一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ウンナンオウバイ&レンギョウ

<<   作成日時 : 2007/04/05 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像
   <ウンナンオウバイ:2007/4/3撮影>

春に咲く黄色の花木の中で、我が庭のサンシュユは終わり、レンギョウとウンナンオウバイ(雲南黄梅)が咲いている。
ウンナンオウバイ(雲南黄梅)2996/4/21

普通のオウバイ(黄梅)は、日本には古い時代に渡来して、中国では迎春花と呼ばれているそうだ。我が家にはないが、冬場に葉が枯れて、針金のような枝だけがフェンス縁から垂れているのをあちこちで見かける。まだ寒い2月頃から葉の前に花が咲いており、枝は半蔓性だ。
オウバイ(植物園へようこそさまHPより)
画像

一方、ウンナンオウバイ(雲南黄梅)は、明治期に渡来したそうで、山と渓谷社の本には、葉が開く前に花が開くとあるが、我が家では落葉しないで冬も葉が残っている。場所にもよるのであろうか?
花期は普通のオウバイよりも遅く、3月頃から咲いてくるが、今年は暖冬で幾分早かった。

画像
  <ウンナンオウバイ>

育てて見ると、剪定してもまた次々と枝が出てとても丈夫だ。樹形は上向きに伸びてしな垂れ、半蔓性でたちまち大株になってしまう。
北側に植えてある普通のオウバイを見たので、我が家も北フェンスに絡ませてみた。
邪魔になるので何時も切られてばかりだが、北側でコンパクトな割には、少し花が咲いている。

もう一株、南側に植えて4年目のものがあるが、随分繁って邪魔になったので、ばっさりと切ったら今年は花付が悪い。

画像
  <花びらの様子:中心は旗弁か>

花を見ると、普通のオウバイに似て、別名がオウバイモドキとある。「黄梅」と書くが、花は梅の5弁花とは違って、6〜8弁とまちまちだ。
カメラで撮ってよくよく見ると、我が家のものは、同じ株に一重、八重、半八重が入り混じっている。
本にはオウバイにも八重咲きがあると書いてあるが、株として一重種と八重種の別種があるということなのか、それとも同じ株に一重と八重が混じる意味だろうか?
あるネット記事に、「花冠は6〜8つに分かれるが、花の中心から旗弁が出るものがある」との記載があったが、半八重のものは旗弁のようだ。
今日外出の折、たまたまあるお宅の大株のウンナンオウバイを見たが、其処のものは一株全部が八重だった。

うちのものは、どうも良く分からない。日当たりが影響するのだろうか?去年は、一重に咲いたものが、その後次第に半八重、そして八重に変化するものと思っていたが、先日一重の花が落ちていた。

さて、これは何科かと思って調べるとモクセイ科でソケイ属だった。ソケイは、白い花が咲くジャスミンだが、これも匂いがあるかと嗅いだら、そんなに匂わないようだ。
キソケイと言うのがあるが、このオウバイは花の感じがどこか似ている。
モクセイ科の仲間としてモクセイはうちに植えてある。他に良く知っているのは、属が違うレンギョウ、オリーブ、ライラック、ネズミモチ、ヒイラギなどがあった。
画像

普通のオウバイは中国原産で、ウンナンオウバイの方は中国西南部だ。
ウンナンと名の付く植物は他にもあり、これに良く似た黄色い花のウンナンゲッコウカ(雲南月光花)は去年鉢で育てた。
まだなんとか生きているものの花が咲かない。花として見れば、こちらの5弁の花の方がより梅に似ているようだ。
ウンナンゲッコウカ(雲南月光花)2006/02/04


あとウンナンサクラソウ、フユクレマチスのウンナエンシスなど育てているが、何れも花付が良く綺麗な花の感じだ。
雲南地方は若しかして花の宝庫のようだ。

画像


「迎春花咲いたと手招く父がいしかの日のままのオウバイ咲けり」(鳥海昭子)


<ウンナンオウバイ(雲南黄梅)>
モクセイ科ソケイ属
学名 Jasminum mesnyi (=J.primulinum)
原産地:中国雲南地方
花期:3〜4月
別名: ウンナンソケイ(雲南素馨)、オウバイソケイ(黄梅素馨)、オウバイオドキ(黄梅擬)
半蔓性で垂れ下がる
日当たりと排水を好む
常緑低木(樹高3メートルまで)
※似ている花で雲南黄梅より小型の黄梅(おうばい)がある
また5〜7月ごろ花が咲くキソケイもある
まとめてみると、黄梅は落葉低木。雲南黄梅は常緑低木。
花期が黄梅が雲南黄梅よりひと月早く、花も小さめである。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

画像


さて同じモクセイ科でレンギョウ属のレンギョウだが、我が家では、もう花が咲いて葉が出ている。
樹木として、公園などに低く刈り込まれて植えられているのを見る。

レンギョウ 2006/03/30

我が家のものは、父亡き後、母が家を売って他に2世帯の家を建てた折、父が育てていた植物が色々こちらに送られて来たものだ。挿し木用の枝だったが、もう植える所がなくて、半日陰の場所に植えた。
だが、しっかりと根付き、毎年枝が伸びて株も太く邪魔となって伐られている。
冬から春に枯れたと思っていると、暖かくなって小さな蕾が吊り下がり、何時の間にか黄色い花が咲いて、そしてまたすぐ葉が出て、知らずに花が少なくなっている。
庭隅で気にかけないから、人知れず咲いて散っているようだ。
これはウンナンオウバイより後から咲いてくるが、花期が短い。

枯れずに育っているだけでも有り難く、遠い日の思い出を込め、俯いて咲く明るい花だ。

画像


レンギョウにもレンギョウ(別名:レンギョウウツギ)、チョウセンレンギョウ、シナレンギョウ、ヤマトレンギョウ、ショウドシマレンギョウなどの種類が本に載っているが、我が家のものは花が黄緑色っぽく枝が立ち性で、オシベより花柱が長い感じなので、シナレンギョウあたりだろうか?

「レンギョウの鮮やかに咲きいたる庭今日旅立ちの子らを見送る」(鳥海昭子)

<レンギョウ(連翹)>
モクセイ科レンギョウ属
原産地:中国、朝鮮半島、日本
樹高:2〜3m 
開花時期:3〜4月 
花径:2.5cm


「雲南の名を負い咲く花とりどりに彼の地の春の花園思う」

「北側のフェンスに絡まり黄の花の雲南黄梅春を迎えて」

「亡き父の思い出惹きて年々に株太りゆく日陰の連翹」

「刑務所の高き塀より飛び飛びに桜大樹の末花盛る」

「芽吹きたる欅通りの欅並木佇む向こうに桜の並木」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ウンナンオウバイが綺麗に咲いていますね、私も街中で見かけ写真に撮りましたが、そこの家では庭にスタンドの形に仕立てて、小学生のオカッパ頭みたいになっていました。
OSAMI
2007/04/05 21:22
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
以前オウバイをアップされてましたが、今年は早かったですね。我が家のウンナンオウバイは、最初一輪咲いてその後なかなか一気に開花せず、今頃満開です。 街中でもご覧になりましたか?スタンド仕立てしないと、これはモッコウバラみたいに凄く元気で蔓延ってしまいます〜。小学生のオカッパ頭ですか?うちも何時も切られていますよ。それでも花が咲いてくれました〜。
レンギョウは他の公園で写した大株があるのですが、うちは貧弱ですが、敢えてアップしました〜。
OSAMI さんへ
2007/04/05 22:52
 一花さんちはウンナンオウバイとレンギョウですか。黄色い花は、春先に多いですよね。どの花も輝くように咲いて、まわりを明るくしてくれるもので、庭にあると良いですね。
 昔、オウバイは鉢植えのがありましたが、今はなく、近所のオウバイの花を見るだけです。
 レンギョウはシナレンギョウは、枝がすらりと伸びて、沢山のびのびと咲かせると見事な眺めになりますね。
なおさん
2007/04/05 22:58
レンギョウは色々の種類が有るのですね?香貫山のレンギョウがどれか?良く調べてみようと思います。
デコウォーカ
2007/04/05 23:23
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
もう黄色い花もそろそろ終わりと思ったら、まだこれからヤマブキがありますね。でも今年はもう早々と咲いていますね。
ウンナンオウバイは此処でも毎年咲くのですが、花びらの数が不定形で、同じ株に一重・八重・半八重があります。
オウバイは落葉で花期が早く、花はこれより小ぶりのようですね。このウンナンオウバイはすごく元気ですよ。ウンナンと付く植物は、元気ものですね。レンギョウは日当たりが悪いのですが、剪定しないと他の植物の邪魔になってしまっています。花が咲くだけでも有り難いです。
3日の赤いオトメツバキの名前は、今日本屋で椿大事典を見ていたら、「紅乙女」とありましたので、記事を訂正しました。
なおさんへ
2007/04/05 23:31
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。
レンギョウですが、本で調べたら種類がたくさんあり、我が家のものはどれかと検討して、シナあたりかもと思ってます。うちの花の開き方は、少しすぼんだ咲き方をしているようです。
雌雄判定の為、裂いた画像もあったのですが、ボケ気味でした。
デコウォーカ さんへ
2007/04/05 23:38
どれもこれも素敵だなああと感じます。「迎春花咲いたと手招く父がいしかの日のままのオウバイ咲けり」(鳥海昭子)「レンギョウの鮮やかに咲きいたる庭今日旅立ちの子らを見送る」(鳥海昭子)「亡き父の思い出惹きて年々に株太りゆく日陰の連翹」思い出と花素敵です。きっと、一花三の見立てがいいのでしょうね。時折一花さんはどんな人と思うことありますよ。
hanahhana1952
2007/04/06 04:21
 おはようございます。やっぱり今朝も寒いです。例年よりも厳しいぐらいです。きのう少しこちらより暖かいところまで行ってきましたが、桜の咲き方がまちまちでおかしいですね。一週間前にも別の土地で感じましたが、ソメイヨシノが一斉には咲いていません。満開に近い木もあれば全然開花していなかったり。暖冬の影響でしょうか。
 レンギョウも思い出深い花木です。花を一輪、空中に放り投げてみてください。花びらが微妙にねじれていて、くるくると回転しながら落ちていくんですよ。文字通り雪のように花弁を散らす雪柳とセットで、この二つの花はずいぶん小さい頃から名前と記憶が焼きついています。小学生の頃、植物のふえ方を学んだ折、レンギョウの小枝をあじさいと一緒に水に挿して、発根する様子を観察しました。ずいぶん早く根が伸びてきたのを覚えています。その辺りで園芸の魔力(?)にとりつかれたのかもしれません。
ひめだか
2007/04/06 07:34
ウンナンオウバイやキソケイは花が長持ちしますね。「レンギョウの花明かりに映る笑い顔・・」という詩に出会ったことがあります。レンギョウには花明かりという言葉が似合いますね。
かおたい
2007/04/06 17:00
hanahhana1952さん、こんばんは。この頃明け方にコメント有難うございます。睡眠時間は大丈夫でしょうか?お昼頃、うとうと〜〜となりません?春は眠たくて眠たくて〜ですよね。何時もお返事遅くなってすみません。鳥海さんはたくさん花を育ててらっしゃったおのでしょうね。オウバイの歌、青春の頃の思い出ででしょうか?「手招く父と」詠われて、女性は父を思い、男性は母を思うものですね。
私もそうなんですが、植物好きで珍しいものを育て、種からも死ぬまで色々育ていた父の姿が目に浮かぶます。父が好きだった植物をまた育てている私です〜。ブログコメントを書きつつ、ほんとどんな方だろうな〜と想像しますよね。hanahhana1952さんのイメージは父なんですよ。
hanahhana1952さんへ
2007/04/06 21:28
ひめだかさん、こんばんは。朝の忙しい時間にコメント有難うございます。今日は夜鷹さんでなかったのですね〜。
昨日と一昨日は、また寒かったですが、そちらも冷えたことでしょうね。外に出てまた厚手のコートを着直しましたよ。お蔭で桜は散らずに花がもっていますね。そちらも満開で、全国的に異常気象のため花にも影響が出ているのですね。
小さい頃は花で遊びましたが、投げるまではいかずに、連翹の花の形は独特だからでしょうか、ユキヤナギもクルクルと舞うのですね。それって優雅な舞いの花遊びなんですね。。ユキヤナギがないので今度探して投げてみます〜。
レンギョウは発根が良く挿し木ですぐ付いてくれて、今株が太ってます。でも植えた場所が日当たりが悪くて花付もイマイチです。紫陽花もすぐ発根して、植物は気まぐれや気むずかし屋など人間並みですが、相性が良い植物に合うと園芸も楽しくなりますよね。
ひめだかさんへ
2007/04/06 21:43
一花さん、レンギョウは息子の家やゴルフ場にあり知ってますが、 ウンナンオウバイの花は真っ黄色でとても美しいですね。花びらも大きいのでしょうか?。
彦左
2007/04/06 21:53
かおたいさん、こんばんは。コメント有難うございます。
ウンナンオウバイは黄色い花が鮮やかで、これは花持ちがしていますが、キソケイは見た事が無いのですよ。ソケイは今頑張ってますが匂いがいいですよね。
うちのレンギョウは花持ちが悪くて、葉がすぐ出てきました。
黄色い花は明るくて、まさに花明かりのさまですよね。日本の歌の歌詞を見ると、詩的な言葉がたくさん使われて、韻律も5、7音が多いですよね。「卯の花の匂う垣根に・・・の夏は来ぬ」の歌は佐佐木信綱の歌ですよね。
この時期、夜桜も花明かりですが、此処数日冷えて夜桜見物はちょっと寒いですね。
かおたいさんへ
2007/04/06 21:54
彦左 さん、こんばんは。コメント有難うございます。
レンギョウは皆さん馴染みでらっしゃいますが、ウンナンオウバイはオウバイと言う花を少し大きくしたような直径2〜3センチの花ですよ。
ご覧になられたら、ああ〜これかと思われますよ。こちらでは良く見ますが、田舎でも見ましたよ。また何時か出会えるかも知れませんね。
彦左さんへ
2007/04/06 21:58
私も育てている花や好きな花はよく母や実家の思い出につながります。
町で目に止まる花もそうです。
特に匂いのある花、くちなしや沈丁花、水仙などはよけいに昔を髣髴させて、何ともいえない気分になります。
レンギョウは私にとっても、なつかしい花の一つです。
未来
2007/04/07 08:15
未来さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
花の思いでは、小さい頃形成されたのでしょうか?田舎の庭とか遊んだ山とか、三つ子の魂何とかです。うろ覚えですが、何故かお花は思い出に繋がってしましますが、癒しなのでしょうね。
匂いのある花は特にそうで、ジンチョウゲも、詳細に昔の事が思い出されるのですよ。視覚と嗅覚まで刺激したからでしょうね〜。
レンギョウも鮮やかな黄色で、若い頃の春の思い出です〜。皆さん一緒ですね。
未来さんへ
2007/04/07 19:15
ウンナンオウバイ&レンギョウ 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる