一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 郊外公園散策1(カタクリ他)

<<   作成日時 : 2007/03/31 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像

桜の頃に毎年出掛けて見ている、ある公園のカタクリ。

画像

此処は昔から山の斜面にカタクリが自生していたと地元の人に聞いた。だが、その後の乱獲で少なくなり、またボランティアの方々によって植えられて今のような群落を作るようになったそうだ。

「もののふの八十(やそ)をとめらが汲みまがふ寺井の上の堅香子(かたかご)の花」(万葉集巻十九・4143)


画像
  <桜模様の蜜標>

公園内に入ると、たくさんの人達が訪れていた。池には翡翠が以前飛んでいたが、この時期は姿が見えなかった。

「かたくりの若芽摘まむとはだら雪片岡野辺にけふ児等ぞ見ゆ」(若山牧水)

画像

木漏れ日の差し込む落葉樹の斜面。落ち葉の間から、ユリ科の2枚の斑入りの独特の葉に薄紫の春の妖精「カタクリ」が俯いて、また今年も可憐な姿を見せていた。

「雪解けの山の斜面を埋めて咲くカタクリの花そよぎ止まざり」(鳥海昭子)

画像

どの株も花色が同じようではなく、濃き薄きがある。花姿も、花びらをしっかりと跳ねているものなどさまざまだ。

画像
     <カタクリ>

カタクリは春を告げる「スプリング・エフェメラル」の代表でその可憐な姿に誰もが癒される。昔はその鱗茎から抽出したデンプンを片栗粉としていたが、乱獲や開発で減少したが、今では人工的に殖やされて、あちこちで群生が見られるようになった春の儚いかげろうのような花だ。
スミレ同様、種子にはアリが好むエライオソームという物質が付いていて、アリによって生育地を広げているそうだ。
画像

我が家のカタクリの花は以前開花株で求めて地植えしたものの翌年出て来ず、また球根でも植えたが、その後片葉だけ出てくる。二枚の葉が揃って開花するが、9年位かかるようだ。

黄色い園芸種のものでキバナカタクリもあるが、今年は葉だけが殖えて花が出てこないようだ。
画像
    <カタクリ>




落葉樹の元には、ニリンソウ、バイモの花が咲いており、イチリンソウはまだ葉だけだった。(ニリンソウは我が家のもの咲いていて、別途アップ予定。)
そのイチリンソウの間から、チューリップのような小さな花が顔を出していて、これがアマナだと初めてその姿を見た。葉がニラのように細く、球茎は滋養強壮剤で別名ムギグワイだ。アマナ(甘菜)はアマドコロ、ナルコユリの古名でもある。
また他の場所で自生のものを偶然見たが、葉に黄色い色が付いていて病気のようだった。(誰にも見つからなければ良いが・・。)

「一輪のアマナの花をくわえたる使者めく鳥が飛び立ちゆけり」(鳥海昭子)

画像
      <アマナ>
画像




この時期、イチリンソウの仲間で花が似ているイチゲとして、キクザキイチゲ、アズマイチゲ、ユキワリイチゲ、ハクサンイチゲ、ヒメイチゲなどがあるが、ここのものは、葉の切れ込みからアズマイチゲのようだ。
画像
  <アズマイチゲ>

画像

我が家のものは去年花が咲いたが、今年は残念ながら花が付かず、今鉢から葉だけが出て、種がしっかりと子孫を残したようだ。

「枯れ草の乾く音する道の辺のアズマイチゲはいち早く咲く」(鳥海昭子)

画像
   <アズマイチゲ>


木漏れ日の上を見上げると、大樹の辛夷の花が空に映えて、まるで桜かと思わせ、大きな花びらがはらはらと落ちてきた。

画像
<コブシ>

「今年また庭の片栗葉のみ出で弥生の尽日花冷えとなる」

「万葉の時空を超えて乙女らが降り立ち群るるか堅香子の花」

「濃き薄き花色木漏れ日浴びて咲くかたくりの花斜面に群れいる」

「見上げたる大樹の辛夷白々と折々花びら音無く散らす」

「俯きて咲くかたくりの花芯には桜模様の蜜標記す」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんのような、「なんちゅあならん、むぞかぁ〜!」という可憐さのカタクリですね。かの城跡公園に行かれたのですね。ずいぶんと人気の花で、賑わっていたでしょうか。きちんと管理され、手入れもよく、保護されているので、良いですよね。
 俯きがちの花がなかなかの風情で、だれからも好かれる春の妖精ですね。

 アマナは日本産のチューリップの仲間で、花びらの裏の筋が面白く、こちらも可憐ですね。
 葉も青白っぽい独特な色合いですよね。

 アズマイチゲも繊細で清楚で、紙のような透き通る白さがいいですね。

いずれもスプリングエフェメラルで、そのはかなげなところがまたいじらしくて良いのでしょうね。
なおさん
2007/03/31 22:15
カタクリは俯いているので良く解りませんでしたが、こんな綺麗な顔をしていたんですね。アマナもアズマイチゲも初めてでした。
デコウォーカ
2007/03/31 22:54
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。あの城址公園ですが、かたくりは可憐で可愛いですよね。中を覗いたらなおのことビックリですよね。これはスプリング・エフェメラルでも一番人気で里山で手軽に近場で見られて良い事ですよね。セツブンソウも見たいですが、ちょっと遠いですよね。
今回きちんと管理されて、ラベル名が立ててありましたよ。結構他にも花が咲いていて、画像が多くて一度にアップ出来ず、次回アップしますね。
なおさんへ
2007/04/01 00:06
デコウォーカさん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます〜。
カタクリは中を失礼して覗くと、こんな桜模様が出て来てびっくりなんですよ。虫に蜜のありかを知らせる蜜標です。これって美人の顔ですよね。アマナとアズマイチゲもまた清楚で可愛い花ですよ。アマナはそちらの山にはないのでしょうか? チューリップに似てますが、うちの画像は小さく見難いですね。
デコウォーカさんへ
2007/04/01 00:12
花を愛する一花さんですね。愛することは、知ることから始まっているような感じがします。カタクリはこの時期うつくしいですね。「万葉の時空を超えて乙女らが降り立ち群るるか堅香子の花」うつくしい唄ですね。
hanahhana1952
2007/04/01 02:13
カタクリの花の内側を私も初めて見せていただきました。きれいですね〜
未来
2007/04/01 07:15
バイモというのは丈夫な植物のようですね、私が見ている所も少し斜面のようなところにありますが毎年元気に咲いています、良く見ると芽を出したホトトギスに少し少し地盤を奪われている感じもありますがね。
カタクリが一面に咲いていますね、私が良く見ている小さな植物園のものは、気象の影響なのか昨年の手入れなのか今年は余り出来が良くなかったように思います、奥多摩の御前山のカタクリなどはどうだろうと気になっています。
OSAMI
2007/04/01 15:32
目黒の自然教育園でカタクリの花にめぐり会っての帰宅途中、駅のコンコース内の出店でカタクリの花と葉を売っていました。おひたしや味噌和えにして食べるのだと聞いてびっくりしました。でも、げんなりしている花の束を見て食欲がなくなりました。片栗粉はよく使いますが、これは可哀そうな気がしました。
かおたい
2007/04/01 16:52
一花さん、カタクリの花はネットでしか見たことが内のですが、紫が綺麗です。イチゲも初めてです。真っ白い清潔感あふれる花ですね。
彦左
2007/04/01 17:32
hanahhana1952さん、こちらにも真夜中にコメント有難うございます。
お花が好きだと、何故と言う疑問が出てきて、調べて見たくなりますよね。また花は何故こんなに種類が多くて、近縁種の似たものがあるのでしょうね。植物学って調べると大変そうですよね。
カタクリはスプリング・エフェメラルの代表のような花で、可憐で誰でも好きになり、里山で人間生活に関連がある花ですよね。何故か万葉では1首だけしか詠われていないのですよね。
hanahhana1952Sさんへ
2007/04/01 23:52
未来さん、こんばんは。こちらもコメント有難うございます。
俯いて咲いていますが、中を覗くと、蜜標と言う模様があって、それが綺麗なんですよね。カメラで皆さんは、しっかりと中を覗いて写してらっしゃいましたよ。
未来 さんへ
2007/04/01 23:55
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。以前バイモもカタクリもアップされてらっしゃいましたね。
バイモは植えっぱなしでも丈夫で増えるようですが、ホトトギスは勢いがよいので、占領されるかも知れませんね。うちもホトトギスは蔓延って困るような勢いです。カタクリは今年は気候の影響で、咲き方が変でしたね。御前山が有名でしたが、行った事がありません。凄い数なんでしょうね。一度見てみたいものですが、ご覧になった事がおありなんですね。
OSAMI さんへ
2007/04/02 00:00
かおたいさん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
目黒の自然教育園は有名なんですね。その可愛い咲き様に感激されて、駅でカタクリの葉と花が食料として束で売っているのですか?
わざわざ出掛けて可憐な花に癒されての帰り、興ざめですね。カタクリ粉は今はジャガイモ澱粉だそうですね。昔はカタクリ粉にするくらい、たくさんあったのでしょうね。なかなか上手く育たないのですよ。
かおたいさんへ
2007/04/02 00:05
彦左さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
まだカタクリをご覧になった事がないのですか?私も田舎の方では見た事が無かったですよ。山では薄紫で可憐に咲いていますが、山野草としても花屋で売っているのですが、なかなか上手に育たないのですよ。俯いて咲いて、これも中が凝っている花ですよ。アズマイチゲも真っ白で清楚です。
彦左さんへ、
2007/04/02 00:09
郊外公園散策1(カタクリ他) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる