一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS クジャクサボテン

<<   作成日時 : 2007/06/11 21:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 32

画像


鉢管理として殆ど構っていないクジャクサボテン。
夫が小さな株で昔3種類求めて大きく育てていたものだ。

おと年までは黄色と赤の十二単衣と言う銘のものが咲いていたが、枯れてしまって去年は赤のみ二鉢残って開花した。
クジャクサボテン 2006/06/20

画像

今年はとうとう一株だけしか残っておらず、それでも5つの蕾が付いて開花し、いま最後の一輪が開いている。

大株になった月下美人は冬場室内に取り込むが、此処関東地方の我が家では、外の硝子ケースと言えるような小さな温室内管理としている。
アロエや多肉植物も其処で一緒に冬越ししているが、霜に当ることなく枯れずになんとか元気だ。
だが株の葉が赤っぽくなって、おまけにナメクジに食べられてあちこちに穴が開き、開花した美しい花と比較すると余りにもみすぼらしい。

画像

年間の鉢管理だが、春と秋は半日陰か午前中の日当たり、梅雨時は、雨のかからないところに移動。
そして、夏は日陰に移すか寒冷紗の下に置き、冬は室内で、暖地では簡易フレーム可能と去年も書いている。
サボテンと言う名前の多肉植物で夏の炎天に耐えられるかと思っていたが、どうもそうではないようだ。
寒さや暑さに弱くちょっとデリケートな植物のようで、枯れてしまったのもそんな特性を飲み込んでいなかったのが原因かも知れない。

画像

サボテンの名がありサボテン科(クジャクサボテン)エピフィラム属だが、普通のサボテンと違って棘も毛もなく薄平べったい株だ。
サボテンのイメージは熱帯砂漠植物だが、このクジャクサボテンはジャングルの生活に適応した森林性サボテンで、中南米に分布する高山植物だと去年のブログ記事に調べて記載している。
高山植物なので、1日中日当たりでなくて良く、午後は明るい日陰程度で良いそうだ。
そして、普通のサボテンは冬室内管理だが、違うのは2〜3℃の低温に耐えられ、それで暖地では簡易フレーム可能となるようだ。

画像

我が家も冬場ほったらかしで全然水遣りをしていなかったが、12〜3月の冬場に殆ど断水していると、その方が寧ろ花付きが良くなるそうだ。

午前中の日当たりだけで冬も凍らない程度で管理し、乾燥に強くて手のかからないズボラタイプの植物だったのだが、余りにもズボラ過ぎても我が家のように枯れてしまうようだ。
程々でも気は掛けてやらなければいけない植物の世界だ。

去年、記事をしっかり書いて理解していたつもりだが、夫が求めたものなので余りにも存在が薄く、一年経つとすっかり忘れてしまっていた。

白花は月下美人と見間違うほど良く似ているが、匂いがなくて一夜花でなく、花期も昼夜と咲いて少し長い。花色も多種出回っているようだ。
なお月下美人は同じ森林性サボテンだが、高温性のために冬場は温かいところで管理しなくてはいけないそうだ。
月下美人2006/08/02

画像
      <月下美人:2005/7/14撮影>

シャコバサボテンも同じサボテンの名前が付き、同じサボテン科だが属が違う。
何れにしてもサボテンの名前が付く花はとても美しいが、つい水を与えすぎて駄目にしている。
画像
       <クジャクサボテン:2007/6/2撮影>


「やがて夏やがてにつくわうきすげ(日光黄菅)咲く咲きて一日こっきりの花」(今野寿美)

「にほやかに君がよき夜ぞふりそそぐ白き露台の矢くるまの花」(北原白秋)

「矢車の青き星陥ち野のはてを重きかしらを捧げて歩む」(山中智恵子)

「昼間みし合歓(こうか)のあかき花のいろをあこがれの如くよる憶(おも)ひをり」(宮柊ニ)
 
<クジャクサボテン>
サボテン科 (クジャクサボテン)エピフィラム属
原産地:中南米
別名:オーキッド・カクタス、花サボテン
花期:5〜6月
花色:赤、オレンジ、他
多肉植物

「一鉢のみ孔雀サボテン咲き継ぎて赤き五輪の花の笑えり」

「たっぷりと湿りを含む庭土に雨後の陽射し柔らかに注ぐ」


※都合により、明日から14日(木)までブログをお休みします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
 今日の一花さんちは、育て主に似て華麗なクジャクサボテンですか。艶やかな色あいで、まわりがぱっと華やぎますね。
 お手入れをサボッテンも?なんとかきれいな花が咲いてくれるとはいいですよね。

 そういえば、うちの月下美人も、あまりかまわなくても咲きますね。美人だからとちやほやしなくとも、咲いてくれるとはエライものです。
 
 明日からまたお休みとは寂しいですね。
なおさん
2007/06/11 21:49
サボテンは、茎や葉のイメージとは全然異なった綺麗な花を咲かせますね。私はサボテンと言うと全て熱帯砂漠植物のイメージでしたが、月下美人やクジャクサボテンの様にジャングルの生活に適応した森林性サボテンも有るのですね。又一つ勉強しました。
デコウォーカ
2007/06/11 22:14
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
ほんと華麗な花で、うっとりですよ〜〜。夫が苗で育てたもので、何故か管理は私めがいたしております〜。なおさんち、管理してもらわれる立場でしたね?
手入れを誰かさんがサボってらっしゃるようで、虫食いになっております〜ワヨ。美形の花には虫も寄ってくるようで〜〜。
月下美人もそうでしたね。丈が随分高くなって天井まで付きそうですヨ。
あちらはまた匂いが強烈で、一夜の儚い白い美人ですね。
なおさんへ
2007/06/11 23:34
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。
サボテンの花も幾つか育てましたが、原色の明るい花が多いですよね。
でも、何時もつい水ばかりあげて根腐れさせています。
これってトゲトゲがなくて、ジャングルの生活に適応した森林性サボテンで、中南米に分布する高山植物だそうです〜。去年も記事に書きながら、またド忘れしています。夫が好きで何色か求めて、これだけ残っています。挿し芽でよく付きますよ。白いクジャクサボテンは、月下美人にそっくりですよ。
デコウォーカ さんへ
2007/06/11 23:40
「にほやかに君がよき夜ぞふりそそぐ白き露台の矢くるまの花」(北原白秋)「たっぷりと湿りを含む庭土に雨後の陽射し柔らかに注ぐ」とっても自然体の二つの歌ちょっといいかも(笑)失礼しました。
はなはな
2007/06/11 23:45
はなはなさん、こんばんは。コメント有難うございます。
矢車の花、好きなんですが、もううちでは種でも育てなくなりました。
はなはなさんちは種から白も青も桃も頑張ってましたね。
歌、ロマンチックな感じですね〜。矢車の柔らかいふわふわした花が風に揺れるさまは良いですよね。
昨日と一昨日の雨に庭土が湿り気を含んで、そこに初夏の陽射しが柔らかく降り注ぎ、くたんと濡れてしょんぼりしていた植物も、生き生きとなってきましたよ。まだいい加減ですみません〜。
はなはなさんへ
2007/06/12 00:09
こんばんは、きょうは(昨日は?かな?)クジャクサボテンですね
 水はほんとに控えめで良いのに、ついついほかの草花の横にあると
ホースを向けてしまいますよね、私もこのブログを拝見して改めて
しっかり管理せねばと思いました、赤いクジャクサボテン、ご近所を
呼んでながめた月下美人が今はありませ〜ん!、あたらしく育て始めた黄色のクジャクサボテン、”ズボラ"をうまくやっていきましょうと学ばせていただきました。
いけちゃん
2007/06/12 00:14
いけちゃん、こんばんは。お久です〜。今日はまだ調べもので起きておりますヨ。
これって何時も水をあげすぎて枯らしているのかよく分かりません。
池ちゃんちも月下美人とこのクジャクサボテンが枯れちゃったのですか?
残念ですね。うちはこの赤だけ残って、虫食い状態です。肥料もちっともあげてないのですよ。
月下美人はどんどんシュートが伸びて、でも下葉が枯れて困っています〜。ホント、ほどほどの「ズボラ」のガーデニング管理が大事ですよね。手をかけすぎても手抜きも良くなくて、気にはしてあげて、まるで子育てそのものですよね。これじゃ一生??子育て??に追われることでしょうかね??

いけちゃんへ、
2007/06/12 00:21
 こんばんは。これを送ったら、ちゃんと寝て、明日はブルーポピー・ツアーです。カメラ二台もって、行ってきます。
 クジャクサボテンか、月下美人が中学生の頃いただいてきたものがあって、家中で眺めたのを思い出します。優しい香りだったのと、後年「これが月下美人」と聞いて見たものが別物だったのとで、今思うと、一家そろって月下美人と信じて、クジャクサボテンを拝んでいたのかもしれません。なんだか、おかしいですね。
 我が園のカヤランらしきものも、松の幹に張り付いて世話もされずにずっと生きているので、野生状態に即しての世話は、参考になりますよ。今月誕生月なので、1つ私も自分に宿題のつもりで、大きなラベンダーの株を定価の三分の一で入手し、来年に向けてチャレンジです。ヒッドコートは、うまくいきました。やっぱり生まれつきのあたりに咲く花は、お気に入りが多いです。ポピーはどうかな?
ひめだか 
2007/06/12 01:09
おはようございます。
私も昨年月下美人枯らしてしまいました。それまでは一夜限りの花を、家族で感動して楽しんだものでした。私なんか、ずぼらもずぼら、あまりのずぼらで、枯らしたのかもしれません。
それにしてもサボテンの花きれいですね。
いつも思うのですが、とげとげのサボテンから、どうして、こんなきれいな花が、咲くのでしょうね。
にりんそう
2007/06/12 08:42
一花さん、孔雀サボテンが綺麗に紅白咲きましたね。
内も地植えで玄関脇に何年も紅白の大きな花を咲かせて暮れたのですが、
一度刈り込んで植え直したのが悪かったのか(それまでは放っていた)
絶やしてしまいました。何とかしょぼくれたハッパは有るのですがそこから花を咲かせる元気がないようです。どうすれば生き返るのでしょうね。
この花が無いと寂しいです。2年ぐらい前のブログでちゃんとお出まししてるのに。
彦左
2007/06/12 18:03
 初めまして このサイト拝見中花の写真しかも山野草、小生も猫の額ほどに庭で山野草つを育てています。マツモトセンノウを拝見したときおおお〜〜と思いつつ、つい投稿いたしました。現在雪割草(ミスミソウ)を中心に80種ほどマツモトセンノウは絞り咲きを中心に7色ほど栽培中、他の趣味としてはカメラ、PC エッセー 俳句 川柳 短歌 都々逸などなど何となく趣味が近いのかなと思いましたので、今後ともよろしくお願いいたします。      初顔見せの 夢丹
夢丹
2007/06/12 20:30
私の家にも頂いたクジャクサボテンがありましたけど、黄色の大きなものなどだめになってしまいました、どうもマンションのべランダは夏の暑さでこの植物には不向きなのかなと思ったりしています、夏場は休眠させるという方法があるように聞いていますが、まだ試した事が売りません、、暑さに弱い植物は対策が難しいですね。
OSAMI
2007/06/12 20:50
我が家のクジャクサボテンも冬の管理が悪かったせいか葉は茶色になってしまいましたが今年は沢山咲いてくれました。強いものですね。サボテンの仲間は本当に綺麗な花を咲かせます。
ミニミニ放送局
2007/06/12 21:48
こんばんは。
私のお友達は、マンションのベランダにクジャクサボテンを置きっぱなしですが、毎年よく花が咲いて今年は40個もついたそうです。(そのかわり葉っぱはみすぼらしいです)きっとあまりかまわないのがよく花を咲かせるのではないでしょうか。
きれいな花ですよね。
未来
2007/06/13 00:12
JAの園芸部で買ったのですが、名前はジニアとなっていました。
ブログで検索を書けたら、菊科ジニア属と出ました。
ジニアエレガンスとも言う。百日草の一種らしい。
最近の花は大体がすべてカタカナネームで、売り場で担当も名前も知らない、多年草かも不明。売ればいいだろうということですか。なげかわしい。でも100円だから、それなりに目の保養にはなります。♪♪
権の字
2007/06/13 02:12
初めてお邪魔させていただきます。
お花がいっぱいの素晴らしいブログにウットリ!です。
クジャクサボテンがそれぞれ綺麗に咲いている様子を上手く表現されていてわかり易いですね。
我が家は咲き終わってしまいましたが今年は沢山の花を付けました。
ベランダに置いているのですが、直射日光が当たらないのがイイのかも知れません。
また、楽しみにお邪魔させていただきます。(*^。^*)
やまびこ
2007/06/13 10:29
綺麗ですね・・・サボテンのお花って
みんな繊細で綺麗ですよね。
「一鉢のみ孔雀サボテン咲き継ぎて赤き五輪の花の笑えり」
好きです。
chiemi
2007/06/13 12:19
はじめまして!孔雀サボテン素敵ですね。うちにもありますがこのように立派に咲いたことはありません!かける愛情が違うようですね!ピンクもいいですが白も素敵ですね!冬に水を与えないほうが良いと聞いたので昨冬は一滴も与えなかったのですが良かったのでしょうかねぇ・・・
meushiちゃん
2007/06/13 16:26
ひめだかさん、こんにちは。夜中にまたコメント有難うございます。
都合で大変返事が遅くなりました。すみませんでした〜。
ブルーポピー・ツアーからもうお帰りでしょうか?例の花ですよね。あとで楽しみに伺わせて戴きますね。
私もネットの白いクジャクサボテンを画像で見たら月下美人にそっくりで、間違ってしまいそうになりましたよ。
「カヤラン」画像は以前見せて戴きましたよ。何でも自然に咲いて見られて良いですね。素晴らしい花が咲くようですね。フウランやヨウラン類は水のかけ過ぎでしょうか?何故か上手く育ってくれません。手のかけ過ぎなんでしょうね?湿気を好むスパッティフィラム育ては上手?かもと思っています。
今月誕生月ですか?おめでとうございます〜。大きなラベンダー株購入で大株だと見事でしょうね?これからまたまたお楽しみですね。私も夫の誕生日にはバラの鉢を求めて来て、今育てています。枯らさないように〜ですけど。イングリッシュラベンダーも良いですね。今迄何株も育てましたが、相変わらずなかなか上手くいきませんヨ。風通しが悪いのか、日当たりもでしょうか?相性が悪い花です。
ひめだかさんへ
2007/06/15 17:13
にりんそうさん、こんにちは。早々とコメント戴いており、都合で返事が遅くなり申し訳ありません。
にりんそうさん宅では、去年月下美人が枯れてしまってそれは残念でしたね。
一夜花で匂いが良くて素晴らしいですよね。あれは冬場室内ですが、ずぼらでなくて、冬の寒さに弱かったのでしょうか?うちは春早々と外に出したら寒風で葉が傷み、また真夏の直射日光を嫌うようで、葉焼けして葉が破れて見苦しい状態です〜。でも枯れずに何とか、上に上にシュートが伸びていますよ。ずぼらのずぼら管理なんですけど^^。花付はイマイチです。
このクジャクサボテンは棘がないですが、普通のサボテンは花が綺麗なもが多いですよね。おと年真っ赤な、何とかと言うものをズボラで枯らしてしまいました。花って、可愛そうにチョット虐めると咲くことがありますよネ。
にりんそうさんへ
2007/06/15 17:23
彦左さん、こんにちは。都合でコメント返事が遅くなりますた。
彦左さん宅では地植なんでしょうか?やはりそちらは暖かいのですね。
玄関脇に何年も紅白の大きな花を咲かせてくれて、2年前はブログ登場だったのですね。お見事だったことでしょうね。今ではすっかり短く刈られてしまって、しょぼくれで残念ですね。でも根が生きているので安心ですよね。
うちのこの鉢も、ある程度葉が大きくならないと花が咲かなかったですよ。色々植物を何でも短く狩りすぎて花が付かないものが多いです。根が生きて元気ならそのうち株が充実して咲くと思うのですが、何せ専門家でなのでどうなんでしょうね?すみませんね。私もこれは枯らし専門なんですヨ。植物にも相性がありますよね。
彦左さんへ
2007/06/15 17:56
夢丹さん、初めまして。こちらにコメント有難うございます。都合で返事遅くなりました。夢丹さんは現在雪割草(ミスミソウ)を中心に80種ほどマツモトセンノウは絞り咲きを中心に7色ほど栽培中と凄いですね。プロ並で珍しいものばかりの栽培でいらっしゃいますね。
私は山野草が好きで、ただ変わり映えしないものを求めて植えるのですが、殆ど地で育てず普通の園芸種が多いですよ。でも鉢管理してみたら去年のものが不思議と?ちょっと生きています〜。
夢丹さんは他の趣味としてはカメラ、PC エッセー 俳句 川柳 短歌 都々逸などなどですか?多趣味で素晴らしい方ですね。
私は食いしん坊とガーデニングが好きで、短歌は一応習っていますが、一生下手で終わりそうで、ただ31文字並べる練習です〜。ブログはボケ防止で書いておりますが、この頃ボケ進行でいい加減なものです。本やネット参考で綴っておりますが、間違いもあるようです。色々皆さんにアドバイスして教えて戴いておりますヨ。こちらこそよろしく〜。
夢丹 さんへ
2007/06/15 18:08
OSAMIさん、こんにちは。コメント有難うございます。都合で返事遅くなりました。
やはりベランダ管理は夏場きついのでしょうね?黄色い種が枯れてしまったので残念でしたね。これはOSAMI さんでさえ枯らされるのですから、うちが枯らしてもおかしくないですね〜。 月下美人も南国のものだと思って日に当てたら、葉が日焼けしてしまいましたよ。サボテン名があっても性質を知らないと枯らしますよね。夏場の休眠と言うのがあるのですか?オキザリスは夏場休眠ですからOKなんですよ。
これは挿し芽で容易に付きますが、夏に弱い植物ですので、日除けなど気をつけないといけないのでしょうね。
OSAMI さんへ
2007/06/15 18:14
ミニミニ放送局 さん、こんにちは。コメント有難うございます。
都合で返事が遅くなりました。
うちも外管理で冬場葉が枯れたようになっていますが、でもそちらでは花付が良かったのですね〜。これって、ブログでも人気で、あちこちで立派な色々な花色を見ますよね。皆さんお上手ですよね。花好きな方は、大抵これと月下美人は育ててらっしゃいますね。ミニミニ放送局 さん宅の花色は何色でしょうね?
花を咲かせるコツは、水遣りを控えるとかでしたが、やはり肥料も大事なんでしょうか。
サボテンは棘がありますが、花が綺麗ですね。
ミニミニ放送局 さんへ
2007/06/15 18:22
未来さん、こんにちは。コメント有難うございます。都合で返事が遅くなりました。
お友達は、マンションのベランダで花40個ですか?素晴らしい数ですよね。コツは水遣りを控えるのでしょうか?
去年、月下美人を友人が40何個咲かせて素晴らしい香だったとかです〜。このクジャクサボテンに香があれば良いですね。一夜花でないので、花を長く楽しめますが、上手な方もいらっしゃるのですね。夏のベランダは暑いですが、何か対策があるのでしょうね?
サボテンの名ですから生命力が強いのですね。
未来さんへ
2007/06/15 18:28
権の字さん、こんにちは。初めまして。コメント有難うございます。都合で返事、遅くなりました。
ジニアは百日草の小さい黄色やオレンジの花ですよね。これはクジャクサボテンの赤い花です〜。
若しかして、コメント先を間違われたのでしょうか。
植物はカタカナ表記になって覚え難いですね。漢字だとなんとか馴染が出ますよね。100円でも花は花で、育て方で楽しめますし、花育ては気分転換になりますね。
権の字さんへ
2007/06/15 18:34
やまびこ さん、こんにちは。こちらに初めまして。コメント有難うございます。都合で返事、遅くなりました。
おと年の「ハナツルソウ」をわざわざ過去記事から探して下さって、お手数お掛けしてすみませんでした〜。今と違って、ちょっとボケ画像で見難いでしたね。
私は花好きで何でも屋ですが、市販のものだけで種からも上手に出来ず、本当は枯らし専門なんですよ。山野草も好きですが、地植えで枯れてこの頃鉢管理して増えて困っています。
やまびこさん宅もちょっと覗かせて頂きましたが、お花が色々溢れて画像も素晴らしいですね。カシワバアジサイも2種育ててらっしゃいましたね。
クジャクサボテンも花付が良くて、ガーデニングお上手ですね。
駄文でいい加減ミスの多いブログですが、これからもよろしく〜。
やまびこさんへ
2007/06/15 18:43
chiemiさん、こんにちは。コメント有難うございます。返事遅くなりました。
これは一応サボテン名ですが夏の暑さに弱いのですよ。棘もないのです。でも孔雀の名のように美しい花です。
白花は、月下美人に似て間違いそうですよ。
歌は何時もいい加減ですが、「笑(えま)う」は以前も書きましたが、花が咲く意味もありましたし、「笑み」の意味も感じて、花の優しさが伝わってきますね。「花の笑う」の、これがあるから花育ては止められないですよね。
chiemiさんへ
2007/06/15 18:51
meushiちゃん、こんにちは。初めまして〜。コメント有難うございます。
都合で返事が遅くなりました。
これは夫が求めたのですが、なかなか管理もせずに、ほったらかしで愛情はかけず、水はかけましたヨ。でも一応花が咲いてくれて枯れないだけでも有り難いです。葉は虫に食べられて、穴だらけでみすぼらしいですよ。
そちらでも開花ですか?皆さんこれって人気ですよね。
うちは以前は黄色があったのですが、枯れました。白は月下美人に似ていますね。でも月下美人と違って匂いが無いですが、花期が長くそれは良いですね。
他所様はもっとお上手に花が咲いていて、羨ましいですよ。何でも枯らしばかりで、困っています。

meushiちゃん へ
2007/06/15 18:59
お久しぶりです。いつも綺麗なお花ありがとうございます。ちょっと癒されたいと思った時「そうだ、一花さんちに行ってこよう!」と寄り道してます。道草した後、ほんわり優しい気持ちになれます。
この花クジャクサボテンと言うんですね。私も殆どかまってあげないのにもう十年以上毎年見事に咲いてくれてます。今年は感謝の気持ちを込めて摘芯をして増やそうと今乾かしているところです。シャコバサボテンと似てますよね。
これからも寄らせてくださいね。
桜子
2007/06/16 16:07
桜子さん、こんばんは。お久しぶりです〜。
桜子さんは、お花好きでいらっしゃるのですね。私も庭に出て花に触れる時が一番の至福の時です。
お花には優しい気持ちを貰えますよね。
これはクジャクサボテンと言う名前で、孔雀のように美しいからそんな名前なんでしょうね?花色も白、黄色、真っ赤など色々あるようで、皆さん花数が幾つも付いて、また挿し芽で上手に増やされてますよ。うちは下手で、こんな花数しか咲かないのですよ。
桜子さんも「今年は感謝の気持ちを込めて摘芯をして増やそう」と今乾かしてらっさるのですか?ガーデニングお上手なんですね。
うちのこの鉢は夫が求めたものですが、植え替えも長くしてないのですよ。月下美人と一緒に差し芽だけは長く〜〜置いてありますが・・。。
名前がサボテンが付いてシャコバサボテンにも似ますが、属が違うようです〜。
いい加減なブログですが、花のお喋りは楽しいですので、こちらこそよろしく〜。
桜子さんへ
2007/06/16 22:26
クジャクサボテン 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる