一花一葉

アクセスカウンタ

zoom RSS クレロデンドロム・ウガンデンセ (ブルーエルフィン)

<<   作成日時 : 2007/07/29 21:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 18

画像


2年前から青い小さな蝶のような花の存在を知ったが、名前が判らなくてネットで調べて「ブルー・エルフィン」と知った。正式は学名の「クレロデンドルム・ ウガンデンセ」と言うらしい。

画像

やっと小さな鉢が手に入って育てて見たら、去年の2月に室内でも開花して元気だった。だが急にその後枯れてしまった。
クレロデンドルム(ブルーエルフィン 2005/10/15
原因は窓辺に置いていて暖房と夜間の温度差があった所為であろうか?小株だった所為もあるかも知れない。

画像

またどうしても育てて見たいと思っていたら、今春大型ガーデンセンターで見かけて即求めて来た。
これも小さな株のポット苗だったが、その後大きな丸い蕾が出来、そこに見慣れた青い蝶の花が咲いて来た。

画像

今迄色々花を育てて来たが、これはとても魅力的な花で、まるでモルフォ蝶のような青い花色をしており、そこに蝶が止まっている感じだった。
英名が「ブルー・バタフライ・ブッシュ」と呼ばれ、あちらでもこれを蝶に見做しているようだ。

画像

これは熱帯アフリカ、アジア原産のクマツヅラ科でクサギの仲間だそうだ。
クマツヅラ科は昨日アップしたランタナもそうだが、独特の臭いがあり花が美しいものが多い。似た花にカリガネソウ(雁草)というのがあり、クマツヅラ科カリガネソウ属だ。
カリガネソウの花はネットで見ただけだが、山野草店でたまたまカリガネソウのポット苗を見かけてプランター植えしてある。これはまだ小さくて開花は無理だが、この葉を嗅いだら、聞いていた通りの独特の臭いがした。
カリガネソウ画像(植物園へようこそさまHP)

画像
   <我が家のカリガネソウの葉>

育てて見るとこのクレロデンドルムは花が咲き終わるとまたすぐ花芽が出来、成長の早い植物でどんどん枝が伸びてくる。背丈が伸びたら切り戻すと新芽が出て、また花が楽しめるとか書いてあったが小さい株でも大丈夫だろうか?

画像

寒さには弱くて霜の降りる冬季は室内管理だが、神代植物園では温室栽培されていて見上げるような大株になって花開いていた。温度さえあれば通年開花するのであろうか。一応四季咲きだそうだ。

画像
<神代植物園温室にて:2007/7/8撮影>
画像



これは挿し木でも容易に増やすことが出来るとあったので、是非今年株を増やして見たい。
花色がピンクの「パピヨン・ローズ・ピンク」もあるそうだが、まだ見かけたことはない。

画像
<2007/7/24撮影>

他にクレロデンドルムの仲間として、「クレロデンドルム・ウォリッキー(クラリンドウ)」や「ベンケイクサギ」もあるが、去年育ててどちらも鉢で冬越し、今新しい葉が出ているが、何故か開花していない。お礼肥が足りなかったのだろうか?
クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ) 2006/11/18
ゲンペイクサギ(源平臭木・クレロデンドロン)2006/07/27
画像
   <クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ)去年開花の様子:2006/10/27撮影>

画像
        <ゲンペイクサギ(源平臭木・クレロデンドロン):去年開花の様子2006/7/27撮影>

クレロデンドロムとは、ギリシャ語のcleros(運命)と dendron(樹木)が語源だが、クマツヅラ科クサギ属のものには、美しい花が多いと聞く。

画像




「はなび花火そこに光を見る人と闇を見る人いて並びおり」(俵 万智)

「ぶらんこにうす青き風見ておりぬ風と呼ばねば見えぬ何かを」(々)

「今日までの私がついた嘘なんてどうでもいいよというような海」(々)


<クレロデンドロム・ウガンデンセ(ブルーエルフィン)
クマツヅラ科クレロデンドルム(クサギ)属
学名:Clerodendrum ugandense(=C.scandens)
原産地: 熱帯アフリカ
英名 : blue butterfly bush
性状: 常緑蔓性低木
冬場室内
※「Clerodendrum」を「クレロデンドロン」「クレロデンドルム」「クレロデンドラム」ともある。



「夕暮れて待望の雨降らす音遠花火かと聞く雷鳴を」

「葉に留まる青き蝶かと思わせてブルーエルフィン爽やかな花」

「蕾より出でて咲く花ブルーエルフィン モルフォ蝶の羽化するごとし」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
驚いた
面白い

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
この花は、青い蝶にソックリですね。横文字の名前はギブアップです。長い蘂はクサギにソックリですね。実物を見てみたいですね。
デコウォーカ
2007/07/29 22:03
 一花さん、青い花が爽やかで良いですよね。暑い季節はやはり、涼しげな花色のものがいいですね。
 神代では、温室内にありましたね。

一花さんちでも、カリガネソウを手に入れられたのですね。葉は臭いですが、花は綺麗で良いですし、種子が出来ると沢山殖えるものです。
なおさん
2007/07/29 22:20
デコウォーカ さん、こんばんは。コメント有難うございます。
この花は意外と小さいのですが、一度ご覧になられたら虜?になられるかも知れません〜。青い蝶でモルフォ蝶というのに似ているようです〜。
私も欲しくて育てましたが、毎日この青い蝶の花を見て涼んでいますよ。
カリガネソウというのがありますが、北海道から九州までの山地の湿ったところに分布とありますので、普通に?そちらの山でもご覧になられるかも知れませんよね。葉が臭いでした〜。
以前、自生のアップのものをブログで見ましたが・・。
デコウォーカ さんへ
2007/07/29 23:05
なおさん、こんばんは。コメント有難うございます。
これはネットでも人気ですが、うちのご近所でも育ててらっしゃって、そこで初めて見ました。最近出回ってきた花なんでしょうかね?
クレロデンドロム・ウガンデンセ やブルーエルフィンでは覚え難いですね。カリガネソウは、なおさんちで育ててらっしゃって、以前のブログで始めて見せて戴き、このブルーエルフィンにそっくりでびっくりしました。そしたら同じクマツヅラ科だったので、なおビックリ。(ダンギクも同じ仲間なんですよね〜。)
神代内でこのカリガネソウは見つけましたが、草丈が1m位なるのですね。自生地は半日陰の湿った場所のようですが、何時花が咲くやら・・。
なおさんへ
2007/07/29 23:14
一花さん、目の覚めるようなブルーで非常に変わった花びらをしてますね。ちょっと見ると青い蝶そのものです。クレロデンドロム・ウガンデンセ (ブルーエルフィン)当然覚えられない長い名前です。
家で育てた事が無くて珍しいと感じたら殆ど買われてるようですね。
そして名前や原産も調べられてご自分のものにしてられる。偉いと思います。尊敬しています。

彦左
2007/07/30 00:23
「夕暮れて待望の雨降らす音遠花火かと聞く雷鳴を」昨日の雨はどしゃぶりで怖い感じでした。気候がどんどん激しくなってきたように思います。「今日までの私がついた嘘なんてどうでもいいよというような海」こんな感じが、彼女らしい歌なんでしょうね。寅さんの映画でサラダ記念日を詠っていたのが思い出されましたよ
hanahhana1952
2007/07/30 04:42
この花は綺麗に咲いた花ですがとても難しい名前ですね、私も昨年取り上げた事のあるカリガネソウと色と花弁の厚みがある感じ以外は良く似ていもと思います、特に雄しべなどが獲物を釣った釣竿みたいに飛び出してカーブしている処は、瓜二つみたいですが木と草でも良く似ているものだと感心しています。
OSAMI
2007/07/30 06:00
夕べの雷、すごかったですね。ぐしゃっ!というような音とともに、火花が流れました。こわかったです。私も1年前、PCを雷で壊していますので、あわてて電源を切りました。
今日のお花の紹介、ブルーエルフィン、初めて知りました。
本当に蝶のようですね。なんと素敵な花なのでしょう。
又、ゲンペイクサギ・・・これも高貴な雰囲気を持った花、あこがれますね。
にりんそう
2007/07/30 10:34
お久しぶりです。

一花さんのところでクレロデンドルムまで育てられていたとは...ほんとにカバー範囲が広いですね。ひたすら感心です。

かく申す私、このクレロデンドルムに昨夏出会い、この珍しい花の形と色に魅せられ、即購入しました。地植えにし、秋までは花を楽しめました。

耐寒性がないと書いてあったので外での冬越しは無理かもしれないと思いつつ、「草花」というより「木」のようなたくましい茎だったものですから、ひょっとして外でもいけるかも...なんて魔がさしてしまい...。

結果、3株中1株だけが健在で、今年も葉が茂っておりますが、花はまだ見られません。やっぱり室内で大事にするべきだったかな、と今頃後悔しております。この1株を大事にしなければいけませんね。

「運命」と「樹木」、運命の木、ですね...教えていただき、ありがとうございました。

takuetsu
2007/07/30 11:08
<クレロデンドルム・ウォルキー(クラリンドウ)このお花驚きました!
下の方から見ていったら、まあ鶏って思いました。紅白がはっきりしてとても印象深いお花ですね・・☆
クレロデンドロム・ウガンデンセ (ブルーエルフィン) は涼しげなブルーでホントにかわいい蝶が止まっている雰囲気ですね。。☆
一花さんにはいつも脱帽です・・☆☆☆
meushiちゃん
2007/07/30 15:44
先日教えていただいた“ブルーエルフィン”ですね〜。
とても素敵です、毎日自宅で見られるなんて羨ましい限りです。
ゲンペイクサギも花は良く見るのですが、ボタンクサギと同じで葉っぱが臭いのでしょうか?
クラリンドウの花も清楚で良いですね。
hina
2007/07/30 20:54
彦左さん、こんばんは。真夜中に、こちらまでコメント有難うございます。 この花はそんなに大きな花でなく1,5cm位で小さいのですが、花色が濃くてその形に魅了されてしまいます。まるで青い蝶がとまっているようですよね。おと年育てて去年冬に室内で枯らしてしまいました。これは好きな花だったので、また再挑戦です〜。
好きな花は、何度でも手元で見ていたいものです。
名前があちら名で私も覚えられず、ブルーエルフィンで覚えてますが。。花は癒しですので、土いじりして身体のためにもいいですよ。本当は種からガーデング出来るといいのですが、庭も狭いですし、種類が欲しいので苗で求めて育てています。
彦左 さんへ
2007/07/30 21:00
hanahhana1952さん、こんばんは。早朝からコメント有難うございます。
夕べ7時ごろから凄い土砂降りと雷鳴でしたね。近くで稲光がして、慌ててPCスイッチを抜きました。今朝も雨が酷く午後は涼しいでしたね。
「今日までの私がついた嘘なんてどうでもいいよというような海」
やはり分り易い歌ですよね。「どうでもいいよというような海」がいいですね。大きな海を見ると、自分、そして今迄ついた嘘なんてどうでもいい。なんて心の広さ、深さ、深い青色、そして包まれる幸せ、海が男性の胸のようにも感じられるロマンチックさもあります。自然の懐に抱かれて開放されている感じですね。寅さんのサラダ記念日で詠われたのは見ていません〜。
hanahhana1952さんへ
2007/07/30 21:09
OSAMIさん、こんばんは。コメント有難うございます。
これは名前が難しくて覚えられないですが、和名がないのですよね。
そういえば去年カリガネソウをアップされてましたかね?
花形が何故かそっくりで、びっくりしています。カリガネソウの葉を嗅いだら独特の匂いでした。クマツヅラ科のものは花が綺麗で、葉に独特の匂いがありものが多いですね。
クサギとクレロデンドルム・ウォリッキー(クラリンドウ)もよく似ていますし・・
草と木で原産地も違って全く離れた場所なのに、似たような花が咲いて驚きですが、植物の世界は不思議が多いです^。カリガネソウの花期は8〜9月でしたが、やはりこれも開花が早いのでしょうね。
OSAMIさんへ
2007/07/30 21:20
にりんそうさん、こんばんは。夕べの雷凄かったですよね。以前PCの事を伺ってましたので慌ててスイッチを切りました。夫は平気で、自分のものと息子のものは避雷針?がついていると言ってましたが・・ホント?でしょうかしら?  
この花はこの頃よく見かけますよ。小花の青が蝶の形のものは珍しいですよね。ネットでも人気のようですが、冬場室内管理です。
クレロデンドルム・ウォリッキー(クラリンドウ)は去年見かけて綺麗で即求めてきましたが、ゲンペイクサギは昔からよく見かける花ですよ。
白と赤が引き立って綺麗です。鉢花として小さい頃から見て育ってましたが、自分で育てると枯らしてばかりでした。去年のものは何とか元気ですが、蕾が出来ていたのですが、落ちて今年花が咲いてくれません。これも冬場室内管理です。今年も小さな鉢で売っていましたよ。
にりんそうさんへ
2007/07/30 21:33
takuetsuさん、こんばんは。コメント有難うございます。お久しぶりです〜^^。もう育てられないのに、何でも好きな花を見れば求めて来ては眺めています。特にこれは一度見れば印象的な花で、枯れてもまた育てて見たくなる花なんですよ。そちらでは地植えされましたか?
若しかして大株のものを求められたのでしょうね。3株中1株健在でラッキーでしたね。まだお花が見られませんか?まだこれから開花かも知れませんね〜。
うちの近くで大きな鉢管理の方が居られて、夏は鉢語と地植えで、冬に小さく剪定して室内に入れてらっしゃいますよ。今たくさん花が咲いてます。生育旺盛ですので、肥料も必要なんでしょうね。
せっかっく残った一株ですが、必ず咲くでしょうし咲いて欲しいですね〜。挿し木で容易に付くそうですので、私は試して見ようかと思ってます。takuetsuさんも試されてください〜。
takuetsuさんへ
2007/07/30 21:44
meushiちゃん、こんばんは。こちらにもコメント有難うございます。
クレロデンドルム・ウォリッキー(クラリンドウ)はクサギに似た白い蝶のような花で綺麗です〜。
赤白の花は源平クサギ名ですが、鶏イメージでしたか?? はっきりとした色の花ですよ。今年せっかく出来た蕾が落ちて残念でした〜。
ブルーエルフィンは青い蝶のような花でキュートですよね。
クサギ(クマツヅラ科)の仲間は綺麗な花が多く、今日の画像で見ると、青、白、赤白と花色もはっきりしているようでした。葉に独特の匂いがあるのですよ〜。画像と文章が多くてすみませんネ。
meushiちゃん へ
2007/07/30 21:52
hina さん、こんばんは。コメント有難うございます。
以前神代植物園の温室のものを写してらっしゃいましたね。私の写真は腕が下手で、花がはっきりしなかったです〜。
うちのものは小さな株ですが、上手に育てるとこんなに大きくなるようですよ。見ていると結構成長が早いのですよ。小さな鉢として花屋さんで安くで出回ってました・・。
クサギの仲間としてボタンクサギもあるのですが、hinaさん宅のものはとても立派でしたね。うちは育てて枯らしましたが、このゲンペイクサギも同じ仲間です。そのままではそんなに臭わないですが、葉を揉むと凄く臭いですヨ。ダンギクも同じ仲間だそうです〜。
hina さんへ
2007/07/30 22:01
クレロデンドロム・ウガンデンセ (ブルーエルフィン) 一花一葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる