一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS トレニア

<<   作成日時 : 2007/07/16 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

画像
     <2007/6/29撮影>

夏花壇を飾る1年草のトレニアは地味な花だが、薄紫のスタンダードの色は好まれてあちこちに植えてあるのを見かける。
毎年零れ種で簡単に出てくるそうで、何時もご近所から苗を戴いてあちこちに植えていた。
立ち性の小さな株だが、丈夫で途切れなく長く花が咲いてくれてその青紫の花色が涼しげだった。
別名がナツスミレ(夏菫)とビオラのイメージで呼ばれるシックな花だが、何故か我が家で育てても翌年零れ種で出てくることがなかった。

画像
     <2007/6/29撮影>

毎年戴くのも悪いので、その後S社が出しているトレニア‘サマー・ウェーブ’銘のものを求めて何年か育てた。そちらは品種改良により、普通のトレニアより花が大きくて枝が立ち上がらずほふく性なので、鉢から溢れるように咲いてとても見事だった。
育てた頃の花色は青、薄紫と薄桃があった。

画像
   <4年前育てたサマー・ウェーブ:2003/8/1撮影>

もう今から6年も前になるが、黄色のトレニアを出かけた先の花屋で見かけて求めて育てて見た。こちらはある会社が出したもので、サマー・ウェーブと同じようにほふく性があり、花も途切れなく咲いてくれた。
真正面から見る花色は黄色だが、横から見ると赤紫と黄色の2色咲きだった。
その後なかなかこの黄色種にはお目にかからなかった。

画像
    <昔育てた黄色:2001/9/15撮影>

トレニアはインドシナ原産で熱帯アジアからアフリカにかけて分布するようで、育てて見ると高温多湿には強いが乾燥に弱く、真夏の直射日光に当てると萎れて水をよく欲しがり、有る程度の湿潤を好むようだった。だが日陰に置いたままだと花付きが悪くなってしまい、明るい半日陰程度でも十分育つ植物だった。
これも夏の終わり頃に切り戻しをすると秋になって再び花をたくさん咲かせてくれるが、 寒さには弱かった。
これだけのたくさんの花を咲かせるには肥料も大事で、夏場は液肥も欠かさず与えていた。

画像


花の形が面白くて、調べて見るとゴマノハグサ科だが、ナツスミレ(夏菫)の他にハナウリクサ(花瓜草)、ツルウリクサ(蔓瓜草)名があるが、これは花の形からであろうか。
画像で撮っても花の中の奥の蕊の様子がよく分からなかったが、オシベの2本が足のように花びら縁まで突出しており、他の2本のオシベは雌蕊の丁度前にくっ付いている。
それは種を作り易くする為であろうが、残念ながらこの種は種が出来ないようだ。

画像

トレニアはエディプルフラワーとしてサラダなどにも散らして食べることが出来るとあったが、スミレもそうだったので、ナツスミレの名に相応しいようだ。
せっかく自分で育てた花は、開花中だと食べるには可愛そうな気がする。

今年は近くの花屋で「ムーン・シリーズ」として黄色と青紫が出回っていて、白がもう売れたそうで黄色をまた懐かしんで育てている。
今回育てているのも6年前に育てた花色の黄色と赤紫の2色咲きで、同じように花付がよく匍匐性だ。昔と違って生産者が違うようだ。

今日は久々数時間晴れて太陽を見たが、まだ当分この欝っとうしい梅雨模様が続くようだ。
今はこの黄色い花が太陽の代わりに明るく輝いて見えるが、本格的な真夏になると、太陽と競って眩しい色となる。

画像


「震源のあたりか遠く照りながら月光落ちてゐる日向灘」(志垣澄幸)



<トレニア  (ムーン・シリーズ)>
ゴマノハグサ科トレニア属
学名:Torenia fournieri
別名:ナツスミレ(夏菫),ハナウリクサ(花瓜草)、ツルウリグサ(蔓瓜草)
花期:7〜10月
花色: 薄紫、白、桃、黄色
草丈: 20cm〜30cm、匍匐性
性状:寒さに弱い


「薄陽射す朝のベランダ家々に洗濯物見る連休三日目」

「束の間の晴れ間を乾く干し物にややに湿りの手触り残る」

「怖きもの地震雷火事なれど今も昔も予測のつかず」

「台風の運びし列島雨雨雨去りて地震に涙雨降る」

「台風の去りてひと息つかぬ間をまたも揺るがす地震の惨禍」

「明日こそはわが身となるかと地震来る度に備えのマニュアルを読む」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
 一花さんちは、今日はトレニアですか。夏スミレという別名も面白いですよね。ヴィオラの雰囲気に似ているといわれると、そんな気もするかな?と思ってしまいます。
 黄花は、夏の渓流で見るミゾホオズキと同じ仲間だけによく似ていますね。
 こちらもいろいろな色が開発されて、夏花壇や鉢花として人気なのでしょうね。
なおさん
2007/07/16 22:17
一花さん、トレニアはたった一種類貰ったので小さな蜂で置いてましたちょっと日照りが続くと色も浅くなったり花が少なくなったりしてましたがこの間からの雨続きですごく元気を吹き返して色も良くなりました。水食いなのでしょうか。
彦左
2007/07/16 22:28
トレニアは赤と青紫系統のものを良く見かける様に思いますが、黄色というのは珍しいと思います、花は沢山よく咲いていて綺麗ですね、横から見ると紫の上に黄色が付いていてあまり見かけない組み合わせのような気もしますし、二本の足のような雄しべもナマズか何かのひけを連想させて面白いです。
OSAMI
2007/07/16 22:37
黄色と赤紫の組合せはあまり見た事が無いですが、何処かで見た気がすると思っていたら、ビオラに似ていますね。ビオラの黄色も鮮やかですがこのトレニアの黄色も鮮やかで綺麗です。
デコウォーカ
2007/07/16 23:51
「怖きもの地震雷火事なれど今も昔も予測のつかず」・・・越後の地震は前回2004年で、やっと復興したばかりといったところなのに、気の毒です。せめて義捐金だけでもと思うきょうでした
hanahhana1952
2007/07/17 03:03
台風が去りやれやれと思った矢先に大地震、ホントにお気の毒です!
さて、お花のトレニアかわいいですね☆確かにヴィオラのような雰囲気がありますね。ピンクもかわいいです〜♪この花食べられるんですね。
meushiちゃん
2007/07/17 08:50
なおさん、こんにちは。夕べコメント有難うございました。
トレニアは余りにも馴染みで、ガーデニングしていると飽きがくるのですよ。別名がナツスミレ(夏菫),ハナウリクサ(花瓜草)、ツルウリグサ(蔓瓜草)だそうですが、スタンダードな青紫はスミレと見られるのでしょうかネ?スミレもエディプルフラワーになりますので、ナツスミレなんでしょうね。黄色は珍しい色ですが、種が出来ないのですよ。勝手に増やしてはいけないとラベルに書いてありました。
ミゾホオズキもミムラスも同じゴマノハグサ科でしたね。この花をアップで見ると、2本のオシベの様子が何かに似ると思ったら「なまず似」でした〜。
なおさんへ
2007/07/17 16:34
彦左さん、こんにちは。夕べこちらにもコメント有難うございました。
以前桃色の綺麗なトレニアをアップされてましたが、あれは綺麗でしたね〜。正面から見ると、ちょっと違った花のイメージでした。
地植えではそうでなかったのですが、鉢植えだと水を欲しがりますよね。
この雨で普通の花はだめになるものが多いですが、これは元気でよかったですヨ。うちのものも、今また花がどんどん咲いています。でもたまには液肥をあげた方が良いようです〜。
彦左 さんへ
2007/07/17 16:40
OSAMIさん、こんにちは。お出かけでお疲れのところ、コメント有難うございます。
トレニアは昔からよく見かけ、青紫で立ち性が多いですね。S社が出したのは、這い性で溢れる様にこんもりと咲いてくれてます。サフォニア同様結構出回ってますね。この黄色は6年前一度育てましたが、今年又見かけて育てています。
アップの2本のオシベ、やはりナマズ似ですよね〜〜。なぜ2本だけくっ付いて、外にまた2本出ているのか?面白い構造です。
OSAMI さんへ
2007/07/17 16:46
デコウォーカさん、こんにちは。夕べ遅くコメント有難うございました。花として見ると、仰るように黄色と赤紫の組合せはあまり見たことなく珍しい配色ですよね。
これはゴマノハグサ科だそうですが、 花ぶら全体がふんわりしている感じでビオラ似でしょうか?
ビオラもこの花も食べられるそうですよ。鑑賞用としてでなく、食いしん坊学者は食べることだけを研究するのですね〜。あの毒ウツギの実も試食したのでしょうか???
デコウォーカ さんへ
2007/07/17 16:52
hanahhana1952さん、こんにちは。またまた早朝からコメント有難うございます。夕べ随分早くにお休みでした??
昔から「地震雷火事親父」と怖いものだったそうですが、親父は抜けて、地震も雷も火事も予告なく不意に起るもので、特に地震は日本のどこを何時襲ってくるか分かりませんよね。
先日、南は台風被害でしたが、ヤレヤレと思う間もなく地震で、列島も災害続きですね。そのうちだんだん関東に近づいているとか。
せめて義捐金だけでもですよね。被災者の方達も早く立ち直って欲しいですね。
hanahhana1952さんへ
2007/07/17 17:01
meushiちゃん、こんにちは。コメント有難うございます。
台風と地震の被害にあわれた方達はお気の毒です〜。一日も早く立ち直って欲しいものですね。
災害は忘れた頃にですが、普段から気をつけて防災意識を持たないと、イザと言うとき慌てますよね。
防災グッズを何年も開けていません。乾パン水補給もしなくちゃ〜。
さて、黄色いトレニアは鮮やかです〜。これって食べられるとかでした。別名がナツスミレだそうで、黄色もそんな雰囲気ありますか?青紫は、ちょっとありそうですが。。
meushiちゃん へ
2007/07/17 17:08
私のはこのトレニアコンカラー(黄色いのはそう思ってた)の
葉っぱが斑入りの濃い紫バージョン?っち、おもっちょっとー
挿し芽が容易に出来るので
鉢を増やしていますが。ご近所でサマーウェーブが大好きな人が
いらして、薄いピンクとブルーをシュロの壁掛け鉢に
こんもりと咲かせてる方がいらっしゃるんですよ。
『どこで買っていらしたの?』っと聞く機会がないまま
今に至っています。
6/23にUPしたのと同じ種類でしょうかね〜〜〜
地震も関東はいつ来てもおかしくないですよね。
備えあれば憂いなし? 兎に角水だけはたんとあります。
普段の生活で水を良く使いますのでね。
今、薩摩のかくれ水っていうのを飲んでいます。
シラス台地を透過した自然水だとか?ですよ。
シラス台地に反応しました。
お正月前に庭にシラス播いたとよ、一花さん家は?
nobara
2007/07/18 17:48
一花さん家のは
トレニア・フラバ ( ハルスミレ、スージーウォン )なの?

nobara
2007/07/18 17:53
ノバちゃん、朝ギボウシにコメント貰ってて、またこっちに書いて貰って、有難うさんです〜。そして二度もコメント有難うさんです〜。。お返事遅くてすんもはん〜。ノバちゃんゲのは、トレニアコンカラーて言うの?うちんたさっぱい??ラベルには、トレニア「ムーン・シリーズ」ち書いてあって、6年前とは鉢も違っていたし、売り元が違う様な?・
ものは一緒の感じだけど〜。S社でなくて、高松商事株式会社です。トレニアって挿し芽が容易?なの?これって買うものとばかり??今日車庫に、ポリタンクで水を用意しました。今迄もしていたけど、もう忘れると捨てて空っぽにしたままで。
水は箱で何とかの水を求めて、お酒をうめたたりしてますけど。「薩摩のかくれ水」っちシラス台地を透過した自然水?。どこが発売じゃんそかいな?ネットで見てみますね〜。うちも父が、門から玄関までお正月前に庭にシラス播いていましたがよ。
仙台秋保温泉郷で分からなかった植物は、先日植物の本で見て、オオウバユリでした〜。ノバちゃんピンポン!!花はネット画像で見た事があるけど、こげな葉じゃったち知らんかったのヨ。
nobaraさんへ
2007/07/18 19:36
トレニア 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる