一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都ー堀川通り桜他

<<   作成日時 : 2007/04/20 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

画像

ニ条城の東大手門前の通りは堀川通りとなっていて、舗道脇の空の堀沿いに桜並木が続いていた。

「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」(紀友則)

画像

画像


「としをへておなしさくらの花の色をそめます物は心なりけり」(藤原公時朝臣)

早朝に散歩に出ると、地元の方達がウォーキングやジョギングされていた。写真を撮っている所に一人の翁が来られて、珍しい緑の桜がこの界隈に10本も植えてあると教えて下さった。
見るとギョイコウ(御衣黄)で、花期が4月下旬と遅咲きだ。

画像

緑と黄色が混ざっていて花弁の中心に紅色の筋があり、昔は珍しがられたが、今ではあちこちで見かける。
画像
   <ギョイコウ>


「さくら花おほくの春にあひぬれと昨日けふをやためしにはせん」(京極前太政大臣)

もうこの時期は八重と枝垂桜が盛りで、緑の葉が一緒に出ているのはオオシマザクラであろうか?
画像

何種類も植えてあり、木に植物名のラベルが付いていなかったが、良く見ると花色が夫々に違っている。

「みな人の心にそむる桜はないくしほとしに色まさるらむ」(前左衛門督公光)

画像

画像

画像

週末の休みとあって、地元の有志の方々が専用のたすきをかけて、道路の清掃をさなっておられた。
画像

画像

画像



道路際には、見た事のあるケシが咲き続いていたが、ナガミヒナゲシのようだ。これは1年草で地中海沿岸から中欧原産の帰化植物であり、路傍などの荒地に生育するものだ。秋から冬に芽生え、春に開花するが、うちの庭にも植えた覚えが無いのに、去年花が咲いてきた。
ここはまるで世話して植えたように立派に群生しており、道行く人の目を楽しませている。
画像
     <ナガミヒナゲシ>
画像

同じように道端に蔓延っているアオイの仲間で、ゼニアオイかウスベニアオイ。普通のタチアポより花が小さいが、これ等も野生化しているようだ。
夏に見られると思っていたが、この頃春から見られるようだ。

画像
     <ゼニアオイ>

桜の植え込みの下に、まだ株が小さくて手書きのラベルがあった「五色の散り椿」
純白、ピンク、白の斑(ふ)入りと1本の木に五色の花が咲き、これほど見事なツバキは、おそらくないだろうと言うことで、「おそらく椿」とも呼ばれる。また豊臣秀吉が伏見城築城の際、
各地から集めた茶花の一つと伝えられていて、秀吉好みの「京都つばき」とも呼ばれているそうだ。
画像
  <五色散り椿>
散り椿の花びらは、山茶花のように色取り取りの花が1枚ずつ散るので「五色散り椿」と呼ばれている。

そして宿泊したホテルの中庭が素晴らしいと思っていたら、「この二条城前の敷地は、平安時代は堀河天皇の御所であり、鎌倉時代初頭には藤原良経の邸宅があったところだそうだ。
また江戸時代後期には福井藩邸があり、その後、三井家の京都別邸となった。現在でも庭や土塀の一部が残り、その名残を今に伝える。」 と書いてあった。

画像

画像

中庭に池を巡らせてあり、池の中には舞妓さんが踊る舞台措置もあり、食事やお茶を飲みながら楽しめるようになっていた。

画像

画像

画像

また昔の本門も残っていて、入り口脇にはジュウニヒトエ(十二単)が蔓延っていた。

画像

異国の観光客で溢れる古都。地元の人たちによって植えられた秀吉好みの五色の散り椿。その根元近くには帰化植物が蔓延り、異国の植物達は、所を選ばずにどんどん広がって、国境を持たなくなっていくようだ。

画像





「堀川の界隈に散るさくら桜道端に見る帰化植物のはな」

「堀沿いに桜のとりどり並木道ジョギングの人等朝の始まる」

「行く先々桜に染まる行楽地卯月半ばを八重桜占む」

「窓越しに見る中庭の幾世古り巡る池の面白鳥泳ぐ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
サクラはいずれも綺麗で素晴らしいです、東京もこのところ少し寒い日が続いていましたから、3月末のサクラを見ている感じで拝見しました、京都でもナガミヒナゲシが元気のようですが、中国地方や九州でも同じ様に咲いているのか少しばかり気になりますね。
OSAMI
2007/04/20 21:58
「としをへておなしさくらの花の色をそめます物は心なりけり」(藤原公時朝臣)は、なんかいいですね。気に入った(笑)「堀川の界隈に散るさくら桜道端に見る帰化植物のはな」よくある光景で、いつのまにか、どれが日本産かわからなくなりそうです。京都楽しまれたようですね。うらやましいなあ
hanahhana1952
2007/04/20 22:22
OSAMIさん、こんばんば。八重の桜は品種名が色々あるようですが、名前がよく判りません。こうして見ると、花色も色々とあるのですね〜。
二条城にも桜がたくさん植えてありましたが、ライトアップの桜は、何がなんだか品種名も良く分かりませんでした。
京都の桜は遅かったのでしょうね。うちのものは、もうすっかり葉桜です。画像の緑葉の白い桜はオオシマサクラでしょうか?こちらでは、3月末に満開でしたよ。
ナガミヒナゲシは道端に一面向こうまで咲いていましたが、画像が良くなかったです。普通のケシかと思うくらい元気でしたよ。
そしてゼニアオイでしょうか?以前OSAMI さん宅でもアップされてましたね。これって夏とばかり思ってました。
OSAMI さんへ
2007/04/20 23:18
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます。今日のタイムは22:22ですね〜。(変な所に感心してます〜)
「としをへておなしさくらの花の色をそめます物は心なりけり」
「こころ」は自在に色に染まってしまうものですよね。その思っている心の色は隠せないようですね。
そして年を経ても心だけは色に染まるのですよね。心の付く漢字はたくさんありますし〜。昔の方は歌に巧みに詠んでらっしゃいますよね。
お気に入りでしたか?(笑)
昔秀吉が愛したという「五色の散り椿」を植えられていましたが、此処にも、帰化植物が蔓延ってましたよ。昔の殿様だけが見れたものが、今では庶民のものになり、有り難い平等の世の中ですね〜。世界的に見ると、貧富の差のある国や低開発国など花を愛でる余裕などないのでしょうね。
花鳥風月に遊べる日本の国は豊かですね〜。
そうそう、植物には国境がないでしたね。

hanahhana1952さんへ
2007/04/20 23:34
 桜では八重が一番好きなので、今回はなおさら嬉しく拝見しました。いつか機会があったら、大阪造幣局の「通り抜けの桜」も、ご覧になったらいいのでは、と思いました。見て帰ってきた人の興奮度からすると、その種類の多さからいっても、満足できると思いますよ。正直なところ、私はそのとき、土産話と、お土産の絵葉書で満腹してしまったくらいです。もちろんチャンスがあれば、吉野と造幣局は見たいものです。
ひめだか
2007/04/20 23:39
京都も花の季節ですね。古都の風景と溶け合っていっそう風情が感じられます。堀川の桜は秋に大原への行きかえりに眺めて「春はさぞかし・・」と思っていたので写真を見せていただいてよかったです、感動しています。
かおたい
2007/04/21 00:37
 一花さんは、京都ではんなりと花を堪能されて、良いですねえ。さまざまな里桜が見事に咲く京都、まさに花の春ですね。
 ホテルの庭も、まさに京都、という趣の風情で良いですね。
なおさん
2007/04/21 04:47
おはようございます。
桜の花がどれもとっても美しく撮れていますね。こうして見ますと、桜も沢山の種類があるのだな〜と再認識させられます。
ひとつお尋ねしたいのですが、ギョイコウと書いてある緑色の桜はウコンとはちがいますか?紅の色がさしているものはウコンだと思い込んでいたのですが・・。
未来
2007/04/21 08:22
 こんにちわ☆先日はコメントありがとうございました(^^)
一花さんのブログを見たら、すごい綺麗な八重桜が・・・!!
うちの近所は雨でちょっと元気がなくなっていて、しかも最近デジカメが壊れてしまい・・・・(;;)
撮れずじまいだったのですが、一花さんのを見て癒されました♪
あと、・・・私のブログはそんなに真面目じゃないですよ(^^;)
たまたま読まれたのが、すごく伝えたかった、そういうブログだったんだと思います。
普段のはテレビの話や・・・真面目と思ってくださっていたら、がっかりされるかも??というような感じです(´`;)
これからも宜しくお願いします☆
千樹
2007/04/21 11:02
ひめだかさん、こんばんは。夕べ遅くコメント有難うございます。お返事遅くなりました。桜は八重がお好きですか?種類が色々あって、名前がさっぱりです。本で見ると、花色が変っていくものなど多彩ですね。うちはソメイソシノのシンプルが植えてありますが、花期が早く、散り方もあっさりしていますよ。大阪は春に出かけたことはないです。大阪造幣局の「通り抜けの桜」は有名ですが、残念ながら、なかなか機会がなさそうです〜。ひめだかさんもハガキだけでご満腹されましたか?
お互い、食いしん坊さん同士としては、機会があれば是非出掛けて見たいですね。(目もお腹も満腹でしょうね〜。)
ひめだかさんへ
2007/04/21 22:20
かおたいさん、こんばんは。夕べ遅くにコメント有難うございます。お返事遅くなりました。
こちらではソメイヨシノをあちこちで見ましたが、八重の桜は近くでは余り見なかったのです。でも出かけた京都で色々見られて良かったです。
去年の秋に大原へお出かけで、此処堀川の桜の木も眺めて、春の桜を想像されてらっしゃったんですね。こんな感じで素晴らしかったですよ。二条城内の昼間も見られたらもっと桜がたくさんあったのですが、夜景で画像が上手く撮れませんでした。また春にお出かけされて、ご覧になられる時があると良いですね。
かおたいさんへ
2007/04/21 22:40
なおなん、こんばんは。また今朝は早朝からコメント有難うございます。寝る子は育つと言いますが、万年寝不足ではありませんか〜。私は寝てばかりで、脳味噌も寝かせて古くなっています〜。
京都では花も愛で美味しいものを戴いて、古都の春をのんびりとできました。
なおさんへ
2007/04/21 23:01
未来さん、こんばんは。コメント有難うございます。
こうして八重種の桜を見ると、花色が様々あって、桜も昔から品種改良されてきたものなんですね。この種をサトザクラと言うそうです。
以前花色が変る八重のものがとか書いてらっしゃいましたね。ギョイコウとウコンは別で、ウコンは浅葱色をして欧米人も好むとか書いてありますよ。
ソメイヨシノが日本人に好まれるのかと思ったら、宮中辺りでは若しかして、こんな華やかで明るい八重種や枝垂れが好まれたのかな?なんて考えています。
未来さんへ
2007/04/21 23:19
桜てんこもりですね。ため息が出ました。

御衣黄という種類、「今ではあちこちで...」とありますが、私初めて拝見しました。なんという花でしょう!びっくりです。

私、ウコン桜の八重が好きです。新宿御苑に見事なのがありますね。
またまいります。
takuetsu
2007/04/21 23:21
千樹さん、こんばんは。コメント有難うございます。
うちのすぐ近くには八重が無くて、こんな所で撮ってアップしています。雨で濡れたら八重はぐしゃり〜と言う感じでしょうね。
デジカメ壊れましたか・不自由でしょうね〜。精巧なものですから、私もちょっとした弾みの扱いで上手く作動せず、息子に直してもらいました〜。ブログは何でも、ご自分のお好きなものを書かれればそれで良いのではありませんか?たまたま真面目〜なのを書かれたのですね???
そんな感じでもなかったですけど〜。ブログでは、色々な人となりに触れられて、知らない世界を知るのがまた面白いですよね。
何でも押し付けや、愚痴の聞き役や、人に縛られるのは嫌になりますよね。
それこそ自己開放の場にされて、共感される方の意見があれば、それで良いことですよね。気軽にですね〜。
千樹 さんへ
2007/04/21 23:53
takuetsuさん、こんばんは。コメント有難うございます。
ほんと画像がたくさんで、桜のてんこ盛りでしたね〜。
八重は種類がこんなに多いとは知らなかったのですよ。本によると、銘も色々あり花色が変るものとかもありますね。

御衣黄はご存知なかったですか?何度か良く見かけましたが、地域によるのでしょうか?良く見ると、中の赤い筋が綺麗ですよね。

新宿御苑のウコンは見た事が無いのですが、高尾の多摩森林公園では色々な桜を見ましたよ。
今年出掛けてみようかと考えていましたが、もう桜は充分でした〜。
takuetsuさんへ
2007/04/22 00:02
すばらしい桜です。華やかな八重桜は大好きですし、実物を見たことのないギョイコウ(御衣黄)は不思議な感じのする花を拝見して大満足です。
そして、花びらが落ちてかたまっている情景が何とも言えません。「しづ心なく花の散るらむ」ですね。
hirasan
2007/04/23 12:59
一花さん、二条城の堀川通りの桜並木見事ですね。すべて八重桜で素晴らしい眺めだったでしょう。桜を通って下へ見ると沢山の綺麗な花々が並んで見応えがありました。ナガミヒナゲシは私の家の庭にも沢山咲くのですが雑草として刈り取っています。白鳥のいる池のある中庭の景色何とも云えない美しさです。
彦左
2007/04/23 20:41
hirasanさん、こんばんは。コメント有難うございます。
二条城の庭園内の桜もたくさん植えてありましたが、此処の堀川通りも八重種など多彩で見事でした。
ギョイコウ(御衣黄)は実物をご覧になったことが無かったですか?
此処二条城前は10本も植えてあるとかで、地元の方が自慢してらっしゃいました〜。まさに、御威光の感じでした〜。
ウコンの方は苗も売ってますし、皆さんご存知のようですね。
この時期、もうソメイヨシノなど一重の花びらは終わりで、落花が吹きだまって、その潔い花も美しいですね。桜にちなんだ花の言葉や歌がたくさんありますね。
今度夏にお出かけの京都も、あちこちと巡る所がたくさんありますので、今からお楽しみですね〜。
hirasanさんへ
2007/04/23 21:53
彦左さん、こんばんは。コメント有難うございます。
此処は観光地としても有名な二条城前ですので、市の方でも道路端にたくさんの桜を植えられたと思います。そして地域の方々も、休みの朝に、道路掃除をなさってらっしゃいましたよ。こうした地域の皆さんのお蔭で、美しい町並みが保存されるのでしょうね。八重桜で豪華でしたよ。そして道端にも帰化植物のケシが植えたようにたくさん蔓延ってました。これはひとりでに生えてくるものですね。彦左さん宅は雑草として刈られますか?白鳥のいる中庭は由緒ある場所で、旧三井家の庭だったそうで、ホテル中庭に池が巡らせてあって、京都らしくいい雰囲気でしたよ。
彦左さんへ
2007/04/23 22:00
京都ー堀川通り桜他 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる