一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS プリムラ色々(プリムラ・ピアリー、ジュリアン、オブコニカ等)

<<   作成日時 : 2007/04/02 19:55   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

画像
  <プリムラ・ピアリー:2007/4/1撮影>

プリムラは花屋で、花の少ない冬から出回っていて、今迄たくさん求めて育ててきた。

プリムラと呼ばれる花には、学名のprimula(プリムラ)が付いていて、最初と言う意味のprimusからと知ったが、春一番に先がけて咲くサクラソウ科の花のことだ。

画像
   <プリムラピアリー>

「秘密めくクリンコザクラ咲きいたり低く黄いろくかたまりながら」(鳥海昭子、クリンコザクラ=プリムラ・ポリアンサ)

プリムラ名が付く花として、花屋で見かけて売っているものにはたくさんあり、ジュリアン、ポリアンサ、オブコニカ、マラコイデス、シネンシス、デンティキュラータ(玉咲き桜草)、ロゼア、ピアリー、オーリクラなどがある。また中国原産の雲南さくらそうもプリムラ名が付かないが同じ仲間だ。
プリムラ・ジュリアン2005/12/27
プリムラ・ポリアンサ2006/01/31
プリムラ・マラコイデス2007/03/01
プリムラ・シネンシス2007/02/18
プリムラ・デンティキュラータ2006/04/09
プリムラ・ロゼア 2007/02/15
ウンナンサクラソウ(雲南桜草)2007/03/17
日本のさくらそうも学名にプリムラが付き、日本のサクラソウ科でプリムラの仲間だ。プリムラ名が付く商品名のサクラソウ科のものは、外国のものを指すものが多い。(雲南桜草は別だが。)
ニホンサクラソウ
ミヤマサクラソウ2007/03/19


画像
    <プリムラピアリー花の様子>

花としては、どれも小さめの花がたくさん咲き、またオブコニカやジュリアンなどは、品種によって花色の多彩さとローズ咲きなどある。近年の品種改良によって種類がたくさん出回って心華やかにしてくれる花なので、我が家でも今迄たくさん育ててみた。
株としてもシネンシスやウンナンサクラソウ、ピアリー、オブコニカなどを除けば小さめで安価だ。
プリムローズ (八重咲き種)2006/12/07

画像
<プリムラ・ピアリー>

育てて見ると殆どのプリムラは耐寒性があり、本来は宿根草だが、日本の夏は蒸し暑くて夏越しが難しいものだが、マラコイデスは耐寒性もあり丈夫で、鉢やプランター管理として軒下移動し、夏場涼しい環境に置いて夏越し成功だった。

また地植えのものも、夏場涼しい環境のところに植えれば暖かい春になると宿根として出てくる。
この時期、ヨーロッパ原産のクリーム色のプリムラ・ブルガリスの花が木の根元などで地植えであちこちの家で見られる。

画像
 <地植え宿根としてプリムラ・ジュリアン:2007/3/31撮影>

我が家の場合、ジュリアンを何年も色々あちこちに植えて見るが、青い色のジュリアンが一番相性が良く、宿根として毎年出てきて3年目だ。、北花壇の木の根元で年々殖えて、今頃青々と咲いている。最近手に入ったプリムラ・ブルガリスも一株地植えで様子を見ている。
プリムラ・ジュリアン (地植え宿根・2006/04/08 )





画像
  <プリムラ・ピアリーとマラコイデス>

またポット苗で求めて育てているプリムラ・ピアリーは、その花の形が苺のように赤くなり独特で、これがプリムラなのかと疑問に思ってしまうが、穂状に咲く小花を見れば、プリムラと納得で、芳香もある。
画像
   <プリムラピアリーとシネンシス>

何度も育てているが、夏越しが上手くいかない。だが可愛い独特の形には心惹かれる。

画像
<葉の様子:プリムラ・ピアリー2007/3/23撮影>

花茎が長く細くて、葉を見ればしっかりとプリムラ様だ。原産地として中国と本にあるが、ラベルにはヒマラヤ原産とある。
草姿が何かに似ると思ったら、オオバコでヨーロッパ原産のヘラオオバコと言うのがあり北海道で多く見られるが、去年道端で見て一瞬プリムラ・ピアリーの仲間かと思った。





画像
<プリムラ・オブコニカ2007/2/23撮影>

一方、プリムラ・オブコニカは、暮れから多彩な花色が鮮やかで、ジュリアンなどと比べて少し値段的に高いが、鉢として出回っていた。他と比べて寒さに弱いようで室内管理だが、そのこんもりとした形が室内を華やかにしてくれるものの、以前は葉や花に被れやすかったが、近年品種改良されてタッチミーと言う品種が出回ってかぶれにくくなっている。別名がトキワコザクラだ。
プリムラ・オブコニカ2006/01/06

「昔から咲いてるように城跡のトキワザクラ花を競えり」(鳥海昭子)(トキワザクラ=プリムラ・オブコニカ)

画像
   <2007/3/17撮影>
我が家では、おと年も夏越し成功だったが花付が悪かった。去年のものもお礼肥が足りなかったかも知れないが、今何とか見られる状態で、花色が少し淡いような気がする。
花の形に切れ込みが多く、円錐形のすり鉢状からオブコニカとなったそうだ。鉢なので二重鉢にして管理してみた。

画像
  <プリムラ・オブコニカ
2007/3/31撮影>

今、我が家の庭で、中国原産のプリムラ・マラコイデス、オブコニカ、シネンシス、ピアリー、ウンナンサクラソウが、そしてヨーロッパ原産のプリムローズ、ジュリアンが夫々に賑わっている。
正体不明のミヤマサクラソウも満開だが、早々と木下陰に地植えし、ヒマラヤ原産で花が終わったロゼアも同じ傍に地植えしてあるが、夫々今年の夏越しはどうであろうか?

画像
<プリムラ・オブコニカとマラコイデス、ピアリー>   

去年初めて夏越しして、まだ花芽が見えない地植えのニホンサクラソウが頑張っており、蕾をもって花を咲かせて欲しい。

昨日は暑い感じの花見日和だったが、今日は生憎花雲りで、おまけに花冷えの一日だ。
庭の桜にはメジロ、ヒヨドリが盛んに訪れているが、折々の風に音も無く花びらが散って、プリムラの花のうえにもそっと飛んでくる。


画像
<プリムラとりどり>


「鮮やかなる花色夫々プリムラの庭に出揃う春の盛りに」

「下陰に小花青々ジュリアンの幾輪咲き初め夏冬耐え来て」

「音も無く散るゆく桜花びらの花冷えの中プリムラの上(へ)に」

「プリムラと呼ばるる異国の花花の仲良く庭に華やか明るむ」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
面白い 面白い

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
プリムラにも色んな種類があるんですね。驚きました。
プリムラ・ビアリー 本当に苺のようで、なんて可愛らしいんでしょう。

ハッチの花散歩
2007/04/02 20:20
こんばんは。さすがに一花さんらしいお話でした。プリムラと名のつく花を全部かいてくださってよかった。この間、迷いに迷いました。あこれもプリムラとか。「音も無く散るゆく桜花びらの花冷えの中プリムラの上(へ)に」本当花冷えになってしまいましたね。桜は咲くのもすばらしいですが、散るのもうつくしい
hanahhana1952
2007/04/02 21:00
最後の画像は一花邸宅にあるプリムラ花壇ですか?凄いプリムラ群生ですね。色々の色が有って、艶やかで、明るくて天国の庭みたいですね。ヒョットして、このプリムラ(サクラソウ科)の上に桜が咲いているのですか?
デコウォーカ
2007/04/02 21:57
 一花さんちは、木のサクラと草のサクラが同時に咲いて、まさにこの時期は花屋敷で素晴らしいですね。ガーデニング和歌奥様も、いろいろお花の手入れが忙しくなり、大変なことですね。
 いろいろむぞかぁ〜花を見せていただきました。沢山集めると華やかになり、彩りも豊かで楽しいものですね。

 うちではマラコイデスは引き続き咲いていますが、日本のサクラソウの葉も開いてきました。これから楽しみですね。
なおさん
2007/04/02 22:04
最後の画像はプリムラの競演で素晴らしいです、それにしてもプリムラ・ピアリーというのは、葉はプリムラですが花は別の種類のような感じですね、確かに咲き始めのところは堤防で良く見かけるヘラオオバコと似ていると思います。
綺麗な花を楽しませて戴きました。
OSAMI
2007/04/02 22:17
ハッチの花散歩さん、こんばんは。コメント有難うございます。プリムラは可愛い花で、種類が多く、花屋さんでも多彩で出回ってましたが、もうこの時期、プリムラ・ピアリーぐらいでしょうか?そして日本サクラソウもぼちぼちですね。
このピアリーは苺のようで可愛いですね。私には夏越しが上手くいかないのです〜。
ハッチの花散歩 さんへ
2007/04/02 22:41
hanahhana1952さん、こんばんは。ガーデニングするようになって、一番初めに鉢で色々植えたのがジュリアンでした。その後、ポリアンサなどプリムラとして出回っているのもが多くて、求めて育ててみました。本にはポリアンサがポリアンタとの表記がありました〜。(スミマセン絶対はないのですね〜。)
プリムラとしてはシネンシスやマラコイデスなど中国原産が多いようですね。ニホンサクラソウは難しいですが、何とか上手くいきそうです。hanahhana1952さん宅では、もうすぐ開花ですね。西洋桜草の上に、日本の桜が、ひとひらふたひらと散って、花として散る花咲く花を見ていますが。歌の表現が下手ですみません。
hanahhana1952さんへ
2007/04/02 22:47
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。
プリムラは夏の暑さに弱いため、管理として夏は涼しい場所に移動しなくてはならず、また冬は軒下ですので、鉢やプランター植えなんです。せっせとあっちにこっちに移動です。北海道やイギリスでは地植えでしょうか。うちは天国の花園では、ちと早すぎるので 秘密の花園とでもしておきます〜。桜は此処でなく、もうすこし先の方です。狭い庭ですので〜〜。この時期、上も下も桜の桃色です〜。
デコウォーカ さんへ
2007/04/02 22:53
なおさん、こんばんは。今日もいろいろむぞかぁ〜花で、庭が明るく春爛漫と言う感じなんですよ。プリムラも出回っているのものを殆ど全部育てて見ました。でも日本のサクラソウもクリンソウもすきなんですが、なかなか相性が悪いのですよ、ニホンサクラソウは今年は夏越ししてますが、まだ花芽が出てません。
ガーデニング和歌奥様としては、和歌はちっともワカランで困ってます〜。奥様業はいい加減なテゲテゲで怒られて、先日も空桶に生米生卵でした〜。ガーデングはやはりこの時期、花冷えがあるのですね。やはり桜が散ってから本格的なガーデニングなんですね。、
なおさんへ
2007/04/02 23:08
OSAMI さん、こんばんは。コメント有難うございます。
プリムラを育てて見ると、プリムラ名のものがたくさん出回っていて、育てて見たくなり求めて殆ど育ててみました。本来は宿根ですが、夏場暑さに弱いものですね。ニホンサクラソウ、クリンソウなどは山野草としても好きですが、育てても相性が悪いです。
プリムラ・ピアリーですが、北海道の道端でたくさん見た植物がピアリーだと感激したのですが、帰って調べたら、ヘラオオバコで残念でした。
OSAMIさんもヘラオオバコをご存知でしたのですね。
OSAMI さんへ
2007/04/02 23:14
まさに「花盛り」ですね。
プリムラって、ポリアンサとかジュリアンとかシネンシスは過去に育てたことがあったと思いますが、今日のこのピアリーにはびっくりしました。
つぼみの状態ではとても仲間だとは思えませんが、葉とか開いた花の様子はプリムラですね。とても面白いです。
未来
2007/04/03 08:39
華姿だけみるとツルボのようにも?ヘラオオバコの様にも?
プリムラ・○○○ってホントに多いんですよね〜〜
一花さん家で挙って見られますね。春らしい華やぎです。
ブルビネラってコレに似た黄色の花が(ユリ科)ありますよね。
お花のUPだけでも大変なのに・・・
ほんとによーく調べてあって、凄いです。ヒッタマガッタぁーー
nobara
2007/04/03 10:02
未来さん、こんばんは。コメント有難うございます。
プリムラは花色が多彩で可愛くて明るい花で、冬から出回ってますので、ガーデニングでは育てて見たくなる手頃な花ですよね。
未来さんも色々育ててらっしゃったのですね〜。そしてシネンシスも過去でしたか?去年買おうとしたら売り切れで、私は今年初めてでした〜。
このピアリーは以前も育てた事があるのですよ。苺のようで面白い形ですが、カメラ画像で撮ったら綺麗でしたよ。葉がしっかりとプリムラですよね。
未来さんへ
2007/04/03 21:35
ノバちゃん、こんばんは〜。今日は花冷えで寒かったよね〜〜。よかあんべお休みでしたか?雨の日は、ゆっくいたまにはのんびりとして〜こころの洗濯だよね。
この花はツルボにも似るよちおもちょったのよ。ブルビネラって初見ごわした〜〜。ネットで調べたら、あらら〜〜黄色い花じゃっどん、そっくいじゃっよね〜^。私は植えた経験があるので、色々知識として残ってますがよ。自分で育てて経験して見なくては、名前もなんもかんも、ちっとも覚えられん単純オツムじゃっと〜〜。
ノバちゃんはどけんして、そげんどっさい花の名前をしっちょやっとじゃんそかい??ヒッタマガッタぁーーちいつもおもかた〜〜。こんど花クイズにでも出て見てよ〜〜〜ネ。
nobaraさんへ
2007/04/03 21:47
一花さん、流石!花園の庭ですね。
本当に綺麗な花が並んでプリムラのオンパレードってこのことですね。
一番最初のルピナスの様なピアリーって云うんですか本当に綺麗な色ですね。
彦左
2007/04/05 16:26
彦左さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
彦左さん宅もプリムラの鉢がお見事でしたね。
最初のものは、ほんとルピナス似でしね。ニュージーランドで大きなものをご覧になって写真に写ってましたが、そんな感じですよね〜。
これはプリムラ・ピアリーと言うのですが、プリムラにも種類が色々あるのですよね。まだ花屋さんでは他にも見かけているのですが。
夏越しできれば良いのですが、マラコイデスが一番丈夫ですね。
来年も彦左さんは零れダネで頑張って下さいね。
彦左さんへ
2007/04/05 21:24
プリムラ色々(プリムラ・ピアリー、ジュリアン、オブコニカ等) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる