一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都ー二条城(夜景と早朝)

<<   作成日時 : 2007/04/19 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像
     <二条城:東南隅櫓2007/4/14撮影>

京都の夜の宿は、丁度二条城の前のホテルだった。折良くその翌日まで、二条城ライトアップが開催されていて、運良く見ることが出来た。

「夜桜や 大雪洞(ぼんぼり)の 空うつり」(正岡子規)

画像
    

その日は週末と言うことで、一般の客やバスツワーの観光客が多く、入場券を買うのも並んで買うほどだった。
画像
    <東大手門入り口>

入場したのは夜7時前だったが、まだ空が青くカメラに写っていた。

画像

そして程なく空も真っ暗くなり、ライトアップされた夜桜が白々と遠目に浮かんでいる。
近づくとカメラと携帯、ビデオ撮影の人達で桜の下は混雑しきっていた。
桜は枝垂れ、八重種などとなっていて、こちらもソメイヨシノは終わっているようだった。


「夜半さめてみれば夜半さえしらじらと桜散りおりとどまらざらん」(馬場あき子)

                      <夜桜>
画像

画像

画像

昼間見ると一面桜尽くしで素晴らしいであろうが、夜桜は幻想的で、咲き終えて汚れた花までも総て美しく見せている。
カメラ設定を夜景モードにして写した画像は殆ど全部ボケけてしまっていた。
(動画とピクチャーモードの発光だけが少しましだった。)

                        <竹の照明>
画像
    
画像

昔は篝火が焚かれて夜桜見物が行われていたのであろうか?現代では竹細工の趣向を凝らした照明が暗闇の中に置いてあり、竹の合間から漏れた光が優しく柔らかかった。(これは画像がボケ気味だった。)

「花篝 月の出遅く なりにけり」(西島麦南)

                       <竹の照明>
画像

画像

此処の庭園は桜が多いようで、花のトンネルと大樹の枝垂桜、池に写っている桜と建物の明かりが何とも言えず素晴らしかったが、たくさん撮った画像は真っ黒で、殆ど何も写っていなかった。

「挑燈(ちょうちん)や よるの枝折りの さくら陰」(如葉)
 
画像

テントの中で京土産などのイベント特設会場があり、出口付近建物内では雅な琴の音が漏れて来て、覗くと琴の演奏が行われていた。

画像


画像
      <二条城:東南隅櫓>

此処も世界文化遺産登録されており、庭園など素晴らしいようだ。HPによると、現在二条城には江戸時代につくられた二の丸庭園、明治時代の本丸庭園、昭和時代の清流園の3つの庭園があるそうだ。なお、清流園作庭には、江戸初期の豪商、角倉了以の邸宅の庭石などを使用したとある。
この庭園を随分昔に見た覚えがあるがもう記憶になく、今回時間がなくて昼間に見学できなかったのが残念だった。
元離宮二条城(京都市文化市民局HPより)

翌朝まだ開門しない時間帯に、少し外堀を歩いてみた。

画像
    <ホテル正面より東大手門入り口>

画像
   <北大手門>  
画像

画像
   <北大手門>

東大手門以外に、北大手門へと回って写真を撮ったが、東門と同じ形だった。
1601年に家康によって築城が課され1603年に家康が入城し、その後江戸、明治、大正、昭和を経て1940年(S15年)に一般公開されるまで、庶民には縁がなかった二条城も、今では観光地として随分賑わっていた。

画像



「二条城巡る外堀花筏」

「敷かれたる砂利を踏む音聞こえ来て仰ぐ夜桜万朶の元に」

「二条城城外庭園煌々とライトアップに夜桜白し」

「春の夜の風は些か冷たくて桜花びら音なく降り来る」

「賑わえる夜桜庭園微かにも琴の音漏れ来る古都のひと夜に」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
昨年の秋ここを訪れました。近くの立命館大学院大学に出張で出かけたついでにあちこち歩きました。懐かしく。竹の行灯?いいねえ。風情を感じます。「春の夜の風は些か冷たくて桜花びら音なく降り来る」美しい光景ですね
hanahhana1952
2007/04/19 20:45
4枚目の照明と青く残った夜空がとてもいい感じがします、それからやはり竹の照明がなんといっても一番いい感じです、三脚があればという気もしますが、少しブレているの味かもしれませんね、楽しませて戴きました。
OSAMI
2007/04/19 21:12
一花さん、二条城の近くでお泊まりは最高でしたでしょう。
このあたりは非常に京都らしさがあってお城が見えて素晴らしいところだと思います。京都御所の当たりもいいですが私も二条城は昔入っただけですが綺麗なお城ですね。流石!難しい夜景を見事に撮られています。
夜景は実際見た目とカメラで違いがありますからね。
彦左
2007/04/19 21:20
ライトアップされた桜は綺麗ですよね。確かに萎みかけた花まで生き返って綺麗に見えますね。竹の行灯も柔らかくて落ち着きますね。昼も夜も見学で、次の朝も早くから見学では疲れませんでしたか?タフですね!
デコウォーカ
2007/04/19 22:27
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます。
以前アップなさってらっしゃったのは、去年の秋だったのですね〜。早いです〜。
近くに同志社もありますよね。若しかして宿泊されたホテルが一緒だったかも知れませんね。照明は竹の行灯でしょうね。良い感じですよね。でもカメラの腕が悪くて、画像がイマイチですが、こんな竹の使いかたがあって、良いですね〜。
春の夜風が冷たくて、些かがイマイチですね。桜花びらが音なく降ってきました〜。琴の音も響き、夜桜も変化していましたよ。
昔巡ったのですが忘れていて、改めてゆっくり昼間巡って見たかったです。
hanahhana1952さんへ
2007/04/19 22:32
OSAMI さん、こんばんは。コメント有難うございます。
夜7時前に中に入ったのですが、青空が写ってましたよ。3枚目の画像は、中の明かりが漏れて良い感じなっていました。でもすぐ真っ暗になって夜桜を夜景モードで写したら、全部光が流れていました。
ピクチャーモードの発光した画像が何枚か良かっただけです。
竹の行灯の使いかたは現代的ですよね。三脚があれば良いのでしょうが、今回の旅行では、私は小さなカメラだけでした。
OSAMI さんへ
2007/04/19 23:12
彦左さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
此処二条城前は堀川通りで、桜並みかが綺麗でしたよ。朝は町の人たちが通りを掃除して町並みを美しく自分たちで保ってらっしゃいましたよ。少し歩くと本能寺とかあり、京都はお寺だらけですね。
二条城も昼間じゅっくりと見ると、名庭園がありますね。
夜景は上手く撮れませんでした〜。光が流れて、夜桜画像をたくさん撮ったのですが、たった4枚ぐらいだけしか残ってませんでした。枝垂れ桜とか池に写った桜、桜トンネルと素晴らしかったのですが、残念でした〜。
彦左 さんへ
2007/04/19 23:19
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。
夜桜が綺麗と思って写していたら、なんと萎えた花でガッカリ^でしたが、それは画像がボケていました。夜景を撮るって難しいですね。
竹の行灯は非常にセンスが良かったです。去年、デコさんの画像に、竹のクリスマス飾りがありましたね。
昼、夜、早朝見学で疲れましたが、でも外出の時は、自分で家事をしなくて済むので、何度でも見学したいものです〜。でもさすが一昨日、昨日と疲れっぽかったですよ。気候的に寒暖の差があるからでしょうね。
デコウォーカーさんこそ、あちこちにお出かけで、その上毎日記事アップされて、タフなお方ですね〜。
デコウォーカ さんへ
2007/04/19 23:27
 一花さん、二条城まえにお泊りだったのですか。夜景がヤケイに?綺麗ですねえ。デジカメの夜景モードで撮影されたのでしょうか。
 夜桜も堪能されて、さまざまな篝火というか、行灯というか、さすが京都は雅やかで良いものですね。

 朝から夜までいろいろごらんになって、充実の京都めぐりですね。ウラヤマシイことです。
なおさん
2007/04/19 23:48
夜桜は、空からは見ることが出来ません。
地方の飛行場は利用できる時間が決まっていまして、夜は照明も消えて閉鎖しています。
 ライトアップも地上から見るための物。
これだけは、そばに寄って自分の目で見るか写真に撮るか でしょうね。

ちなみに、自家用機を持てるほどの収入はありません。
免許が取れるほど運動神経は、よくありません。
スポーツは苦手。
大きな声では言えませんが、操縦はしたことがあります。
自動車より簡単です(離陸と着陸は難しいと聞きます)。
信号も交差点も追い越し車線も一旦停止の標識もありません。
旅客機は、飛ぶべきコースや高度が決められていますが、遊覧飛行にはたぶん そんな物はないと思います。
 中古飛行機はそれほど高くはないです。
重さ1t 普通自動車くらいの重さです。
4人乗り
経済速度 約150km/時くらいかな
ひこうちゅうねん
2007/04/20 00:54
ライトアップした夜間に見学ができるとはラッキーチャンスでしたね。
平城ですが門構えはばっちりです。一度訪れたことがありますが、その頃は建築には関心がなくて建物より内装の美しさにばかりに眼がいってしまいました。レポートありがとうございます。
目黒のおじいちゃん
2007/04/20 07:37
なおさん、こんばんは。何時もお疲れのところ、遅い時間にコメント有難うございます。お返事遅れました〜。
此処の夜景が丁度見られてラッキーでした。私が何時も出かける時は晴れるので、若しかして晴れ女なのかも知れません〜。
デジカメの夜景モードで桜を撮ったら、光が流れていて殆ど駄目でした。ピクチャーモードの発光が良かったようです。カメラのことは何がなんだかトンチンカンですので、出来上がってから見るだけです。
此処のライトアップは豪華でしたよ。庭園も昼間見ると素晴らしいようですが。この頃竹細工も見直されていますね。柔らかい自然な光と暖かさを醸し出していますね。
一旦旅行に出ると家の事をしなくて済むので、朝から夜までも遊んで充実です〜。帰宅すると、どっさりとする事が色々ありますのヨ。なおさんも休みは緑一色ではありませんか?
なおさんへ
2007/04/20 21:45
ひこうちゅうねんさん、こんばんは。夜遅くのコメント有難うございます。お返事遅くなりました。
自家用機でなく、何かであちこちを飛行されてらしたのですね〜。何時も空の上を飛行されて、優雅でらっしゃいますね〜。
私は新幹線や電車で、重い荷物をエンコラショーとテクシーであちこち巡ってますよ。
自分で操縦されたこともおありでしたか?
>大きな声では言えませんが、操縦はしたことがあります。
それって大きい声で言うよりネット公開ではあ〜りませんか?お顔が見えなくてよかったですね。
ま〜、またあちこち空からの観光地巡りをお楽しみ下さい〜。
二条城はライトアップが終わりましたので・・。夜は暗いですよ〜。
ひこうちゅうねん さんへ
2007/04/20 21:54
目黒のおじいちゃん、こんばんは。コメント有難うございます。
東南隅櫓は城らしく目だっていましたが、中の建物は暗くて分かりませんでしたが、低い建物のようでしたね。昔訪れたのですが、あちこちごちゃごちゃになってさっぱり覚えていませんでした。
今回門はしっかりと見ましたが、堅固で立派でしたね。
こうして観光地を巡ると、若い時と違って目がいく所が違い、歴史の深さなどに触れられて、じゅっくりと考えながら見れるようです。
昨日のコメントで、「吉兆」の「兆」の字が「挑」になっていて、すみませんでした。
目黒のおじいちゃんへ
2007/04/20 22:08
京都の夜って、いろんなところでいろんな表情を味わうことが出来そうですね。いいですね〜満喫されていらっしゃいますね〜
竹のオブジェっぽい明かりがみやびで、贅沢だと思いました。
未来
2007/04/21 08:13
未来さん、こんばんば。こちらにもコメント有難うございます。
京都の名所は拝観に時間が決まっていて時間的拘束がありますが、たまたまこうして夜景を見られてラッキーでした。
竹を使った工芸作品は日本的で、照明の工夫、光の柔らかさなど表情がありましたよ。この頃自然素材で、手作り作品も見直されていますね。
根竹で中をくり抜き、竹に模様を入れて中の明かりが漏れるのも面白いです。ハロウィンの南瓜ではありませんが、まだ模様が精巧ですと見ごたえありますよ。
未来さんへ
2007/04/22 01:12
京都ー二条城(夜景と早朝) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる