一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS ムクゲ(槿)

<<   作成日時 : 2007/07/22 19:41   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 20

画像

この時期、夏の花木として公園や道端で見かけるムクゲ。
その花色は白、桃、紫、紅とあり、一重だけでなく、八重種や鞠咲き、バラ咲きなど多くみかける。椿同様に異品種間の交配で種が出来やすく、個体群が生じて変異が多い花のようだ。

画像

育てて見ると結構花期が長く、7月から10月までと3ヶ月は咲いている。これは儚い一日花で茶花としてもよく利用されており、白地に底が紅のものは宗旦ムクゲ(底紅)と呼ばれて愛でられている。

画像

小さい頃我が家になくて、田舎の畦道のあちこちでこの綺麗なムクゲの紫の花を見てずっと欲しいな?と思っていた。
だが何故か夫は嫌いだと言っていたので私が求めて来て、遠慮しつつ外花壇に植えたものだ。
幼木から育てて6年位だが、小さい株の時からも花付きがよかった。
夏の暑い盛りに一日咲いてはまた散ってその花は儚げだが、美しく長く粘り強く咲いてくれる花だ。
ムクゲ2005/08/31
ムクゲ(槿) 2006/07/16

画像

ムクゲは韓国の国花ともなっていて、夏から秋まで次々咲き続ける粘り強さから、無窮花(ムグンファ)の名前がつけられているそうだ。ムクゲの別名としては、ムグファンの他にハチス、キハチスとも呼ばれているようだ。
一方フヨウは美しい人の例えにされてきた花で、「芙蓉の顔(カンバセ)」の言葉があり、中国で人気のようだ。


画像

ムクゲはアオイ科の一日花で、フヨウ(芙蓉)と花姿がよく似ているが、スイフヨウやアメリカフヨウを育ててみたら寒さで駄目になってしまった。フヨウと比べるとムクゲは枯れずにどんどん大きくなって寒さに強いようだ。花屋で今またスイフヨウの鉢が出回っているのを見かけているが、見るだけにした。
スイフヨウ(酔芙蓉 )2005/09/19

ムクゲもフヨウも同じアオイ科フヨウ属でどちらも同じ落葉樹だが、フヨウは半耐寒性で関東地方が露地栽培北限地と本にあった。
ムクゲは本州と北海道南部まで露地栽培可能地域のようだ。

画像

また、ムクゲは直線的に上に伸びて葉がフヨウより小さく、メシベの先端がまっすぐであるが、フヨウは枝分かれして横にこんもりと広がり、葉がムクゲより大きく、めしべの先端が曲がっていて、区別が容易だそうだ。花期はフヨウが遅く、この時期まだ蕾前の頃だ。
(出典:フリー百科事典『ウィキペディア』)
フヨウ(芙蓉):植物園へようこそさまHPより

画像
     <我が家の花壇:2007/7/21撮影>

ムクゲは場所的に乾燥、荒地にも耐える丈夫な落葉小高木で、剪定しないと高木になるようで、去年初めて大樹となっているムクゲを北大植物園で見てびっくりした。
この樹は強剪定に耐えるので、狭い場所、生垣または路側帯の植栽に利用されているのを見かける。
毎年花後に短く剪定するが、枝枝が増えるがコンパクトな株のままで、たくさんの蕾をつけてくれている。

画像

ムクゲもフヨウも日当たりを好むが、我が家では北花壇に植えてあるものの、夏場は太陽高度が高いので、そこで充分に開花してくれ、また西日が当っても開花してくれる、まさに無窮花だ。



7月8日、神代植物公園でももう開花していたが、夫々に花特有の綺麗な銘があったが、省略した。我が家と同じ底紅のものもあったが、園芸種として種類も多かった。

<神代植物公園(はなもも・むくげ園にて):2007/7/8撮影>
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


画像


「おのずから今日をえらびて咲きにけりいちにち花よ白いムクゲよ」(鳥海昭子)

「なんとなく泣きたいような優しさの芙蓉の大きな花咲きました」(々)


もう夏休みに入っていてそろそろ梅雨明け間近かだが、これからの真夏の炎天下を秋まで3ヶ月近も毎日咲いてくれる粘り強い花となる。


 <ムクゲ(槿)>
アオイ科フヨウ属
学名:Hibiscus syriacus 
別名:ハチス、キハチス、ムグファン
原産地:インド・中国、朝鮮半島
落葉小高木。
花期:7〜9月


「梅雨明けぬ舗装路の上朝ごとに散りたる槿の白く丸まる」

「遠目にも白く槿の花群るる降るか降らぬか曇天見上ぐ」

「昨日咲きし槿の花の白幾輪地に落ち今朝の光の中に」

「遠き日に憧れて見し槿花我が家の庭に底紅の咲く」



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
芙蓉は、かなりの耐寒性があったと思いますが、確か東北南部以南で地植え可能ではなかったでしょうか?もちろん暖地以外では冬地上部は枯れます。そうしたら、株元で切り取り春を待ちます。年々枝数が増えて見事に咲いてくれます。当地、千葉県北部ですが、ご近所の皆さんその様になさってますよ。
ラフレシア
2007/07/22 21:00
「おのずから今日をえらびて咲きにけりいちにち花よ白いムクゲよ」(鳥海昭子)「なんとなく泣きたいような優しさの芙蓉の大きな花咲きました」(々)優しさが見える鳥海さんの歌ですね。そして一花さんお歌は、むくげが永遠に咲き続ける花の感じを与えて素敵ですね。「昨日咲きし槿の花の白幾輪地に落ち今朝の朝光受く」。むくげは好きな花です。夏に良く似合います。
はなはな
2007/07/22 22:05
綺麗なムクゲが咲いていますね、私の行く公園でも一時期目に付く花でしたが、ここに来て少し横のモミジアオイの大きな花が咲き始めて少し影が薄くなった感じがあります、以前ハスのときにハチスの事を書きましたけど、ハチスという言葉を見ると古い過去の事を思い出します。
最後の写真のムクゲはとてもシンプルなところが良いですね。
OSAMI
2007/07/22 22:18
 一花さん、日の丸のような宗旦ムクゲは清楚ななかにも情熱が感じられて良いですね。
 ひとつの花のいのちは短くとも、新しい花が続々咲いて、無窮花と呼ばれるくらい花期が長く楽しめますね。

 神代のむくげ園ではいろいろな品種が咲いて、楽しめますね。花色も形もさまざまで楽しいです。

 さて、うちでは庭植えの酔芙蓉がありますが、特別な保護をしないでも平気で冬越ししています。一花さんちより暖かい、ということもなさそうですが、どうなのでしょうね?

 下の清楚な白いムクゲ、暑い夏には涼しげでうれしい花ですね。
なおさん
2007/07/22 22:52
ラフレシアさん、こんばんは。コメント有難うございます。
私の持っている「ガーデニング花木」の本では、植栽適地の地図と本文で、北限地は関東地方とあるのですが、育てられないことはないようです。地上部の枯れた所に敷き藁などのマルチングしたり、鉢で育てるとよいあります。また、山渓谷社の本では、自生地が暖地の沿岸との記載で、分布が四国、九州以西と書いてありますが。。きっと温暖化で北に伸びたのでしょうか?
うちのものは鉢管理でしたので、寒さで駄目にしたようです。アメリカフヨウも植えた場所が悪かったのかも知れませんね。以前鉢でランタナも枯らし、去年のランタナは今年は暖冬でしたので、okでした。
そちらでは冬場地上部は枯れても株元で切り取り春を待って、年々枝数が増えて見事に咲いてくれていますか?鉢より土中が暖かいこともあるかも知れませんね。
>当地、千葉県北部ですが、ご近所の皆さんその様になさってますよ
わざわざ情報有難うございます〜。うちの庭は果樹が多く、もう植える場所がないのです〜〜。
ラフレシアさんへ
2007/07/22 23:35
はなはなさん、こんばんは。コメント有難うございます。
>おのずから今日をえらびて咲きにけり
この表現いいですよね。今日咲いて一日で散る儚い花。やはり白いムクゲを見てらっしゃったのですね。白の方が無常観が出ますよね。
>なんとなく泣きたいような優しさの
彼女の優しさが出ていますね。泣きたいようなという芙蓉の花の形容。
私も見習いたい表現です〜。
私の歌、すみません〜この頃ワンパターンで面白くないですよね。
見たままを詠ってみましたが。。ちっとも上達しないのですヨ・・
はなはなさんへ
2007/07/22 23:42
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
そちらの公園では6月の終わりに咲いていましたね。アメリカフヨウも見せて戴きましたが。。これも花期的に早いのでしょうね。
今はもうモミジアオイが目だってますか?同じ仲間ですよね。こちらでは未だのようです。
ハスの時、ムクゲの別名をハチスと仰ってましたが、思い出がおありなんですね。PCで「ハチス」と打ったら変換で「蓮」と出ますよ。
神代にも色々植えてありましたが、真っ白が爽やかですよね。
OSAMI さんへ
2007/07/22 23:50
なおさん 、こんばんは。コメント有難うございます。
宗旦ムクゲですが、中の模様が撫子刷毛模様のようで好きなんですヨ。日の丸に見えますか??
無窮花と呼ばれて、丈夫で3ヶ月は咲いているようです。毎日散るのですが、蕾がたくさんあるので花期が長く感じられるのでしょうか?それともまた蕾が次々出きるのでしょうか?
スイフヨウはおと年まで咲いていたのですよ。昼からお酒を飲んだように酔っ払った顔でしたが。。
そちらは、うちの家より暖かいのでしょうかね〜〜。うちはきっと幼木から鉢で育てたので枯れたのでしょうか?ランタナも鉢管理が枯れましたが。去年は暖冬でしたが、その前は何度か雪が降ってましたよね。・・アメリカフヨウも枯れて仕舞いましたが・・。
なおさん へ
2007/07/23 00:01
綺麗なムクゲですね。
こちらの街角の花園でも色とりどりのムクゲが咲きはじめています。
プチ旅行で箱根の湿性花園の散策を楽しんできました。
クサレダマやチダケサシが花盛りでした。
リコリス
2007/07/23 08:20
今の時期、遠目に白く咲いている木はたいていムクゲですよね♪ムクゲにもこんなにたくさんの種類があるのですね・・・☆最後の純白のは初見のような気がしますがステキですね・・☆☆いつも感心しますよ一花さんの撮影技術には・・・☆☆☆
meushiちゃん
2007/07/23 09:21
そうなんです。適温地であっても北風が当たるの、西日が当たるの、若干傾斜地でありの、と、これも条件の一つ二つに加わって、そのうえ、育てる人の癖みたいなものもあって、絶対が無いんですね。逃げに聞こえてしまうかも知れないけど、最終的には、相性、ということにして、でも、良い気分ではない。とりあえず、基本の基でおぼえるだけですね。一花さんもご自分なりにおやりになった結果駄目だった、ということなのに、出すぎたコメントでごめんなさい。私自身枯らすの得意な人なんです。偉そうなこといえないんです。
ラフレシア
2007/07/23 09:23
家の横の国道には、両サイドに
このお花が植えられていて
とっても、可愛い感じがします。
赤と白のお花は、大好きなので、
こんなに素敵に沢山見れて、
嬉しくなっちゃいました。
chiemi
2007/07/23 15:31
一花さん、このムクゲも名前を忘れてしようがないのです。
真っ白と真ん中の赤が特徴ですね。でも一番下に白だけで赤いのが着いてないのもあるのですね。今回でよく覚えられたと思います。友人も育てていました。
彦左
2007/07/23 20:19
ムクゲは盛夏の花の印象です。カキ氷とムクゲのイメージです。昔と違ってムクゲにも色々の種類が有るのですね。八重まであるとはビックリです。こちらは今日から梅雨が明けた様な感じです。天気予報を見忘れたので気象庁発表ではありません。
デコウォーカ
2007/07/23 21:30
リコリスさん、こんばんは。コメント有難うございます。
昔田舎で紫のムクゲしか見ていなかったので、ムクゲの色と形の多彩さにびっくりしています。
公園でも色々植えてあって、一日花ですが長く咲いて楽しませてくれています。
箱根湿性花園にお出かけでしたか?何年か前に一度出かけたきりですが、色々な花がたくさん楽しめて素敵な場所でしたよね。あちらで出している湿性花園の図鑑は求め来ていますが、時々懐かしくて眺めております。

リコリスさんへ
2007/07/23 21:40
meushiちゃん、こんばんは〜。 コメント有難うございます。
ムクゲって本で調べたら結構色々載っていたのですが、実際植物園にもこんなに植えてあって、びっくりしつつ納得してきました。
でも未だ本当はたくさんあったのですが、もう閉園のチャイムが鳴っていて、慌てて撮って来たのですよ。最後の白は涼しげで良いですよね。
被写体が良いと、カメラ写りもいいですよね。
meushiちゃんへちの麗しの薔薇なんか、何時もばっちり〜ですヨ。♪
meushiちゃんへ
2007/07/23 21:47
chiemiさん、こんばんは。コメント有難うございます。
これってキョウチクトウなどと一緒に路側帯とか公園とかで見かけますよね。暑さに強く花期が長いので植えられるのでしょうか?
でも一日花ですが、散っては咲きを繰りかえし、とても粘り強い花ですよね。
chiemiさんは赤と白のお花好きでしたよね。これってよく見ると中が撫子模様を描いてあるようで素敵ですよね。
今回も画像がたくさん有り過ぎましたネ〜。
chiemiさんへ
2007/07/23 21:53
彦左 さん、こんばんは。コメント有難うございます。
これってフヨウと似ているのでなかなか覚えられませんよね。
去年は京都の岩船寺のスイフヨウをアップされてましたね。
お花がよく似ていますが、花期的にフヨウは遅くて7月中旬からですよね。ムクゲの花期が早いですね。それと葉が夫々違って、フヨウは大きくてムクゲは小さいので見分けが容易ですね。
アチラ名はなおのこと、なかなかこの頃私も名前が出てきません〜。
彦左 さんへ
2007/07/23 22:11
デコウォーカさん、こんばんは。コメント有難うございます。
ムクゲも八重もあり花も多彩ですよね。これ以外にもあったのですが、閉園時間で慌てて撮ってきました。ムクゲとフヨウは似ていますが、葉の違いで分かりますよね。
「ムクゲとかき氷」で夏のイメージですか?この頃昔懐かしい「かき氷」もなかなか無いようですが、これからの屋台の夏祭りで活躍でしょうか?そっちは梅雨明けですか?こちらは今日雲って、午後から雨でしたよ。関東地方の梅雨明けはまだちょっと先かも知れません〜。
愈々夏祭りシーズンとなり、金さん銀さんの花火の時期となりますね。
デコウォーカ さんへ
2007/07/23 22:19
ラフレシアさん、こんばんは。すっかり慌ててまたのお返事最後になってしまいました〜。わざわざコメント再度戴いて有難うございます。
すみませんね、記事を本の情報だけで書いていましたので、書かれた年代からすると気温の温暖化などの影響で変ってきているようですよね。
こうして実情を発信されることで情報が得られ、植物の世界も変っていく事が分かって貴重なご意見だと思いますよ。
昔ランタナやエンジェルストランペットが地植え出来なかったのに、都心ではOKのようで温暖化を知る上で大切なことだと思います。
また植物だけでなく、昆虫の世界もそのようで、生態系が変っていってますよね。
お疲れのところ、わざわざ二度もコメント有難うございました〜。
(うちの猫ちゃんは食っちゃ寝ばかりで、もうおデブさんになりそうで凄いです〜。でも可愛いですネ。「猫なで声」って納得してます。)

ラフレシアさんへ
2007/07/23 22:30
ムクゲ(槿) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる