一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS プリムラ (「イブニングスター」)

<<   作成日時 : 2007/02/05 17:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

プリムラのなかで、ジュリアンは去年の10月中旬頃から出回っていて、年々花も多彩になって冬の鉢花としても可愛く人気の花だ。
薔薇のような八重種のプリムローズも、もう当たり前のように出回っている。

画像

そんな中、覆輪の白がはっきりと目立っているプリムラが目を惹く。これはジュリアンなのか、ポリアンサなのか分からないが、ポリアンサ系のようだ。調べてみると、古典品種の縁取りのはっきりした美しい品種群を「ゴールドレースグループ」と呼ぶそうで、愛好者も多く、ガーデニング上級者に人気の寄せ植え用とある。その中でもこのタイプは、クラシックカラーで、「イブニングスター」のようだ。
数年前から出回っていて気になっていたが、花色がはっきりとして主張しており、花色もそんなに多くない。

画像

プリムラは今まで優しい花色だけを求めて寄せ植えにしてきたが、個性の強い黒味を帯びた濃いブラウンのマホガニー色を、もうひと月前に求めたものだ。
この花と一緒にバコパの白と宿根ネメシアの白い花を寄せ植えしてあり、同じ鉢の中でお互いに引き合ってしっくりと馴染んでいる。
画像


プリムラとは最初と言う意味があり、春一番に先かげて咲く花だ。昨日の立春を迎えて、柔らかく暖かい陽射しの中で、この蕾も次々と立って花も盛りだ。

去年12月から寄せ植えしてある八重種のプリムローズのタイプも、この暖冬に花の途切れることなく咲き継いでいる。
求めた当初、ヒヨドリが花びらを食べていたが、鉢周りに蘭用の小さな支柱を立てていたら鳥避けになっていた。
今、明るい花色が春を呼び込んでいる。
画像
       <プリムローズタイプ・2007/2/5撮影>
プリムラ・ジュリアン2006/12/07

「秘密めくクリンザクラ咲きいたり低く黄いろくかたまりながら」(鳥海昭子)


プリムラにはジュリアン、ポリアンサ、マラコイデス、オブコニカ、シネンシス、ピアリーなどあり、今花屋で春を告げる花として出回っており、多彩な花色に心浮き立つ。
我が家で零れダネで育っているマラコイデスも、次々と花が咲き進み、一面桜色になる日もそう遠くなさそうだ。

「お互いを気遣いながらたあい無き話をするごと寄せ植えの花」

「春一番先ず咲く花のプリムラの立春過ぎて花芽立ち来る」

「公園に脱がるるオーバーしどけなし児童等の声の賑わう立春」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
「秘密めくクリンザクラ咲きいたり低く黄いろくかたまりながら」(鳥海昭子)いつもこのかたのうたあいいなと思い、今度歌集をさがしてみようと思います。「お互いを気遣いながらたあい無き話をするごと寄せ植えの花」はなんかわかるなあ。ひとも満員電車では高ありたい感じ
hanahhana1952
2007/02/05 20:55
プリムラもいろいろの色ものが花壇などに植えられていますが、白い縁取りがあるこの色のものははじめて見ました、いろいろと改良が進んでいるのですね、楽しませて戴きました。
OSAMI
2007/02/05 20:59
縁取りが有ると可愛くなりますね。イソギクの葉も白い縁取りできれいでした。この花は中心の黄色と外側の白で黒味を帯びた濃いブラウンを挟んでいて良く目立ちますね。
デコウォーカ
2007/02/05 21:32
 お久しぶりです。どの写真もステキな配色ですね。個人的には1枚目と4枚目が気に入りました。
 それにしてもこの綺麗さは水彩画に通じたものなのでしょうか?
ゆうくらふと
2007/02/05 21:54
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます。
鳥海昭子さんの歌はシンプルですよね。私が持って見ているのは、NHKサービスセンターから出たラジオ深夜便「誕生日の花と短歌365日」と言うタイトルです〜。因みに、今日は5日で「ネコヤナギ」(水ぬるむ小川の岸のネコヤナギ銀色の穂をはじき初めたり)花言葉は「自由・思いのまま」です。画像が入っています。お値段は980円でした。ぽっちゃりふっくらしたお母さんのイメージの方です。(私とは反対タイプ)
私の歌、ちょっと子供っぽいですが、寄せ植えの感じが出ればいいのですが、ちょっと説明でしょうか?満員電車でご出勤が毎日お辛いですね。ギューギューで凄いですよね。アレじゃ、会社に着く前にお疲れでしょうか?
hanahhana1952さんへ
2007/02/05 22:33
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
この花色は縁取りが白く、花色も赤と桃とこの色があったようです。結構目立ちますよね。この花色はクラシックなタイプで、英国で昔からあるものが品種改良されているようです。 プリムラは、八重とか改良が進んで安くて手軽でベランダ園芸としても若い方に人気です。お子さんも一緒に花を選んでらしゃるのを見かけますが、華やかで明るいイメージが人気でしょうか?
OSAMI さんへ
2007/02/05 22:39
デコウォーカさん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。 縁取りがあると、花としても葉としても引き締まり、少しグレードアップしてくるようですね。イソギクもあそこで見られて良かったですね。そうそう、あそこで一緒に見られたハナダイコン(花大根)は浜大根ではないのでしょうか?大根の野生化したものだそうですが。
この濃いブラウン色は、昔英国で人気の種で、それが改良されて「ゴールドレースグループ」だとか書いてありましたよ。この色で原種系があるようですが。下のプリムラのローズ系の花と比べて、真ん中の黄色が縁の白に引き立ってますね。蕾も薔薇みたいなんですよ。他に赤、桃もありましたが、このブラウンがシックで引き締まっている色のようでした。
デコウォーカ さんへ
2007/02/05 22:48
ゆうくらふとさん、こんばんは。お久しぶりです〜。コメント有難うございます。
このお花はモデルが良く、しかも花色が今迄にない縁が白で引き締まっているので、たまたま上手くいっただけですよ。きっと美人さんモデルだったのでしょうね?お花を育てていますし、もうブログ写真で花だけ長く撮っていますから、美しく見せる角度など一応何種類も方向を変えて撮っていますが、やはり最後は被写体のようです。蘭、薔薇など高級な花は素晴らしいですよね。以前撮ってらっしゃいませんでした?ゆうくらふとさんもお上手でしたよ。
ゆうくらふと さんへ
2007/02/05 22:56
この色のジュリアン。気になっていたんですよ。
どうしたものかなぁ・・・と。
でも、とってもきれい。今回は「シルキー」にしたけど、
今年の秋には、挑戦しようかな・・・
とっても大人びて、素敵な色合いですね。

今日は出張。少し早く起きて、ゆっくり出かけます。
では、行ってきますね。
chiemi
2007/02/06 05:52
chiemiさん、こんばんは。コメント有難うございます。
これは原種系のプリムラ・オーリキュラのブラウン系に似ています。英国で人気の種ですが、それが品種改良されたのでしょうね。
覆輪の白が目立って、大人びた感じですよね。是非秋に挑戦してください〜。ご出張ですか?足が調子悪い中、大変ですね〜。御気を付けて行ってらしゃい〜。
chiemiさんへ
2007/02/06 18:06
一花さん、イブニングスターって本当にいい色してますね。
大好きな紫に黄色の花芯。いいですね。
彦左
2007/02/09 14:08
彦左さん、こんばんは。今日は何箇所もコメント有難うございました。
この花色はちょっと大人びたシックな色です〜。紫は彦左さんのお好きな色でしたね。紫式部とか、紫の雲、そして紫の衣は高貴な方がお召しになる色ですよね。絵の具とかの紫はちょっとどぎついですが、お花の紫は品があって良いですよね。シコンノボタンも良い紫ですね。私もブログの背景色に今使っていますが、シックで落ち着いて良いですよ。紫にも色々あって多彩ですが・・。
彦左さんへ
2007/02/09 18:30
プリムラ (「イブニングスター」) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる