一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ツンベルギア・エレクタ

<<   作成日時 : 2007/05/31 22:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 21

画像

ツンベルギア・エレクタは熱帯アフリカ原産の花木で、冬は室内、暖かい春頃から戸外管理しなければならない、ちょっと手のかかる鉢花だ。

今年の暖冬の影響もあってか、2階の暖かい室内で、寒さで落ちていた葉が2月ごろから出て新枝も伸び、早々と花が1〜2輪開いていた。

画像

その後、すっかり暖かくなって戸外に出したら、葉も繁り蕾も出来て、去年より随分早く花が開いてきた。


この植物は、7年前に園芸店で初めて見かけて求めたもので、丈が1メートル近くあった。
そこの花屋では2鉢置いてあって、何処となく花の色と葉の形が違っていて、即違う2鉢共求めて来た。
ラベル名がなく、「ツンベルギア」と聞いただけだったが、ネットで調べたら、「ツンベルギア・エレクタ」と「ツンベルギア・フォゲリアーナ」だった。

ツンベルギア・エレクタ 2006/06/10

画像


花は朝顔かノウゼンカズラのような形で、青紫色の中が黄色を帯び、直径7センチ弱の美しい花だ。
蕾は真っ白いアーモンド形で、割けて開いた中から鼻先を長く伸ばして、花がラッパのようでもある。

鉢植えなので夏場の水遣りが大変となり、また冬場には室内管理として、毎年植え替えもしなくてはならず結構手がかかるものだった。

画像

冬場寒さで葉が落ちる事があるが、暖かくなって戸外で育てると、また葉が出て逞しく、耐暑性があり繁殖力旺盛な植物だ。
このツンベルギアは挿し木でも良く付き、以前挿し木で増やしていて、ツンベルギアの鉢が3つになっていた。
育てて見ると非常に花付が良く、また花後に種が出来やすく、その独特の尖った種が冬場の室内で乾燥して割れて弾け飛んでいた。

画像
         <ツンベルギアの種:2006/12/20撮影>


おと年は法事で家を空ける事が多くあって、ツンベルギア・フォゲリアーナだと思うのだが、1鉢が枯れてしまった。
挿し木で増やした鉢の方も同じ「ツンベルギア・エレクタ」で、同じものが2鉢残った。

画像


2鉢育てていて、「ツンベルギア・エレクタ」と、「ツンベルギア・フォゲリアーナ」の違いがはっきりしなかった。葉の縁が縮れているのが、「ツンベルギア・フォゲリアーナ」とも書いてあるが、花色が濃かったような気がし、どちらがどうか未だにはっきりしない。
ツンベルギア・フォーゲリアナ(植物園へようこそさまHP)

元元の1メートルある親株も春先から室内で枝が伸び、花も咲いていたが、戸外に出して短く剪定した。
花は挿し木で増やした小鉢の方に今たくさん咲いているが、親株のものは2輪だけだ。
夏陽を浴びて、これからどんどん蕾が出来て開花して来るが、去年もこちらは遅かった。

画像
           <親株>

近年花屋で、この同じツンベルギア・エレクタらしいものを、40p丈位の鉢花として出回っているのを見かけた。
これはキツネノマゴ科ヤハズカズラ(ツンベルギア)属で、別名がコダチヤハズカズラだ。
花期が4月から9月までと長いが、真夏にはちょっと花付が悪い。

ツンベルギアという名前は、スウェーデンの植物学者ツンベルグの名に因むそうだ。

熱帯アフリカ原産のツンベルギアと呼ばれるものとして、花色と形が多彩で、オレンジ、白、黄色など花屋でつる植物として出回っているのを見かける。
ツンベルギア・色々園芸手帳さまHP

また、植物園の温室に行くと、熱帯植物として1年中咲いているようで、2月3日に神代植物園の温室内でも咲いていた。
白は「ツンベルギア・フラグランス」のようで、蔓となって巻き付いていた。フラグランスと言うことはとても匂いが良いのかも知れない。

画像
  <ツンベルギア・フラグランス:神代植物園温室:2007/2/3撮影>
画像



下のこの青紫は「ツンベルギア・フォゲリアーナ」だろうか?花の青紫がとても濃く、うちで育てているものとは葉がちょっと違うようだった。

画像
  <ツンベルギア・フォゲリアーナか?神代植物園温室:2007/2/3撮影>


「思ひとはいかなる色か時を経て思い褪すとふ実感あれど」(蒔田さくら子)

「いつもそこで必ず狂うレコードの瑕(きず)のごときを身に持てりけり」(々)

「奪ひても欲しいとぞ思うものはなくなくて足れりといふにもあらず」(々)


<ツンベルギア・エレクタ>
キツネノマゴ科ヤハズカズラ(ツンベルギア)属
学名:Thunbergia erecta
原産地:熱帯西アフリカ
別名:コダチヤハズカズラ
英名: bush clock vine
花期:4〜9月
性状:非耐寒性、常緑小低木
< ツンベルギア2005/07/15>

「爽やかなる皐月の朝の青空に突と雷雲見る間押し寄す」

「花びらに宿す雨粒二つ三つ朝光受けてやがて縮みぬ」

「数うれば去年と同じ花数と花色咲かすツンベルギアは」

「憂い持つ青の花色ツンベルギア雨を呼び込み明日は水無月」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちは続々といろいろなものが出てきますね。さすがです。今は改修のため閉鎖している新宿御苑の温室で、見たことがあります。夏は育てやすいでしょうが、冬は寒がり、大変ですよね。
 明日から6月ということで、こちらでも夕方雷雨がありました。
なおさん
2007/05/31 23:02
 こんばんは。東京方面では、昨日ヒョウが降ったそうですね。大丈夫でしたか?ツンベルギア、見たこともある気がしますが、それより、高校時代、生物の実験に用いるガラス器具にツンベルク管という、瓶+ガラス管のようなものがありました。その花の形のようでもあり、学者の名前由来
のようでもあり、で懐かしくなりました。
 昨日、また家族を連れて、園芸店でどっさり買い込んでしまいました。「冬越しできる宿根草。開花株は極力買わない。」を信条にしていると、枯らさない限り花は増える一方なのに……です。一花さんに刺激されてか、今までとは少し違うラインアップになりました。また、咲きそろった折には、見てやってください。コンボルフォルスという、朝顔形の花は(確か、ヒルガオ科だった)今3種うちにあって、そのうち1つは元の株の葉と、花芽のツルが伸びて出てくると全然違う姿になる不思議なもので、観察日記がつけられそうです。
ひめだか
2007/06/01 02:13
定めを感じます。わが身に宿る定めはいつも感じます。「いつもそこで必ず狂うレコードの瑕(きず)のごときを身に持てりけり」(々)花は季節の流れ、花は季節の中、そんな感じでいつも季節を作り出したり、季節に流れたり・・・「憂い持つ青の花色ツンベルギア雨を呼び込み明日は水無月」
hanahhana1952
2007/06/01 06:09
おはようございます。
昨日はの雷雨すごかったですね。
私どものエリアは一番ひどかったようです。
雨のカーテンとはこのことかな・・・。先がぜんぜん見えませんでした。
ちょうど、一番激しい降りのとき、車を運転してました。怖かったです。
こんななか、頭によぎったのが、P・Cのことでした。昨年雷が入って、壊しています。大丈夫でした。

ツルンベルギア、始めてみたお花です。
これからの季節にあいそうですね。
なにやら、育てるのに大変そうな花、
愛情もって育てていらっしゃる一花さんだからこそ、
このように美しく咲かせることが出来るのですね。
にりんそう
2007/06/01 08:41
花の名、間違えました。
ツルンではないですね。ツンでした。
粗忽者のわたくし、ごめんなさいね。
にりんそう
2007/06/01 08:45
ツンベルギア・エレクタが綺麗な花を沢山付けていますね、蕾はあまり見たことが無かったのですが、こちらで拝見すると想像よりかなり大きな弾丸のような蕾が付き、さらにそれが二つに割れて花が出テくるところなどが面白いなと思いますし、そのごの種もまた独特の形ですね。
OSAMI
2007/06/01 12:03
なおさん、こんばんは。夕べ遅くにコメント有難うございます。
春からこの時期、庭には花ラッシュで嬉しい悲鳴で記事が追いつかず、アップしないまま終わったものもあります。また去年記事として書いたものもあり、それ以上書くこともないようで、変わり映えしないでいます。
この花もそうですが、内外管理で育てて7年ですが、毎年咲いてくれて、この時期涼しげな花で好きで、これからも咲き継いでいきたい花です。
なおさんちはうち以上に鉢管理のものが多く、随分大変そうですね。
なおさんへ
2007/06/01 21:41
ひめだかさん、こんばんは。夕べは随分夜鷹さんでいらして、コメント有難うございます。ご無理なさらないで下さいね。お天気、ご心配有難うございます。こちらは雹は降らず土砂降りだけで、そしてどこか落雷したようで一時停電してPCも繋がらなかったですよ。お蔭でしっかりと雨水を貯めれました〜。
高校時代のツンベルグ試験管を良く記憶してらっしゃって、真面目な学生さんだったのですね。生物科学、物理は余り好きでなく、トンと覚えていません。それで今頃こうしてお花を育てて、お勉強させられているのでしょうか?
「冬越しできる宿根草。開花株は極力買わない。」。その信条が崩れてしまわれて、それはそれは一花さんの悪い刺激??には困りましたね〜。
でも、お花の楽しみ方も人夫々で、うちは庭が狭く種で育ててももう植える所がなくて苗で我慢です。広い庭だったら種からの方が経済的で、またそれが本当のガーデニングだと思いますよね。
園芸店でどっさり買い込んで来られて、お楽しみでしょうね
ひめだかさん宅では、あちこち植えられて羨ましいですヨ。また見せて下さいね。
ひめだかさんへ
2007/06/01 22:10
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます。
「いつもそこで必ず狂うレコードの瑕(きず)のごときを身に持てりけり」この方の歌は良いですよね。
自分の定めでしょうか?レコードのきずも、この頃CDになりましたので、なかなかそんなことは無いですが、でもうちのCDは時々そんなきずが出ますヨ。何故同じ過ちをするのでしょうね。それはその人の性分で、また背負って来て、この世でその人が学ぶべき運命?なんでしょうね。
己の性格を代える努力をしないと思うのですが、でももうこの頃は、ありの儘の自然体が一番とか・・。
皐月の季節がもう水無月で、流れて行って、季の早さに驚いています。
でもお花はきちんと毎年咲いてくれますね。
hanahhana1952さんへ
2007/06/01 22:19
にりんそうさん、こんばんは。コメント有難うございます。
昨日の夕方は凄いスコールのような雨でしたね。そちらは、こちらよりまだ酷かったようで大変でしたね。車の運転中だとワイパーも利かない位で、前方も良く見えず怖かったでしょうね。でもPC共々ご無事で何よりでしたね。うちは停電でリモコンがオフになり、予約して風呂設定などが駄目になっていました。PCの中は大丈夫でしたけど、そうそう、落雷でTVも壊れるとか聞きましたが、PCもそんなことがあるのですか?要注意ですね。

さて、このツンベルギアは熱帯花木ですが、熱帯のものはお花が綺麗なものが多いですよね。デブラデニアやハイビスカスなど他鉢物がたくさんありますが、冬場せっせと室内に運んでお花さましています。でもこのツンベルギアは意外に丈夫なんですよ。家を長期空けるには、鉢花を増やさないを鉄則としているのですが、花屋さんに行くと、また求めて増やして、自分の外出行動を規制してしまって困っています。
私はPCの打ち間違い専門で、この頃ボケクラブごっこしています〜ヨ。どうぞ、お気になさらずに〜。
にりんそうさんへ
2007/06/01 22:33
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
このツンベルギアのお花をご覧になったことがおありですか?
蕾はこんなアーモンドのような白いもので、中がパカンと割れて、花が鼻のように伸びてきていますよ。大きさは2センチぐらいで、そんなに大きくないです。
種ですが、花後良く出来ますよ。最初緑ですが、次第に茶色になって、半分に自然に割れて、種が飛んでいます。
神代植物園の温室画像の下から2番目の白い花の上に、花後の緑の種が見えていますので、ちょっと葉と同じ色ですが、どうそ探してご覧下さい。
OSAMIさんへ
2007/06/01 22:40
初めての花です。紫色のアサガオのようですね。
昨日のコメントの続きですが、こちらは最近冬でもめったに霜が降りません。マツバギクの白が毎年咲くのはそのせいかもしれませんね。クレマチスの丘は私のウォーキングホームコースの香貫山と向かい合っている愛鷹山(あしたか山)の中腹に出来た公園で美術館やレストラン等があります。そうそう、井上靖の記念館も有ります。当然クレマチスが沢山植えられています。私も時々訪れています。良い所ですよ。
デコウォーカ
2007/06/01 22:51
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。
ツンベルギアはこの時期、木に咲く紫の朝顔のようで涼しげで好きな花です。
昨日のコメントお返事、わざわざ有難うございます。そうですか、霜が降りないので白花のマツバギクも毎年咲いているのですよね。今年越冬するか分かりませんが、期待?しつつ育てて見ます。
やはり、もうクレマチスの丘、ご存知でらっしゃったのですね。
クレマチスの白い花を取り揃えてあって、有名だとかコメント情報戴きましたので、そちらにお住まいのデコウォーカ さんもご存知かなと思ったのですが、時々訪れてらっしゃるのですね。
井上靖の記念館も有るとかで、設備が整っているのですね。
機会があれば訪れて見たいですが〜。この頃土日も町内のことで、ちょっと多忙です〜。
デコウォーカ さんへ
2007/06/01 23:38
一花さん、ツンベルギア・エレクタたとえが悪くてお叱りかも知れませんがアサガオに似た清々しい花ですね。初めてみました。それにしてのお宅にはいろんな花が育てられているんですねいつも吃驚しています。
彦左
2007/06/04 20:27
彦左さん、こんばんは。コメント有難うございます。
これって、朝顔に似て、正解ですよ。私もそんな風に思って、木に咲く朝顔のようで、しかも青い花で、即求めて来たのですよ。涼しげで、次々咲いてくれています。でも熱帯ものなので、冬場室内管理でちょっと大変です。お花好きすので、狭い庭に何でも植えて困ってます〜。彦左さん宅のようにお庭が広ければと何時も羨ましく思ってます。
彦左さんへ
2007/06/05 00:33
さくら蘭を検索して たどり着きました。
去年の8月を読ませていただきました。肥料のことなど よくわからずにいましたので 参考にさせていただきます。
ありがとうございました。
小夏
2007/06/06 21:01
小夏さん、こんばんは。拙いブログですが、何かご参考になられたでしょうか?ネット検索されるとまだ詳しく出ているようですが。
室内管理だと駄目のようで、午前中の日当たりと風通しを好み、水をあげすぎないこと、春から秋まで液肥を上げるそうですが、我が家のものは、株が弱って、カイガラムシが付いているようです。肥料不足のようです^。植え替えは控えるとありますよ。
花が咲くと良いですね。
わざわざご丁寧にコメント有難うございます〜。
小夏さんへ
2007/06/06 22:48
初めましてツンベルギアで検索して、こちらに飛んで参りました。
昨年、ポット苗を三株購入して暮までに大株にしたのですが、大株すぎて真冬を玄関先で我慢して貰ったのですが、水やりすぎで根腐れしてしまいました。
今年は失敗しないように春先にポット苗を購入、葉が茂りすぎて解らなかったのですが、一つのポットに4、5本の挿し木苗が入っていました。
それもエレクタとフォーゲリアナごちゃ混ぜ、喜んで良いのか?
一花さんのところのツンベルギアのようにいっぱい花を付けてくれると良いのですが・・・不安です。
解らない事がありましたら、また質問させて下さいね!よろしくお願い致します。
tritch051
2007/07/18 10:23
tritch051さん、こんばんは。初めまして。昨日こちらのコメントを見落としていましてお返事遅くなりました。
これってポット苗で出回っていますか?うちの近くでは見かけないので、そちらでは人気のようですね。
挿し木で容易に付きますよ。そして種が弾いて他の鉢からも出てきています。エレクタとフォーゲリアナごちゃ混ぜ、なんですか?
本に依ると、なんか区別があるようですが。。どうもイマイチネットでははっきり書いてないようですし・・。
熱帯もので生育旺盛ですよ。あれから途切れることなく今開花中で、涼しい紫に癒されてます。真夏はちょっと半日陰の方が花付がいいようなことも書いてあったようですが。長期に咲きますので、疲れるのでしょうね。
冬は寒がりで、必ず早めに暖かい所に入れてあげてます。室内に入れるときは短く剪定してもokです。葉が落ちても春にはまた出てきますよ。
肥料と水が好きな感じですよ。
tritch051さんへ
2007/07/19 21:14
一花さん、コメント頂きまして有難うございます。
私は埼玉西部に住んでおりますが、ツンベルギアはあまり見掛けません。
必死で探してようやく巡り会えたと言う感じです。
多分エレクタは、ムクゲの葉に似てフォーゲリアナは、ブルーエルフィンの葉に似ている感じがします。(葉にウェーブがありません)
沖縄では良く見掛けるそうです。
先日、株分けしましたら10鉢ぐらいになってしまい、花が付きましたら家の前に置き、大事に育てて下さる方の所にお嫁入りして貰おうと思っています。アドバイス有難うございました。とても心強いです。

tritch051
2007/07/23 20:32
tritch051さん、こんばんは。
以前は近くの花屋で見かけたのですが、ツンベルギア・アラータは今年近くで見かけました。
必死で探されて巡り合われて良かったですね。
>多分エレクタは、ムクゲの葉に似てフォーゲリアナは、ブルーエルフィンの葉に似ている感じがします。(葉にウェーブがありません)
そうなんですか?ブルーエルフィンは今手元で花が開花中ですが、ペらっとしていますよね。
昔求めた時撮ったデジカメ写真があるようなんですが、また見比べてみますね。
株分けで10鉢ですか?凄いですね。
>花が付きましたら家の前に置き、大事に育てて下さる方の所にお嫁入りして貰おうと思っています。
ボランティア精神旺盛の方ですね〜。お花好きさん宅にお嫁入り出来ると良いですね。またお花の繋がりの輪が出来て良い事ですね。
うちは今2株夫々まだ次々と開花中で、涼しい青色の花に癒されてます〜。
わざわざこちらまで有難うございました。
tritch051さんへ
2007/07/23 21:29
ツンベルギア・エレクタ  一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる