一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 宿根フロックス(オイランソウ)

<<   作成日時 : 2007/07/19 21:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 18

画像

宿根草として毎年花壇に出て来るオイランソウ(花魁草)。
これも 小さい頃から馴染みとしてあちこちの家の庭で見かけていたが、ガーデニングするようになり苗が欲しくて探した。
なかなか近くで見かけず、大きなガーデンセンターで宿根シリーズの「宿根フロックス」と言う名前で出回っていて、初めてそのフロックスと言う違う名前を知った。
だが最近は近くの花屋でも毎年鉢で出回っていて、結構人気のようだ。

画像

「花魁草」という名前からして、てっきりこれも日本のものかと思っていた。だが、北米を代表する園芸植物として欧米では花壇に欠かせない草花で、300種以上の園芸品種が知られると記載があった。

画像

この花色は一般に桃色系を多く見かけるが、白も、紫も出回っており、薄桃に紅のさす2色咲きも多く見かける。
形もミラミッド型のもの、葉に斑入りのものも出回っていて、以前何種類か求めてあちこちに植えてみたが消えてしまったものもある。
その後毎年出てきているのは昔からよく見かけるスタンダードな色の5色だけとなり、まだ半日陰となった場所では花が咲いていない。年々株も少し弱ってきているようだ。
宿根フロックス(オイランソウ) 2006/07/17 16


画像

育てて見るととても丈夫で日当たりを好むが、風通しが悪かったり梅雨時は葉がすぐうどん粉病になり易い。この時期、花も雨に傷みやすくてすぐ萎え、小さな黒い虫が花びらを食べている。だが花が終わってもまた2番花が出てきて結構長く咲いてくれる。長期に咲くので肥料も必要だ。
地方によっては盆花としても使われるようで、本格的な夏になると、もっと元気に咲くようだ。

画像

これはハナシノブ科フロックス属で、この花のイメージから小花が集まって咲くので、フロックスは「flock」の群がる・集まると言う意味だと思っていたが、学名の「Phlox」と書かれていて「炎」の語源からだそうだ。
真夏に濃い赤紫色の小花が集まって咲く様を、炎とイメージされたのだろうか?
和名の花魁草は、花に微かな白粉のような匂いがあるからで、花魁のような華やかなイメージから付けられたのだろうか。
別名がクサキョウチクトウ(草夾竹桃)とあるが、夏の暑い最中に咲く夾竹桃のような強さと花姿からだろうか?

画像

花屋で以前フロックスとして、草丈が低く値段的に宿根より安いものが出回っていて植えて見たが、そちらは1年草で、花色も形も多彩だった。
だが、花壇の中ですぐ蒸れて駄目にしてしまった。
フロックス1年草365花撰さまHPより


画像
      <白種>
画像

宿根フロックス(オイランソウ)・白2006/07/23
去年の記事に、これと同じ仲間にツルハナシノブとシバザクラ(芝桜)があると書いたが、草姿は違うが小花の感じが似ているようだ。これ等は花期的に春だが、宿根として今年も出てくれた。
オステオスペルマム・シバザクラ・ツルハナシノブ他2007/05/13

画像

画像

オイランソウ(白)2005/07/19

7月8日出かけた神代植物園のグリーンギャラリーと本園の宿根草園でもたくさん咲いていた。
これは植えた場所によって草丈がまちまちだったが、半日陰っぽい所では草丈が伸びるのであろうか?それとも品種によって違うのだろうか?
我が家のものはどれも丈が高く、雨風で倒れやすい。

画像
        <神代植物園・グリンギャラリー内2007/7/8撮影>

画像


梅雨が終わると本格的な暑さが来るが、その中で燃えるような炎の花に、小さい頃の思い出を重ねて懐かしむ花かも知れない。

画像
   <神代植物公園・宿根園内2007/7/8撮影>

画像


「しなやかに確かめあいつつ揺れているクサキョウチクトウ 香(か)にたちながら」(鳥海昭子)



<宿根フロックス・(オイランソウ・花魁草)>
ハナシノブ科フロックス属
学名 :Phlox paniculata
別名:クサキョウチクトウ(草夾竹桃)、宿根フロックス
原産地:北米
花期:6月〜9月
性状: 耐寒性多年草 、 草丈は60cm〜1m

「雨雫滴る玉に宿り見す花魁草の小さき影花」

「しっとりと雨露宿し滴るる花魁草の頭を垂れて」

「梅雨中を今年も花壇に四色の花魁草咲く梅雨明け近し」

「洗っても残る糠の香何時までも糟糠の妻に甘んずる日々」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
綺麗な宿根フロックスが咲いていますね、この花は乾燥した晴天が好みだという事ですが、そろそろ夏休みにはいる小学生が待ち望んでいることと同じというところでしょうか、ところでこの花は普通の状態で種は出来るのでしょうか?、白花は水滴がいい感じになっていますね。
OSAMI
2007/07/19 22:13
 一花さんちは育て主のような優美なオイランソウが花盛りですね。夏花壇や畑の近くなどに植えてあるもので、夏には貴重な切花になりますので、昔から栽培されていますね。うちでもピンクのが咲いています。

 一花さんちでも、花魁の涙?のような水滴がみごとに写っていて、さすがですね。(水もしたたる美女びじょ?ですかねえ。)

 白いのは涼しげで良いですよね。葉に白い斑が入るのがあったり、ピンクと白が縞のように咲くのがあったり、この頃はずいぶん面白いのもみかけます。神代でもみごとに咲いていますね。
なおさん
2007/07/19 23:01
「しなやかに確かめあいつつ揺れているクサキョウチクトウ 香(か)にたちながら」(鳥海昭子)美しい言葉「です、「しなやかに」。「手に残る糠漬けの匂い何時までも糟糠の妻に甘んずる日々」妻というのは本当大変なことですね。でも粕漬けは嬉しい美味しさですね。顔が浮かびます
はなはな
2007/07/19 23:55
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
以前 OSAMIさん宅でもアップされてましたね。これって花が咲いて散って枯れたと思っていると、その後また咲いてきます。
花後に種が出来ないようでもあり、すみませんあまり観察したことがないのです。今度しっかりと観察して見ますね。種から繁殖って聞かないようですが・・でも最初は種で出てくるものですから・・。零れ種で増えるのも聞かないですよね。
白はこの時期涼しげですよ。水滴で花魁もしっとり〜と言う感じです。
OSAMI さんへ
2007/07/20 00:15
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
これだけは枯れないで毎年咲いてくれていますが、でもちょっと痩せてきたかも知れません。日当たりですが、光があれば大丈夫のようですヨ。
他の場所にある、樹木の陰のものが毎年咲きますから。
なおさんちも桃色花魁を侍らしてらっしゃったのですね〜。この頃桃色お好きで、トップも桃色〜で、あの世の浄土の花の感じがしなくなりますね。
雨でビジョビジョもなかなかしっとりしていいですよ。 儚い露を宿す花魁の涙みたい?でしょうかね。
斑入り葉や他のプラミッド形のもの、神代と同じものも育てましたが、枯れてしまいました。
なおさん へ
2007/07/20 00:23
はなはなさん、こんばんは。
「しなやかに確かめあいつつ揺れているクサキョウチクトウ 香(か)にたちながら」
「しなやか」の中に花魁の振る舞いをイメージされてらっしゃるのでしょうね。
草丈があるので「確かめ合いつつ」が何を確かめてるのかちょっと?ですが、この花言葉が「同意」とありますから、花魁が白粉の香をさせて、心揺れているさまも想像してしまいますよね。
うちは漬物好きで、何時も色々揃えています。この時期、匂いが嫌いですが、糠漬けが美味しいですよね。野菜の素材に鮮度があるといいのですが、採り立ては最高に美味しいですよね。はなはなさんも台所に立たれて色々されるようですね。
はなはなさんへ
2007/07/20 00:32
オイランソウのひとつひとつの花の形がかわいいですよね・・・☆夏の暑い時期はやはり白色は映えますね♪これから元気に咲くなんて暑いのが好きなのね!力強いです〜☆クサキョウチクトウはかわいいですねー♪ポンポンと固まったお花がたくさん咲いて満開でしょうか?確かめ合いつつ揺れている・・一花さんのおっしゃるように心揺れているさまのような気がしますねぇ・・・☆
meushiちゃん
2007/07/20 13:40
フロックス(オイランソウ)ですか、初めて見ます。どの花の色も鮮やかですね。季節がらか、雨に濡れた花に目が留まります。写真は撮りにくいですが、花は生き生きとして見えますね。
雨の雫と花は、よく似合います。
庭花
2007/07/20 14:24
オイランソウの一つ一つの花は、にちにちそうに似ているように見えます。が、花のマッスがこちらの方が大きいですね。
葉っぱも似ていますが背丈の高さが違います。
白い花に水滴と虫、こういう写真に憧れています。(^_-)-☆
やまびこ
2007/07/20 19:15
今日バスの窓から見た街角の花壇に植えてあった花がこれかな?3種類の色を植えてあったと思います。和名の花魁草は、花に微かな白粉のような匂いがあるからで、花魁のような華やかなイメージから付けられたのだろうか、と言われると男として是非とも匂いを嗅ぎながら、その華やかさを見てみたいですね。
デコウォーカ
2007/07/20 21:16
meushiちゃん 、こんばんは。コメント有難うございます。
この花魁草はこの梅雨時は花が傷みますが、夾竹桃のように暑いときに元気に咲いて、クサキョウチクトウ(草夾竹桃)の別名があるのでしょうね。花のひとつひとつが纏まって花鞠のようで豪華で見栄えがしますよね。花色も色々在るようですが、白が好きです〜。花に微かな白粉の香で花魁となったのでしょうか?それとも花魁のような華やかさ?でしょうか。花魁の髪飾りにも見做されているようです〜。
>確かめ合いつつ揺れている・・
草丈のある花が風に戦いで靡き、またその様が心揺れているさまのような気がしますよネ。花魁の心のいじらしさ、哀れさなどでしょうか?つまりは作者の心の揺れ・・。
meushiちゃんへ
2007/07/20 21:40
庭花さん、こんばんは。お久しぶりです〜。そろそろ暑中見舞いの頃ですが、お元気でらっしゃいますか?
これは明治期に渡来したようで、小さい頃庭に植えてあり、良く見ましたヨ。そちらではご覧になられませんでしたか?
ガーデンセンターの宿根売り場で、「宿根フロックス」名で見つけた時は嬉しかったですよ。
ここ数年のガーデニングブームで、花魁草としてもまた出回っていますよ。
雨に濡れた花を皆さんお上手に撮ってらっしゃって、宝石のような素敵な画像をあちこちのブログで見せて貰ってますよ。カメラ上手な方が多いですよね。勿論庭花さんは何時もバッチリーで、その写真の表情はアート並みですけど・・。
何時かこの花に出会われるかも?恐らくその辺りの庭に植えてあったりするかも知れませんヨ〜。
庭花 さんへ
2007/07/20 21:52
やまびこさん、こんばんは。コメント有難うございます。
これって一輪一輪を見ると、仰るようにニチニチソウですよね。ニチニチソウはキョウチクトウ科ですから、クサキョウチクトウ(草夾竹桃)の別名も納得出来、やまびこさん♪ピンポン!!♪〜ですよね。流石「押し花絵」などをされてらっしゃるだけあって、目が肥えてらっしゃいますね〜。一番下の画像なんかニチニチソウに似て、花色もそっくりですよね。丈は違いますが葉も似ていますね。うちでは普通のニチニチソウはもう育てていなくて、ビンカとか、エンジェルチュチュ(フリンジのもの)を育てて見ましたが、宿根が蔓延ってしまって、もう植える所がないのです〜。この時期、花と水滴画像を他の方のブログでも見ますが、皆さんお上手ですよね。雨雫はミラクル画像を見せてくれて、この時期の他の楽しみですよね。是非挑戦何さって下さいね〜。でもやまびこさんが押し花で作られた「ペーパー・ウェイト」はオリジナルで素晴らしく、誰も真似出来ませんよ〜〜〜。
やまびこさんへ
2007/07/20 22:07
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。
今日もお出かけで、バスからこの花をご覧になられて丁度良かったですね。宿根としてあちこちに植えてあるようですが、街角の花壇でしたか?若しかして街角の花壇だったら、この時期、ニチニチソウかも知れませんが、草丈があるとこちらかも知れませんよ。花がニチニチソウや夾竹桃に似て、草夾竹桃の別名がありますから。
今の時代に花魁さんはいらっしゃるでしょうか?
白粉のような匂いがしますが、花魁の匂いは???です〜〜。男性の方たちは一度は嗅いでみたいことでしょうね〜〜。何時かこの花に巡り合われるといいですよネ。
デコウォーカさんへ
2007/07/20 22:14
一花さん、いろんな色のオイランソウ(花魁草)見せて頂きました。
特に咲きかけというのか蕾というのか?こんな咲き方をするのかと感心しました。植物園の撮影もされてるんですね。
彦左
2007/07/21 21:45
彦左さん、こんばんは。コメント有難うございます。
オイランソウはご存知だったでしょうか?
これは宿根として毎年出てきて、夏場花期が長いですよ。
蕾の画像は綺麗に撮れてました〜。ニチニチソウにも似ているようですよ。若しかして、花好きなお隣さんでも育ててらっしゃるかも知れませんね。植物園は7月8日に出かけた時に、半化粧、ハスやギボウシ、ムクゲ、この花など他色々写してきました。植物園で比較して、植えてある場所や花色環境なども参考になりますよ。
彦左 さんへ
2007/07/21 21:59
こんばんわ。オイランソウは昔軽井沢のおばあちゃんちに沢山、沢山咲いていてこの花を見るとおばあちゃんちを思い出すほどです。今はこのお花を欲しいのですが、新しい家になるまでお預けです。
mint
2007/07/23 00:19
mintさん、こんばんは。コメント有難うございます。
昔からこの花魁草はあって、よく見ていて好きな花でした。名前からして日本のものかと思っていましたが違ったのですね。
ミントさんには、おばあちゃんの思いでの花ですか?
一度庭に植えると毎年出てきて、丈夫ですよ。今多彩で花も色々出回っていますよ。新しい家を建てられるのですか?いろいろ間取りやガーデン設計の夢があっていいですよね。
何時も凄いミントパワーさんですが、ご多忙な中、身体を壊わされませんように〜。でもキリリと背筋を張って頑張ってらっしゃるので、大丈夫みたいですよね〜。
mint さんへ
2007/07/23 22:48
宿根フロックス(オイランソウ)  一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる