一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS レーマンニアと小鳥の巣

<<   作成日時 : 2007/07/10 21:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

画像

宿根草の本を見ていてその名前を知っていたレーマンニア。
花色が鮮やかな桃色で花付が良く、その形はラッパ状の形をしており、名前もルーマニアを捩ったような名前だったので結構印象に残っていた。

6月初めに何時もと違った大型ガーデンセンターに出かけた折、そこで「レーマンニア」と言う見覚えのある名前と花に出会って早速ポット苗で求めてきた。
本の画像で見るより桃色の花色が濃く、花は長さ5cmと大きく、花の斑点が目立ってツリフネソウの色合いをしていた。葉はホタルブクロを思わせ、草姿もちょっと似ている。

画像

花壇植えにしてひと月余。花が下から咲き継いでいき、今また2番花が次々と咲いている。
求めた時の草丈は30p位だったが、今では55センチと伸びており、葉も生き生きとして株もしっかりとしてきた。

画像


調べて見ると中国原産のゴマノハグサ科レーマンニア属だそうで、別名がジオウ(地黄)とある。
ジオウの根茎は漢方薬として良く知られているが、「補血・強壮・血唐降下作用があり、根茎の表面は赤黄色で、乾燥すれば黒。特異な匂いがあり云々。」と広辞苑にある。
アカジオウ(赤地黄):薬膳情報さまHPより
これはそのジオウの仲間で観賞用に栽培されるアングラータ(エラータ)種だ。苗や種の流通が少なく、あまり見かけないとあったが、近くの花屋では見かけなかった。
この根も強壮、解熱などの漢方薬になるとある。

画像

耐寒暑性が強いが夏場の高温乾燥には注意が必要で、春は日当たり、夏は半日陰管理とあり、若しかして我が家向きかも知れない。
株としてどんどん増えるようだが、株が古くなると花付が悪くなるとある。
種ももう幾つか結んでいたが、5月から7月中旬と初夏に咲く花として赤紫の目だつ花色だ。宿根草として我が家に定着するであろうか?

画像




<レーマンニア又はレーマニア:(アングラータ(エラータ)種>
ゴマノハグサ科レーマニア属
学名: Rehmannia elata (=R.angulata)
和名: 別名:(ジオウ)
英名: Chinese foxglove
原産地: 中国
性状: 多年草 日当たり、半日陰
開花期:5〜7月
草丈:30〜80cm
※ Rehmannia(レーマンニア)は、19世紀ロシア皇帝の侍医の名前に因む。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
画像

7月8日の日曜の朝、夫が庭に長く伸びてきた桜の枝を剪定していて見つけた小鳥の巣。
ベランダからすぐ近い場所だったが、今まで全然気が付かなかった。何時の間にビニールのようなものと小枝を集めて巣を作ったのだろうか?

画像

画像


冬からよく目白が来ていて桜の時期も盛んに囀っていたが、樹木が多いここの庭が気にいったのだろうか?昔、怪我した目白をリビングで放し飼いにして、また外に放してあげたことがあったが・・。

夫がはしごに登って覗いたら、卵が2個と孵ったばかりの雛が2羽いたそうだ。
親はと探すが分からなかった。シジュウカラもよく飛んできているが、夫が双眼鏡で覗いていて、どうも目の周りが白くて目白のようだと言う。
二個の卵はもう孵ったあとの空だそうだ。

画像

雨の寒い中、上手く育って欲しいが、巣の枝の上に剪定した葉を載せてある。こんな雨の日は親鳥の懐の中で温まっていることだろうか?餌として桜の虫を獲ってくれているのであろう。

画像



「紅紫色の花咲きレーマンニア草丈伸びて緑葉繁る」

「知らぬ間に桜小枝にかけられし鳥の巣のあり葉隠れの中」

「雨の中桜小枝の巣の上(へ)より親鳥の尾の見え隠れする」

「親鳥の鳴き音聞こえず姿なく巣の中二羽の肌色の雛」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
小鳥の巣までお庭に有ったとは、さぞビックリだったでしょう。それだけ自然な環境だったのですね。植物の実や密も豊富で小鳥の楽園なんですね。
デコウォーカ
2007/07/10 22:03
 一花さんちでは、色あざやかなレーマンニアの花が咲いているのですね。ジオウという名前は聞いたことがあるのですが、実物はみたことありませんでした。これがそうなのですね。花はゴマノハグサ科とわかりやすい花の形ですね。

 さて、お庭に鳥の巣があったとは、すごいですね。剪定してしまうと、日当たりがよくなり、目隠しがなくなってしまうので、鳥には不安になってしまうかもしれませんね。孵化したばかりのヒナがいた、ということですが、無事に大きくなると良いのですが。
なおさん
2007/07/10 23:32
「親鳥の鳴き音聞こえず姿なく巣の中二羽の肌色の雛」あ^あ凄く感動的です。野鳥の生き姿美しく、毎週野鳥を見たいなと土日の散歩しています。もちろん双眼鏡とえさももって
hanahhana1952
2007/07/10 23:34
 今日は当方も、ゴマノハグサ科を取り上げましたが、対極の小さな野草です。でも形が似ていて、似たもの探しも楽しいものです。
 鳥たちはけなげですね。案外丈夫な巣ができたかもしれませんね、なんて、風情のないことも考えていました。無事大きくなってくれればいいですね。蛇などの外敵に襲われないといいのですが。
ひめだか
2007/07/11 00:03
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。
小鳥の巣があって、ホントびっくり〜でした。
自然な環境と言えば、狭いに庭に樹木が多くてまた藪蚊が多く、よく言えば、まるで藪?でしょうか?桜の木が鬱蒼として虫がいたので、若しかして此処がお気に入りだったかもしれません。
そう言えば、実?のものもありましたしね。うまく巣立てくれれば良いですが・・。
デコウォーカ さんへ
2007/07/11 00:06
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
レーマンニアはご存知なかったですか?これは宿根の本で見ていましたので、実物を此処で見れて即求めて来ました。若しかしてあちこちでよく出回っているかも知れませんね。ジオウは聞きますよね。
これは別名がジオウで、その観賞用の花だそうです。
「アカジオウ(赤地黄):薬膳情報さまHPより」のリンク先が「ジオウ」のようですが?どうでしょうね。
花姿がストレートカーパスやインカルビア、イワギリソウ似ですよ。
鳥の巣ですが、何時頃から巣作りをしていたのか気がつきませんでした。
「鳥の為にちょっと待って、まだ剪定しないで〜」と言ったのですが、今剪定しないと来年の花ができないとか言って、伐りましたヨ。もう!!
親鳥の鳴き声は聞こえないのですが、巣の中にいるようで、尻尾や目が見えると双眼鏡で見ているようですヨ。無事に大きくなってくれると良いのですが〜。可愛い目白でしょうかね?
なおさんへ
2007/07/11 00:19
hanahhana1952さん、こんばんは。コメント有難うございます。
8日の日曜の朝、はしごを掛けて夫が剪定していたのですが、鳥の巣があったとビックリ〜していました。ベランダの前ですから良く見てのですが、枝に隠れて掛けてありました。ビニールの紐もあり、どこから持ってきたのでしょうね。
前は薔薇のアーチに鳩の巣があり、卵を生んでいましたが・・・。その後も藤のパーゴラにもしつこく来ていましたが、実の物があるからでしょうか?鳩は平和の使者ですが、嫌われものですよね
カラスが来なくて良いですが、目白は来て欲しいですよね。
hanahhana1952さんへ
2007/07/11 00:28
ひめだかさん、こんばんは。コメント有難うございます。
ゴマノハグサ科って、お花がこんな感じで、今「アサリナ」も育てていますが、リナリアなどとも似ていますね。ゴマの花は田舎でよく見ましたが。。
こんな場所に目白が巣食ってびっくりでしたが、ビニールの紐なども何処から何時運んだのか見かけませんでした。
鳴き声もしなかったようですし。トカゲはうじゃうじゃですが、蛇は今まで見た事がないですよ。昔、青大将が小さい頃飼っていたカナリアの籠の中に入ってカナリアを食べましたよ。猫は鳥を獲るのですよね。
丈夫で育ってくれれば良いのですが。巣の上に葉を被せてありますのでどうでしょうね。
ひめだかさんへ
2007/07/11 00:40
お庭に鳥の巣なんて、驚きです!
それだけ安全なお庭と言うことでしょうか。
住んでる方も優しいご家族と、鳥も見極めての巣作りだったのかも知れませんね。
無事に巣立ってくれたらと願うのみです。
hina
2007/07/11 07:06
私も少し前に街で綺麗な花だと写してきましたが、その花がこのレーマニア・エラータだと分かりすっきりした気分です助かりました、私が写してきたものは比較すると中の斑点の模様が少し違うようです。
小鳥の巣は材料と作り方が素晴らしいですね、最初の写真でビニールの紐のようなもので木の枝に巻きつけている処など感心します、最後の写真もそうですが巣作りの名人みたいで、親鳥の姿が見たいですね。
OSAMI
2007/07/11 09:12
レーマニアも初めて知りました。大きい花なのね〜。下の方からのぼり咲きするのね。これも群生してたくさん咲いたらさぞかし見事でしょうね!

鳥の巣、まだ羽も見えなくて生まれたばかりなのかしらね〜!昨年は我が家のソヨゴの木で雛がかえりましたよ〜!覗こうとすると親鳥が盛んに威嚇してきましたよ。気をつけてね〜♪
meushiちゃん
2007/07/11 11:24
hina さん、こんにちは。コメント有難うございます。
今年梅の時期も、4月の桜の花時にも目白が来て遊んでいたのですよ。狭い庭に実の物が多いから、きっと目をつけていたのでしょうか?
それと農薬を掛けないので、虫が多いのかも知れません。それで虫を獲って食べてくれると有り難いのですが〜。今日も双眼鏡で覗いたら、親の嘴が見えていましたヨ。
うちは動物好きなんですが、鳥も上手く巣立ってくれると嬉しいです〜。また雛の様子写真に獲れたらいいのですが、親鳥に悪くてちょっと可愛そうです〜よね。
hina さんへ
2007/07/11 17:25
OSAMIさん、こんにちは。コメント有難うございます。
これって、ガーデニングしてからと言うもの、なかなか近くの花屋さんで見かけなかったのですよ。 本では見ていましたが、花付が良く丈夫で育てやすい感じでした。もっと出回ってもいいような感じですよね。
花色の違うものも出回っているのですね。
小鳥の巣ですが、何処からか探してビニールで巻いてあり感心しました。雨対策みたいです〜。毎日双眼鏡で覗いていますが、親鳥の嘴が見えてますよ。巣立つ様子が撮影できれば良いのですが〜。目白のようなんですが、目白の鳴き声がしないのですヨ。
OSAMI さんへ
2007/07/11 17:31
meushiちゃん、こんにちは。レーマンニアて近くの花屋では見かけないみたいです〜。もっと出回ってもいいような感じですよね。お花は5センチくらいと大きめですよ。
草姿と葉はホタルブクロの感じですが、お花はラッパ型です〜。
宿根として来年も出てくればラッキーですが?ちょっと今年初めてですので・・。夏越しどうでしょうね。

去年、お宅のソヨゴの木でも小鳥の雛誕生でしたか?燕は堂々と玄関口に巣を作りますが、この目白?も結構人の庭木に出入りしているみたいですね。側に寄ると親鳥が威嚇するのですね〜。大きくなるまで近寄っては可愛そうですね。
毎日双眼鏡で覗き見中です〜。親鳥の鳴き声が聞こえずに、目白かシジュウカラか??です〜。
meushiちゃん へ
2007/07/11 17:39
まぁ〜!大事な大事な宝物のようです。触れたら壊れてしまいそうな・・・・。写真を見ているだけで、胸がどきどきしてしまいました。
うまく育って、巣立ちできること、祈っていますね。
怪我をして助けてあげた目白が戻ってきたのですよ。絶対に・・・・。
物語か何かを見ているような、素敵なブログ。
感動しました。
にりんそう
2007/07/11 19:21
雛の様子なんて、初めて見ます。
ここでは、沢山の勉強をさせて頂いています。
ここへくるのが、とっても楽しみです。
chiemi
2007/07/11 19:42
うちの店長がどうもこの手の植物が好きなようで、売り場に、レーマニアジキタリス、ペンステモン、という具合に宿根草で開花期には、かさばり、売れないと手入れが大変という種類がたくさんあります。一花サンのお好きそうなものばかりですよ。
ラフレシア
2007/07/11 20:34
にりそうさん、こんばんは。ご不自由な身でいらっしゃるのにコメント有難うございます。
雛の画像、初めて見ましたよ。見えている卵2個からも孵るのかと思ったら、この雛のものでした。夫がたくさん写真を撮ったのですが、口をあけているものなど、ボケが多くて、これだけしかアップ出来ないでした。
目が黒くて一体何の鳥でしょうね〜。毎日双眼鏡で覗いてますが、尻尾と目の周りの白が見えて、羽根が緑とかですから目白のようですけど・・。
昔の恩返し?でしょうか?「ちゅんちゃん」と言う渾名でしたが、慣れてコップの珈琲まで飲んで、とても大食いさんでしたよ。ベンジャミンの木に寝泊りしていて、清々しい鳴き声でした。元気になってリビングをブンブン音立てて飛んでいました。ある日、外に放したら元気に飛んでいってくれましたよ。
この雛が元気で孵って欲しいです〜。
にりんそうさんも、一日も早く元気になられますように〜。
にりんそうさんへ
2007/07/11 21:23
chiemiさん、こんばんは。コメント有難うございます。
雛を初めてご覧になられる方が多いですよね。毛がなくて、目が大きくて形は鳥ですが。。木を剪定して、また近くでカメラで撮ってと、親鳥が心配したのでしょうね。その後動かずに、巣の中で見張りをしていますよ。毎日双眼鏡で覗き見ですが、親の嘴と尻尾だけ見えてます。親は目白の予定ですが。。
chiemiさんへ
2007/07/11 21:27
ラフレシアさん、こんばんは。コメント有難うございます。
何処のお花屋さんでしょうね〜。この頃宿根シリーズが出回っていますよね。私も宿根のペンステモン、マツムシソウ、ルリタマアザミなども育てていますよ。宿根が売れないですか?このレーマンニアは某大型ガーデンショップで初めて見ましたよ。其処は結構品揃えが良かったですよ。
うちの近くでは目だって明るい一年ものが多いですよ。
店長さんも宿根がお好きですね。
以前ある花屋で、バイト風の若い店員さんが、冬場、じっとり〜するくらい花の上から水をかけていましたよ。毎日冬場かけなくても、乾燥しないのでいいのに〜と思いましたが。そこの苗はぐらぐらとすぐ弱って駄目になっているようでしたよ・・。
ラフレシアさんへ
2007/07/11 21:35
一花さん、はやっぱりスゴイのは・・”そこで「レーマンニア」と言う見覚えのある名前と花に出会って早速ポット苗で求めてきた。”っていう行動力ですね。いつもすごいなあ〜って感心しています。小鳥の巣が桜の木ですか、綺麗に作った巣ですね。内ではばあさんが躑躅を刈り取っていて蜂の巣を突いて騒いでいましたよ。
彦左
2007/07/13 21:37
彦左さん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
好きな花を見ると、なんとか手元で育ててみたいのですよ。種からだったらいいのですが、この頃植える所もなく失敗ばかりです。植物も相性がありありますよね。小鳥の巣があるのですが、雨が降ってきたので、今日夕方夫が傘を木に括りつけています〜。台風で飛んだらご近所迷惑なのに〜です。そして鳥も何が始まったのかと警戒するのでしょうね〜。 鳥は雨でも平気なんでしょうと思うにですが。
そちらでは蜂の巣ですか?お孫ちゃんがいなくてよかったですね。
彦左 さんへ
2007/07/14 01:08
レーマンニアと小鳥の巣 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる