一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS モッコウバラ(木香薔薇)

<<   作成日時 : 2007/05/08 17:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 20

画像

小さい頃、育った家の玄関壁には真紅の大輪の薔薇が這わせてあった。
5月のこの時期になると、毎年たくさんの花が華やかに匂って、うきうきした気分になるものだった。

また、中学校への登下校時の道端の家々の垣根にも蔓薔薇のとりどりの花色があちこちで咲き乱れ、遠回りしながらそれを見るのもまた楽しみだった。

関東地方に住むようになって神代植物園の薔薇園にも度々見に行ったものだ。

我が家にも薔薇のアーチに何色もの花が咲き乱れるのを想像して、とりどり地植えして育ててみた。
だが自分で薔薇を育てて見るとなんとまー大変なことか。
虫が付くし消毒が大変で、おまけに棘があるし、何故か上手く管理出きずに今まで何本も枯らしてしまって何時しか華やかな薔薇への執着も収まった。

画像

その後、棘がなくて小花が密集して咲く薄黄色の薔薇がある事を知ったが、名前が判らなかった。
花屋で6年前に出回っている木香薔薇を見かけ、折り良く大好きな白色があって、それは匂いがとても良かった。
行灯仕立てのものを2鉢求めて植えたが、もうびっくりするほど逞しくて丈夫だった。
花後、蔓のシュートが伸びて伸びて、アーチの上に何本も立って見苦しく、切っても切ってもまた枝分かれして、その倍の柔らかい蔓が出てくる。ほっておくと何メートルもなった。
ある他のお宅では剪定されずに通行の邪魔になるのを見かけた。旧枝咲きと思って大事になさっておられるのであろうか?
我が家ではこれから夏から晩秋まで、このシュートとの戦いになってくる。

画像

これはつる性薔薇系統で、ランブラーローズと呼ばれ、しなやかな枝があちこちに気ままに伸びていくと言う意味である。中国原産の早咲き系で、すでに江戸時代から庭に栽培されていたと知ったが、若しかして小さい頃もこれを見ていたかも知れない。
一季咲きで実も出来ず、何より有り難いことに棘がなく虫も付かない。

「旧枝咲きで花芽は9月までに出来ていて、冬期にその枝まで剪定すると花芽を切ることになる」と、去年本で調べた時に書いていてそう思って剪定も控えていた。
だが、去年の冬前にバッサリと半分ぐらい枝を落とし、アーチが透け透け状態になるまで剪定した。

画像

それでもまた今春、新しい枝に次々と覆われて、今迄で最高の蕾に覆われて花が咲いてきた。
「やはり何でもばっさりと切った方が花がよく咲くぞ」とは夫の言い草だ。自分が育てているものはちっとも切らないし切らせない。植物によって花芽が早々と出来ているものもあり剪定も植物によるのだが・・。

モッコウバラは漢字で「木香薔薇」と書き、木の香りとあるが木には匂いがない。嗅いだことは無いがクリーム色の花は匂わないとある。
この白は甘く薔薇特有の優美な香がある。八重の小花だがどうも花持ちが良くないようで、すぐ色褪せる。

ご近所でも薄黄色のモッコウバラは良く見かけるが、白もこの頃見かけるようだ。
だが黄色に比べて花付が良くないとも言われる。

画像

これからが薔薇の季節で、またあちこちで見頃となり、花の虜になる人も多いことだろう。

我が家のこの鬱蒼としたアーチの中に何か巣食っているようで、見たらまた鳩だった。去年も此処に巣食っていたが、この頃頻繁に藤のパーゴラやシャッターの上に止まっているので、しきりに追い払っていた。またこんな所を隠れ家としていて、棘がなくて居心地が良かったようだ。
ほかを塒としてまた飛んでいったが、鳩が居つく庭も困りものだ。


<モッコウバラ(木香薔薇)>
バラ科バラ属
学名:Rosa banksiae
原産地: 中国
性状: 常緑蔓性低木
旧枝咲きで、剪定は剪定は枝の先を詰めるくらいに
蔓性なので誘引が必要で直立させると花付きが悪くなり、斜め方向に誘引する。
モッコウバラ 2006/05/11

「白々と夜目に浮き立つ木香薔薇帰宅の家路の目印と見る」

「今春も木香薔薇の盛る庭開ける門扉に吹き溜まる香の」

「絡まする薔薇の枝枝鬱蒼と隠れ家となる鳩の番に」

「棘のなき木香薔薇の逞しも切れどもまたも伸び来る蔓は」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
モッコウバラがとても綺麗です、しかしそんなに強靭な性質を持っているとは知りませんでした、花の本を開いてみるとこのまえ取上げたナニワイバラ、ハマナスなどと一緒に日本、中国の在来種に分類されていましたが、葉の特徴はナニワイバラとも良く似ているように感じますし、在来種はみんな強いのでしょうかね。
OSAMI
2007/05/08 20:07
はらはらと黄色のモッコウバラの花びらが絶え間なく散っている中、白いモッコウバラが満開です。このばらはとげのないバラで楽です。黄色は多く見かけますが、白は少ないですよね。白は香りが楽しめますね。でも一花さんの家のはすごいですね。見事な咲きっぷりですね。我が家はこんなに咲いてくれてません。黄色に勢力取られているのかな?
我が家では今、次々といろいろなバラが咲いています。バラの咲いている間は、大変で、朝一番で、虫がついていないか、目を皿のようにして点検しています。
これから1ヶ月近くは、バラに付きっきりの毎日となりそうです。
にりんそう
2007/05/08 21:57
こんばんは。
モッコウバラ、かわいいですね。名前からしていいです。
今日はバラや芍薬を沢山見てきました。
山野草も見てきました。ムサシアブミやハナイカダ、ユキモチソウも偶然実物を見る事が出来ました。ラッキーでした。
(写真はあまりよくできませんでした)
未来
2007/05/08 22:41
バラは綺麗で良いなと思って見ていましたが、育てるのが大変なんですね。今度はその辺を知った上で見る必要が有リますね。素人が育てるのには、棘も無く虫も付かない、モッコウバラがいいのですね。(これで一つウンチクが増えたかな?)
デコウォーカ
2007/05/08 22:42
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。以前モッコウバラのアップを早々と見せて戴きましたね。また5日には、好きなナニワイバラも見せて戴き目の保養になりました。今年は開花が早かったようですね。 画像で見ると、ナニワイバラとも葉の感じが似ていますね。西洋薔薇とは違って中国原産で日本的ですよね。
これはシュートがとてつもなく伸びて、5〜6メートルはなりますよ。8メートルともある所で書いてありましたが。とにかく元気もので困ります。西洋のものと違ってこれは枯れずに虫も付かないのですよ。何故これだけ棘がないのでしょうね?不思議です〜。一季咲きでそれがちょっと不満です〜。
OSAMI さんへ
2007/05/08 23:22
にりんそうさん、こんばんは。また早くにコメント有難うございます。
お宅には白と黄色のモッコウバラが植えてあるのですね。はらはらと黄色が散る中に白が咲いて、まるで絵のようで美しい光景ですね。詩的な情景描写で即短歌になりそうですね〜。黄色が元気で、白はちょっと押され気味ですか?
ニリンソウさん宅は他にも薔薇が咲いていて、お庭はどんなにか素敵でしょうね?虫が付いていないかやはり点検なさってらっしゃいますか?これから葉に青虫がびっしりとつきますよね。殺虫剤を1月に1回は撒くとか聞きましたが。でもそれだけ手を掛けられると、開花した時の喜びも大きいことでしょうね。うちは蔓薔薇が3本まだ蕾です。そしてまた懲りた筈だったのですが、鉢で先日記念日に求めました〜。
にりんそうさんへ
2007/05/08 23:31
 一花さんちは白モッコウバラが満開ですね。トゲもなく、丈夫で香りもあるとはいうことなしのバラですよね。
 白の方の香りはすばらしいですが、うちで咲いているのは黄色の方ですので、すこしも香りません。

 昨年同様、鳩さんが巣作りしようとしていたのですね。鳩さんの糞害に憤慨されて、迫害?したのでしょうか。かわいそうですね。でも、仕方がないですかねえ。
なおさん
2007/05/08 23:33
未来 さん、こんばんは。コメント有難うございます。
今日はお出かけでしたか?お天気が良くて、暑いくらいでしたね。紫外線対策もこれからしっかりとですよね。連休は人が多かったですが、平日は良いですよね。其処で、色々植物をご覧になられてよかったですね。
写真のアップも楽しみです^。ムサシアブミ、ユキモチソウは気味悪かったことでしょうか?ハナイカダをある方も、自然の山でご覧になられたとかでした。山ではもう花が終わって実が出来ていたようです〜。
未来さんへ
2007/05/08 23:37
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。
薔薇はその美しい魅力に嵌る方が多いですね。これから「国際薔薇とガーデニングショー」なども開催されますよ。薔薇を育てて見ると、消毒や棘など大変で、面倒くさがり屋には向かなかったですよ。でもあと3本普通の丈夫な蔓薔薇が枯れずに残っています。
このモッコウバラは棘がなく、白は匂いがいいのですよ。でも丈夫で暴れん坊さんで困ってます〜。黄色いのを普通見かけますが、ニオイが無いのに木香薔薇名で不思議です〜。白はしっかりとニオイがあり、木香薔薇ですが。
デコウォーカ さんへ
2007/05/08 23:44
こういう光景なのでようね。そして楽しみに帰宅する感じがありますね「白々と夜目に浮き立つ木香薔薇帰宅の家路の目印と見る」モッコウバラの白が香りとともに見えてきます。今年は、白が根付き蕾がちらちらうれしい感じです。
hanahhana1952
2007/05/08 23:51
なおさん、こんばんは。お疲れの所、遅くにコメント有難うございます。
なおさんち黄色いモッコウバラだたですね。匂いがなくて残念ですよね。名前は木香薔薇ですのにね。でも木が香るのでなく、花が香るのですよね。
白は花が傷みやすく、花期も短いような感じです。この時期、鳩さんがうろうろして、パーゴラからまた此処に移動して、見たらしっかりと番でいました。何せオリーブがあるので〜〜。鳥の糞害もありますが、早朝から鳴かれて、此処に居つかれたら困りますので憤慨しました〜。平和の使者だったのですが、可愛そうですが迫害しました。仕方ないですよね。カラスでなくて良かったですけど。。アホーアホーと鳴かれて五月蝿いですよ〜〜!!!
なおさんへ
2007/05/08 23:53
hanahhana1952さん、こんばんは。お疲れの所、遅くにコメント有難うございます。
hanahhana1952さん宅は、黄色いモッコウバラが、もこもこ〜と言う感じでびっしり〜でしたね。うちの白は余り花付が良くないようですが。でも夜目に白々と見えて花明かりしていますよ。帰宅の目印で、門扉を開けると香が吹き溜まってきます。hanahhana1952さん宅では今年、白をクレマチスと一緒に植えられのですよね。モッコウバラだけでもこんな感じで元気者ですよ〜。クレマチスと上手く共存してくれると有り難いですよね。白がしっかりと大きくなって花の匂いも楽しまれて良いことですね。
hanahhana1952さんへ
2007/05/09 00:00
いやーすごい木香薔薇ですね。最後の写真は花の渦のようです。
黄色の木香薔薇は良く見るのですが、白い薔薇がこれ程たくさん咲いているのは初めてです。
やはり花が香るのですね。「優美な香り」を試してみたいです。花持ちが良くないのはしかたがないかも知れませんよぉ。
hirasan
2007/05/09 00:51
白のモッコウバラお見事ですね〜〜〜〜
我が家も西の隣家がお家を覆っています。そしてそこから
ご近所中にお嫁入りして路地が今黄色のモッコウバラ一色です。
我が家も件のお隣との境フェンスに挿して下さったのが凄い事に。
何も考えずにシュートはばっさり切っています。
その茂みの中にオランダカイウが埋もれて、先ほど救出しました。
モッコウバラの若芽もやわらかそうでいいですよね〜
でも花びらが風で吹き溜まっています。
一花さん家のをみて白が断然よかね〜〜っち、思いましたが。
白花の左に見えちょっと(黄色)はなんじゃろかね〜
今日は長年トラぶってる右耳の病院を替えて診て貰いもした。
気持ちの佳い、新開院の病院でした。ほっとしています。
病院の後はその足で美容院に、マッサージが気持ちヨシュゴワシタぁー
nobara
2007/05/09 17:16
hirasanさんこんばんは。夕べ遅くコメント有難うございます。
うちのモッコウバラは2株植えてあるので、もう元気が良くて良くて大変です〜。花後のシュートが伸びるて困って剪定が大変ですよ。これでも去年半分バッサリ〜切って、こんな感じなんです。切った方が花付が良かったですよ。花芽はまだ出来ていなかったのでしょうか?
白い花色は、すぐくすんでしまいますね。匂いは優美な香で、とても良いのですよ〜。もう普通の西洋薔薇の季節ですね。西洋薔薇も香が良いですよね。でも美しい花には棘がありますよね〜〜。
hirasan さんへ
2007/05/09 21:21
nobaraさん、こんばんは〜。お久です〜〜。此処んとこ真夏日で、今日もぬっか〜〜ね〜。2階の部屋はまだ26度ありますがよ〜〜。
こう暑いと、花もぐったり〜で鉢の水遣りもぬさんと〜。
モッコウバラは挿し木でもすぐ付くんだね。こんた丈夫で、シュートがテワンよね。アーチの上から、おいらんのごた角が出て見苦しくて〜。切っても切ってもまた出てくるよね。棘がなくて黄色は人気だよね。白は花付が悪かち〜。じゃっどん匂いがよかよ〜〜。これは花がすぐ終わってきっしゃなか〜。掃除が大変。
オランダカイウち、なんかチ思ったら、カラーだね。もへ咲いて来たの?はやかね〜。横の黄色は2メートルになっているエニシダごわんど。こんた挿し木で10cmもらったのが、こげんなって〜〜。
さて、病院通いも大変だね。耳鼻科は当たり外れがあって、以前三鷹の赤十字病院まで出かけましたヨ。
今日は美容院でさっぱり〜でしたか?ぬっかかで、ショートも気持ちよかよね。マッサージち気持ちよかよね〜。肩こりは、旦さんに揉んでもろやんせ〜。
nobaraさんへ
2007/05/09 21:33
剪定にはご苦労なさっていますね。ご主人様と考えが違うところは面白く拝見しました。我が家では主役は家内です。私が剪定するときはそばにいて枝きりの場所を全て指示します。彼女が先生で私は助手ではなく単なる労働者です。
目黒のおじいちゃん
2007/05/11 07:07
目黒のおじいちゃん、こんばんは。コメント有難うございます。
このモッコウバラはとても樹勢があり、花後のシュートが凄いですよ。
切っても切ってもまた其処から枝分かれして、倍になって出てきますよ。
主人は自分が植えた果樹などは一切切らず、私が植えたものを、かたっぱしから切っています。何せ九州男児で、男の子一人ですので、塵も出したことは在りません。でも、高校から親元を出ていますので、お料理は上手いですよ。今では夕方5時になり私が家に居ないと、今何処だ、鍵!!と携帯に電話があります。関東に住む様になって、お隣り近所の旦那様は布団を干したり、買い物、塵だしとマメな方ばかりで、何時も羨ましく思ってますよ。うちの二人の息子は、関東風です〜。
目黒さん宅では、きっと何でもお出来になる目黒さんを頼りにされているのでしょうね?私は何時も労働者です〜。
目黒のおじいちゃんへ
2007/05/11 21:27
一花さん、八重で真っ白で珍しい薔薇ですね。
モッコウバラ(木香薔薇) って木の香りがするのでしょうか?
それにしても随分大きい木なんですね。
彦左
2007/05/13 15:25
彦左さん、こんばんは。コメント有難うございます。
モッコウバラの黄色はあちこちで見ますが、白もこの頃見ますよね。
黄色は匂いがないのですが、白は甘い香があるのですよ。木香って、木でなく花が香るのですよね。うちはアーチに2株植えてありますが、これは何処でも蔓延って困るくらい大株になっていますよ。
彦左さんへ
2007/05/13 23:10
モッコウバラ(木香薔薇) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる