一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS チューリップ

<<   作成日時 : 2007/04/30 21:46   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

画像
           <スプリング・グリーン>
画像


秋植え球根として、毎年チューリップを求めて花壇やプランターに植えているが、寒さを越して春に咲くチューリップは、ガーデニング素材として、芽が出て開花を見るのも楽しみな花だ。

咲いた花色はどの花を見てもただ綺麗で、庭が明るく賑やかになり、ぱっーと華やかな気分にもなる。

「チューリップ喜びだけを持ってゐる」(細見綾子)

                       <フリンジ系>
画像

画像

画像

画像

画像

画像

庭植えのチューリップの早いものはもう散ってしまったが、今まだ咲いているもの、まだこれから咲く遅いものもある。

花を楽しむ為に植えたチューリップの球根は、植えっぱなしだと分球して年々花が小さくなり、次第に咲かなくなってきた。
花後毎年、葉が枯れた頃に掘り上げて乾燥させ、ネットに入れて涼しい所に保存している。

チューリップ球根栽培農家では、花が咲いたら摘花して球根を太らせているようだ。


                     <ユリ咲き系>
画像

画像

画像

画像


年々秋に出回っているものには、品種改良された珍しいものを見かける。
八重のもの、ギザギザが入ったフリンジ系のもの、アラジンと呼ばれる百合咲き系、黒い花のもの、花の形が面白いものなど、そして葉に白い筋が入ったものなど多彩だ。

画像

画像

画像


育てて見ると、チューリップは花期が短く、天候にもよるが、1週間から10日で散っていくようだ。
晴れた日には花びらが開き、曇りや雨の日には閉じている。
閉じた花姿はすっきりとしてまるで祈りのようだ。開いた花もまたそれはそれで魅力がある。

画像

画像

画像


チューリップの原産地は地中海東部沿岸から、中央アジアに約150種の原種が分布していると言う。
16世紀にヨーロッパに導入されて、17世紀にはチューリップ狂時代と呼ばれてブームが興って、早々と八重種など品種改良が行われたようだ。

園芸種としては2000種以上が知られて、市販されているのは100〜150種類とある。

                      <八重種>
画像

画像

画像

画像



管理として日当たりの良い所だが、冬に湿度が高く、夏に乾燥する気候を好むので、日本海岸側では球根肥大に適しているそうで、新潟、富山が有名だ。

花後化成肥料の追肥で、葉が黄変するまで日に当てて管理して掘り上げるが、花後のお礼肥を何時も忘れてしまう。
ターシャ・チューダーもチューリップが好きで、球根を求める為に童話を書いておられるとのテレビ放映を見たのはおと年だった。今年も彼女の庭にはとりどりの花色が咲いているだろうか?

「それぞれにうかぶ宙ありチューリップ」(皆吉爽雨)

画像

画像


チューリップその1、2006/04/24
チューリップその22006/04/24

今日は4月の尽。明日からもう皐月となり若葉の季節を迎える。落葉樹の葉も新生したように瑞々しく、目にも鮮やかで、吹く風も心地よく涼やかだ。
庭の鉢物も水を欲しがってきて、そろそろガーデニングも忙しくなるが、毛虫も今日1匹見た。

「合掌の形の赤いチューリップ今日の私をやさしくします」(鳥海昭子)

「チューリップ散って一茎天を指す」(貞弘 衛)

画像



「姑の二回忌となる卯月尽咲き満つ花壇の花を供花とす」

「閉じてまた開いて閉じる百輪のチューリップの季春も過ぎ行く」

「どの花を見てもただただ綺麗ねとチューリップの季憂いを忘る」

「祈りする如くに閉じてチューリップ花壇の百輪直向きなまま」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
なんて沢山の種類のチューリップたちでしょう!すばらしいですね。毎年こんなに沢山の種類を植えていらっしゃるのですか?前に100本くらい植えるとおっしゃってましたっけ?
チューリップの種類もずいぶん沢山あるのですね。私の住んでいるところは田舎なので、そんなにさまざまな種類の球根は見かけません。やはり東京ですね。みんなそれぞれに可愛くて、どれがいいとも言えない感じです。
未来
2007/04/30 23:15
うゎ〜〜チューリップこんなに種類があるなんて知らなかった。
スプリング・グリーンゆりに花みたい。ギザギザフリルも可愛いくて、一花さん花の一番綺麗な姿を激写ですね。ゆり系表情あります。
150位種類があるんですか。八重咲きはチューリップとは思えませんが
最後の画像の色が緑の先が赤で好きな色合い。可愛いイメージが少し変わりました。
coupu
2007/04/30 23:38
たくさんの種類のチューリップ見事ですね。チューリップ園みたいですね。咲かないチューリップ工夫がほしいですね。こちらも、今年は咲かない子が多かったよ。「合掌の形の赤いチューリップ今日の私をやさしくします」(鳥海昭子)素敵な歌だよね。「どの花を見てもただただ綺麗ねとチューリップの季憂いを忘る」そうチューリップの歌は、通り、チューリップの特性かな?
hanahhana1952
2007/05/01 02:59
 一花さんちは、今年も沢山のチューリップが見事に咲いたのですね。どれもそれぞれ面白い咲き方ですね。毎年植えている、というのはさすがです。場所がないと出来ませんからね。

 今年は、今までになく沢山のチューリップを見ました。昭和記念公園に何度か行ったからなのですが、4月5月と見事な群落が見られますね。
 昨日は、赤いチューリップの花びらを使い、シルクの布を染めるという講習会をしてきましたが、思いのほか良く染まり、喜んでいただけました。
なおさん
2007/05/01 05:09
たくさんのチューリップ、すごい!見事ですね!さぞかし一斉に咲く様は圧巻でしょうね。
チューリップのたくさんん咲きそろっている姿を見ると、心躍りますね。そしてとってもHappyな気持ちになります。♪♪♪〜。

園芸種が200以上、市販されているものでも、100〜150種類・・・ワ〜ォ、びっくり!

”合掌の形の赤いチューリップ、今日の私を優しくします”
素敵な歌ですね。大好きです。
にりんそう
2007/05/01 09:11
タイトルがチューリップで、これなら今日は良く知っている花なので気楽に見れるぞ、と思って読み進むと、?、?、?見た事も無いチューリップのオンパレード。八重のチューリップはチューリップに見えないで、バラに近い感じがします。ギザギザのフリンジ系、ユリ系これらもチューリップとは、ビックリでした。
デコウォーカ
2007/05/01 09:45
沢山の種類のチューリップじっくりと楽しませて戴きました、それにしてもこれだけ種類があると花の咲くときも異なり、良い条件で写真を撮る苦労を推察しながら、さらに維持管理のことを考えると脱帽ですね。
本当は苦労して育てるところが一番の楽しみなのかもと思いますが?。
OSAMI
2007/05/01 14:14
チューリップの花辞典を見ているようです♪
チューリップの足元に咲く花たちもとても綺麗に咲いていて、私もターシャの庭のことを思い浮かべました。
グリーンのチューリップが、ピンクの桜草を借景に一層引き立ちますね。
hina
2007/05/01 15:00
チューリップもこんなに種類があるんですかァ。バイオの技術の進歩にはただただ驚くばかりです。こんな美しい花に囲まれて毎日楽しんでいらっしゃる一花さんはしあわせですね。ベニバナヤマシャクヤクがここ数日の間に展開してきました。ひろげた葉の間から花芽が伸びてきました。昨日蕾をUPしておきました。うまく開花したら花姿を追加いたします。
目黒のおじいちゃん
2007/05/01 20:06
随分見たこともない珍しいチューッリップがあるのですね。
人間は色々なものを作るものです。八重だとチューッリップに見ませんね。もう我が家のチューッリップは終わりました。また来年が楽しみです。
ミニミニ放送局
2007/05/01 20:09
一花さん、スゴイ沢山のチューリップですね。種類も多いです。丸でリューリップ園ですが、これだけ育てるの大変でしょう。私も10個だけ球根を貰って育てましたが、もう終わってしまいました・咲き終わったあとどうすれば一番いいのでしょう。
彦左
2007/05/01 20:10
未来さん、こんばんは。夕べ遅くコメント有難うございます。お返事遅れました。
チューリ一プは昔から好きで八重種など植えていましたが、近年色々と出回っていて、開花株も出回っていますね。秋に球根を見るのが楽しみなんですよ。でも掘りあげなくてはいけなくて、ガーンデニングとして面倒なもので、花期も短いですよ。この頃青いものもネット販売されていますよ。でも、この花は明るさ華やかさがあり何時も笑っているようで、また閉じると祈っているような感じもありますね。
未来さんへ
2007/05/01 21:35
coupuさん、こんばんは。またこちらにコメント有難うござます。夕べ遅く書いて戴きながら、お返事遅くなりました。
出回っているチューリップには、まだまだ素敵な花がありますよ。うちのものはホンの少しです〜。去年の球根のものも花が小さいながらも出てきてくれました。
トルコや地中海東岸では、原種として150種ぐらい存在し、その中から品種改良されたそうです。
八重種はヨーロッパでは既に17世紀から品種改良されて出回っていたようですね。開花を見ると、まるで薔薇のようですよ。チューリップ狂時代とも呼ばれた所以が頷けますね。
最後の画像のものは今年初めてで、萼の色も蕾も珍しいでした。
他に市販されていたものでも、結構珍しいものがありましたよ。花期が短く、掘りあげる面倒がありますね。
coupuさんへ
2007/05/01 21:45
hanahhana1952さん、こんばんは。真夜中にコメント有難うございます〜。お出かけされて体調大丈夫でしょうか?
チューリップは、植えっぱなしだと咲かなくなりますよね。そして球根が分球して片葉になると咲きませんよね。うちもそんな子も多かったですよ。それで毎年秋に追加で求めて植えています。
鳥海さんの歌、「合掌の形の赤いチューリップ今日の私をやさしくします」ですが、閉じた姿と蕾を合掌の形と見られていて、びっくりしました。実は去年チューリップをアップする時に、祈りの形に見えていたのですよ。まだこの鳥海さんの短歌の本も求めていなかったし、勿論歌も昨日初めて知ったのです〜。何か同じ思いをされたおでしょうね。おと年姑が亡くなった時に咲いていましたので。今年は明るく、どの花を見てもた綺麗だな〜〜と思っています。
hanahhana1952さんへ
2007/05/01 21:52
なおさん、こんばんは。早朝よりコメント有難うございます。風邪のお具合は、もうすっかり良くなられたのでしょうか?
去年のものも掘り上げて、また乾燥して植えましたが、出てこないものもありますね。それで毎年秋に求めて植えています。
なおさんは、今年は昭和記念公園へお出かけが多いですね〜。
若しかして、お仕事よりも、そちらが楽しいのではあ〜りませんか?
植物と関わりあっていると、楽しくストレスもなく癒されますね。
チューリップの花びらからの染物、仕上がりも上々でよかったですね。
以前教えて戴きましたが、またあちらで公開されているのでしょうか?

なおさんへ
2007/05/01 21:57
にりんそうさん、こんばんは。何時もこちらにコメントして下さって有難うございます。
今年100輪と思ってましたが、去年のものもあり、それ以上咲いたようです。チューリップは喜びのようで、ホントHappy♪♪♪〜な気持ちになりますね〜。ただただ「どの花を見ても綺麗だな〜」と後がなく、さらりと気持ちの整理が出来て、前向きに生きられますよね。
園芸種が2000以上なんですって〜。市販されているものでも、100〜150種類だそうで、此処にあるのはたった何種類です〜〜。・ワ〜ォ、びっくり!!!他の種もたくさん見てみたいものですネ〜。

”合掌の形の赤いチューリップ、今日の私を優しくします”
鳥海さんの歌は素敵ですよね。「今日の私を優しくします〜。」ほんとです。お花は癒してくれるものですから。
そして勿論、明るくも喜びもですよネ。
でも開花を見るのは良いですが、堀りあげて乾燥がまた面倒なんですよ〜。



にりんそうさんへ
2007/05/01 22:06
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。 こちらは一日雨でしたよ〜。そちらもお出かけウォーカーさんはなかったのでしょうか?
チューリップのタイトルでしたが、お花が種々さまざまでしたね。でも普通のものもたくさん植えてあるのですよ。
八重種は皆さん仰るように、薔薇に見えますよね。ヨーロッパでは17世紀にもう八重種が出来ていて、チューリップ狂時代があったそうです。
歴史では、「薔薇戦争」がありましたが、「チューリップ戦争」はなかったですよね〜〜。
ギザギザも横から見ると表情があり、百合のものも、時間によって形変って、画像としても色々撮れて、面白く綺麗でしたよ。
他に市販されているものでも面白い形があり、またネットでは青いチューリップもあるようです。

デコウォーカ さんへ
2007/05/01 22:14
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
出回っている品種から比べると、うちのものは、ほんの少しですよ。
まだまだお好きな方は色々ネットとかで求めて育ててらっしゃいますね。
年々チューリップ球根も纏めて買うと安いようです。
花後の掘りあげは憂鬱なんですが、頑張って掘って乾燥させています。
狭い花壇ですので密集して植えて風の通りが悪いようです。
冬から春に芽が出てくると嬉しいもので、でも開花が一番の喜びですよ。たくさんの花びらが散ると、侘しいものですね。
OSAMI さんへ
2007/05/01 22:20
hinaさん、こんばんは。コメント有難うございます。
此処のチューリップは出回っているものに比べたら、ほんの少しですよ。花びらが面白いものだけですので、珍しいように見えるのでしょうね。
狭い何箇所かの花壇に植えてありますので、宿根のものが出てきて、一緒に画像に写ってます。
トップの画像は、サクラソウが背景でお互い引き立ってくれました。

ターシャさんの映像が、去年の暮れにありましたよね。90歳過ぎて少し弱ってらっしゃいましたね。お孫さんのお嫁さんが一緒にお手伝いしてらっしゃて、美しい光景でした。そしてかの広大な庭を徐々に自然に帰すとか仰ってましたね〜。一度は見てみたい憧れの庭ですよね。
女手一つであそこまでの子育て、ガーデニング、絵本作家、昔風の手作りの生活、素晴らしい生き方で、まるで書かれた夢の中のようですね。
「喜びは創り出すもの」と言う発想。こつこつとした忍耐と努力が夢と希望を創るんでしょうか?それは花と自然に癒されるからでしょうね。
hinaさんへ
2007/05/01 22:31
目黒のおじいちゃん、こんばんは。コメント有難うございます。
園芸種として出回っているのにはまだまだたくさんあり、花も色々出回っていますよ。ほんと毎日花に癒されて、有り難いことです。でもお世話して植えたからこそで、堀りあげも乾燥も大変なんですよ。ガーデニングの一番楽しい時期は、藪蚊のいない今と秋でしょうか?夏場は水遣り、冬場は室内管理とか大変で、、春秋の植え替えも手間がかかりますね。
アカバナシャクヤクの花芽が出てきたのですか?羨ましいですね。開花が待ち遠しいですね。あとで伺わせて戴きますね。うちの白はまだ蕾が固いです。
目黒のおじいちゃんへ
2007/05/01 22:50
ミニミニ放送局 さん、こんばんは。コメント有難うございます。
チューリップとして園芸種で出回っているのは、もっとたくさん見かけるようです。ここにあるのはほんの少しで、ガーデナーはまだまだ凝った花を育てているようですよ。皆さん、八重は薔薇に見られますよね。この八重種はこの頃安くで出回っていますよ。もう皆さん宅では花期が終わったようですね。うちはまだ時期がずれたもので、30輪以上咲いていますよ。蕾もありますし。でももう5月ですものね。オランダでは今が盛りのようで、5月のカレンダーの絵に出ていました〜。
ミニミニ放送局 さんへ
2007/05/01 22:55
彦左さん、こんばんは。コメント有難うございます。
彦左さん宅でも咲いていて素敵なPCテクニックで見せて頂きましたね。もう場所によって、開花が終わっていますよね。うちは時期がずれたものなどあり、まだ30輪ちょっと咲いていますよ。
テレビで見ていたら、球根を育てる為のものは、開花後摘花していましたが、家庭では花を楽しむために植えていますので、花を長持ちさせなければいけませんよね。種をつけない様に雌しべを摘むとかも聞きましたが。花後は化成肥料のお礼肥をあげて、球根を太らせ、葉が枯れるまで置いて、枯れたら、梅雨の晴れ間に掘り上げて乾燥させてネットに入れて風通しの所に置いていますよ。面倒だと植えたままの方もいらっしゃいますが〜。でも年々花が咲かなくなるようです。若しかして、ネットでも詳しい育て方が出ているかも知れませんよね〜。
彦左さんへ
2007/05/01 23:04
チューリップ 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる