一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS カンパニュラ・メデューム(フウリンソウ)

<<   作成日時 : 2007/06/10 19:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

画像

去年の秋にポット苗で求め、花壇に地植えしていたカンパニュラ・メデューム(フウリンソウ)の花が満開となった。

画像

これは昔、ガーデニングを始めた頃、種から秋播きとして育てていたことがあった。
発芽して冬を越し、春に苗が大きくなって4〜5月頃花が咲くかと楽しみにしていた。
ところが春には開花せず、梅雨時に根腐れや夏場に突然枯れてしまっったり株が半減していた。1年も長く花壇を占領して他の花の邪魔になっていた。

翌春になって咲いた花は見事だったが、やっと開花してくれた随分手間のかかる花だった。
一緒に種を播いたジキタリスも同様2年草だった。

画像

その後、種として1年草のものが出回って験し、また春蒔きして夏越しもしてみたが、何故か夏に枯れて上手く育たずに、終に種では諦めた。
それ以降は秋に出回っていた苗として求めることにした。

花屋で見かける秋苗には、翌年開花しますと書いてもあり、今では2年草の種や苗はないようだ。
もう今では花壇には宿根草が蔓延り、植える場所もそんなになくて、5株ぐらい求めて植えれば丁度良い。

画像

この花は昔、次男を生む為に実家にふた月余帰省したことがあったが、その庭に植えてあって、初めて見たその時からずっーと記憶に残っていた。

庭には何種類もの色とりどりの風鈴の花が明るく丈高く咲いており、今は亡き父と当時5歳だった長男が、その庭で土いじりをしていた。
父は帰省してきた孫の我が長男と一緒に遊ぶのが好きで、土日になると動物園や遊園地などに一緒に遊びに行くのを楽しみにしていた。

その時、名前はツリガネソウと聞いたようだが、今回調べたらフウリンソウ名もあった。
当時の写真がアルバム帳に残っている筈だが、この頃普通のカメラで撮ることもなく、アルバム帳も長く開けたことは無い。

画像


さて、カンパニュラの仲間は宿根のものが多いが、このカンパニュラ・メデュームはヨーロッパ南部が原産の園芸種で、寒さには強く、暑さや湿気には弱い1年草(または2年草)だ。

苗は小さいが開花前に花茎がどんどん伸びて1メートル近くもなり、花付が非常に良い。
花姿はジキタリスなどと同じようにダイナミックで明るく華やかで見栄えがして、ボーダー花壇後方に植えられるようだ。

鉢植えとしても楽しめるようで、花屋でも春に開花株が早々と出回っていた。

画像

育てて見ると、脇からも花芽が出て株が大きくなり、花後に花殻を摘むとまた少し小さめの2番花が咲いて長く楽しめる花だ。

だが、長雨が続くと湿気に弱いようだ。
また強い雨に打たれると茎ごと倒れて、支柱を必要とする。
先日、支柱なしのものが開花の途中枝から半分に折れていた。

おと年は多忙で植えなかったが、今年の花色は5種類取り揃えて植え、以前は八重咲きのものも植えて長く楽しんだ。

父と一緒に実家で5歳の頃に見たこの花の記憶が、長男には残っているだろうか?
今もって相変わらず花には興味を示さない二人の子供達だ。

画像


「音のない音に聞き耳立てている釣鐘草のひとつうつむく」(鳥海昭子)


<カンパニュラ・メデューム>
キキョウ科カンパニュラ属
学名:campanula medium
原産地:ヨーロッパ南部
別名:フウリンソウ、ツリガネソウ
性状: 二年草または一年草
花期;5〜7月
花色:紫、青、桃、白
草丈…20cm〜1m
主な用途…コンテナ、花壇、鉢植え、切花

「杳き日の父と幼なの弾む声聞こえて来るか釣鐘草咲く」

「風鈴の花の奏づる楽しき音遠き日子の弾くショパンの曲か」

「水無月の雨に打たるる釣鐘草花枝折れて俯き咲きぬ」

「故郷に遠き日見し花釣鐘草我が庭に咲く五色とりどり」

「朝な夕チロの名を夫呼ぶ声に仔猫駆け寄り足元戯る」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
「音のない音に聞き耳立てている釣鐘草のひとつうつむく」(鳥海昭子)「杳き日の父と幼なの弾む声聞こえて来るか釣鐘草咲く」とっても情景がにていますね。お二人の心が、釣鐘草に写取られたようです。花を見て思い出を聴く、音も無く、しかし聴こえるあの時は遠い昔ですね。
hanahhana1952
2007/06/10 20:34
 今日、外出したらホタルブクロがたくさん咲いているところがありました。ここより少し早いようです。ほたるも、まだ10日ほど先でしょう。先日のカンパニュラに比べて、花の向きが違うのですね。どれもいい色をしています。確か、もっと上を向くものもあったような気がしますが、雨水を溜めてしまいますね。うちのカンパニュラは直径が1〜2pのものです。立ち上がらずに、横に広がっています。
ひめだか
2007/06/10 21:44
 一花さんちではフウリンソウも咲いているのですね。可憐なベルのようで人気の花ですよね。色とりどりの花が沢山咲くと見事でうれしくなるものです。
 うちでも昔咲かせたことがありますが、木が茂り、植える場所がなくなってしまいました。

 梅雨どきの長雨に打たれると、花の痛みも早く、病気もでるようで、大変ですよね。
なおさん
2007/06/10 21:50
hanahhana1952 さん、こんばんは。コメント有難うございます。
確かフウリンソウを植えてらっしゃいましたよね?
花は未だでした?
このカンパニュラ・メデュームの別名を調べたら(フウリンソウ)とあったのですよ。確か父にツリガネソウと聞いていたので、覚え間違いかなと思っていました。でも鳥海さんが、「音のない音に聞き耳立てている釣鐘草のひとつうつむく」と詠ってらして、花の写真もあり、記憶違いでなくて安心しました。この花の形からベルの音が聞こえてきそうですね。ハンドベルの形もしていますし。
父が育てていた花を、また育てて懐かしんでいるのですが、子供はちっとも花に興味も示しません。
さて、お二人で仲良くあちこち旅行なさってらしゃるのですね。
さっき少し読ませて戴きましたよ。あちらのブログとはまた違って、こちらは旅日記で文章も多く画像も珍しいものなど楽しいですね。
2005年7月からスタートで、あとひと月でもうすぐ2年生なんですね。またゆっくり楽しみに読ませていただきますね。
hanahhana1952さんへ
2007/06/10 22:37
ひめだかさん、こんばんは。コメント有難うございます。
もうホタルブクロが開花しており、ブログ画像でも見ますよ。うちは遅いのですよ。
そちらでも開花が見られるのですね。どんな感じで自然に咲いているのでしょうね。画像アップ楽しみです〜。
また自然に飛んでいる蛍も見られて良いですね。川や田圃が近いと見られるのですよね。蛍火が出来たらいいですのにね。
このカンパニュラは1、2年草の園芸種で明るく華やかですので鉢花、ガーデニング用、切花用として需要があるようです。
上より横を向いていますよ。雨後見たら、水が溜まっていませんでしたが、花が多くて倒れたのでしょうか?それとも花に水が溜まったのでしょうか?それが良く分からないのですよ。
ひめだかさんのお宅のカンパニュラは直径が1〜2pで、横広がりですか?どんな花か楽しみです。
もうひとつヤッシロソウに似たものを植えてありますが、これとは感じが違います。カンパニュラも色々出回っていて、青紫の花が素敵ですね。
ひめだかさんへ
2007/06/10 22:51
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
以前これも育てられましたか?これは思いでのある花で、これからもずっと植えて見たい花です。華やかで花壇が明るくなりますよ。花後また2番花が出て長く楽しめます。
花の中に雨が入るものでしょうか?梅雨時しっとりと濡れる花の風情もなかなか良いものですよ。
なおさんへ
2007/06/10 22:55
初めて見る花でした。一番最後の画像は良いですね。その次に気に入ったのは一番上の画像です。色々の記憶に包まれた花なんですね。
一昨日のコメントへの回答です。どちらかと言うとリシマキア・ヌンムラリアに似ていると思いました。昨日のコメントへの回答です。カシワバアジサイは近所に有りますので確認が出来ます。昨年、香貫山でヤマアジサイを見た記憶が有ります。後で確認します。
デコウォーカ
2007/06/11 00:02
デコウォーカさん、こんばんは。お出かけなさって遅くのコメント有難うございます。このフウリンソウはカンパニュラの仲間ですが、ツリガネニンジンなどと同じ仲間です。こちらは園芸種の洋花で華やかなので花壇、鉢植え、切花利用されます。花育ては小さい頃の思い出が重なって、父が育てていた同じものを育てているようです。親子の繋がり、小さい頃の思い出なのが花の癒しになっているかも知れません。イギリスのお孫さんももうハイハイされて可愛いことでしょうね?
リシマキア、お時間をかけて確認してくださって有難うございます。カシワバアジサイはそちらのご近所でも見られるのですね。秋の紅葉、ご確認下さい。赤くて綺麗ですよ。
ヤマアジサイもやはりそちらで咲いているのですね。色々ヤマアジサイ系があり、どんな花か楽しみですよね。
デコウォーカ さんへ
2007/06/11 00:30
”水無月の雨に打たるる釣鐘草花枝折れて俯き咲きぬ”
昨日の雨で、庭の花々こんな感じの今朝のわが庭です。
おはようございます。
大好きな花、フウリンソウ、
やはり我が家はうまく育ってくれません。
この花が、何気なくそっと咲いてくれる庭、
を夢見ているのですが・・・。
一花さんの家は5種類もの色がおありなんですね。
花の色はみな、いいですよね。
又一花さんには、
この花との思い出がたくさんおありのようですね。
にりんそう
2007/06/11 09:06
一花さん、本当に変わった花ばかりで楽しいですねここへ来るの。
カンパニュラ・メデューム(フウリンソウ)の薄紫、そpしてもっと色が薄いものや真っ白い花・・・といろんな色も揃えてられるのですね。
彦左
2007/06/11 14:50
フウリンソウが綺麗に咲いていますね、この種類は特に地植えのものは結構大きくなって沢山の花を付けているものを街でも見かけます、最初の写真にはユリ、そして4枚目ではモナルダも開花しているようですね、それにしてもいろいろの種類がある感じが良くわかり感心しています。
OSAMI
2007/06/11 16:16
にりんそうさん、こんばんは。何時もコメント有難うございます。
今朝は雲ってましたが、雨があがって良かったですね。午後から陽射しでお洗濯物も乾きましたし・・。
でも雨後の庭を見ると、また支柱に立てていたこの花が無残にも折れていました。支柱が短かったようです。しっかりと長い支柱でないと駄目なんですね。
これは思い出があり好きな花で、5色株で求めて植えました。2番花も咲いて結構花期が長いのですよ。余り日当たりが良すぎる花壇は駄目なんでしょうか?
カンパニュラも色々あって、これから青紫の花が素敵ですよね。
にりんそうさんへ
2007/06/11 19:46
彦左さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
これって、花屋さんでも出回っていて、私は随分昔、田舎の父が育てていたのを見たのが初めてでした。
その時は釣鐘草と聞いたのですが、いまではフウリンソウとも呼ばれています。
園芸的に八重のものなど品種改良品が出まわっていますよ。多年草でなく、1年草なんですよ。釣鐘の形をした花で、この時期青紫のものが他にも色々ありますね。
彦左さんへ
2007/06/11 19:53
OSAMIさん、こんばんは。街中でもこのフウリンソウが植えてありますか?ちょっと記憶になかったような感じですが、若しかしてアップなさってらっしゃいましたかも知れませんね。
今の花壇はユリの球根が色々花芽を見せてきました。モナルダも何年も此処で宿根で蔓延って困って抜いて捨てました。花壇には宿根として、シュウメイギク、オイランソウ、ホトトギス、キクなどが出ています。
この頃植え替えが面倒になり、また宿根が蔓延って一年草のものを植える場所がなくなりました。
OSAMI さんへ
2007/06/11 20:01
カンパニュラ・メデューム(フウリンソウ) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる