一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都ー嵯峨野・嵐山

<<   作成日時 : 2007/04/18 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
   <渡月橋、2007/4/14撮影>





天龍寺の庭園を満喫した後、出口へと急いだが、参道敷地内には大寺に所属する別坊で塔頭(たっちゅう)と呼ばれる子院や脇寺が何箇所もあった。
其処の門内を垣間覗くと、夫々に管理の行き届いた庭が見えて、思わずカメラに収めた。
画像

画像

画像
<天龍寺・塔頭>


やっと一般道へと出て、愈々お馴染の桂川と渡月橋。

画像

広い川面には春の陽射しがきらきらと反射し、川の中州には菜の花が満開だった。
橋に降りかかる紅葉大木には、赤い新芽と花に春陽が眩しく透けていた。
画像

画像

画像


観光シーズーンの週末とあって、人の往来が激しい。
渡月橋から下流は桂川と呼ばれるが、橋の上流は大堰川または保津川とも呼ばれ、橋の堰一帯は「千鳥が渕」とも呼ばれているようだ。


画像
    <吉兆>

天龍寺側の川縁の上流を西に歩いていくと、京都嵐山を本店とする京料理・懐石料理・日本料理の料亭京都「吉兆」の看板があり門が開いていたが、確か此処は一見客はお断りの所で、奥は想像するだけの場所だった。



画像
<小督庵>

そして亀山公園の手前には、平安時代、宮中一の美女で琴の名手だった小督(こごう)の塚があった。清盛の為に尼にさせられて此処嵯峨野に余生を送ったが、その塚の近くには小督の名に因んだ庵があった。



画像
      <周恩来首相の「雨中嵐山」の詩の石碑>

大堰川沿いを更に西に行くと、亀山公園(嵐山公園)手前に日中友好のシンボルである、故周恩来首相の「雨中嵐山」の詩を刻んだ石碑があった。
私達が訪れた前日の4月13日、中国の温家宝首相が京都迎賓館の「夕映(ゆうばえ)の間」で、裏千家のお茶のもてなしを受けた後、京料理を味わい、午後は同首相が熱望したという嵐山の「周恩来総理記念詩碑」を訪問したと新聞に載っていた。
此処は中国人観光客の観光スポットともなっていた。この詩は故周恩来首相が日本留学時に京都の嵐山で失意のうちに作ったものだが、漢詩の翻訳はネットで調べたら以下の通りだった。

  <雨中嵐山>

   雨の中を二度嵐山に遊ぶ
   両岸の青き松に  いく株かの桜まじる
   道の尽きるやひときわ高き山見ゆ
   流れ出る泉は緑に映え 石をめぐりて人を照らす
   雨濛々として霧深く        ・
   陽の光雲間より射して いよいよなまめかし
   世のもろもろの真理は 求めるほどに模糊とするも
   ――模糊の中にたまさかに一点の光明を見出せば
   真(まこと)にいよいよなまめかし

                     (訳 蔡子民先生)


画像
  <角倉了以像>

また近くに鍬を持った「角倉了以」の像があった。彼は江戸初期の豪商・土木家で洛西嵯峨に住み、1604年頃より安南国に朱印船(角倉船)を派遣して貿易を営み、大堰川、高瀬川の河川開削に尽力した。彼の工事のお蔭で、五穀・塩鉄・木材など丹波の産物が保津川を下って運ばれ、両地域の繁栄に寄与したと広辞苑にある。
大堰川の亀岡盆地から京都盆地の間は保津川と呼ばれ、保津川下りは、丹波亀岡から京都の名勝嵐山までの約16kmの渓流を約2時間で下る日本一の川下りとして国内外でも有名だ。
今日も保津川を下ってきた観光客用の舟が、川岸にたどり着いていた。
画像

画像



豊かな川の流れはゆったりとしていたが、此処嵐山は歴史の流れを今でもひしひしと感じさせる場所でもあった。
秋の紅葉の頃がまた一段と素晴らしいようだ。
画像


渡月橋の下流は桂川と呼ばれるが、中ノ島公園辺りの川岸には、まだ桜が残っていた。
画像
 


「渡月橋にかかる紅葉の新芽萌え葉に透かし見る眩しき春陽を」

「保津川を下り来たりし舟見つつ角倉了以の銅像仰ぐ」

「大堰川に架かる渡月橋川岸は桜の盛り中州は菜の花」

「桂川の堰ゆく流れの清くして嵐山界隈歴史に浸る」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 奈良は通いつめましたが、京都には疎いので、地方選挙のしがらみと喧騒を振り切りつつ暮らすここしばらくの期間、こんな旅をしていらした一花さんがうらやましく……。八重桜はまだこれからが本番、ニリンソウの群落が今年もあちこちに見られる当地です。遠出はなかなかできずとも、心愉しませるすべは野にあり、といったところでしょうか。
ひめだか
2007/04/18 23:22
 一花さんは、今日もはんなり京都めぐりの話ですね。渡月橋は行ったことがないのですが、有名観光地ですね。春らしい景色をいろいろ見せていただいてありがとうございます。
 嵐山はそうすぐ行けないので、僕は川越からすぐの武蔵嵐山(むさしらんざん)にでも行くことにしますかねえ。
なおさん
2007/04/18 23:51
渡月橋はなつかしい風景です。橋のたもとの茶屋などいかがでしたか?
知らないところの画像も多く、レポートを有難く繰り返し見入ってます。
平素マクロばかり追っている自分を反省しました。このようなスタンスで見る人に大きな楽しみを与えることの大切さを教えていただきましたよ。
目黒のおじいちゃん
2007/04/19 09:19
こんばんは、
渡月橋の春は最高ですね、・・思い出の春の景色は、早朝で霞がかかっていました、騒音もなく川音だけが未だに耳奥に残っています。
懐かしい景色を沢山見せて頂いて喜んでいます。
kazu-o
2007/04/19 20:32
渡月橋の写真は橋の上に反射するものがあったのか、だれか丁度フラッシュを焚いたのでしょうか、光って面白い画像になっていますね、しかしこの付近は何時見てもいい景色ですよね、少ない回数ですが写真を見ると過去の記憶がよみがえります、楽しませて戴きました。
OSAMI
2007/04/19 20:44
ひめだかさん、こんばんは。夕べコメント有難うございます。お返事遅くなりました。今日は晴れましたが、また寒かったですね。
奈良に通いつめられてらっしゃいましたか?こちらこそ羨ましく思いますヨ。ちょっと用事で出かけた合間に何箇所か見られてラッキーでした。
選挙はこちらも朝から賑わってますよ〜。
八重桜は余り近くでは見られないので、旅行先で見れました。
ニリンソウも今盛りですか?うちはもう花が終わってしまいましたよ。

>遠出はなかなかできずとも、心愉しませるすべは野にあり。
ほんと都会から見ると、毎日が素晴らしい植物との出会いで、自然の中にどっぷりと暮らしてらっしゃって羨ましいことです〜。山菜も豊富で美味しそうですネ。
出かける用事がなければ、私も家篭りだけです〜。
ひめだかさんへ
2007/04/19 20:48
なおさん、こんばんは。夜遅くコメント有難うございます。お返事遅くなりました。
京都巡りのお話があと少し続きます〜。この時期、お花はどんどん開花して散って名残惜しいですが・・。去年もアップしましたし・・です〜。
嵐山はお出かけされていなかったですか?渡月橋は有名ですが、秋の紅葉の頃も良い様ですね。
お近くに武蔵嵐山と言うところがあるのですか?嵐山より山嵐でも吹いて来そうな所なんですか?
土・日もグリーングリーンで、夜もこの頃ご多忙そうで、寝不足大丈夫なんですね〜。
なおさんへ
2007/04/19 21:05
目黒のおじいちゃん、こんばんは。コメント有難うございます。
食いしん坊ですので、勿論茶屋なども覗いて回りましたよ。
漬物や豆腐、湯葉、胡麻豆腐などが美味しいですよね。お土産に色々買いましたヨ。
大通りに「美空ひばり館」もあって、太秦で映画撮影の為に京都に住み、嵐山撮影が多かったそうで、此処に記念館が建ったとかでした。
私も、何時も花のマクロだけ撮っていましたので、自然の大きな景を撮り、また古都ならではの歴史的人物との出会いも楽しいものでした。
吉挑はとてもとても敷居が高いでした。
目黒のおじいちゃんへ
2007/04/19 21:12
一花さん、嵐山の桜は遅いですからまだまだ元気でしたでしょう。
この辺は桜の頃もいいですが秋の紅葉が素晴らしいです。トロッコ列車は見ましたか秋に紅葉を見るためこの電車に乗ると寒いのですね。
上流の保津川も素晴らしいです。保津峡から奥へ入ると柚子の里もあります。懐かしい写真をありがとうございました。
彦左
2007/04/19 21:13
kazu-o さん、こんばんは。またコメント有難うございます。
渡月橋は思い出の場所なんですかね。
>春の景色は、早朝で霞がかかっていました、騒音もなく川音だけが未だに耳奥に残っています。
即、歌になる文章と光景ですね〜。
早朝に霞たなびく渡月橋川音のみが耳奥にあり と陳腐ですが、結句が耳に残れりとか色々出来ますよね。
保津川から流れる水は清く、今日の桂川となって流れが急いでいるようでしたね。渡月橋に架かる紅葉の新芽と赤い花、中州の菜の花、対岸の桜が目に深く焼き付いています。
kazu-o さんへ
2007/04/19 21:20
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
1枚目の画像は、橋の欄干に丁度光が あって、どうしたのかしらと思ってました。まだ明るくてフラッシュは焚かなかったようですが。何かに太陽が反射したのでしょうか?でも太陽は嵐山の方にあったのですよ。
偶然の面白さでした。
やはりOSAMI さんは何度もお出かけでしたか?私はこちらは初めてでした。秋の頃も良さそうですね。京都は何処に行っても、見所満載の観光地ですね。
OSAMI さんへ
2007/04/19 21:29
彦左さん、こんばんは。コメント有難うございます。
彦左さんには馴染みの場所でしたか?何度もお出かけなんですね。
トロッコ電車と言うのがありましたが、紅葉狩り用なんでしょうか?きっと場所的に春が遅く、冬が早いのでしょうね。
この嵐山界隈は紅葉の名所で、秋の保津川下りも良さそうですね。
桜はまだ此処は咲いていましたよ。
保津峡から奥へ入ると柚子の里もあるのですか?
この辺りのお寺も静かな佇まいで、良い所ですね。私はこちらは初めてでしたが、、まだ奥の方にも秋にも、そして何度も出掛けて見たくなりました。
彦左さんへ
2007/04/19 21:36
またまた周回遅れのコメントになってしまいました。嵐山、渡月橋はまだ行っていません。良く写真等では見ますが良い所のようですね。一度は行きたいと思っています。保津川下りにも乗ってみたいですね。やはり紅葉の時期が良いかな?
デコウォーカ
2007/04/19 22:17
デコウォーカ さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
私も嵐山は今回初めてでした。写真では渡月橋を良く見ますよね。
保津川下りも秋の紅葉の頃は最高のようですね。此処嵐山は紅葉の名所と言うことで、トロッコ電車もあるようです。是非秋にお出かけ下さいませ。私もまた、家事をしなくて済むので、是非何度でも出掛けて見たいものです〜。
デコウォーカさんへ
2007/04/19 23:32
京都ー嵯峨野・嵐山 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる