一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS カンアオイ(寒葵)

<<   作成日時 : 2007/02/04 19:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

画像
           <2007/2/4撮影>

去年10月末に鉢で求めたカンアオイ。
鉢が増えるので地に下ろそうと思っていたが、寒さに向うし、また花が咲いてからと思って違う大きめの鉢に植え替えて育てていた。

画像
                    <2006/10/28撮影>

求めた時は、まだ蕾が出来ていなかったが、11月中旬に小さな蕾を確認した。
画像
             <2006/11/16蕾>


すぐ花が咲くものと思っていたが、少しづつ花芽が膨らんできた。
画像
         <2006/12/19撮影>

カンアオイの開花期は本で見ると、種類によって差が有り、秋にも咲くが、多くは4〜5月に開花と書いてあった。
この蕾のまま4月頃に咲くのかと思っていたら、やはり暖冬の所為か1月末には開花しているのを確認した。
画像
     
     
花としてはとても地味で、中が不気味で黒く、雌しべ雄しべの様子が判らない。
画像

花の内側を接写してみると、遠目に黒と思っていたが、紫っぽくて暖かいフェルトの感じだ。
初めて内部が少し覗けたが、この花後に種か出来るのであろうか?面白い花だ。調べて見ると、花と見えるのは萼のようだが。。
画像

葉は心臓型で目立ち、まるでシクラメンのような感じで模様が入っている。本で見ると、種類がたくさんあり、葉模様、花色も色々あり、江戸時代から園芸植物として葉も花も愛でられていたようだ。

「カンアオイ(寒葵)」の名前は、厳しい寒さの中でも葉が青々としているから付けられたということだが、他にアオイ(葵)と言う名前は、葵祭りで聞くが、古来賀茂神社の葵祭り行事に用いられ、賀茂葵とも言われる。また、二葉葵(双葉葵)の葉は、徳川の「三葉葵紋」で有名だ。
日本のカンアオイは常緑だけでなく、落葉種のフタバアオイ(双葉葵)やウスバサイシン(薄葉細辛)などもあるようだ。
画像

これはウマノスズクサ科と言う面白い科だが、多年草で山地の林の下にはえるもので、地下茎から出ているものだ。

小さい頃、田舎の春の山で、これに似た黒い小さなものでを見た覚えがある。知らずにそれを踏むと、中から黒い煙のようなものが出たようだが、カンアオイの花と思っていたら、ツチグリ(土栗)と言う腹菌類のキノコだったようだ。星型をしてこれと似ているが、晴れた日に移動することから、「晴天の旅行者」とも呼ばれるそうだが、田舎の山には面白いものがたくさんあった。
画像


1月中旬に外出した折、ハナワラビと同じ林の中で、偶然何箇所でも見つけることが出来た。落ち葉の中から青々とした葉が目立っており、葉模様も色々あった。他の場所では、木の根元に寄生するように生えていて少し遠く、画像がボケてしまった。多摩地方の自生していたので、タマノカンアオイであろうか?
画像
   <外出先にて・2007/1/17撮影>
画像

画像


本によると、カンアオイの繁殖は著しく遅く、数u範囲に広がるのに数千年もかかるといわれ、地方によって多様な種類・変種が分類され、日本列島の歴史解明の手がかりになる植物だと書いてある。(四季の山野草栽培より)

そして乱獲や環境変化によるのか、自生地の減少が危惧されると言う。
私が見た自生のものも誰にも知られる事なく、そのまま繁殖していって欲しいものだ。
カンアオイについて・詳細記事参照・四季の移ろい様HP

「いま少し語り足りない思いあり土に埋もれるカンアオイかな」(鳥海昭子)

<カンアオイ>
ウマノスズクサ科カンアオイ属
学名:Asarum nipponicum
原産地:日本、東アジア、ヨーロッパ、北アメリカ
別名:、かざしぐさ、日陰草、二葉草、両葉草。.
花期:種類によって春、秋
自生地:山地の林床
管理:直射日光を避け、年間日陰

「初めて見る寒葵の花地味にして青き葉の中花とも知れず」

「人気なき林の中に落ち葉踏む足元に見る寒葵の葉を」

「積もりたる落ち葉の中を踏み歩く寒葵の葉の青青として」

「テレビより流るるメロディー早春賦吹く風冷たく心凍てつく」

「あだ花のごとく一輪立春に寒葵咲く日陰の中を」

「式場に飾らるる花菊数多気高く清く華やかにして」

「人知れず朽葉の中に青々し寒葵の葉冬寒の日に」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。初めてみましたよ〜。葵は家の家紋でもあり、こういうのもあるんだなあって感じ。「積もりたる落ち葉の中を踏み歩く青青として寒葵の葉は」落ち葉の間に新しき芽をみつけそっとフォトする一花さんが浮かびますね
hanahhana1952
2007/02/04 19:18
一花さん、これは花としては非常に珍しいですね。
葵は和歌山にとても縁があるのです。徳川家の家紋が葵でしょう。
御三家の膝元で葵を大切にします。
彦左
2007/02/04 19:45
カンアオイにもいろいろの種類が有るのでしょうね、私が取上げた小さな植物園のカンアオイは、先日フクジュソウを写した時に見ると、半分くらい落ち葉に隠れていましたが、落ち葉を掻き分けてみるともう花は無くなっていました、花は面白い花ですが実は咲くリでしょうかね?。
OSAMI
2007/02/04 20:51
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます。
この花、初めてご覧になられましたか?ちょっと花らしからぬ変ったものですね。葉が綺麗なので盆栽趣味の方が好まれるようですが・・。小さい頃、私は見た覚えがあるのですが、お花としては好まれないかもしれませんね。ウマノスズクサ科と言うのには変った花が多いですよね。以前北海道の植物園で見た<アリストロキア・ギガンテア(別名パイプ葛)>
(11月6日アップ)もそうでしたよ。本物のウマノスズクサもあるようですが、まだ見た事がありません。歌、以前出かけた林の中で自生のものをたくさん見たのですよ。ふかふかの落ち葉の中にあって、ああ〜〜でした。今頃お花が咲いているかもです〜。歌未だ未完成です。今日は立春で、こんな暗く冴えない花ですみません。明るい花をアップ予定でしたが、多忙で急遽これにしました。
hanahhana1952さんへ
2007/02/04 21:46
彦左さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
彦左さんもこの花は初めてでしたか?小さくて綺麗でないので、花としてより、葉があの徳川様の葵葉ですから名前はご存知でしょうね。
花としては気持ち悪くて好まれないかも知れませんね。紀州徳川様のお膝元、葵の葉を大事になさって下さいね。葉はシクラメンの葉に似ていますよ。
彦左さんへ
2007/02/04 21:50
OSAMIさん こんばんは。コメント有難うございます。
去年、10月26日にお花が咲いているのを見せて戴きましたよね。
随分たくさん咲いていましたよね。こちらと葉も花も似ているようですが、でも花期が種類によって、春・秋とあるようですね。
本にも花色が色々あるものがありますよ。葉も様々で山野草好きな方に好まれているようですよ。
そちらの方では、あれから花がなくなっていて、実はなかったのですね?どんな繁殖なんでしょうね?花の中も面白いですし、貼り付けたHPに詳しく書いてあるようですが、未だ忙しくて読んでいません。
OSAMI さんへ
2007/02/04 22:00
ほんとに花と云うには・・不思議な気がしますね〜
葉っぱが常緑で見応えがありますよね。
ウマノスズクサ科の科名が可愛らしくて
この名前には ホの字 でごわんが。
カントウカンアオイだのタマノカンアオイだの
いろいろあるようですね〜
種をアリンコが運んで殖やすという話を聞き
ほほぉ〜っと妙に感心しもしたが。
田舎で踏んだ黒っぽくて円いの。踏むと煙みたいなのが
出たこっがあったよね〜この仲間じゃっどかい?
nobara
2007/02/05 10:30
nobaraさん、お久〜です〜。お元気おじゃしたどかい?
ホンニ、この花は、花らしからぬ花で〜、デジカメのお蔭でしっかい観察できもした〜。葉は結構人気で、色々種類を育てている方も知ってます〜。
ウマノスズクサと言う本家本元の花、どげな花ごわんそかい?ネットでは見ますが、本物は??です〜。チョット臭い匂いがするようで、虫を呼ぶよう。。この名前にホの字??んだもしたん!!!\(◎o◎)/!
カンアオイもシクラメンもこの仲間は種子に蟻が好む種枕のエライオソームがあって、アリンコが種を運んで殖やすのだよね〜。どっさいそえげなのがあいもんどな〜〜。
>田舎で踏んだ黒っぽくて円いの。踏むと煙みたいなのが出たこっがあったよね〜この仲間じゃっどかい?
やっぱい、あったよね〜〜。それって、フラレシアみたいな感じで、こん花似ぢゃなかったどかいな〜〜?ボケ進行中で、田舎の記憶がすっ飛んでおいもんで〜〜。ハズさんに聞いても、知らんち。あっちがボケ上手みたい(T_T)/~~~また機会があったら調べてたもんせ〜〜。
nobaraさんへ
2007/02/05 18:06
一日遅れのコメントです。
花らしからぬ花ですね。グロテスクな生き物みたいで、踏むのも避けたくなる気持になりますね。コシノカンアオイ(越の寒葵)と言う種類も有ると別の方のブログに有りました。繁殖が著しく遅い為に地方毎の固有種が出来るのですね。
デコウォーカ
2007/02/05 21:19
デコウォーカさん、こんばんは。ご多忙な中、コメント有難うございます。これは調べたら、やはり花でなく萼なんだそうです〜。
グロテスクな生き物なんですが、この双葉葵が、かの徳川様の三つ葉葵紋ですから馬鹿に出来ませんし、まして花を踏んだらお犬将軍様から罰が当りそうですよね??
「コシノカンアオイ」が本に載っていますヨ。青軸で、他と比べて花が大きく(緑色)、中部から東北地方の日本海側に分布と書いてありますよ。私のものはホームセンターの安物ですが、そちらは高級感がありますね。他にも花色が黄色、薄桃などがありますよ。凝る方もいらっしゃるようですヨ。 私は凝っている訳ではないのですが、お花を見たかっただけです〜。
デコウォーカ さんへ
2007/02/05 22:23
こんばんは、これは”カンアオイ”というのですか!
年配の(私も年配ですが、それよりもう少し年配のかた!)に
息子が盆栽を何鉢かもらったなかに、苔のなかに”シクラメン”
に良く似た葉っぱがあり、なんだろう?と思っていましたら
これです、カンアオイなのですね、中心にはこういう花が
咲くのですね、今度 気をつけて見てみます
なにか、なぞが解けたような感じでした。
いけちゃん
2007/02/06 21:26
あれから、ちょっと思い出しました。
(ツチグリ・土栗)or(土柿・ツチガキ)じゃったね。
http://www.page.sannet.ne.jp/mahekawa/tsuchiguri.htm
加治木の友人から桜島に雪のふったち、写メールがきました。
懐かしかったガヨ。
nobara
2007/02/06 21:30
いけちゃん、こんばんは。コメント有難うございます。これはカンアオイと言って、花より葉を楽しむもののようです。年配の方??に似た葉を戴かれたのですか?この葉はシクラメンの葉に良く似ていますよ〜。ミニの葉もあるようですし、地でも丈夫に育つそうです。
花は種類によって、黄色とか緑、薄ピンク系もあるようですよ。
花期が種類によって、10月だったり、また春だったりですよ。何時咲くでしょうね。期待されても2センチもない小さな花ですよ〜。
盆栽を何鉢も貰われたのですか〜。それは良かったですね。謎が解けられて・・。(この頃、盆栽はちょっとお値段も良いようです・・。)
そうそう、神代植物園のグリーンギャラリーにも、また2月3日に出かけましたら枯れ野の武蔵野の面影が残っていて田舎風で自然な感じでしたよ。
それから、うちのオキザリスはまだ頑張ってますよ〜。花期が長くて元気で楽しめますね。
いけちゃんへ、
2007/02/06 22:31
ノバちゃん、またまたわざわざおじゃっしてくいやったとじゃんそかい。いそがしか時、思い出してくいやって有難うさんです〜。
そうそう、あのね、菌類かもちおもかたじゃったと。じゃっどん、10才までで過ごしていたので、記憶がぬけっせ〜ごわんんど〜。
土栗ちゅうともあったんだね。面白かね〜〜。本文変更してあります。ノバちゃん、よ〜〜思い出してくいやって〜〜まこっておおきに〜。
四季の移ろいさまのHPを読んでも、菌のようなものは出来ないしちおもかたごわした〜。
加治木から見る桜島はどげんたんそかいな〜。雪が積もったち。
先日電話したら、雪で寒かったち。指宿スカイラインは通行止めごわしたそうな〜。ちんかころは、よ〜く雪が降っておいもしたどん〜な〜〜。東京が北じゃって、暖かごわんど。
情報、わざわざ有難うさんでした〜〜。うちの旦さんに、ゆっかっしゃげてあげもんそ。
nobaraさんへ
2007/02/06 22:43
こんばんは、といってももうすぐシンデレラタイム、ですね!
我が家でも、今、オキザリス、同じように咲き誇っています、
寒い季節ですので、ほんとに、長いこと楽しめますね、オキザリスパーシーカラー、オキザリスセルヌア、そして今日は暖かさに誘われて、オキザリスオマーも可憐に咲いていました。
いけちゃん
2007/02/10 00:08
いけちゃん、こんにちは。コメント有難うございます〜。お返事遅くなりました。シンデレラタイムも終わって、南瓜に変身せずにまだ大丈夫のようです・・。何か変身するものあるでしょうかね〜〜?(T_T)/~~~
オキザリスはとって元気ですね〜。今日は雲っているので蕾ですが、面白い咲き方ですよね。夏場は名前のままの置き去りOKでしたが、冬に強いのですね。オマーもあれから蕾が殖えて賑やかですよ。花期が長いですが、ヒルタと言うのはちょっと短命でしたが葉は今繁って元気です。明日はまた寒くなりそうですね。これから3寒4温と寒暖の繰り返しでしょうか?これからガーデニングの季節となると、鉢の水遣りが増え仕事も増えます〜。
いけちゃんへ
2007/02/10 16:14
カンアオイ(寒葵) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる