一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS プリムラ・マラコイデス(西洋サクラソウ)

<<   作成日時 : 2007/03/01 20:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 19

画像
                <2007/3/1撮影>

陽射しはすっかり明るく春色で、昨日の強風は止んで穏やかとなった弥生三月の朔日。
庭に降り立つと、満開となった西洋サクラソウの桃色が明るく優しい春を運んでくれて、気分まで浮き浮きしてくる。
だが油断してマスクを忘れていると、爽やかな風に花粉が紛れ隠れており、たちまちくしゃみと鼻水の花粉症状が出てきて辛い三月となる。

画像
               <2006/12/19撮影>     

「濃(こま)やかに弥生の雲の流れけり」(夏目漱石)


我が家のプリムラ・マラコイデスも暖冬の影響で、去年より20日以上早く満開となっている。
去年の零れダネには夜盗虫が異常発生せず、半日陰の風通しのよい軒下でプランターと鉢植えの苗が順調に成長し、間引いて庭にも地植えした。去年の暮れの12月19日には1輪が開花していた。
プリムラ・マラコイデス・2006/03/23
画像
               <2006/12/19撮影>

雪がない暖冬となって、マラコイデスも花が傷むことなくどんどん大きくなり、最初10センチ位で蕾を付けていた株も、今では一番大きいもので50センチはある。

画像
                  <2006/12/19撮影>

マラコイデスは、プリムラ・ジュリアン、ポリアンサなどと違って茎が長い茎立ちタイプで、花の咲き方を見ていると、蕾が出て花茎の周りを囲むようにリング状に先ず咲く。その後また上部に蕾が出来て次のリング状がまた開きと、この繰り返しで上の階へと花が付いていき、花期がとても長く花がら摘みをする必要がない。
ある程度大きくなると、一番下の階のリング状の花が枯れていくが、枯れても其の儘置いて、涼しい場所に夏場置くと、零れダネで秋には上手く発芽してくる。
最初は上手くいかなかったが、ある方に教えて貰ってからは毎年夏越し成功だ。また、去年の零れダネから砂利の間にも株が育ち、今一輪咲いている。

画像

開花期には、プランターや鉢物は水を良く欲しがり、たまには液肥も与えている。
以前白も地植えで育てていたが、なかなか零れダネで白株は発芽せず、何故か去年播いた覚えがないのに一輪咲いてきた。

画像
        

プリムラ・マラコイデスは、西洋サクラソウとか単にプリムラとかサクラソウとか呼ばれるが、日本産のサクラソウもあるので紛らわしい。
このマラコイデスの原産地は中国の雲南省、四川省原産で、春の訪れを告げる意味で「報春花」とも呼ばれる花だ。
オトメサクラ(乙女桜)、ケショウサクラ(化粧桜)の別名もあるが、葉、萼に白い粉が付いていて独特だ。

画像

他にも中国原産で「雲南サクラソウ」、「プリムラ・シネンシス」と言うのもあり草姿が良く似るが、雲南サクラソウは薄桃で花びらが大きく花付が良かったが、去年の夏越しは無理であった。
プリムラ・シネンシスはマラコイデスより大柄で花が白くて花付は多くなかった。今鉢で育てて開花しているが、今年の夏越しはどうであろうか?

画像
          <プリムラ・シネンシス2007/2/19撮影>
プリムラシネンシス・2007/02/18

画像
               <雲南サクラソウ2006/2/23撮影>
雲南サクラソウ2006/02/23

プリムラは春一番に咲く意味で、最初を意味する属名があるが、もう花屋ではプリムラ・ジュリアン、ポリアンサ、マラコイデス、オブコニカなどの入荷もそろそろ終わりのようで、これからは、日本サクラソウが出回る頃だ。

去年育てた日本サクラソウの地植えが出てこないと諦めていたら、土佐ボンタンの蜜柑の木の下に植えていた所から、小さな葉が出ていた。
また、去年育てた鉢植えのプリムラ・オブコニカも夏越しに成功して、今小さな花芽が出ている。
年年少しずつ花育ての要領が身に付いて、昔、生前の父が育てていたマラコイデスも今ではすっかり私の馴染みの花となってきた。

画像

今年は暖冬だが、未だ庭の染井吉野の蕾は小さく固いものの、桜の開花宣言は何時もより早くなることだろうか?
まだこれから三寒四温を繰り返しつつの気候の変化を迎えるが、桜の咲く頃までこの西洋サクラソウの花が咲き続けてくれるかも知れない。

「いきいきと三月生る雲の奥」(飯田龍太)

「誰かうしろになみだぐみつつ佇つごとし夕ぐれが桜のいろになるころ」(花山多佳子)

「夢のなか硝子の破片拾いゆくしだいに大きくまぶしくなりぬ」(々)

<プリムラ・マラコイデス>
サクラソウ科サクラソウ(プリムラ)属
原産地:中国雲南省、四川省
別名:オトメザクラ(乙女桜)、ケショウザクラ(化粧桜)・葉、萼等に白い粉がついているため。
開花期:12〜4月
本来は多年草、耐暑性が弱いため日本では1年草扱い。
ポリアンサ、ジュリアンに比べて耐寒性が劣る。(5℃以下では生育が止まる)が、耐寒性のものが出回ってきた。

「桃色に染めて弥生の庭に咲き満つるマラコイデスの華やか明るむ」

「白株の一輪出でてマラコイデス優しき春の風に靡けリ」

「少女から乙女見るごと薄桃の化粧桜の弥生の庭に」

「綴られし言の葉一語揺ら揺れて春の疾風に散り去り行けり」

「春風に紛れて花粉の運ばるる弥生巡れば春の欝時」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
ナイス

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。今日は休暇をとってのんびりお風呂していました。首休暇です(苦笑)それでも、陽射しが春らしくて午前中だけお風呂(温泉)を終わりにして、午後は、ちょっとお庭で遊びました。「誰かうしろになみだぐみつつ佇つごとし夕ぐれが桜のいろになるころ」(花山多佳子)「少女から乙女見るごと薄桃の化粧桜の弥生の庭に」双方とも女性らしい色使いですね。春はやっぱり色が豊かですね
hanahhana1952
2007/03/01 20:43
沢山のプランターの西洋サクラソウが咲いていて良いですね、やはり暖冬の影響で草花も良く育っているようですし、園芸が好きな皆さんはどこでもにこやかな顔をされています、スギ花粉が早くなった事だけはマイナス点でしょうか。
OSAMI
2007/03/01 20:47
西洋サクラソウは明るくて初春の花にはピッタリの様に感じます。この花を植えたプランターを沢山並べているお宅が良く見かけますが、明るくて華やかで良いですよね。しかし、花粉の被害もあるようで、それだけは他人迷惑で困りますね。
デコウォーカ
2007/03/01 22:13
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます。
未だ身体の調子が悪くてらっしゃるのですね。頚椎は大事なところですからしっかりと完治さなって下さいね。寒いと神経も疼くようですよね。
温泉治療で痛みが柔らぐと良いですよね。私も寒いと時々疼きます。
今日から弥生三月で、桜色が似合いますよね。でも彼岸まではまだ寒く、夜も冷えるようです。このマラコイデスも化粧桜で、蕾から少女が乙女になるように開花するようですが、歌の思いが上手くいきませんで、相変わらずいい加減ですみません。3月は卒業シーズンでもありますね。
hanahhana1952さんへ
2007/03/01 22:36
 一花さんちは、マラコイデスまつりですね。これだけにぎやかに咲くと、なんちゅあならん、むぞかぁ〜!と、本当にメンコイデス!そのものでスバラシイことですね。お手入れが良いのでしょう。

 可愛い割に丈夫で育てやすいもので、こぼれ種子であちこち殖えるのがうれしいですね。
 うちでも庭のあちこちで可憐な花が咲いています。
なおさん
2007/03/01 22:38
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
西洋サクラソウはガーデニングブームで人気で、あちこちで見かけますよね。今年は暖冬で、早々とあちこちで見せて頂きましたが、うちの軒下のプランターと鉢ものも開花状態がばらつきもありますが、庭前に持って来て並べました。地植えのものは未だ株も小さいですよ。
花の開花は早いですが、スギ花粉も早めで困っております。薬を飲むと眠いし身体がだるいしです。
OSAMI さんへ
2007/03/01 22:43
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。
この西洋桜草はあちこちで人気ですね。以前デコウォーカ さんのところでも早々と見せて頂きましたね。プランターで育てて、夏場涼しい所に置いておけば、其の儘零れダネでまたたくさんの苗が出てくるのですよ。店から求めたものより、種からだと、地に馴染んで丈夫で育てやすいようです。春は桜からですから、この桜色の花が似合いますよね。
このマラコイデスの花の花粉被害はどうでしょうか?スギ花粉はありますが。
デコウォーカ さんへ
2007/03/01 22:51
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
このマラコイデスはガーデニングするようになって、ある方に育て方を教えて貰って、種から出来るようになりました。簡単なコツなんですね。夏越しの半日陰と風通しが大事のようですね。何年も土を替えずに追加するだけで同じプランターで植えています。種からだと寒さにも丈夫で育てやすいですね。なおさんちもメンコイのがたくさんありましたね。移植した地植えのものは未だ株が小さいです。
なおさんへ
2007/03/01 22:58
一花さん、プリムラ・マラコイデス(西洋サクラソウ)すごい量ですね
私の家では今此と金魚草だけが庭をにぎわせてくれています。
この花はご近所でこの様に群がって咲いています。ここから八本の苗を戴いたのです。いつもは育てるのに失敗していたのですが、今年は餌やりをしたので何とか満開に咲いてくれました。
彦左
2007/03/02 15:23
彦左さん、こんばんは。コメント有難うございます。
去年の零れダネは虫が付かずに成長が良く、あちこちに移植しました。
おまけに雪も降らずに暖冬だったので、元気だったようです。
キンギョソウは、今年は零れダネでは駄目でした。このマラコイデスは人気で皆さん育ててらっしゃいますね。
以前見せて頂きましたが、鉢の8本は上手に育っていましたね。花期が長くて春らしくて良い色ですよね。是非また、夏越し成功させて来年も咲かせてくださいね。
彦左さんへ
2007/03/02 20:17
雲南サクラソウ、ありますね。西洋サクラソウは去年近所の人にいただいて、今3枚めの写真のような状態でつぼみを持っています。ほとんどのお宅にあるのでほしかったのです。楽しみが増えました。
かおたい
2007/03/04 00:43
かおたいさん、こんにちは、夕べ遅くにコメント有難うございます。
以前お話しました雲南サクラソウです〜。お花として綺麗でしたが、これは去年夏越し失敗でした。
かおたいさんも今プリムラマラコイデスを育ててらっしゃるのですか?お楽しみですね。花期が長くて良いですよ。是非今年涼しいところで鉢を管理なささって、零れダネで殖やされて、来年も咲かせてくださいね。ご近所さんにお尋ねされて、夏越し頑張って下さいませ〜。
かおたいさんへ
2007/03/04 11:33
こんばんは、先日は私の拙いブログにいらしてくださりありがとうございます、一葉さんの庭もいま、”桜草”がたくさん咲いていらっしゃるのですね、我が家もおんなじ、ところどころに白などが混じっていませんか?これはどんなかげんででるのでしょうか?
娘の、お産のお世話であけくれていますが、つぎつぎと花開く小さな庭の花に、とってもいやされ、同じように花を楽しんでいらっしゃる、一葉さんのブログにお邪魔するのを楽しんでいます。
いけちゃん
2007/03/04 19:56
いけちゃん、こんばんは。コメント有難うございます。
今、マラコイデスの桃色の桜草が咲いていて庭が明るいですよ。でもこれはプランターのもので、庭植えのものはまだ小さめです。
白花は以前育てていたのですが、去年は出てこなかったのですよ。何故か今年一輪だけ咲いてくれています。以前の種が今頃紛れ込んだのでしょうか?どうしてなんでしょうね?他の方のブログでも、白花が一輪混じって咲いたとか見せて頂きましたよ。
ご自身のお子さんかと思いましたが、娘さんのお子さんの子育て中でしたか?お孫さんは可愛いでしょうね。お花に癒されて日々疲れが取れて良いですよね。
私の拙いブログを見て下さって有難うございます。もう私にはキルトなどは無理で、肩が凝ってしまってしませんが、いけちゃんは良くなさって感心しております。大作ですね。そしてPC教室に通われてHPの素晴らしいのを作成されていて、とてもお偉いですね。なかなか其処まではなさらないようですが・・。
いけちゃんへ
2007/03/04 23:48
一花さん羨ましいです。あちこちの軒先で沢山のピンクや白の可愛い花を見かけ私も育てたいと思い早や二年。皆、桜草だと言うけれど花屋さんには似てるけど同じものはないように思います。一番似ているマラコイデスを購入したけど何処か違うような気がします。五株買い四株は茶色になって枯れてしまい一株だけ残っていますが、これが夏を越すと一花さんのお庭みたいになれるのかな?マラコイデスの夏越しは難しいと聞きましたが大丈夫ですか?もしかしてご近所の庭一面に咲いているのはマラコイデスではないのでしょうか?一花はんのお花に良く似ているのですが。
桜子
2007/04/15 09:33
桜子さん、こんばんは。初めまして。コメント有難うございます。
マラコイデスを鉢で求められたのですね。私もなかなか夏越しが出来なかったのですが、地植えせずにプランターで育てて、夏場は半日陰の涼しい軒下管理です。花後種が出来ますが、それをハサミで2センチぐらいに切って、プランターの上に置いておきます。土も何も被せずにいると、秋ごろに芽が出てきますよ。そうしたら水をあげて、軒下の日当たりに置いて、丈夫な株に育てます。考えるより実行すると簡単ですよ。ご近所にマラコイデスの一面立派に咲いているお宅がありますか?
そこは残念ながら、一花はん宅ではないようですね〜。???
桜子さん宅こそ、お名前からして、お花屋敷みたいですね〜〜。
桜子さんへ
2007/04/17 23:08
遅くなりましたがお返事ありがとうございます。マラコイデスの残りの一株、頑張って咲いてくれてます。もう愛おしくて毎日「頑張ってね」と声かけしてます。教えていただいたように夏越しに挑戦してみますね。
ご近所の庭一杯のマラコイデスも先日だいぶ処分されて新しい花々に代わってました。「一株分けて下さい。」と毎日通る度に言いたかつたのについに言えないまま。
一花さんのブログ沢山見させていただきました。何だか心が安らいで優しい気持ちになれました。これからも時々お邪魔させて下さいね。
桜子
2007/05/08 22:10
桜子さん、またのお越し有難うございます。まだマラコイデスが頑張って咲いてくれて良いですね。もう暑くなって来ましたから、半日陰だと長持ちしてくれますよ。うちも半日陰に避難させました。そして半分ぐらい、もう種が出来ています。しっかりと種が出来たら、ハサミで花の茎の下から切られて、2〜3cmに切り刻まれて、その育ててらっしゃる鉢の上に撒かれて、そのまま軒下でも放置されると良いですね。土も何も被せないのですよ。秋頃からまた芽が出る筈ですが。
お花好きなかたでしたら、上手に育てられないのですが、一株分けてほしいのです〜と仰ると、何株でも差し上げられると思いますよ。
桜子さんへ
2007/05/08 23:11
字数制限で、その2です〜。
うちには珍しい紫陽花が何本かありますが、何も言わずに折っていかれる方もいらっしゃいますが、欲しいと仰ればいくらでも差し上げるて、また挿し木したものを差し上げておりますよ。自分の育てたお花が、人様の役に立てばこちらも嬉しいものですよ。遠慮なさらずに声をかけられたら、また意志の疎通もあるようですよ。花の輪は楽しいですよね。枯れたら枯れたで、また何度でも育て方を教えて貰えば良い事ですよ。うちも色々戴いたものがありますよ。エニシダはたった10センチの挿し木で戴いて、今では2メートルです。そして下さった方のものが枯れていうちのものからまた挿し木用に持っていかれました〜。拙いブログでボケが多いですが、どうぞご覧下さい。
桜子さんへ2
2007/05/08 23:12
プリムラ・マラコイデス(西洋サクラソウ) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる