは「富貴草」「花王」「花神」「百花の王」と別名を持ち、開花調整をして、この植物園のお正月を飾る花として相応しい花であろうか?

画像

上野東照宮のカンボタン(寒牡丹)はフユボタン(冬牡丹)とも呼ばれ、以前見に行ったことがあったが、地植えでなので藁苞で霜囲いしてあった。花は、やや小ぶりのようだった。

画像

カンボタン(寒牡丹)とは、二季咲き性のボタンの変種で、人工的に 11 月から翌年の 2 月に咲かせ、春につく蕾を摘み取り、夏の終わり頃に葉をつみ取って花期を遅らせ,藁苞の霜囲いをして暖かいところに保護すると冬に開花するのだそうだ。
冷凍保存して開花調整した、此処の牡丹とは違うようだ。

画像


牡丹と芍薬は混同されるが、牡丹は木本性で芍薬の根に接木されており、芍薬は草本性で根で増える。

我が家の牡丹は今、芽が出来て順調に育ちつつあるが、去年は4月末から開花し、花期が1週間も持たない美人薄命の儚い花であった。この寒い時期に咲く牡丹は、随分花期が長く持っているようだ。
ボタン(牡丹)2006/05/03

画像





植物園に入ると、すぐ右手のテントでは「木の実・草の実」展をしており、この園内に植えてある植物の実を色々展示してあった。(園内にない植物の実もあったが )
これは何時まで開催されるか分らないが、ボランティアの方々が説明をしてくださり、図鑑やネットでしか見た事のない初めて見る実がいろいろあり、面白く見た。
画像
                 <植物の実色々>

プラタナスはスズカケノキだと、ずっと以前新宿御苑内のプラタナス並木を歩いた時教えてもらった。だが、御苑内のプラタナスはアメリカスズカケノキとスズカケノキを交配した、モミジバスズカケノキ(紅葉葉鈴懸の木)だとこの頃知った。街路樹や公園などでも見かけるが、実までまだ見た事がなかった。
画像
                   <スズカケの球果>

マツボックリ類も色々展示してあったが、その中で大きくて目立ったっていたのが、ドイツトウヒとヒマラヤスギの球果だった。ヒマラヤスギは卵形で7〜8センチはあったようだ。
画像
               <ヒマラヤスギ球果>

マツボックリや栗のイガグリなどその形は美しく、炭化してお花炭として利用されることがある。普段の茶席では使わないが、室町時代の高貴な方の茶の湯の席では、優雅で高尚な「飾り炭」として既に珍重されていたようだ。
燃やすには惜しい気もするが、これに赤々と火が燃え盛るさまは、また風流であろうか。
炭を燃やすと空気の温みが柔らかくて良いが、一酸化炭素中毒には気を付けたい。
此処で花炭を作る風雅な方もいらっしゃるようだ。
画像
                     <お花炭>

入った植物園の真向かいには松の雪吊りや藁苞囲いの寒さ避けがしてあり、三角錐が美しく、冬の風物詩として和風庭園に趣きを添えている。
画像
            <松の雪吊り>

「覆(おおい)とり互いに見(まみ)ゆ寒牡丹」(高浜虚子)

「寒牡丹ぬくめむと息近寄せぬ」(草間時彦)

「いよいよ帰らんとしてこの公園また来らんとつくづく思ふ」(柴生田稔)

「國やぶれて山河(やまかわ)はありかくのごと人のこころははやくうつろうふ」(々)

画像



「正月を寿ぐ花とし咲かせたる牡丹とりどり富貴のさまに」

「寒中に咲くはな冬の牡丹あり百花の王とし揺ぎ無き態の」

「暖冬の和風庭園寒中に縄目美し放射の雪吊り」

「炭化したるマツボックリの花炭は意匠留めつ芯まで黒し」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんは、昨日は神代植物公園へお出かけでしたか。寒いなかでも華麗に咲くボタンのいろいろを堪能されたようで、良かったですね。冷凍保存して咲かせるというと、手間も管理も大変そうですね。園内にぼたん・しゃくやく園はありますが、花はまだまだ4月頃ですよね。

 木の実・草の実展もやっていたのですか。こちらもいろいろな展示があり、楽しそうですね。ヒマラヤスギのマツボックリもごらんになりましたか。僕は昨日出かけた森林公園で、モミジバフウの実を拾ってきました。ハリセンボンのようで、面白いです。

 植物売店とか、お土産屋さん、お蕎麦屋さんなど楽しいところですよね。
なおさん
2007/01/22 19:03
お久しぶりです。神代や上野にボタン園があるのは知っていましたが、この時期に咲いているとは知りませんでした早速行ってみようと思います。一昨年鎌倉の鶴岡八幡宮でボタンを楽しんできましたが、もっと遅い頃ではなかったかと思います。帰ってから家の庭にも植えました。孫が生まれた記念にしました。ボタンは豪華でいいですね。
かおたい
2007/01/22 19:27
鉢物のボタンを温度調整してこの時期に咲かせているとは知りませんでしたが、花は豪華で綺麗ですね、上野東照宮のボタンは一度行った事が有りますがあまり記憶に残っていません。
私の良く行く公園にも丸い実をつけているスズカケノキがあります、スズカケなのかモミジハスズカケなのか今度調べてみようと思っています。
OSAMI
2007/01/22 21:17
ボタンを正月に咲かせるとは凄い技術ですね。最初に考えた人は偉いな。
「木の実・草の実」展なんて初めて聞きましたが面白そうですね。花炭も面白そうですね。
デコウォーカ
2007/01/22 21:41
不思議な感じ。寒ぼたんでなく5月の牡丹と聞くと。どんなお気持ちかな?「いよいよ帰らんとしてこの公園また来らんとつくづく思ふ」(柴生田稔)不思議な光景ですね。雪なしで雪吊り。「暖冬の和風庭園寒中に縄目美し放射の雪吊り」やっぱり冬はゆきが欲しいねえ
hanahhana1952
2007/01/22 21:45
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
たまたま出かけた神代植物園で、ぼたん展が未だ開催されているとは思わなくて、最終日に見られてラッキーでした。HPで調べたら、冷凍保存と書いてあり、冷蔵では?と思いましたが、以前10月にチューリップを滝野すずらん公園で咲かせてあった、あれと同じ事かな?なんて思うことでした。芽がフリーズしなかったのですね。園内では色々見れましたよ。山野草も昔と比べて充実してましたし、温室も色々楽しめました。アマゾンリリーも咲いていましたが、ガイドの人は変な?匂いと仰ってましたが、これは夕方、夜から芳香がするのですよと教えてあげ、再確認されたようです。木の実も楽しいイベントで、あと木の香りなども楽しみましたし、盆栽展も4Vでよかったですよ。5時まで見ていて、慌てて欲しい植物を買い損ねました。ボランティアさんもたくさんいらっしゃいましたよ。
なおさんへ
2007/01/22 21:57
 ボタンの花がステキですね。鎌倉の八幡宮でボタンを見ることができたので慶んでいたらこちらの方が咲き誇っていますね。なぜか少し負けた気分になっています。
 雪吊りの写真もステキですね。
ゆうくらふと
2007/01/22 22:03
かおたいさん、こんばんは。お久しぶりです。
この牡丹展は残念ながら、1月2日から昨日の21日までで終わってしまいました。盆栽展もありましたが、それも昨日まででした。やはりお正月と言うことで、華やかで豪華なイベントとして牡丹展が開催されたのでしょうね。ネットで確認していただければ、今のイベント情報、お花の開花情報が分りますよ。今年は暖冬ですが、此処の梅はあと少しでしたし、椿はワビスケ系は早いですが、まだ少し他の種には早いようでした。上野の方は地植えで、藁苞がしてあって良いですよね。まだ開催しているのでしょうか?冬の牡丹は花期が長いですよね。
お孫さんの記念樹として植えられたのですか?本来は4月末くらいから咲きますが、うちも今順調ですが、楽しみですよね。
かおたいさんへ
2007/01/22 22:08
OSAMI さん、こんばんは。コメント有難うございます。
私も数年前に上野で見ていますが、あの藁苞は趣きがあり、やはり見るたびに牡丹は感激ですよね。こちらは冷凍保存してとHPに書いてあり、冷蔵では?と見直しましたが、やはり冷凍でした。
以前10月にチューリップが北海道の植物園で咲かせてありましたが、あれと同じ理屈でしょうか?スズカケノキはモミジバスズカケノキだそうですよ。実が今頃出来るようですが、確認したことがありません。今度是非探してくださいませ。
OSAMI さんへ
2007/01/22 22:14
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。
牡丹の開花調整なんて誰が考えたのでしょうね?
温室の逆ですから、頭が冷えて冴えた人でしょうか?フリーズすると、全部が凍って駄目になりそうですが、HPには冷凍と書いてあって、冷蔵ではとも?思っていますが。今またしっかりとHPのオススメ情報で再確認しましたので間違いないです〜。 木の実、草の実展も面白いでしたよ。よくもこんなに実があるものかと思うくらいでした。やはり赤系が多いでしたね。そちらの山は生きた植物園ですから、毎日植物園にお出かけでデジカメ調査されてらっしゃるようなものですね。マツカサも花炭として風雅なものに変わりますね。蓮根とかも穴あきで面白いそうですね。
デコウォーカ さんへ
2007/01/22 22:23
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます。
これって寒牡丹でないのですって。普通の5月に咲くものを開花調整して咲かせたそうですよ。植物の世界も不思議ですね〜。
10月に北海道の植物園で見たチューリップも、これと同じ理屈のようですね。お花にとっては迷惑でしょうね〜。でも植物園としては、冬には余り植物がないので、このお正月イベントとしてお客さまに来て戴く為にはどちらにも良いことかも知れませんね。何もない植物園の管理も大変でしょうね。お客様あってこそ維持管理でしょうから。スーパー、デパートも同じことでしょうか。歌、偶然公園の歌がありました。「また来らんとつくづく思ふ」ですって。そんな気持ちになりましたよ。雪吊りが汚れていなくて新しく、雪が欲しい所ですが、でも、寒いと老体ではないのですが、身体に響きこたえます〜。暖冬が有り難いことですヨ。やはり燃料代もかかるし〜。
hanahhana1952さんへ
2007/01/22 22:33
ゆうくらふと さん、こんばんは。コメント有難うございます。
そう言えば、ゆうくらふとさん宅で、この藁苞(わらづと)の被った画像を見せていただきましたね。藁囲いかとおもいましたが、藁苞(わらづと)と書いてあり、広辞苑でも出ておりますよ。でも転じて、賄賂って意味もありですって???
ここののは、偶然出かけて最終日で見られ、まだこれよりたくさんあったのですが、写し損なってしまいました。
ゆうくらふとさん宅で早めに見せて戴いて、お正月気分が味わえてよかったですよ〜。
雪吊りも兼六園とまではいかなくて、和風庭園に合いますね。外すのが勿体無いような美しさですよね。
ゆうくらふと さんへ
2007/01/22 22:41
去年、いや一昨年に上野の冬牡丹を見に出かけたことも・・
アマチュアカメラマンが沢山いて、皆三脚を持ち・・確かに見れば撮りたくなる情景や花でした。
今年もあったけど、今年はエジプト展と上野動物園でいっぱい・・
薩摩節
2007/01/23 00:46
此方には、牡丹の里と言うところが有りますが、
昨年時期でなかった為、見ることが出来ませんでした。
ですので、楽しく拝見させて頂きました。

我が家の、「姫立金花」
咲いたのを、アップしたんですよ。
艶やかな花弁に、毎日うっとりです。
chiemi
2007/01/23 01:08
ゆかり温泉のついでに?訪れた時
モミジバフウの大木がすごかったのよ。
その実もまた、見応えがあっとね〜〜〜
その近くだったかなぁー例のムクロジの林があったのよ。
一花さんがそれに会えたかなって。気になっていますが。
多分、実もいっぱい落っこちてたんじゃないかしら?

牡丹は艶やかですよね〜クラフト細工みたいでね。
私も上野の東照宮のは見に行った事があります。
お菰さんが 凄く可愛かったのよね。

実の色々、デパ地下の食材売り場かち?おもたがよ。
タッパーにいれてあっせー、オモシロカよね〜〜
ヒマラヤ杉のはトップだけだと薔薇のようでしょ?
以前、UPしたんですが色んな実を使ったトピアリー作ったのよ。
ワクワクしますよね〜幼心に戻いもんどな。
nobara
2007/01/23 10:10
はじめまして。
何時も楽しく拝見させて頂いています。
お伺いしたいのですが、以前に「嵯峨菊」の事を掲載されていましたが、
嵯峨菊の苗はどのようなルートで手に入るでしょうか?
あちこちの店に問い合わせしていますが、「昨年で取り扱いを止めた」とか「現在は扱っていません」という答えばかりで、具体的な入経路が分からないままです。
もし、ご存じでしたら教えて頂けたらと思いまして書き込みさせて頂きました。宜しくお願いします。
わんわん太郎
2007/01/23 15:27
薩摩節さん、こんばんは。コメント有難うございます。
よくこちらの東京にお出かけで、活躍なさってらっしゃるのですね〜。上野ののは藁苞があって、姿がいいですよね。被写体としてもバッチリ。
今年もお出かけで、上野のボタンには寄られなかったのですね。動物園の鳥の方が興味一杯ですよね。なかなか上野までは出かけられません。神代植物園ぐらいまでですかね〜。でも上野動物園の鳥に会いに出かけたいです〜。
薩摩節さんへ
2007/01/23 19:32
chiemiさん、こんばんは。ちょっと転んだとか仰ってましたが、あれからもう大丈夫でしょうか?毎晩遅くまで起きてらして、無理なさらないようにネ。
牡丹展は、最終日にたまたま見れてラッキーでした。今度また時期にアップしますね。
リュウキンカ、見せて頂きましたよ。鉢植えみたいですね。早々と春を感じて、今年はお花の開花が早いですね。ほったらかしで殖えて丈夫ですよ。
chiemiさんへ
2007/01/23 19:36
ノバちゃん、コメント有難うさんです〜。今日はお休み?昨日朝4時起きで、旦さんは若しかしてご出張中。
モミジバフーもスズカケみたいな実が出来るんだってね。以前そちらの建物園でもマツボックリなど実のもの展示があったよね。しっかりと見せてもらいましたヨ。ここはまたドッサイあって、びっくい。デパチカ展示並。あんね、ムクロジ、しっかりタッパの中ののを見てきたのよ。一緒に羽子板の羽根も置いてあったよ。そして大木の実物は、まだずっと木の梢。写真は撮ったけど、下にひっちゃてておらんかったと〜。残念。
樹木は似たような葉で、イッちゃんわからんと。ソヨゴの実も見たよ。面白いね。ボタン展示よりすっと面白くて、長く見ていたのよ。
今日はお宅は冬クレ、アップだったね。あんまいハヨいっと、ヤッパイ隠密語がチッター恥ずかしか〜〜。。\(◎o◎)/!暫くしてから行くからね。気を悪くせんでね^^。
nobaraさんへ
2007/01/23 21:11
わんわん太郎さん、こんばんは。初めまして。拙いブログを見てくださって有難うございます。いい加減でミスが多いですので、ほどほど見て下さいませ^。
嵯峨菊の記事ですが、私も菊の中ではこの嵯峨菊が一番好きです。箒のようですが、管先が長くて良いですよね。これは近くで小さな鉢物として売っていて、2色求めましたが、何年もの間に株を植えっぱなしで、細っています。この時期だと、まだ菊の苗は出ていないようですね。寒菊は咲いているところもあるようですが、殆ど秋に咲く菊は、今冬至芽が出来る最中で、もう少ししっかりと春になって芽が出来、5月ごろ植え替えをしますので、その頃が一番出回るようですね。
わんわん太郎さんへ
2007/01/23 21:29
タキイ種の苗としては「タキイネット通販」で検索されると、今でも菊苗が出てきますね。掲載期間:2005.11.30 〜 2007.05.30 までとあります。「■嵯峨菊セット 申込番号:78-036-05 古都・京都で発見されて以来、繊細な花弁の可憐な美しさで愛され続けてきた古典品種の中輪菊。花期11月上中旬。(お届け規格:7.5cmポット苗)●黄色●白色●赤色●桃色●朱赤色、以上5色各1ポット 計5ポット1組 単位/単価(税込み)組 1,900円
5月ごろに出回るのが一番安いようですが、お近くで売っていれば良いですが、なかなかこれは出回らないですよね。去年11月の時期に黄色の中鉢開花で700円でしたが、後で買いに行こうと思っていましたら、もう無くなっていました。人気ですよね。11月の菊花展でも売っていますよね。ご参考にならなかったかもしれませんね。お近くで菊作りの方に枝を戴いて咲き芽するのも良いですが。。
https://www0.takii.co.jp/netshop/catalog/pickup/html/00000000015.html
わんわん太郎さんへ2
2007/01/23 21:29
一花さん、流石植物公園ですね。冬ボタンっていうんですがこの時期作のは・・。牡丹といえば関西では奈良の当麻寺や長谷寺が有名です。
私の家にはシャクヤクが沢山ありますが牡丹はありません。根本的な違いを教えて頂きましたが、訳が分かりました。
彦左
2007/01/23 21:43
彦左さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
神代植物園は、東京都のものですから、さすが色々揃ってますよ。普通のボタンを冷凍保存して開花調整したそうでお正月に合わせてあるようです。奈良の長谷寺も名前を良く聞きますよね。
彦左さん宅は、芍薬があってお見事でしょうね。うちは植えたのが枯れてしましました。鉢も枯らし相性が悪いです。芍薬がお花としては手ごろの大きさで良いですよね。ボタンは見ごたえがありますが、花期が短く、お花が大きすぎますね。
彦左さんへ
2007/01/23 23:09
嵯峨菊の件、教えて頂きありがとうございました。
タキイのHPも調べたはずだったのですが、調べ方が悪かった様です。失礼しました。
今春、京都への移住を機に嵯峨菊にふれてみたいと思っています。本当にありがとうございました。
わんわん太郎
2007/01/26 09:27
わんわん太郎さん、こんにちは。わざわざコメント有難うございます。
今春、京都への移住で、今お忙しい最中で大変ですね。
京都だと、サガギクが身近に見られることでしょうね。住むにはちょっと盆地地形で大変ですが、古都を堪能する楽しみが増えますね。
23日のコメント返事で。
>お近くで菊作りの方に枝を戴いて咲き芽するのも良いですが。。
性格がいい加減で、「咲き芽」でなく「さし芽」の間違いでした。すみません〜。菊は、枝を挿し芽すればすぐつきますよ。家でも今年、雨期の頃、挿し木用の土に幾つも差していたら、すぐ根が付いて花が咲いていましたよ。発根しやすいですので、短く適当に切っても丈夫です。誰か下さると良いですね。お体に気を付けてお引越し頑張って下さい〜。
わんわん太郎さんへ
2007/01/26 16:51
Nice site man! This will be my first time visiting. Keep up the great work. Thanks much!
Dakota
2007/06/08 14:34
神代植物公園−1(ボタン展・他) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる