一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS オーニソガラム(ウンベルタム)&シラーカンパニュラタ(釣鐘水仙)

<<   作成日時 : 2007/05/06 22:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 15

画像

耐寒性があり、植えっぱなしでも丈夫で増えて、綺麗で花持ちが良いものにオーニソガラム、シラーカンパニュラタなどの球根植物もあり、ガーデニング素材として重宝している。


何年か前に植えたオーニソガラム。
1、5cm位の秋植え用の小さな球根だったが、翌年の春には花が咲かなかった。球根が肥大していなかったのか、土の状態が悪かったのか分からなかった。その時のラベルにはこのオーニソガラム(ウンベルタム)と違う種の花の絵があったよう記憶する。

画像

翌年もオーニソガラムで出回っていた球根を求めて植えてみた。その後から毎年春花壇とプランターに花が咲くようになった。
これは植えっぱなしで手間要らずだが、年々花数が殖えているようで、去年より花壇やプランターで賑わっていた。
オーニソガラム(ウンベルタム)2006/05/05
今年は暖冬で、4月中旬に入って咲いていたが、1本に蕾がたくさん付いているので次々と花が咲き、結構花期が長かった。花壇やプランターには他の花も咲いていて、この白い花と共にお互い引き立てあっていた。此処連日の暑さで、もう南側の花は終わりつつあるが、北側にあるプランターの中ではまだ頑張っている。花期としてひと月近く咲いてくれたことになる。

画像

この白い花は、お日様が好きなようで、日陰や雨のには閉じている。
これはユリ科で、花として見ればとても美しく、6弁の花弁を星と見做されて、「ベツレヘムの星」とも呼ばれているようだ。和名がオオアマナだが、日本のチューリップの原種のアマナよりも大型で花の咲き方が大胆だ。

画像

6弁の花びらの外側は緑色をなして縁が白っぽいが、良く見ると中にも小さな花弁らしきものがある。だが雄しべはその小さな花弁のような上に付いている。
萼は、と見るとなくて、若しかして緑色の花びらと一体化しているのであろうか?

画像

このオーニソガラムの名前で出回っている球根や鉢花として、他に赤い花色(オーニソガラム・ドゥビウム)や、花穂が立ち上がって草丈が高いもの(マウントエベレスト)も見掛ける。
オーニソガラム(ドゥビウムとマウントエベレスト種)植物園へようこそさまHP

赤い花色種の鉢物を育ててみたが、寒さに弱く、冬場室内管理だったが翌年枯れてしまった。
画像

また草丈が50cmくらいのものは「マウントエベレスト」の銘があり、切花として人気で、おと年九州の方に帰省したら、あちこちのお宅で地植えしてあった。
これは水揚げと花持ちが良い為に、供花用として植えてあると言われた。、原産地が南アフリカなので寒さに弱く、関東地方での地植えでは無理のようだった。

こちらで一般に植えられているのは、耐寒性のあるヨーロッパ原産のオーニソガラム(ウンベルタム)種のようだ。

そして今ではほったらかしで増えるようで、あちこちの空き地や公園等で蔓延っているようだ。

画像


<オーニソガラム(ウンベルタム)>
ユリ科 オーニソガラム属
学名: Ornithogalum umbellatum
Ornithogalum :ギリシャ語の「Ornithos(鳥)+ gala(乳)」が語源。umbellatum : 散形花序の
原産地: 西アジア、南アフリカ原産。
別名: 大甘菜(オオアマナ) 、 「ベツレヘムの星」
花期:4〜5月
生育環境:湿気を嫌い乾燥した気候を好む。
・これとは別に「オーニソガラム」と呼ばれる、ユリ科 コダカラソウ属で別名トックリ蘭と呼ばれるものがある。
品種によって原産地が違う。ヨーロッパ原産のものは耐寒性が強く、南アフリカ原産のものは耐寒性がよくない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像

和名が釣鐘水仙として知られるシラー・カンパニュラタ。
シラー・ヒスパニカとも呼ばれていて、これも秋植え球根で、昔花壇に植えたものだが、その後毎年花が咲いている。
シラー・カンパニュラタ(釣鐘水仙)2006/05/06

耐寒性があり、去年北海道でも地植えで咲いているのを見かけた。その時花色が桃色だった。
植えっぱなしでも丈夫で、花に似合わずたくさんの大きな葉が繁って出て、蕾をつけた花茎から可愛い釣鐘の形の花が開いてくる。

画像

この花色には他にも青・白・桃・紫とあるようで、可憐な花は釣鐘のようだ。
他にも釣鐘の形をした花が多く命名もあるが、これは水仙の葉よりヒガンバナの葉に似ているが、それでも釣鐘水仙となっている。

画像

草丈が50cmくらいで花壇にあると華やかで重宝するが、鉢の寄せ植えとして纏めて植えても見栄えがすえる。
庭にもまだたくさん植えて殖やしてみたい球根植物だが、近くでは余り球根を見ないようだ。

春花壇に植えっぱなしとして毎年お馴染の、クロッカス、ムスカリ、ヒヤシンス、アネモネ、スイセン、原種チューリップなどと共に、ガーデニング素材として扱いやすい植物だ。

画像

学名のScilla(スキラ)はギリシャ語で毒になるという意味で、りん茎部に有毒物質を含むそうだ。
同じシラーと呼ばれるもので、花が纏まって咲くタイプのシラー・ベルビアナ(別名:オポツルボ)もあるが、おと年帰省した生家で見かけた。
シラー・ベルビアナ2006/05/06</a

画像



<シラー・カンパニュラタ>
ユリ科シラー属(スキラ属)
学名:Scilla hispanica Mill(シラー・ヒスパニカ)
別名:ツリガネズイセン(釣り鐘水仙)、スパニッシュブルーベル。(青色品種のもの)
原産地:ヨーロッパ(針葉樹林に原生)、アジア、アフリカ
草丈:30〜50cm 
開花期:3〜6月
花色:青・白・桃・紫 
耐寒性多年草



「ベランダより激しき雨音聞こえ来て連休終日ひと日の暗し」

「花壇より大甘菜の花白々と陽射しに広げる花びら六枚」

「降り止まぬ皐月の雨の冷たくて大甘菜の花しかと閉じおり」

「年々の釣鐘水仙花色の変らず花壇の中を明るむ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちでは、オーニソガラムの白い星が沢山咲いているのですね。ベツレヘムの星やオオアマナという名前も面白いですね。こちらは、うちでも今花盛りです。
 改修工事前の新宿御苑の母と子の森では、ラクウショウの根元が一面この花でした。工事後がどうなったのか、まだ確かめに行けてないのが残念です。

 シラーカンパニュラタも、空色がやさしい色あいで、釣鐘かベルのようで可憐なさまが良いものですね。
 公園では花壇でよく見かけるものですが、庭に植えておくと間近で見られるので、よいですよね。
なおさん
2007/05/06 23:38
こんばんは。転寝から目が覚めたところです(笑)連休の終わりは一花さんの花ブログでした。難しい花の名前ばかりですね。釣鐘草でなく釣鐘水仙ですね。釣鐘草とやっぱり似ているかな?オーニソガラム(ウンベルタム)は、がくも含めて花ですね。コントラストがいいかも。「ベランダより激しき雨音聞こえ来て連休終日ひと日の暗し」本当こういう一日でしたね。晴れてほしかったよ
hanahhana1952
2007/05/07 01:22
オーニンガラムが長く咲いていて楽しまれているのはとても羨ましいところです、二枚目の画像は銀色がとても素晴らしいとおもいます、こういう写真は植物園の柵の中のものでは難しいですね。
OSAMI
2007/05/07 11:08
オーニソガラム、楚々として素敵な花ですね。開いて咲いているのも素敵、でもなかば閉じて咲いている感じはもっと好きです。別名”ベツレヘムの星”これまた素敵な名前がついているのですね。イエズスの星なのでしょうか

シラーカンパニュラータ、植えた記憶ないのに、毎年庭のあちこちから咲いてくれます。繁殖力旺盛?ほかの花の間からにょきにょきと・・・。今朝、枯れてきている花を切り取りました。雨のしずくで、きれいでした。シラーベルビアは、カンパニュラータに比べると大変派手な花ですね。我が家ではまだ元気に、大きな花を咲かせてくれています。
にりんそう
2007/05/07 12:12
一花さん、 オーニソガラム(ウンベルタム)&シラーカンパニュラタ(釣鐘水仙) とか非常に難しい名前の花ですが球根型でガーデニングに重宝ですか。シラー・カンパニュラタという青い花もすごくきれいですね。何とも云えないブルーのいろがとてもいいです。
彦左
2007/05/07 14:52
なおさん、こんばんは。夕べ遅くコメント有難うございます。お返事遅くなりました。
オーニソガラムは白い花で楚々として好きなんですよ。花期も長く、ほったらかしで増えてくれて、ガーデニング素材としては重宝しますね。
去年も「マウントエベレスト」の画像とラベル名の球根を植えたのですが、出て来てこずに、このウンデルタムが出たのかサッっぱり??です。
シラー・カンパニュラタも可愛い花ですよ。毎年出てくるのですが、葉がヒガンバナのようなんですね。この青い色は涼やかで良いですよ。
球根植物は、ほったらかしでも大丈夫で、ズボラタイプにはありがたく、春花壇を彩ってくれて良いものです。
なおさんへ
2007/05/07 21:44
hanahhana1952さん、こんばんは。転寝から真夜中にお目覚めでしたか??(笑)連休疲れだったのでしょうね〜〜?私も昨日は体調が悪かったです〜。(昼前まで床の中でした・・)
昨日は一日朝から降ってましたね。ガーデニング出来ずに残念でしたね。
この花の難しい名前は自分で育てて見なければ覚えられませんよね〜。それでも、ああ〜〜これは何だったけ?あれあれよ〜、とこの頃ボケ進行中です〜。
この球根植物2種はオススメですよ。hanahhana1952さん好みの白と青ですから〜〜。釣鐘水仙には他の花色もあるようですけど。。
オーニソガラムは被写体が良くて、花写りがバッチリでした。花期も長くて良い花です。でも雑草並みに殖えている所もあるようですヨ。
hanahhana1952さんへ
2007/05/07 21:57
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
以前 OSAMI さん宅で、雑草並みに蔓延っている花を見せて戴きましたね。あれ植物園だったのですね。近寄って見ると、結構綺麗な花ですよ。2枚目の画像は銀色っぽく写っているようです。これは被写体が良くて、整った形の花でしたのでラッキーでした。また名前も「ベツレヘムの星」と命名されているそうですよ。オーニソガラムとして、他の種も出回っていて、関東地方ではこの種が多いのでしょうね。
OSAMI さんへ
2007/05/07 22:02
にりんそうさん、こんばんは。何時もご丁寧なコメント有難うございます。
この白い花は開花して、上からも横からも意匠が素晴らしい花ですね。ガーデニング素材としても植えっぱなしで、花期も長く重宝します。
誰が命名したのでしょうか、「ベツレヘムの星」は、キリスト生誕の時に現れた不思議な星でしたよね。六芒星は確かダビデの星とも言われているようでしたが、花の形から星を想像させるのでしょうね。
にりんそうさん宅ではシラー・カンパニュラタが咲いて終わりましたか。しかも植えた覚えがないのに、羨ましいことですね〜。
シラーベルビアも植えてあり、とりどりのお花が一杯咲いているのですね。こちらでは球根が見当たらず植えてないのですよ。何時か探して植えたい花です。でももう庭は一杯です〜〜けど。実家にはたくさん植えてあったのですよ。
にりんそうさんへ
2007/05/07 22:15
彦左さん、こんばんは。昨日からまたコメント有難うございます。
この植物の名前は覚え難いですよね。球根植物ですが、植えっぱなしとしてガーデニングで重宝するのですよ。
釣鐘水仙も青い花色で、これもほったらかしで好きな花です。
チューりップと違って掘り上げずに手間要らずで、毎年増えてくれますよ。そうそう、一昨日山野草の店でイワチドリを見ましたよ。背丈は小さいものですね。お値段も良かったですよ。
彦左さんへ
2007/05/07 22:23
今晩は〜。
白い花はオーニンガラムという花なんですね。
我が家にも昨年から咲き始めて、今年も数本出ているんですよ。
名前が分からなくてネットの植物図鑑を調べていたんですが見つかりませんでした。
同じ花だと思うのですが、明日にでもアップしますので見て下さいね。
一花さんのブログを拝見していると、色々な花の名前を教えて頂けて嬉しいです。
hina
2007/05/07 23:11
またまた周回遅れの訪問になりました。 どれも初めての花です。
オーニソガラムは「6弁の花弁を星と見做されて、「ベツレヘムの星」とも呼ばれている」と有りますが本当に綺麗な星ですね。写真もバックが黒で、夜空の星をイメージしたんですね。そしてこの花は「6弁の花びらの外側は緑色をなして縁が白っぽい」と外観は、これまた面白いですが綺麗ですね。
シラー・カンパニュラタの釣鐘は美しいですね。香貫山のハンショウヅルも可愛いなと、思いましたが残念ながら月とスッポンの差がある。植物の世界も広いんですね。
デコウォーカ
2007/05/07 23:11
hinaさん、こんばんんは。夕べ遅くにコメント有難うございます。
「オーニソガラム」と呼ばれる花にも種類が色々あるのですよ。
「マウントエベレストとか、他にも白いオーニソガラムはありますね。原産地がこれはヨーロッパですので、寒さにも強いですよ。こちらではこの花を見かけられるようです。切花として売っているオーニソガラムは花穂が立ち上がって、マウントエベレストと呼ばれて、これは寒さに弱いようですね。田舎ではたくさん植えてありました。こちらでも切花で市販されているかもしれませんね。
このオーニソガラムに似たような花が今お宅で咲いているのですね。早速伺わせて頂きますね。
ブログを拝見していると、他の方も色々珍しいお花を育ててらっしゃいますよ〜。
hinaさんへ
2007/05/08 18:56
デコウォーカさん、こんばんは。夕べ遅くコメント有難うございます。
「オーニソガラム」と、いい難い名前ですが、6弁の花がまるで星のように咲いて、あちらでもベツレヘムの星銘と見做されていたようですね。六芒星は確かダビデの星とも言われていたようです。
この球根植物はほったらかしで元気で蔓延ってきますよ。この同じ名前で、何種かあるのですよ。この「ウンベルタム」がこちらでは人気なんでしょうね。
シラー・カンパニュラタは釣鐘水仙銘と呼ばれて、葉はヒガンバナのようなんですよ。これも花壇などに植えっぱなしを見ます。紫色で半鐘蔓に比べると此処の花壇で華やかですよね。山で見るハンショウズルは可愛いものですよね。山には山の自然の花が似合うようですよ。ハンショウズルも此処に植えてあるのですが、まだ花が咲きません〜〜。
デコウォーカ さんへ
2007/05/08 20:01
Your site is very cognitive. I think you will have good future.:)
Justin
2007/06/08 17:11
オーニソガラム(ウンベルタム)&シラーカンパニュラタ(釣鐘水仙) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる