一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS デージー、ネモフィラ、ワスレナグサ

<<   作成日時 : 2007/05/04 21:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

画像

去年育てた植物の零れダネから、鉢やプランターや花壇の外に生えてきて、今咲き盛っている花にネモフィラ、デージー、ワスレナグサなどがある。

画像

ヒナギクと呼ばれるデージーは今までも種で育てたことがあり、日本では夏越しが難しい為秋撒き1年草扱いとある。
だが此処数年、零れダネからか宿根としてプランターの中に何本か出て花が咲いていた。
画像

今年も鉢やプランターの中から出て来て、また花壇外の土からも小さな苗が出ているのを確認した。
3月末から花が咲いて、もうひと月以上も次々と咲いてくれて花期が長い。
花は直径2センチ位の白い清楚な菊のような花だ。

画像

デージーは草丈が低いので、春花壇の縁取りとして可憐で可愛くて利用されるが、去年1月末に苗で求めて育てたものは、紅白の八重種だった。

デージーの原種でイングリッシュデージーと言う宿根のものがあるが、今咲いているのは、若しかして八重種が原種帰りして種が零れて咲いてきた可能性はないだろうか?
去年の八重種の同じ鉢から出ているようだが、良く分からない。

花壇外の地から出ているものは、去年も同じ場所から1株咲いていたが、その種が零れて生えてきたようだ。

調べて見ると、イングリッシュデージーはローンデージーとも呼ばれて、グランドカバーにもなるようだ。半日陰が多くなった庭から、これが一面蔓延ってくれる様は、自然の野原を思わすだろう。
ヒナギク(デージー)2006/01/28
画像

今シラサギゴケをグランドカバーとして芝代わりに植えてあるが、真っ白い花同士に一面覆われる日が楽しみだ。

画像


<ヒナギク(雛菊)>
キク科ヒナギク属(ベリス属)
別名:デージー,エンメイギク(延命菊)
原産地:地中海
花期:3〜5月
多くの品種があり、大輪種や八重咲き種もある。
ー5℃程度まで耐寒性があるが、強い霜、霜柱が立つと傷む。
本来は多年草であって、夏場、風通しのよい日陰に置けば夏越し可能である

「デージーは『ぼんぼこ花(はな)』と親しみき幼かりけり無邪気なりけり」(鳥海昭子)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
画像

ネモフィラは、秋撒き1年草で、数年前に種まきでも育てたことがあり、また苗としても青色と白地に紫斑点模様のものを求めて育てて見たが、残念ながら翌年は零れダネで出てこなかった。

画像

去年の3月に、初めて黒地に白の覆輪の珍しい苗を求めてプランターで育ててみた。これは何故か零れダネで同じ所から今年3月頃出てきて花が咲いてくれた。
ネモフィラ:2006/03/10

ネモフィラは発芽率が良く、日当たりと排水の良い場所を好むが、軒下の半日陰でもよく育っている。高温多湿に弱くて蒸れやすく、すぐ徒長してきた。
此処20度を越す気温となって、せっかくの花もぐったりとなっている。

画像

これはペニーブラックと呼ばれて、花色の表面は黒地で縁が白色だが、裏は白く、閉じた花から想像できないようなシックで洋風な雰囲気がある。だが葉は日本的な唐草模様似だ。

ちょっと離れた花壇の外の土の上からも1輪咲いているのを昨日確認した。
来年も零れダネで殖えてくれると有り難い。

<ネモフィラ(ペニーブラック)>
ハゼリンソウ科 ネモフィラ属
学名:Nemophila menziesii var. discoidalis 'Pennie Black'
   語源はギリシア語のネモス(林)とフィロス(好き)からで「森を愛する」と言う意味だそうだ。
原産地:北アメリカ西部
開花期:4〜5月
高温多湿に弱く、生育適温5〜12℃
耐寒性(−3℃)
秋撒き1年草、葉は唐草模様似。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
画像


「忘れねばわすれな草も培かわず」(日野草城)

ワスレナグサも昔何株か求めて地植えしていたものだが、これも毎年零れダネからあちこちに蔓延って、春の花壇を賑わせてくれている。
ワスレナグサ:2006/04/18

名前の由来は有名な西洋の伝説によるが、青い花色に憂いを含むようだ。
育ててみると、丈夫で花期が長く、次第に花茎が立ってきて花付がとても良い。ヨーロッパでは多年草だが、我国では1年草扱いとなっている。

画像

これはワスレナグサの属名で流通しているが、実際はエゾムラサキなどの交配種と言う。
ムラサキ科の花で、3月末、城址公園で見た花の名前が判らなかったが、何かの花に似ているなと思っていたら、勿忘草に似ていて、ヤマルリソウかルリソウだった。
染料として使われる、かの万葉で歌われたムラサキの花と同じ仲間である。
以前育てて消えてしまったホタルカズラも、同じムラサキ科であった。

ワスレナグサは歌で有名になった花であるが、可憐なイメージと違って、性質は強健で半日陰でも育ってくれ、寒さにも強いが、高温多湿には弱い。
また零れダネで来年も忘れずにきっと咲いてくれること、間違いなしだ。

画像


「忘れな草人は恋にも死ににけり」(林 翔)

「振り向けば勿忘草の色冴えて明日のために咲くと思えり」(鳥海昭子)

<ワスレナグサ(忘れな草)>
ムラサキ科ワスレナグサ属
別名:エゾムラサキ、ミオソチス
原産地:ヨーロッパ
開花期:4〜7月 
耐寒性多年草
花色:青紫の他にこの頃ピンクを見かける。白色もあるようだ。

花物語:騎士ルドルフと乙女ベルタの二人がドイツのドナウ川の岸辺を散歩していた時、花を見つけた。
ルドルフは彼女の為に摘んでやろうとして、足を滑らせて川に流された。
必死にもがきながら花をベルタに投げたが、力尽き、「私を忘れないで」と叫びながら沈んだ。この神話から名がついたという。
悲劇の青い花である。

画像


「ラジオより流れ来る牧野富太郎氏の肉声ややに土佐訛りあり」

「牧野氏の逝きて今年五十年目吹上御苑の開放のあり」

「薄物の服に着替えてみどりの日道行く人の日傘揺れゆく」

「今年また零れ種より咲く花のとりどり賑わう緑増す庭」

「忘れずに勿忘草の咲き満ちて爽やか皐月の緑の日なり」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
普通ではあまり目にすることの出来ない画像をアップで見せていただき楽しませて戴きました、特に良く目にするワスレナグサもアップで見ると時間経過で花芯が変化しているようて成るほどと思いました。
OSAMI
2007/05/04 22:55
シラサギゴケとイングリッシュデージーで一面覆われる日が来たら凄いでしょうね。その時の画像が楽しみですね。ワスレナグサは可憐なイメージと思っていましたが、性質は強健なんですか。群生の様は凄いですね。
デコウォーカ
2007/05/04 23:15
 一花さんちは、こぼれ種子から生えたものもいろいろ咲いて、花屋敷の見事さですね。
 昨日、森林公園でアイスランドポピーの群生を見たのですが、そのとなりにネモフィラもずいぶん沢山植えてありました。青いベイビーブルーアイズと呼ばれるものと、白地に紫の点が入るマクラータと呼ばれるものがありました。
 ワスレナグサも可憐な花と伝説で、女性に人気のある花ですね。昭和記念公園でも、空色とピンクの花が花壇に沢山植えられていました。
 毎年こぼれ種子で咲いてくれると、私を忘れないで、という名前のとおりでけなげでもありますね。
 ホタルカズラは、昨日の森林公園で青い花の群落を見てきました。

 サギゴケの清楚な白もいいですね。うちでは鉢で育てています。片倉の公園脇の田んぼで、サギゴケが咲いているのを見たことがありますが、普段見るのはムラサキサギゴケばかりで、サギゴケはなかなか見つかりません。
なおさん
2007/05/05 05:33
私も牧野富太郎特集聴いていました。ペニーブラック、お勧めの花です。白地に薄く鉛筆で描いたような斑点の入ったものも、薄いブルーも、縁だけに青が差している白もいいですね。プランターに山盛りこぼれ種から出ているのも見たことがあります。うちのような春の遅いところでも、ちゃんと発芽して、すでに咲いている成長の早い頑張り屋さんです。このこぼれ種組はもう何年もくり返し出てきてくれてます。
 ワスレナグサは、長野県の開田高原で20年以上前から村おこしのような形で一帯に植えられていて定着していた記憶があります。立派なトンネルができて峠越えの難がなくなってから、どうなっているのかはわかりませんが。自然な感じで咲いているのが、やっぱりいいですね。
ひめだか
2007/05/05 07:11
デージー、ネモフィラ、ワスレナクサ、皆大好きな花。
こぼれ種から毎年咲いてくれる、わすれなくさ、”私を忘れないで!”って主張しているかのように、今年も我が家の庭にも、あちらこちらからきれいなブルーを彩っています。忘れられませんね。
ベニーブラック、これもシックで素敵な色合いですね。
私はWhite GardenやBlue Gardenにあこがれるのですが、こんなシックなネモフィラがこの中に咲いていたら素敵でしょうね。
今日もまた、素敵な花を楽しませていただきました。
にりんそう
2007/05/05 08:48
今朝テレビを見ていたら、なおさんがおっしゃるように、ブルーのネモフィラのことを「ベイビー・ブルー・アイズ」と呼ぶと言っていたのが印象に残りました。私はブルーのものしか知らなかったのですが、こんな珍しい色のものもあるのですね。
ワスレナグサ、アップで見るとまた違った表情が見えてきますね。
未来
2007/05/05 11:58
「牧野氏の逝きて今年五十年目吹上御苑の開放のあり」そうなんですね。彼の本を一冊だけ読みました。そして彼の記念館をネットみました。草花を好きなことって本当すばらしいことですね。今戻り、ご挨拶です。こんにちは。
hanahhana1952
2007/05/05 15:13
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
今日は零れダネで生えてくる植物をアップしましたが、これは何処のお宅でも元気なようです。中でも黒いネモフィラは去年見かけたものですが、結構丈夫のようですね。OSAMI さんがアップさなってらした公園でも、ネモフィラは元気で満開でしたね。
勿忘草の花芯は時と共に、こんな感じになるようです。
アップで見ると変わった花に見えますね。
OSAMI さんへ
2007/05/05 21:59
デコウォーカーさん、こんばんは、コメント有難うございます。
以前、イギリスにお出かけされた時、イングリッシュデージーはご覧になられたかも?と思っていましたが。これはローンデージーとも呼ばれて芝のように蔓延っているようです。草丈が低いのですよ。
勿忘草の歌が流行った時はどんな素敵な花かと思いましたら、結構こんな感じで逞しい花です。花後茎が立ちあがって伸びてきますよ。青い花が憂いを見せてくれるようですが・・。
デコウォーカーさんへ
2007/05/05 22:05
なおさん、こんばんは。今朝も何時もと変らない早朝からのコメント有難うございます。昨日は森林公園でボランティアさんでしたか?去年もそうでしたね。連休もあちこちお出かけにならずに、ひたすらグリーングリーンの日を過ごされて、お忙しい?ことですね。でもそれがまた、お楽しみなんでしょうね。ポピーは丈夫で人気ですね。千倉でも見ましたし、富良野でも咲いていましたよ。
ネモフィラも春花壇にこの頃使われて、翌年零れダネで生えてきますから、公園でも人気なんでしょうか?
ホタルカズラは、ほったらかしで丈夫とか言われますが、これもムラサキ科だったのですね。確かなおさんちで、去年見せて頂きましたよね。
サギゴケの白を今日、大国魂神社の境内のあちこちの出店先でも売っていて、びっくりでした〜。シラユキゲシもですが。色々山野草を見て回って面白いでした。
なおさんへ
2007/05/05 22:18
ひめだかさん、こんばんは。お久しぶりです〜。コメント有難うございます。
昨日は「緑の日」特集でしたので、ラジオで牧野氏の事を放送していましたね。
彼の偉業を聴きながら、また植物育ちの原点に立ち返って見ようと思いました。彼は植物が好きでなく、愛していたと仰ってましたね。
昔、子供達が小さい頃に、高知の牧野植物園に出かけた事がありました。広い所でしたが、その頃植物には余り興味がなく、子供と思い切り遊んだ覚えがあります。資料館も見て回ったのですが・。今だったら植物をじっくり見れたのにと残念です。
黒いネモフィラは大人っぽい感じですが、そちらではまた色々と他の種も育ててらっしゃいますね。
勿忘草は、長野辺りで帰化植物並に蔓延っているとか、何処かの記事で読んだようです。
零れダネ組は手間要らずで有り難いものですよね。この3種は蔓延って欲しい植物です。
他にも宿根として出てくるものがありますが、蔓延り過ぎて他の植物の領域を侵されると、もう困り者ですね^。

ひめだかさんへ
2007/05/05 22:31
にりんそうさん、こんばんは。何時もコメント有難うございます。
にりんそうさん宅でもワスレナグサが蔓延っていますか?これって歌のイメージからして、ちょっと元気ものですよね。青い花色が水の色を表して憂いを感じさせるのでしょうか?
にりんそうさんも結構ガーデニング好きで、色々と育ててらっしゃるのですね。花としては、白と青の花のガーデニングファンの方が多いですよね。白は清楚でいいですし、華やか淋しさもありますが、他の植物を引きたてる役割もありますね。
花壇に青い花だけ植えても素敵ですね。これから初夏に咲く樹木の花は白が多いですね。そして5月から夏になると、青い花色が増えてくるようです。
ネモフィラはシックで大人っぽい感じの花ですよね。お気に入りでしたか?
にりんそうさんへ
2007/05/05 22:44
未来さん、こんばんは。コメント有難うございます。
今朝TVでガーデニング番組をやっていましたか?休みは何時も朝寝坊さんですので、テレビ所ではありません〜。そして猫ママさんでチョット多忙なんです。ブルーのネモフィラや、他色々あり、夫々名前が付いているようですね。あちゃら名は覚えきれないですよね。
この黒はシックで存在感があり、素敵な色ですよ。
お花をマクロで写すと違った感じになり、再発見ですよね。
未来さんへ
2007/05/05 22:49
hanahhana1952さん、こんばんは。お疲れのところ、早速コメント有難うございます。新幹線は混んで大変だったことでしょうね。あちらで親孝行されて、畑の草取り、苗植え等細々と良いお仕事をされてお母さまもお喜びだったことでしょうね。温泉もゆっくりと入られて休養なさったことでしょうね。またこちらの畑も庭も明日忙しいことですね。
ご実家には、イカリソウも花が咲いていたのですね。
昨日は「緑の日」でラジオで牧野富太郎氏の特集を流していました。今こうして平和な世の中で毎日ガーデニングを楽しみ、植物の事をブログで書き、デジカメのマクロの世界で見て撮っていますが、植物を通じてのネットサークルがこんなに盛んになっていることを牧野氏が知ったら、びっくりすることでしょうね。、また吹上御苑までは一般公募で公開されている事も驚きでしょうね。本屋でも吹上御苑の植物の本が出版されていますね。hanahhana1952さんも、彼の本を読まれて色々勉強なさってらっしゃるのですね。
hanahhana1952さんへ
2007/05/05 23:00
一花さん、ヒナギク(デージー)この花は見たことが有るようですがまた違うのかなって思っています。一花さんの説明の様に勉強すればいいのでしょうが、私には根気と頭がが有りません。ワスレナグサの色が素晴らしいですねそして群生してます。
彦左
2007/05/06 20:35
彦左さん、今晩は。こちらにもコメント有難うごいます。
デージはあちこちで見掛ける花ですよ。これは草丈が低い花です。良く似た白いノースポールもありますし、除虫菊とかマーガレットと言うのもありますよ。白い花が似ていて間違うようです。
彦左さんのPCテクニックは有名ですよね。新聞にも載っていたとか、何でも挑戦なさって、素晴らしい頭脳の持ち主のお方と思っています。努力をなさるし、地域のことも率先してまた、生涯学習として何でも積極的で何時も頭がさがります。私のブログはPCテクニックが出来ずに、何時も長く書いているのを読んで下さってすみません〜。
先日は暑くて、勿忘草の花色は青くて涼しげでしたよ。
彦左さんへ
2007/05/07 01:04
デージー、ネモフィラ、ワスレナグサ 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる