一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ドクダミ(八重種と一重)

<<   作成日時 : 2007/06/15 19:24   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 24

画像

去年、ネット画像でドクダミにも八重種があることを初めて知ったが、どんな花か一度は見てみたいと思っていた。
昨年9月に外出先の花屋さんで偶然軒先に見慣れたドクダミの葉のポット苗が一つ置いてあり、若しかして八重種?と思ってラベルを見ると、やっぱり八重種と書いてあって、花屋さんにしっかりと八重種かを再確認して即求めてきた。
画像


小さなポット苗には3株入っていたので、庭の東、西、そして南側の半日陰の3箇所に分けて植えた。
逞しい雑草としてしっかりと根は即付いたようで、冬には地上部が枯れて消えていたが、翌年の晩春頃から3箇所に新しい葉と芽が出ているのを確認した。

画像

春の華やかな花に気をとられていたら、5月には結構大株となっていてしめしめだったが、ラベルは付けていた筈だが、東側のものが行方不明になっていた。

画像

6月に入って、西側の風通しの良い半日陰の株に3つの小さな蕾を見た。
八重種になるのかと蕾が綻ぶたびに観察していたら、やっぱり八重種が開花した。
出てきた花の大きさは一重のそれと変わりなく、葉も同じ大きさだ。

画像

花びらに見える白いものは総苞葉と呼ばれ、花に近い葉が花弁状に変化したものだそうだ。
本当の花は、その総苞葉の上に見える淡黄色の雄しべと雌しべの付いた短い穂状のもので、花弁や萼がないそうだ。

葉はお馴染のハート型で柔らかく、近寄ると独特の悪臭があるが、名前の由来も不快な臭いで、「毒を溜める草」と思われてドクダミになったようだ。(山・渓社:「日本の野草」より)
一重も八重も花の形だけが違って、葉は同じようだ。

画像
    <一重と八重種>

別名が十薬で十の薬効があるそうだが、小さい頃は虫や藪蚊に刺されたら即葉を揉んで付けると良いと実行した。
また腫れ物の時も、柿の葉に巻いて火で焙り、これにお世話になった覚えがある。

画像

日本ではドクダミ茶がお馴染だが、確か東南アジアかで、この若い葉をサラダにして食べるとかだった。それで生前の父が健康の為に野菜ジュースに入れて貰っていて、一緒に私も飲んだが、結構臭くて飲み難くて嫌いだった。

私も結婚後、健康の為に何度か野菜ジュースに入れて飲んだが子供達が嫌がった。
またドクダミ茶は市販のものを求めて、スギナ茶、テンチャなどとブレンドしていまも愛用している。
体内の毒をとってくれるものとして利尿効果はあるようだが、他にがどんな薬効があるのだろうか?

ガーデニングとして、この斑入り葉株も出回って以前育てて見たが、何時の間にか斑入りも株も消えてしまった。

画像

我が家の樹下の半日陰の八重の株はまだ花芽が付かない。
外出の折見かける日当たりの野原では、一重のものが結構元気で花付が良い。
先日も昼顔と一緒に一重が蔓延っているのを見かけたが、若しかして本来は日陰より日向が良いのだろうか?
炎天のコンクリートの割れ目からも出ているようで乾燥地も生えている。

「十薬の閃々として道細し」(村沢夏風)

一重の普通のものが、植えた覚えがないのに庭の隅の日陰に毎年ひとりでに生えてくる。
地下茎で増えて、あちこちの庭隅に白い十字の花が浮き立って、抜くには惜しい清楚な花だ。
自生地として本州から沖縄と本に書いてあり、北海道の分布は書いてないが、寒い地方には生えないのだろうか?

画像


「どくだみや真昼の闇に白十字」(茅舎)

これはドクダミ科ドクダミ属だが、これに似て葉が白い「ハンゲショウ」と言う茶花に使われるものがある。
こちらはハンゲショウ属で湿地を好み、ドクダミとはまた違った臭気があり、7月初旬の半夏生のころに葉が白くなるようだが、我が家のものは未だまったく化粧をしていない。
ハンゲショウ(半夏生) 2006/07/02
画像
    <ハンゲショウ:2006/7/2撮影>


昨日の入梅と違って、梅雨明けを思わせるような陽射しで今日は暑かったが、何年ぶりかで椿に茶毒蛾が発生して大慌てだった。
これから藪蚊や茶毒蛾などの毛虫が発生する時期だが、この十薬は民間薬としての出番はあるだろうか?

画像



「梅雨ふかくひらきて白き十薬が欲望のごと闇にゆれおり」(阿木津英)

「どくだみはここに花さき人間のかかわるところ月つよく差す」(坪野哲久)

「毒だみが土を占めゆく勢力をわれは憎めり暑に衰へて」(真鍋美恵子)



<ドクダミ>
ドクダミ科ドクダミ属
別名:十薬
花期:6〜7月
分布:本州〜沖縄(野原、日陰)


「花屋にて求めし八重の十薬の花の三輪白の重たげ」

「どくだみの臭い振りまく葉の上に白き十字の花楚々として」

「梅雨明けを思わす夏日おり立ちし庭に茶毒蛾発生を見る」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さん、しばらくのご無沙汰でした。このドクダミはあちこちで花盛りですが、八重はまだそう何処にでも植えてあるというほどでもないですね。五色葉のカメレオンという品種は見かけるのですが、まだ八重は実物は見たことないです。
 デカノイルアセトアルデヒドという成分が匂いのもとらしいですが、抗菌効果があるものですよね。

 ヒルガオと仲良く咲いているのは、なかなかいい風情で、さすが和歌奥様は、目のつけどころが違いますね。
 チャドクガに刺されると大変ですので、気をつけませんとね。
なおさん
2007/06/15 20:16
唇をよせて言葉を放てども わたしとあなたは わたしとあなた (阿木津英)私が知っていた歌人で好きなお歌です。こんばんは。お久しぶりです。またご旅行でしたか?いいなあ。どこかにいきたいなあ(笑)八重のどくだみ初めて見ましたよ
hanahhana1952
2007/06/15 21:08
八重のドクダミ、始めてみました。雑草として取らないでおくと一面ドクダミの群生になってしまいます。そのような場所には他の草は生えませんね。昔から薬草として利用されていますがこれをジュースに入れて飲むというのはどうも抵抗がありますね。
ドクダミ、見ようによってはきれいな花です。
ミニミニ放送局
2007/06/15 21:40
八重のドクダミは面白い構造ですね。白い花弁(総苞葉)が五重塔の様に積み上がっていて、しかもその屋根の間にはシベが有るんですね。ハンゲショウはドクダミ科でしたか。また一つ勉強しました。
デコウォーカ
2007/06/15 21:51
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。4日振りですが、真夏のような暑い日が続き、昨日は入梅でしたが、また晴れて今日は暑いでしたね。
この八重種は、先日出かけて訪れた野草園でも植えてありましたが、残念ながらまだ開花してなかったです。
そちらの公園では何でも植えてありますが、八重種がないでしすか?
八重の花はお嫌いでしたから、なおさんには興味ないですよね〜。
桃色葉はカメレオン銘でしたね。斑入りが消えてしまいましたよ。
臭い成分は「デカノイルアセトアルデヒド」ですか?アセトアルデヒドは聞きますが、「デカノイル」って変な名前ですね?
ドクダミって、日向も日陰にも強い花ですが、今度育ててみたら、日向が花付が良いのですね。去年は茶毒蛾は見なかったのですが、今年は虫年で、去年から冬越しした大事なイワシャジンに、ヨトウムシが3匹もいました。


なおさんへ
2007/06/15 23:23
hanahhana1952さん、こんばんは。4日振りでお久しぶりです〜。
12、13日は暑かったですね〜。
そして昨日が入梅で、また今日は晴れて、植物も目まぐるしく開花していますね。水遣りを一日怠ると、鉢物がぐったり〜です。
「唇をよせて言葉を放てども わたしとあなたは わたしとあなた」(阿木津英)さんはS25年生まれの方ですね。良く分かる詩的な歌ですね。
「梅雨ふかくひらきて白き十薬が欲望のごと闇にゆれおり」(阿木津英)の「欲望」の表現が独特ですね。
「太枝を高くひろげて梢の葉そらに垂れたり 汝(なれ)、ゑんじゅの木」(阿木津英)
hanahhana1952さんは歌集も読んでらっしゃるのですね。それで解釈がお上手で、感性が豊かでらっしゃるのですね。
ドクダミの八重は初めてご覧になられましたか?花は一重が八重になると格があがるのですね〜。園芸種か、または突然変異なんでしょうか?野性では見られないのでしょうか不思議です〜。
hanahhana1952さんも土日お出かけなさって、旅行記が隠れ家に書いてありますね〜。そのうち、また何時かアップしますね。
hanahhana1952さんへ
2007/06/15 23:42
ミニミニ放送局さん、こんばんは。コメント有難うございます。
何時も出かける日当たりの空き地に、一面一重のドクダミが蔓延っていました。そんな中を探しても八重種はないですよね。
私も去年ブログ画像で初めて八重を見ましたが、花屋さんはどこから仕入れられたのでしょうね?
ドクダミは乾燥させてお茶で飲みますが、生でサラダにして食べる国があるとかでしたよ。ジュースにしたら、匂いが臭くて不味くて大変でしたが、身体の為に飲みました。効果は??でしたが、良薬口に苦し〜で我慢我慢でした。
一重もシンプルで綺麗で好きな方も多いですが、八重も横から見ると何の花かと思いますよね。

ミニミニ放送局 さんへ
2007/06/15 23:49
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。
若しかして八重種はご覧になってらっしゃるのでしょうか?
上からでは見えませんが、横から見たら一重と違って、五重の層の間に花があったのですよね。屋根の上にもあって、デコさんは、花の観察が何時も鋭いですよね。
八重の方が価値が高い?のでしょうか?園芸種なのか突然変異なのか調べていないのですが、珍重されていますね。
ハンゲショウもドクダミ科ですが属が違います〜。去年は7月2日が半夏生の日で白く半化粧してアップしています。夏場に白く顔をお化粧すると、ガーデニングで日焼けした首と対照的に見えて、顔がまさに半化粧みたいです〜〜。\(◎o◎)/!
デコウォーカ さんへ
2007/06/16 00:00
おおお===!!
八重だぁ・・・初めて見ます。
可愛いですねぇ。
これは、出会いが難しそう。
感激です。探してみよう・・・
chiemi
2007/06/16 01:49
どくだみの八重咲きですか・・・・・・。
まあ〜!はじめて知り、はじめてみました〜。
八重は面白味はありますが、
個人的には、やはり一重のほうがすきかなって思うのですが、
一花さんはいかがですか?

しばらくお会いしていなく、お病気かしらん?・・・て
お出かけなさってらしたのですね。よかった!
一花さんのブログを見ないと、一日が始らない・・・。
そんな毎日となっているこのころの私で〜す。

茶毒蛾、やっぱり出ましたか・・・。
私もいまだ、また出てはいないかと、まだびくびくしています。
あの光景には、もうたくさん!って感じですよね。
にりんそう
2007/06/16 09:46
どくだみの八重咲き画像が綺麗ですねぇ〜!
横からのシャッター撮影で花の様子がよく分かります。
どくだみには申し訳ないのですが、雑草だと思っていました。
が、八重は園芸店で売ってる…「花」なのですね。
色々なかたのブログを拝見して、花の種類や名が以前より少し判るようになりました。嬉しいです。
やまびこ
2007/06/16 14:49
八重のドクダミは初めてです、7枚目の画像で見ると面白い構造になっていて、その上の一重との比較と合わせてみるとなんともユニークな構造です、総苞葉の間に花が在るという事だと思いますけど、どうも花弁の間に雄しべがあるように見えてしまいます、勉強になりました。
OSAMI
2007/06/16 17:43
chiemiさん、こんばんは。また真夜中のコメント有難うございます〜。
これって初めてでしたか?私も実物は初めてでした。
八重になると格があがるのでしょうか?花屋さんで売ってましたし、旅行先の野草園内にも植えてありましたヨ。
普通見られる一重の中に突然変異で出てきたのでは無いのでょうね?探しても??かもです〜。何時か出会えると良いですね。主人の知り合いの山野草好きな方の家では、蔓延って困って抜いて捨ててらっしゃるそうです〜。
chiemiさんへ
2007/06/16 21:38
にりんそうさん、こんばんは。御気遣い有難うございます〜。ブログお休みしましたが、病気でなくて旅行で出掛けていました。
ドクダミの八重種は私も去年知って、今年実物を初めて見ました。何でも珍しい花は自分で育ててみたくなる欲張りです。
花だったら、一重も八重も夫々好きで、心持で花も色も好みが変るようです。基本的に白いシンプルが好きですが。暑い時は青い花とか・。ま〜時々で花に浮気??してしまいます〜〜。
何時も私のいい加減なブログ見て下さって有難うございます。花のブログ記事はあちこちあり、私も皆さんの情報で知る事が多いですよね。珍しい花とか知らない世界を知る機会が増えて、訪問するのが楽しみですよね。
今年の茶毒蛾は酷かったですよ。うじゃうじゃ〜でした。椿だけでなく、山茶花やヒメシャラにも昔、出たことがありますよ。今年はしっかりと目配りしなくてはいけない年のようですね。
にりんそうさんへ
2007/06/16 21:51
やまびこさん、こんばんは。またこちらにコメント有難うございます。
ドクダミはあの臭い匂いからして何処でも蔓延って逞しく、つい雑草と思いますよね。「雑草と言う名は無い」と教えて貰いましたが、やっぱり庭に蔓延ると嫌われますよね。カメラで撮ると、その白い十字の花は意外とシンプルで綺麗ですよね。これもデジカメさまのお蔭でしょうか?
八重も肉眼では見えない所に花があって、綺麗で見直しますよね。花屋さんでポット苗で400円で売っていましたよ。八重だと格上げなんですね。
私はガーデニングしますので園芸種名は知っているのですが、樹木や野草の名前はちっとも知らずに、皆さんに教えて貰って有り難いです。
でも自分で確認して育てて見ないと、この頃なかなか画像だけでは名前が覚えられないです〜。
やまびこ さんへ
2007/06/16 22:00
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
OSAMIさんは、植物にお詳しい方ですので、きっとご存知かと思いました。初めてでいらしたのですね。
この本当の花は、その総苞葉の上に見える淡黄色の雄しべと雌しべの付いた短い穂状のもので、花弁や萼がないと書いてありましたが、八重種は総苞葉の間に花があり、また一番上にもありますが、それでまたボリューム感が出ているのでしょうか?
良く見ると、花弁の間と言うより総苞葉の切れ目の間に花があって、そして互い違いに重なって層をなしているようですね。
何時も細かい観察力で教えて下って発見があり、面白いものですね。有難うございます。実物は小さい花ですが、そのうち何時か出会えると良いですね。
OSAMI さんへ
2007/06/16 22:11
八重咲きのドクダミはブログで初めて見ましたが、花屋さんで売ってると言うことは、その辺に生えているドクダミとは別格のようですね。
私も一度は見てみたいと思い、最近はドクダミの咲いているところに目が行くようになりました。
家の裏の駐車場には沢山のドクダミの花が咲きます。
我が家の庭にまで蔓延るドクダミを、八重咲きでも紛れ込んでないかと探してみましたが見つかるはずもなく、先日だいぶ抜きました(笑)
その後、ずっと手がドクダミ臭くって参ってしまいました(^^;)
一花さん家の八重咲きドクダミは、とても綺麗ですね。.:*☆*:.。
hina
2007/06/17 10:00
こんにちは、八重のどくだみ、私もはじめてです
やはり、そのあたりに蔓延っているどくだみとは訳が違うのでしょうか?ね!どくだみは我が家では長年、どくだみ茶として娘が一年中煎じて愛用しています、きれいにこしらえ、洗って束ね、天気を気にしながら干して細かく刻み(私作る人・・なのです)一年分を保存して飲んでいます、飲んでみるとそんなに癖がないのですよ、今年もせっせと今の時期 乾燥させています。
いけちゃん
2007/06/17 12:07
八重咲きのドクダミ、なかなか面白い形をしていますね。
勿論初めて見ました。
ドクダミだと言われなかったら、匂いを嗅ぐまでわからないかもしれませんね。
未来
2007/06/17 13:59
一花さん、ドクダミにこんな八重種のがあることすら全く知りませんでした。一重のは近所にワンサと咲いています。ドクダミが蔓延って咲くと
そこには他の雑草が根付かないといいますがほんとうですか。
彦左
2007/06/17 20:45
hinaさん、こんばんは。お久しぶりです〜。
八重のドクダミをやはりブログで知られましたか?私も自然の状態で生えているのか探したのですよ〜。でも偶然出かけた先の花屋さんで売っていて、求めて植えたのですが、八重が咲くまでは半信半疑でした。
咲いて見て、花としても充分価値があるようです〜。一重も良く見れば楚々として綺麗ですが、匂いがきついので嫌われますね〜。
ドクダミって日向では元気で蔓延って凄いですよね。日向のものは、葉の縁がちょっと赤くなっていますよね。ドクダミ茶を作る方もいらしゃるようですね。名前と匂いがいけませんよね。自然のものが八重で、一重が希少価値があったら、八重は抜いて捨てられるでしょうか?と考えています〜。
hina さんへ
2007/06/17 22:29
いけちゃん、こんばんは。その後ご無沙汰でした〜。お元気ですか?
ケントベルも咲いて、アップしなくてはと思いつつ、カメラで撮っていますよ。半日陰の所がまだ蕾で、場所によって開花のばらつきがありますね。
八重のドクダミは、私も自然の中では今まで見なかったようですよ。園芸種なんでしょうか?
パッチワーク等なさるマメないけちゃんですから、やはりドクダミ茶を手作りなさるのですね。身体の毒消しにもなりますよね。
娘さんの為に1年分ですか〜。凄い親心ですね。私も実は作った事がありましたよ。洗って乾燥させてと梅雨時のお天気が気になり手間がかかりましたよね。生でジュースで飲んだのも気にならなくなりましたね。
今では手抜きで市販のドクダミ茶ティーバッグのお世話です。匂いがちっともないですね。柿茶は去年夫が作りましたが、ちっともご本人さまは飲んでいません。
いけちゃんへ
2007/06/17 22:38
未来さん、こんばんは。コメント有難うございます。
去年ブログで初めて知ったのですが、まだご存知なかったですか?
夫の知り合いの方に家には、八重種が蔓延って抜いて捨ててらっしゃるそうですよ。
これが普通だったら、匂いがきついので、やはり雑草並み扱いかもと思ってます。
画像でこうして見ると綺麗ですよ。一重と同じ大きさですよ。
未来 さんへ
2007/06/17 22:41
彦左さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
普通一重だけしか見かけませんが、八重は園芸種なんでしょうか?
去年から人気で今年もあちこちでアップされているようでしたよ。うちは花付がイマイチですし、日陰の所はまだ咲いていませんでした。
そう言えば、ドクダミが蔓延っている所は、他の雑草を見ませんよね。何故でしょうね。他を寄せ付けないのでしょうか?どんどん芋蔓式に地下茎で根が張って生えるからそうなんでしょうか?たまたま画像で撮ったのですが、そこは昼顔だけが咲いていましたよ。
彦左 さんへ
2007/06/17 22:48
ドクダミ(八重種と一重) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる