一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ニリンソウ(二輪草)

<<   作成日時 : 2007/04/10 19:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像
           <ニリンソウ2007/4/7撮影>

桜が咲く頃になると、我が家に植えてある山野草も次々と咲いてくる。

画像
           <ニリンソウ2007/3/27撮影:自宅の鉢>


ニリンソウは、普通、雑木林や森影に自生しており、まだ人に踏み荒らされない場所では自生が見られる。都会ではこの時期、公園や植物園で保護されて群生が見られている。
先日出かけた城址公園や万葉植物園でも元気に蔓延っていた。

画像

我が家では、何故か環境的に山野草が消えてしまうので、鉢の儘で土中に埋めてある。
去年より増えもしなかったが、ニリンソウ(二輪草)なのに、今年は何故か花茎に1輪しか咲いていない。植えっぱなしで栄養状態が悪かったのだろうか?
本によると、1輪咲いたり3〜4輪咲くこともあると言う。

画像
       <ニリンソウ>

ニリンソウと違って、イチリンソウと言うのもあるが、花が1つだけ咲き、大きさも4cm位とある。ニリンソウに比べて葉の切れ込みが深く、葉茎があり丈も高い。先日出かけた城址公園ではまだ花が咲いていなかったのか、探せなかった。山野草の店で、イチリンソウを求めようとしたら、2年草なので今年出てくるか分からないと言われて求めなかった。
イチリンソウ(植物園へようこそさまHPより)
他に標高の高い所ではサンリンソウと言うのもあり、イチリンソウ同様、花数が定まっていないとある。

画像

これは、キンポウゲ科独特の美しい花で、花と見えるのは萼だ。キンポウゲ科には毒草が多い中、これは山菜として食べられていたそうだ。葉は葉茎がなく3枚の切れ込みが入っているが、これに良く似た同じキンポウゲ科のトリカブトの葉と間違って山菜として食べられるので注意が必要だとあったが、山菜として食べる人がまだいるのだろうか?山野草として店で出回っていて、今では観賞用だ。
画像

同じイチリンソウ属としてアズマイチゲ、ユキワリイチゲなどの花も、この時期に同じ所で見かけるが、ニリンソウは暑さにも強く一番丈夫で群落をなしている。これも夏場は地上部が枯れて、春の儚いかげろうのようで、スプリング・エフェメラルの仲間だ。
学名にAnemone(アネモネ)が付き、シュウメイギクもアネモネも同じ仲間だ。

歌謡曲として「ニリンソウ」と言う歌があるらしいが、花の咲き具合を見ていると、2輪一緒に同じ頃に肩を並べて出てこずに、後先があるようだ。今では何でも平等が当たり前だが、随分古風な咲き方のようで、真っ白な花だ。
ニリンソウ2006/04/03

「清純に二輪草白く咲きそろう谷間傾(なだ)りを風わたりゆく」(鳥海昭子)

画像


<ニリンソウ(二輪草)>
学名:Anemone flaccida
キンポウゲ科イチリンソウ属
別名:フクベラ、ガショウソウ(鵝掌草) 、アマギイチゲ
原産地:日本〜中国
開花期:3〜6月
性状:多年草、草丈:10〜20p




「鉢植えの二輪草の花白々と一輪ずつ咲き風に揺れいる」

「増えゆくも消えゆくもあり我が庭の花には花の居心地それぞれ」

「夫より妻は一歩を下がるべしと嫁ぎし前の夜聞きしは遥か」

「木漏れ日の差し込む公園緑陰の中に白々二輪草群る」

「谷渡る鶯の声澄みわたり見上ぐる若葉の目にもさやけし」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
二輪草は今玉川上水縁でこんもりと咲いています。
どういう訳か・・・このお花。固まって咲くようですね。
遠くからでも円盤状に固まってるので見分けがつきます。
たてもの園の進入禁止のバードサンクチュアリにも
咲いていましたので化石デジ亀を柵の所から思い切り
突き出しましたが・・全部ブレブレじゃったがよ。(-_-;)
花の時はフラッシュを焚かない主義なので殆ど呆けもんがぁー
二輪草は三輪も四輪も時として出るみたいですよね。
葉っぱも鑑賞に充分な花じゃ〜ごわはんか?
まい公園の 匂い大島桜の一本桜、UPしもしたで
時間のあっとき、みっくいやんせ。何度も保護を申し出てて
やっと念願がかないもしたでな。
nobara
2007/04/10 19:15
ニリンソウのアップ画像、バックが黒で白の花が冴えていますね。4枚目の下から見上げた画像が良いですね。白いシベをチッラと見せて粋な姿ですね。
デコウォーカ
2007/04/10 19:56
ニリンソウが綺麗に撮れていますね、自宅で咲いていると思い道理の構図が構成できるから素晴らしいと思います。
OSAMI
2007/04/10 20:07
清純な感じとおもいつつ文章を読んでいくと、鳥海さんの歌があり、清純と・・・「清純に二輪草白く咲きそろう谷間傾(なだ)りを風わたりゆく」(鳥海昭子)そして、嫁ぐ前の清純なお嬢様の一花さんの歌。「夫より妻は一歩を下がるべしと嫁ぎし前の夜聞きしは遥か」
hanahhana1952
2007/04/10 20:25
一花さん、綺麗な二輪草初めて拝見しました。やはり多種の花が庭に植えて花を咲かせてるんですね。特に花心がすごく美しいです。猛毒のトリカブトは華岡青洲の里に植えられているのでよく知ってるんですが親戚なのですか。
彦左
2007/04/10 20:46
ノバちゃん〜お久〜です〜。お元気そうでお互い良かったですね〜。
また旦さんとご一緒に、お花見、お芝居とあちこちお出かけで、良いですね〜。
このニリンソウは城址公園でも見たのですが、ま〜そこの何処かにも自生して蔓延っていたよ〜。(アマナも一緒に〜)昔はどっさいあっちこっちに咲いていたのかもね〜。こんた田舎ではいっちゃんなかったがよね〜。
カメラはフラッシュなしで、これは古い方の小さなカメラです〜。
今年ニリンソウは、一輪しか咲いてこなかったがよ〜、来年はまたどげんじゃんそかい。地に下ろせば蔓延るか、消えるかです〜。大島桜、初めて見たよ〜、匂いがあって真っ白でよかね〜。若しかして、先日出かけた病院の里山で見て撮った桜かな〜ち思ってます。葉と真っ白な花が印象的で、幾つもカメラに収めました〜。また調べてみますが^^。
これは匂いもあって良いね。
nobaraさんへ
2007/04/10 22:50
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます〜。
このニリンソウは、歌にもあるようですね。山野草として綺麗で、あちことで保護されて蔓延ってますね。先日、OSAMIさん宅でも見せて頂きましたが、凄い量で一面斑雪みたいでしたね。
画像は 1枚目は左がボケて、4枚目は右が切れてしまいました〜。
なかなか思うようなフォットが撮れません〜。蕊を全部でなく、チラッと見せる姿が粋でしょうね〜?
デコウォーカ さんへ
2007/04/10 22:55
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
先日、素晴らしいニリンソウの群生を見せて頂きましたが、今ではあちこちで保護されているようですね。イチリンソウの方は、なかなか見ないようですが、探せばあるのでしょうね。
画像は何枚も撮りましたが、納得のいくようなものはなかなかです〜。 蕊を全部見せるより、チラリが粋のようです〜〜。
OSAMI さんへ
2007/04/10 22:59
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます〜。今日はそちらに遅くなりました〜。だって〜〜ネ。
そちらも山野草のアップで、若しかしてこれを撮ってらっしゃったでしょうか?清楚な花で、春は日当たりで夏は半日陰と、キンポウゲ科のものは美しい花が多いですね。真っ白で清楚な感じで、鳥海さんも「清純に二輪草白く咲きそろう谷間傾(なだ)りを風わたりゆく」と、清純のイメージで、谷間の傾斜地を自然の風が吹き渡り、二輪草の白い花が揺れているよですが、人生の谷間でも、お互いに頼りあって一緒に咲き揃って乗り切っていこう、とそんな硬い絆も感じさせますね。
平等の世の中だけれど、薩摩の女は夫を立ててといわれます〜が。。。
hanahhana1952さんへ
2007/04/10 23:07
彦左 さん、こんばんは。今日は幾つもコメントありがとうございます。
このニリンソウは綺麗ですよね。
山野草は好きなんですが、なかなか育たないのですよ。園芸種は強くて、花壇に植えられますが、山野草は鉢管理が多いです。地に下ろせば良いのですが、もう植える所がなくてです。これはキンポウゲ科の仲間ですが、トリカブトも同じキンポウゲ科んですよ。猛毒のトリカブトは華岡青洲の里に植えられいましたか?画像をブログで見せて下さいましたね。
彦左 さんへ
2007/04/10 23:13
 一花さんちは、今日は可憐なニリンソウですか。うちでも庭植えであちこちで咲いていますが、可憐な花で良いですよね。
 はじめに1輪咲いて、やや遅れてもう1輪咲くような感じですが。それも可愛いものですね。

 一花さんちは鉢植えですか。夏枯れるので水を忘れたりしがちですので、庭木の下に植えられれば、手間要らずなのですが、場所がないとは残念ですね。

 かの城跡公園でもイチリンソウは咲きますね。ニリンソウの何十倍も大きい花で見事ですね。
 
なおさん
2007/04/10 23:49
綺麗なシベですね。
こんな風になっていたとは・・・
まじまじと、じっくり、眺めさせて頂きました。
お花だけでなく、蕾姿も可愛いですね。
chiemi
2007/04/11 01:57
5番目と6番目の写真が好きです。
白い花の清潔感と繊細さがよく表れていると思います。
未来
2007/04/11 18:55
なおさん、こんばんは。夕べ遅くにコメント有難うございます。お返事遅くなりました。
ニリンソウは名前も素敵だし、花色も真っ白で姿も可憐で良いですよね。歌があるようですが、皆さんご存知のようですね〜。でも咲き具合を見ると、最初1本先に出て、あとからもう1本が出ますね。去年これは1輪しか咲かないのでイチリンソウかと思ってましたら、葉が違ってました。今年一輪しか咲かなかったので、間違いやすいですよね。なおさんち地植えでしたか?蔓延って見事でしょうね〜。うちの場所は少しあるのですが、踏まれる所なので仕方なく鉢です。今年あちこちに小分けして見ようと思います〜。かの城址公園のどこかにアマナと自生しているのを見ました〜。見つからなければ良いですが。3月28日に見たときは、まだイチリンソウは咲いていなかったようですが。ヤマブキソウも少しだけでしたよ。今頃だと見頃でしょうね〜。
なおさんへ
2007/04/11 22:03
chiemiさん、こんばんは。相変わらず遅くにコメント有難うございます〜。お久しぶりですが、余りご無理されないように〜。睡眠不足はお肌にも健康にも悪いですので〜ネ。あちらはご自分で作られたそうで、その時から楽しいブログでしたよね。何度かお邪魔させて戴きましたヨ。
このニリンソウは、しっかりと見たら、蕊が印象的で、シンプルな白地の花びらに複雑な感じで見せてキンポウゲ科独特で綺麗ですよね。姿も良いですヨ。
chiemiさんへ
2007/04/11 22:31
未来さん、こんばんは。コメント有難うございます。
ニリンソウだったのですが、花が株から一輪しか咲いて来ていません。
清純のイメージで、シンプルですが、蕊が繊細でキンポウゲ科独特で綺麗ですよね。
未来さんへ
2007/04/11 22:34
ニリンソウ(二輪草) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる