一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS バラ(薔薇)

<<   作成日時 : 2007/05/26 18:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

「国際薔薇とガーデニングショー」も20日で終わってしまって、また今年も出かけなかった。
花屋では、いま色々な薔薇の鉢花や苗が出回っており、家々の庭にもとりどりの薔薇が咲き溢れていて、外から垣間見するのも楽しい。

画像


25日の教育テレビでまた再放送していた「国際薔薇とガーデニングショー」は運良く見れたが、薔薇の人気は衰えることがないようだ。

画像

我が家でも今迄庭に何本も植えたが、管理が悪くて幾株か枯れてしまった。丈夫で残ったのが、モッコウバラと蔓薔薇だった。
去年までは蔓薔薇3本が残っていて、赤と白の2株は咲いていたのに、今年は白い蔓薔薇の花が咲いてこない。

画像

去年の秋にアーチを剪定したので、モッコウバラと一緒に枝を剪定してしまったのだろうか?
根元を見たら生きているようだが、途中から茎が枯れてしまっていた。その代わりに新しいシュートが横から出て来て、何とかまだ細々と生きているようだ。

画像

そして赤い蔓薔薇は剪定にも耐えて、フォンスに垂れながら今年も花が満開になった。
蔓薔薇(赤、白) 2006/05/26

画像

もう一本、何年も前に植えていたキングローズ。直径3センチくらいの小さな花が房状に咲きアーチに這わせていたが、おと年まで咲いていたのに、去年からちょっと花付が悪い。
一緒に植えてあるモッコウバラに樹勢を抜かれたようだ。薔薇は花付が良いので、花後のお礼肥をたっぷりとしないといけないようだ。
枯れたと思っていたが、先日たった数輪咲いているのを確認した。これも枯れる寸前のようだ。

薔薇 2006/05/19
画像
      <キングローズ2007/5/26撮影>




画像
        <カクテル:2007/4/23撮影>

もう薔薇には棘と虫で懲りた筈だったが、鉢でカクテルが出回っていて、4月中旬に早々と咲いている開花株を求めた。
これは四季咲き性の一重で、花の内側が黄色ぼかしで華やかさはないがモダンな感じだ。
アーチに這わして見ようかと思っていたが、またモッコウバラに負けてしまいそうで、別に植えるか、また鉢のまま暫く育てて様子を見てみよう。

画像

薔薇とガーデニングショーのテレビを見ていたら、薔薇は苗選び、用土(水はけ)、環境(日光と風通し)の3点がポイントだと、いとも簡単に栽培できるような説明があった。

画像


そして、薔薇は大きく分けて野性バラ(ワイルドローズ)、オールドローズ、モダンローズ(19世紀後半以降のもの)に大別されると話しておられた。

画像
      <2007/4/24撮影>

「薔薇抱いて湯に沈むときあふれたるかなしき音を人知るなゆめ」(岡井隆)

「われとおなじ名を持つ林檎も薔薇もありこの世たのしとしばしは思へ」(石川不二子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下は5月12日に外出した先の、ある団体が管理する庭園で見かけた薔薇。
場所的に日当たり、風通しと環境が良く、また苗も丈夫だったようで葉が艶々しており、土も柔らかくふかふかしている。薔薇を育てる3つの条件を充分満たして、このような美しい何輪もの花を咲かせているようだ。さて、我が家に植えられた薔薇はどうだろうか?
(ブログ画像が重なって見える場合は、ツール表示の文字「大」でご覧下さい。


画像画像














画像画像














画像画像














画像画像














画像画像














画像画像














「降り零るる薔薇の香りに誘われて顔を埋めて暫し佇む」

「鉢植えのカクテルの薔薇求め来て夫の誕生祝う卓の上」

「蔓薔薇の百輪赤く遠目にも燃え立つごとし皐月のなかを」

「百本の薔薇の花束貰えずに庭に咲かせむ百輪の薔薇」

「憂いなど見せぬか赤き薔薇の花百輪の咲く夫と我が家に」

「柔らかき木香薔薇の新芽伸び止まることなく初夏の陽射しに」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちは、見事な薔薇屋敷でもあるのですね。バラは日当たりと風通しを好みますので、うちもそうですが、他の草木が茂ったところでは、勢いがよくないですね。虫もよく付きますし、手のかかるものですよね。

 下のバラを育てていらっしゃるお宅は、それこそ薔薇屋敷のような見事さですよね。素晴らしいものです。
なおさん
2007/05/26 22:34
バラは綺麗ですね。アップで見ると何ともいえない美しさですね。
前回のモッコウバラで覚えた事の復習です。素人が育てるのには、棘も無く虫も付かない、モッコウバラがいいのですね?そして、匂いの良いのが白色で黄色は匂わない、でしたね?
デコウォーカ
2007/05/26 23:01
今年もバラのショウ見に行こうと思いつついけず、毎年過ぎています。
でも過日、上野の科学博物館での”古代からの花、Flower展”青いバラをみてきました。市中に出ている、ミスティーパープルというバラのほうが美しいかな?なんて個人的に思いました。

いまどのご家庭でもバラが花盛り。見させていただいています。
ちなみに我が家も、今、バラが次から次へと咲いて、楽しんでいます。バラをはじめて4年目、ビギナーの我が家のバラなんて、バラの達人から見たら、こんなバラ!なんて思われるかもしません(笑)。来年は少しグレードの高いバラに挑戦したいかな・・・と思っています。やはりこの時期、バラは欠かせませんものね。
昨日の、岩石蘭、なにやら和名が穏やかでありませんが、名前に似ず、素敵な花ですね。
にりんそう
2007/05/27 08:54
なおさん、こんにちは。夕べコメント有難うございます。
樹木が繁る前は、薔薇が良く咲いてくれましたが、この頃枯れる一方です。
薔薇は棘があるものの、ガーデニングとして人気が衰えませんね。
TVで見ていたら、結構鉢で育てていらっしゃるようで、鉢底から根が出たとか相談がありましたよ。
下の画像は人家でなく、ある団体が管理する庭園で一般公開されていません。趣味で此処の庭園に植えてあるようです。とてもお見事で、低い丈のものと蔓薔薇がありました。
なおさんへ
2007/05/27 16:57
デコウォーカさん、こんばんは。夕べ遅くコメント有難うございます。
薔薇は華やかで憂鬱を飛ばしてくれる花ですね。「ベルサイユの薔薇」もありましたが、情熱的で高貴で美しいイメージが消えませんね。
ナポレオンは菫を好み、妻のジョゼフィーヌは薔薇好みだったようで、「ばら戦争」と言うのもあり、薔薇は歴史に名を残す魅惑?の花で、人気が衰えないようですね。色・形・匂いと三拍子揃った高貴な美人系の花ですよね。育てるのが大変のようですが、環境を整えてあげれば上手くいくようですが、うちはこんな風にいかないようです。
さて棘のないモッコウバラも手間要らずで好きでが、白花が匂い黄色は匂わずです。恐らく白が原種だからでしょうか?しっかりマスターされましたね。
デコウォーカさんへ
2007/05/27 17:12
にりんそうさん、こんにちは。お休みの早朝からコメント有難うございます。
何時も国際薔薇とガーデニングショーを見に行きたいな?と思いつつ、開催期間中にあれこれとあって、何時の間にか終わっています。ちょっと場所的に遠いのも影響しているかも知れません。
薔薇は相変わらず人気が衰えませんね。近くのお宅の花壇に色々植えてあり、また家々の塀からも色々な花色があり見るのが好きです。赤系統が多いようです。うちの薔薇は年々枯れてまるで駄目です。この赤い蔓薔薇だけが元気ですよ。
にりんそうさん宅は、薔薇栽培4年目ですか?でも何でも育ててらして凄いですね。毎日良い香にうっとり〜でしょうか?見ると素敵な薔薇があり、うちも素敵な高い薔薇に挑戦したいですが、でもきっと枯らすことだと思います。
岩石蘭は名前が硬い感じで、岩をも砕くような感じですが、花はシンビジュームのようで、明るく優しい花ですよ。寒さに弱いようですけど、頑張ってくれて毎年咲いています。
にりんそうさんへ
2007/05/27 17:23
お庭のバラも綺麗でお手入れが素晴らしいと思います、団体の庭園のバラは色も形も素晴らしいですね、じつは私も18日に谷津バラ園に行き写真も撮ってきましたが、ブログへのアップは取りやめました。
OSAMI
2007/05/27 19:39
色々なバラがあるんですね。赤のバラが好きで、我が家でも育てています。10年以上前に香りの良い真っ赤なバラを育てていたんですが枯らしてしまい、それ以来バラ展やバラ園に行っては探していますが見つかっておりません。
後半の写真を見ましたら、他の色のバラもステキですねぇ。
hirasan
2007/05/27 20:29
OSAMIさん、今晩は。コメント有難うございます。
アーチに絡ませたモッコウバラが蔓延って、他の白などが枯れてしまいました。この赤はフェンスに絡ませてあり、風通しがいいようです。
下の画像の薔薇は園芸のプロの方に管理が任されて育ててらっしゃいましたよ。花も素晴らしいですが、土もふかふかして、虫もいなくて、葉が丈夫でした。薔薇は神代でも昔、何度も出掛けて見ましたが、蔓でないものは、こんなに丈が低くで育てられるものですね。TVでは鉢でも管理してありましたね。OSAMI さんも薔薇を写されたのですか?何時も写真の腕が素晴らしくお上手でいらっしゃるので、画像でどんな花か見せて欲しかったのですが。
今人気で、あちこちでアップされてらっしゃいますね。見飽きると、シンプルな野薔薇も良いですよね。
OSAMI さんへ
2007/05/28 00:07
hirasan 、こんばんは。コメント有難うございます。
お宅でもたくさんの薔薇を見せて戴いて、満喫しました。そしてご自宅でも百輪も咲いてお見事でしたね。やはり皆さん赤がお好みのようですね。
薔薇にも種類がたくさんありますよね。そちらでも匂いの良い薔薇が枯れてしまいましたか?育てるのが簡単そうで棘があり、虫も付きやすいし、管理が大変だけに、咲いてくれた時の喜びが大きいのでしょうね。
下の画像の薔薇は優しい感じのものが多いですよね。
今日買い物序に、花屋の薔薇をまた覗いて来ました。色々あって迷いますね。お探しの薔薇が見つかればいいですのにね。これだけのネット世界ですので、すぐ見つかりそうなものですが・・。うちは何故か薔薇の相性がそんなに良くないようです。何でも枯らし専門です〜。
hirasan へ
2007/05/28 00:16
バラ(薔薇) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる