一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒヤシンス・カーネギー

<<   作成日時 : 2007/02/23 17:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

画像
                <2007/2/22撮影>

我が家に地植えしてあるヒヤシンスの花は、植えっぱなしで年々細ってきた。去年ブログアップした6株の花は、求めて植えた当初と比べると半分位のボリュームとなっていた。
ヒヤシンス2006/03/27

新しく球根で更新し直して去年の秋に植えようと思っていたが、球根を買い損い、芽だし用のポット苗で今年1月初めに一鉢求めた。
画像
                 <2007/1/10撮影>

ラベルには、「カーネギー」とあり、ボリュームのあるまっ白なヒヤシンスで、芳香性と書いてあった。
日当りの良いベランダで育ててひと月半余り。今丁度見頃で、そのボリュームのあるまっ白な花より、甘い優美な香が仄かに漂ってくる。
ラベルには草丈25センチとあったが、うちのものは15センチしか育たなかった。

画像

ヒヤシンスは球根植物で、水栽培としても小さい頃、小学校の教室の窓辺で咲かせてあった。また子供達の科学の雑誌の付録にも付いていて、ありふれた馴染みの花だった。

「ヒヤシンス鞄重たき中学生」(川崎展宏)

小さな葉の割には花は仮分数のようで、その蕾が大きくなって開いていく様を日々眺めていくのはとても面白い。小さな蕾の部屋が幾つも付いて固まりの共同体となり、夫々が思いのままに四方に花を開いていく。一本の主軸を基礎として丸く取り巻く蕾は、まるで一つの建物のビル構造をなしているようにも見える。

画像
                <2007/2/7撮影>
6弁のひとつの小さな花の開くさまは、陽射しの当たり具合によって多少のずれがあるが、各々同じように総状に開き、集合花として一つの個体を形成している。

この花色は真っ白で清楚だが、他にヒヤシンスの色としては青が一般的で、紫、紅、薄桃、クリーム色などがある。

画像
            <2007/2/15撮影>

ヒヤシンスはユリ科で、別名錦百合とも呼ばれて秋植え球根だ。現在普通に栽培されるのは地中海北東部原産のHyacinthus orientalis (ヒヤシンス・オリエンタリス)系で、ダッチヒヤシンスと呼ばれ、18世紀から主にオランダで改良されて、2,000以上の栽培品種が作出されたそうだ。
日本では江戸末期に渡来して、ヒヤシントと呼ばれたそうで、漢字では風信子と書かれる。
またヒヤシンスの名前の由来は、ギリシア神話のスパルタ王子ヒアキントスの流した血に咲いた花からだそうだ。

「病みて細き手の清潔にヒヤシンス」(大林和子)

肺結核の為、24歳で夭逝した天才詩人で建築家であった立原道造。彼はギリシア神話のヒヤシンス伝説に心惹かれ、自らの詩集を風信子叢書と名付けて、たくさんの詩を書いている。純粋で繊細な彼の音楽的な抒情詩は多くの人を魅了し虜にしている。彼もこのヒヤシンスの花を育てて、甘く芳しい匂いに酔いしれていたのであろうか?彼の命日、3月29日は「風信子忌(ヒアシンスき)と呼ばれている。

画像
        <花壇地植えのヒヤシンス2007/2/19撮影>
画像

我が家の花壇のものは、薄桃と青色だが、先日見たら幸いにも小さな花芽を付けていた。
開花まであとひと月位はかかるようで、暖冬とは言え、本格的な春の訪れはあと少し先となるようだ。

画像



<ヒヤシンス>
ユリ科ヒヤシンス属
学名:Hyacinthus orientalis L.
原産地:地中海、球根植物、多年草
開花期:3〜4月
植え付け:10〜11月
別名:ニシキユリ(錦百合)、夜香蘭
花色は多彩で野生種は青色。
香りがあり、原種に近い色合いのものの方が強いらしい。
※球根はシュウ酸カルシウムが含まれているため食用できない。
  ヒアシンスの名は、ギリシャ神話の美青年ヒュアキントスから由来する。

「甘やかな香りただよう紫のヒヤシンス置く窓辺あかるし」(鳥海昭子)
 

 「浅き春に寄せて」 (立原道造「優しき歌 I」より)
 
今は 二月 たつたそれだけ
あたりには もう春がきこえてゐる
だけれども たつたそれだけ
昔むかしの 約束はもうのこらない
 
今は 二月 たつた一度だけ
夢のなかに ささやいて ひとはゐない
だけれども たつた一度だけ
そのひとは 私のために ほほゑんだ
 
さう! 花は またひらくであらう
さうして鳥は かはらずに啼いて
人びとは春のなかに笑みかはすであらう

今は 二月 雪に面につづいた
私の みだれた足跡……それだけ
たつたそれだけ――私には……


「口中に甘く溶けるチョコレート一篇の詩に酔いしるるごと」

「芯までも白々と咲くヒヤシンス甘く優美な香り運び来」

「音も無く降る春雨の冷たくて芽立ちの花壇に優しく潤う」

「白一色咽ぶがごとく咲き満つるヒヤシンスの花浅き春日に」

「夭折の詩人の面差し重ねつつ風信子の白一鉢育む」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
どの花も咲くのが早いですね。
春の花は香りのある花が多いですね。
ゆう
2007/02/23 19:04
清楚で立派な花ですね。真っ白なヒヤシンス。
我が家の水栽培はまだまだです。一体咲くだろうか?と思いますが、球根が売れ残っていたのをなんとなく買ってしまいました。
たしか、ブルーとオレンジです。
未来
2007/02/23 19:36
一花さん、これも相当な高級花でしょう。
ヒヤシンスという名前は昔から聞いていますが、こんなに美しい花でしたか。それにしてもここへ来る度に吃驚するような花に見せられてしまいます。
彦左
2007/02/23 21:13
懐かしいですね、仮分子とは。なるほど、ヒヤシンスは仮分子ですか。名言ですね!その他に仮分子の花は有りますか?(仮分子は帯分子に変換できたな。ヒヤシンスを帯分子に変換すると〜?バカな独り言は止めよう。)
デコウォーカ
2007/02/23 21:17
 一花さんちは、今日も清楚で気品のある、白無垢で凛としたヒヤシンスですね。その上、香りも素晴らしいとあっては、いうことないですよね。
 カモネギ?という名もなるほど、というくらいの素晴らしさです。
今晩は雨もあがり、北風がずいぶん強く吹いて、まさに冷やしんす、という寒さですが、そんななかでも、たくましく芽を伸ばして花を咲かせるのですね。
 立原道造さんの詩も、2月に相応しい雰囲気で良いですよね。彼の設計した家もヒヤシンス・ハウスと呼ばれて、今のさいたま市の別所沼のほとりに作られたそうですね。

 子どもの頃、水栽培したのが懐かしいです。
なおさん
2007/02/23 22:19
ヒヤシンスはいい香がして良いですね、水栽培をした事もありますが最近はごふ沙汰しています。
ところでバックは青色が多かったように記憶していますが今回は黒ですか?、それとも今までと同じ青で光の関係で黒に見えているのでしょうかね。
花壇のヒヤシンスも又花が楽しみですね。
OSAMI
2007/02/23 22:19
ゆうさん、こんばんば。コメント有難うございます。これは芽だしで求めたので、開花が早くなりました〜。地植えの子供たちは、未だ葉の中に小さな頭を少し出して、春を窺っていますヨ。去年は3月27日アップしましたので、暖冬の今年は如何でしょうね?
ゆうさんへ
2007/02/23 22:36
未来 さん、こんばんは。コメント有難うございます。
丁度今日は、同じヒヤシンスのアップでしたね。球根を求められたのですか?水栽培されて根が元気で出ていますね。室内で暖かいと直ぐ花も咲いてくれますよ。うちの庭植えのものは去年は3月27日でしたから、あとひと月あれば立派に開花で、お互い楽しみですね。匂いがすごく良いです。別名で夜香蘭ともありましたよ。オレンジもあるのですか?花色楽しみですね。うちはブルーと薄桃でしたが、きっと去年より身が細っている事でしょう〜。
未来 さんへ
2007/02/23 22:43
彦左さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
これは安いポット苗でしたよ。球根が1球200円位でしたから、これは芽出しでしたので300円以内だったようで??です。
ヒヤシンスはありふれて、良く学校で水栽培しますよね。お孫さんもそのうち学校でなさるでしょうし、保育園でも、窓辺に置いてあるかも知れませんよ。カメラでアップで撮りましたので、こんなに綺麗に見えるかも知れませんね。
彦左さんへ
2007/02/23 22:49
デコウォーカーさん、こんばん。コメント有難うございます。
頭でっかちなもんで、可分数と呼んでみましたが、帯分数にすると一花と真分数で、花が折れて可愛そうですヨ\(◎o◎)/!
他に頭でっかちて、脳がたっぷり詰まって〜〜いる、デコウォーカーさんそのもののようですが????
せっかく素敵な花が咲いているのに、もう頭、冷ヤシンス!!ですよね。
道造さんが怒っているようで、このくらいで、バカな独り言は止めようです・・。
デコウォーカーさんへ
2007/02/23 22:59
なおさん、こんばんは。まだお食事前でしたか?鴨葱に見えてお可愛そうに?・ニューヨークの音楽会場のカーネギーホールならご存知でしょうに?クラシックは駄目で、空桶のナマリブシばかりでしたかね?
今日は寒くてヒヤシンスでしたね?風邪のお具合は如何でしょうか?
私はオツムがヒヤシンスで風邪引きそうです。
建築家でしたので、ヒヤシンスハウスと言う構想が実現されたのですね。ワンルームマンションみたいなんでしょうね?
地植えのものは、未だ時間がかかりそうですが、今年は去年より身が益々細っているかと心配です。なおさんも水栽培されたのですね。
うちのイケメンさんもされましたが、覚えているでしょうかね〜。ツタンカーメンエンドウモも育てていましたが・・。今、園芸にまるで興味なしです。
なおさんへ
2007/02/23 23:11
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
皆さん水栽培されてらっしゃるのですね。あの瓶と球根がセットで植えてあって売っていたりしますね。地植えのものは余り香を気にしなかったのですが、これはまた芳香性と書いてあり、可也良い匂いがしていますよ。別名に夜香蘭と書いてありました。背景ですが、家の壁が灰色でしたので、青いストッカーにしてましたら汚れっぽく、空色に似たものの箱を背景にして写してみました。ただそれが、天候と時間帯の加減で暗かったり、明るかったりのようです。背景で画像が変りますね。お天気の日の空をバックの画像は素敵ですよね。
OSAMIさんへ
2007/02/23 23:30
おはよう一花さん。昨日は、お仕事で遅くなり、疲れてしまった(笑)一日中会議で、これは疲れました。そんなわけで、一花さんのところに来たのは来たけど、あまりに素敵な歌「口中に甘く溶けるチョコレート一篇の詩に酔いしるるごと」を読んで、頭がすきりした今朝コメントをさせていただきますね。この歌は、私的には、一花さんベストのひとつです。私毎日一花さんの歌から特に好きなのを選ぶのを実は楽しみにしています(笑)そして私もいつか素敵なのを書けたらいいなとひそかに思っています(笑)
hanahhana1952
2007/02/24 07:00
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます。
夕べ、ぐっすりお休みになれましたか?この時期、寒暖の差があり身体もついていけませんし、風邪をひきやすいので、充分な睡眠は大事ですよね。お大事に〜。
チョコの歌、お気に入りですか?発想は面白いのですが、まだ上手く纏まっていないようです〜。私の下手な歌を読んで下さって、それは歌の勉強にはならないようですよ。名歌を読んで勉強して下さいね。私の歌は、ただ31文字並んだ日記状態の即詠で、これから推敲しなければいけないものなんです〜。すみませんね。今素敵な詩を書いてらっしゃるので、31文字の作歌は、すぐですよ。これから食事です〜。
hanahhana1952さんへ
2007/02/24 18:45
道造のこの詩はたくさんの曲になっていますね。合唱で歌ったことがあります。ためらいがちに見え隠れする春の気配と「そのひと」との淡い思い出が重なっていますね。「たったそれだけ」ということばが象徴的です。
かおたい
2007/02/25 14:06
こんばんは、お久し振りにコメントさせていただきます
ただいま、第二の子育て中のため、今日のお花はなにかしら?と拝見させていただきながら、なかなかコメントまではできなくて・・・
ヒヤシンス白、只今我が家でも、とてもよい香りで水栽培のものが咲いています、3種類のうち、白がトップをきりました、”カーネギー”というのですね、またまた名前を教えていただきました。
わたしも、ほんとに拙いHP、そしてブログを”○○防止”とおもってやっています、お花のページでは一葉さんのブログで、教えていただいた詳しい名前、参考になりました。
ちょっと分野の違うもので、ご迷惑かもしれませんが
お暇がありましたら、のぞいてみてください、お花は、我が家の小さな庭に咲くはなを、季節ごとにUPしてみています。
http://www.ikekyon.com/anemoneroom/
いけちゃん
2007/02/26 21:21
かおたいさん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
お返事遅くなりました。道造の詩は純粋で繊細で、音楽的な抒情詩は美しく、曲をつけやすいのでしょうね。合唱曲として歌われたことがおありでしたか?
>ためらいがちに見え隠れする春の気配と「そのひと」との淡い思い出が重なっていますね。
かおたいさんの「ためらいがちに見え隠れする春の気配」と言う表現は、とても詩的な表現ですね。春への希望と過去の淡い思い、夭折した道造の美しい魂の花、ヒヤシンスは匂い立つ美しい花ですね。
そして、「たったそれだけ」と言う言葉も胸が詰まりますね。
かおたいさんへ
2007/02/28 21:07
いけちゃん、こんばんは。お久しぶりです。コメント有難うございます。所用で、お返事遅くなりました。今いけちゃんは、お子さんお二人目の子育て最中で、ご多忙中だったのですね。そんな中、私の拙いブログに時間を割いてコメントまで有難うございます。恐縮しております〜。
ヒヤシンスの水栽培もなさってらっしゃるのですか?お花がお好きなんですね。名前はこの白には、カーネギーと書いてありましたよ。この頃あちらの名前が多いですね。これは匂いも良くて芳香性とありますよ。地植えのものは未だです。いけちゃんは、他にも水栽培で色があって楽しめますね。やはりHP作成なさってらっしゃるのですね。
今さっき少し覗きましたら、パッチワーク、そして素敵なお花などに出会えました。私もお裁縫は好きで、子供の洋服からパッチワークまで何でも以前は色々頑張ってましたよ。でも今は肩凝りでまるで駄目で、ガーデニング凝りばかりなんです〜。また良かったらそちらに伺わせて下さいね。

いけちゃんへ
2007/02/28 21:23
ヒヤシンス・カーネギー 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる